新緑の金比羅さん・その5

今回のメインは金比羅参りでしたが、裏メインとして“讃岐うどん”
というのがありました。
無類の麺食いである(面食いでもある)ワタクシは、とりわけうどんが大好き。
普段でも毎日うどんを食べているような生活をしているのですが、
もちろんこしのある讃岐うどんも大好き。徳島の生醤油とすだちを仕入れて、
家でもよく生醤油うどんを食しております。
 手軽な生醤油うどん:加ト吉の冷凍うどんを冷たく冷やして、
 大根おろし、生姜、葱、胡麻をのせ、すだちを搾り、生醤油をかけまわして食す。
 すこぶる美味ナリ。
本場の生醤油うどんが食べられるという期待に胸ふくらませ、
団長さまに教えて頂いたHPを参照し、二軒のうどん屋さんに絞りこみました。
一軒目は、「しょうゆうどん」の元祖という「小縣屋」に決めました。
座ると、いきなり大きな大根一本(皮はむていある)とおろし金が出され、
自力でおろせ、とのこと。うへぇ。こういうのんは家でやってるんだから、
お店ではやりたくない、ワタシ。プウゥっとふくれながらおろす。
続いて出てきたうどんに、おろした大根をかけ卓上のおろし生姜と葱と胡麻をかけ、
すだちは???と捜すと、絞ったものが瓶に入っておいてありました。ガッカリ。
それでも気を取り直し、ズズズとすすりましたら・・・美味しい!!
うどんそのものが美味しい。これなら大盛りにすればよかった。
普通盛り、ちょっと高めの420円。
深く反省して次の店へ向かいました。
b0019591_9135067.jpg


二軒目は「山下うどん」へ。しょうゆうどん200円ちょい。
こちらは、卓上に既に生姜とおろし金が置いてありまして、醤油うどんを注文したら、
プラスチックのおろしがねと大根が出てきました。・・・もういや。
それでもめげずにおろして、一口すすると。ん?さっきのうどんとまた違う味!
こちらも美味しい。こちらも残念なのはすだちではなく、レモンだったこと。ガッカリ。
なんだかんだ文句を言いながらもしっかり食べて、既にお腹パンパン。
二軒でギブアップでした。
b0019591_914845.jpg


食後のお甘とお茶をしようと探しましたが、喫茶店というものが見あたらない。
行けども行けども「うどん」の看板が続くのみ。
車窓から見える景色は、えんえんと続く麦畑。葱畑。生姜畑。
そして数え切れない「うどん」の看板。
ここはうどんの国なのだなぁとつくづく思いながら、徳島へ向かったのでした。
個人的な感想。少々お高くても良いから、お店でおろして欲しいです!

なにゆえ徳島へ?
今回は和歌山経由で帰宅のため、徳島からフェリーに乗ったのでした。
船大好きなワタクシにとっては最高のルート。
船中ではゆっくり横になったり本を読んだりして、二時間。
あっというまに和歌山に着きました♪
[PR]
Commented by 空蝉 at 2006-06-03 12:35 x
とっても、素敵な旅のお話、楽しませて戴きました。
ああ、金比羅さんに行きたくなりました。
こんぴらふねふね、の歌詞は私も知りませんでした。
謎が解けたって感じでした。

それから、おうどんが食べたくんりました。
たしかに、普段から料理を作っていると、お店では自分でしたくないって
ありますね。
でも、大根下ろしくらいならいいか。。。

「金陵」は戴いたことありません。
ちょっと甘めかな、と想像しています。

でも、こらからはビールもいいなあ。
えへへ。

では
Commented by orochon3 at 2006-06-04 09:06
空蝉さま。ありがとうございます♪各地の民謡などの歌にはとても興味があるんです。特に歌詞の内容がおもしろいですよね。花笠音頭なんて秀逸です。特に意味のないものが多いところも良いです。
ビール!いいですねぇ。最高です。
Commented by さきたか at 2006-06-04 20:47 x
 さぬきうどん。食べたい。。しかし、オロさまにおかれましては、一般店(所謂うどん屋さん)の方が良いのかもです。
Commented by orochon3 at 2006-06-04 22:43
スルドクかつ的確なご提案、いたみいります。
実は今夜も生醤油うどんを食べました!ただし家で。美味しかったですよ〜。
by orochon3 | 2006-06-03 09:23 | | Comments(4)