フラフラ京都

「鳥獣戯画」が見たいというだけで、「大絵巻展」に連れて行かれました。
会期の終了前日の土曜日にかけこみました。
お昼頃に京都に着いて、地下のイノダでトーストとハムサラダの軽食。
コーヒはお気に入りのアフリカ・ブレンド(おすすめ!)。
満腹でふらふら散歩しながら国立博物館へ・・・と、ここまでは良かった。
七条大橋を渡ったところに「120分待ち」という看板を持った男性発見。
ナンダナンダ?とよく見ると「大絵巻展」の入場待ち時間でした。

自慢じゃないけれど私は並ぶのが大嫌い。
「大絵巻展」をあまくみておりました。猛省、でももう遅し。
この看板を見た時点で帰る心になっていたのに、鳥獣戯画ファンの同行者が、
「行くだけ行ってみよう」と言うではありませぬか。
ふへぇ〜。ウソでしょう???と思いつつも、どんな行列なのか見たい気も。
で、とりあえず行ってみると、やはり長蛇の列。
「どうするの?」と聞いたらば、「並んでみよう」と。
うへぇ〜。ウソでしょう???これに並ぶの???と思いながらも、
鳥獣戯画に対する情熱に負けたワタクシは、炎天下の中、延々と並びました。
生まれて初めてのこんなに長い行列です。
果たして並ぶこと70分で館内に入る事ができました。
しかし。入ってすぐに、作品の一番前で見る為の行列が既に始まっています。
もちろん、これには並ばず。どんどん進んで、鳥獣戯画を目指しました。
と、その前にワタクシの目にピピピとくるものが・・・!
国宝「餓鬼草紙」の餓鬼たちです。
マックロでやせこけ、お腹だけポコンと出て、墓場の水をすすったり、
なんともユーモラス!カワユイ。しばらくここで見入ってしまいました。
で、肝心の鳥獣戯画の甲巻の方は、思っていたよりずっとキレイに残っていて、
大切にされてきたのだなぁと感心いたしました。
ウサギと相撲で勝って、フハァ〜と怪気炎をあげているカエルとか、
仏さんの真似したカエルと僧侶のふりしたサルとか、有名どころを堪能。
中でもクフフフ!と笑っているうさチャンが一番かわゆかったですね。

そんなこんなで1時間くらい鑑賞。
並んでいる最中は、あまりの暑さに、出たら弥次喜多でかき氷だ!と
決めていたのですが、イヤイヤ、これはもうビールしかあるまい。
ビールだ、ビールだ。と鳥獣戯画のカエルやサルのように走りました。
四条のミュンヘンでノドを潤し、和装小物の店をひやかし、晩ごはんは、あんぐりへ。
靴のままあがるのにはやはり抵抗がありますが、暮れていく坪庭を見ながら、
楽しくごはんをたべました。ここ、何がすごいって、料理の出てくる速さが
ハンパじゃありません。生麩、湯葉、豆腐といったワタクシの大好物も、
鶏の唐揚げ類も、お味の方は京都の飲み処らしくしっかりしたお味で、
お酒が美味しゅうございました。
しかし!客層がすごい。99%女性です。店内に男性は2人のみ。
これってどうなんでしょう。男性はとても居づらいのではないでせうか。
[PR]
by orochon3 | 2006-06-06 18:34 | その他(ほぼお酒) | Comments(6)
Commented by さきたか at 2006-06-07 21:25 x
 四条に出てるのに、また丸太町って云うのが、信じらませぬ。。店は昔行った山道具屋さんの隣あたりですね。
 鳥獣戯画。実物は他の展覧会で見たことある記憶が。。金印も見たことあります。
 この日。。後1時間程度わたしが遅く廻っていたらばったり出会ったかもです。そのお兄さんも見ました。
Commented by 空蝉 at 2006-06-07 21:54 x
大絵巻展は、そんなにすんごい行列になっていたのですか。
何だかテーマパークみたいですね。
私は会期の最初の頃に行きましたが、120分待ちということはなく、
すんなり入れました。
古典文学好きとしては、人気も悪くないなと思ってしまいます。
また、2匹目のどぜうで、何か展覧会があるかも。
鳥獣戯画の動物は本当にいきいきしていますよね。

ミュンヘンのビール、いいですね。
でも、あんぐりさんのような、99%女性客のお店って居づらいかもしれません。
思うに、大人のカップルが楽しめるお店って、以外と少ないのかも。


Commented by orochon3 at 2006-06-08 17:40
団長さま。
なぜ丸太町にまで行ってあの店に行ったのかは、自分でもよくわかりません。謎です。山道具の店、見たような気がします。ふるーい雰囲気のところでしょうか???
金印・・・以前、金印が見られる!と思って福岡の金印公園に行ったら、碑があるだけでガッカリしたことがあります。教科書に載っているものは一度は見てみたいです、なんでも。
Commented by orochon3 at 2006-06-08 17:47
空蝉さま。
コメントありがとうございました。勝手でしたがひとつ削除しておきました〜。
絵巻展、そりゃあもうスンゴイ列でした。もう二度とゴメンです。早く行かなかった自分が悪いのですが・・・今後は気を付けようと思いました。
ミュンヘンのビールはアサヒなんですね。知りませんでした。暑い日だったせいか、ヘンな時間帯だったのに満員でしたよ!みんな考えることは同じなのでせうか。
大人のカップル!ではありませぬが、気取らず、落ち着いてゆっくり男女が楽しめるお店、なかなかありませんねー。
Commented by N吉 at 2006-06-08 23:45 x
オロさま、お邪魔いたしますー。
大絵巻展、たいへんなことになってたんですね。
70分とわ……。
こちら、夜間拝観で、終わりの時間にはらはらしながらも見ることができました。ありがとうございました。

あんぐりさんって行ったことないです。
最近、地場に疎くていけません。
情報ありがとございます。
Commented by orochon3 at 2006-06-09 08:19
N吉さま、コンニチハ!あんぐりさん、見事に女性店でございましたが、土曜だったのせいかもしれません。料理とお酒の出るスピードがスゴイので急いでいる時には最適です♪
絵巻展、早く行っておけばよかったです・・・


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(146)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧