「女湯のできごと」益田ミリ

本、なかなか読めていません。
併読中のんがありすぎるのが原因です。
そんな中で、一番読みやすいのから一抜けしました。

お風呂の神様団長さまのご紹介本です。
筆者はワタシとほぼ同年代、出身地は大阪。
ずっとお風呂のない団地で育ったのでお風呂屋さん通いは日常でした。
子供の頃から大人になるまでの間、もちろん思春期も通っていました。
恥ずかしいことやらおもしろいことやら、何もかも包み隠さずに書かれているので、
そうそう、と頷いたり、へぇ〜さすが通い慣れている人は違うな、と感心したり。
「女湯」しか知らないワタシにとっても、実におもしろい一冊でした。
特にカワユイマンガがところどころに出てくるのも楽しい!

“女湯の大晦日”というくだりは一番気に入りました。
「早いなあ、一年」
「ほんまや、あっという間や」
「ええこともなかったけど、まぁまぁ、元気でおれたし、良かった良かった」
「そうやそうや」
毎年こんな会話が交わされて、時間が12時を過ぎると、
「あら、もう正月やわ、あんたとこおせち作るの?」
と話題が展開していくのも毎年のこと。
目に見えるようでほんわか楽しい会話で心がのんどりしました。

おまけ。
こないだサッカー・ワールドカップの日本の試合の晩、
神戸のお風呂屋さんに行ったとき、
常連のオバサンたちの会話が耳に入ってきました。
「なぁ、岡田さんワールド行ったん?」
これだけ聴いたら、岡田さんという知り合いの人が、
洋服のワールド(神戸にある)のバーゲンに行ったの?と尋ねている会話だと
ばかり思って聴いていたのですが、もう一人のオバサンが
「トルシエいう人は行ったなぁ、ワールド・キャップ」
と続けた時に、ひっくり返りそうになりました。
岡田さんとは岡田監督のことで、ワールドとはワールド・カップのことで、
しかもみんなの中ではワールド・キャップと認識されているのでした。
そりゃー試合中にお風呂屋さんに来るくらいだから、サッカーに興味ないんだろうなぁ!
もちろん、ワタシも含めて。
なんだか連帯感を持ってニコニコしていたら、
むこうでもニコニコして「なぁ!」と同意を求められてしまいました。
今度の日本の試合にも行ってみようと楽しみにしています。
[PR]
by orochon3 | 2006-06-16 19:25 | | Comments(4)
Commented by さきたか at 2006-06-16 21:27 x
 いやあ、良い話しでございます。
 でも、なんで岡田監督がワールドカップに行かねばならないのか。。う~む。
 この本で、足首にロッカーのカギをつけようと思う今日この頃です。
Commented by orochon3 at 2006-06-17 09:12
足首に鍵、最近のお風呂屋さんのんではゴムがキツイです〜。ワタシには・・・。古いところのんは、ゴムもゆるいので丁度良いのですが。
髪が長ければ、鍵のゴムで髪を結わえてしまうというのも「女湯」ではよく見られます。
Commented by 空蝉 at 2006-06-17 21:34 x
本当に銭湯での会話は、心温まるというか、いい味しますね。
足ゴムはきついので、邪魔だと思いつつ手首ゴムという、邪道派です。
髪は長いのですが、濡れているところにゴムは、髪を痛めるので遠慮してますの。
Commented by orochon3 at 2006-06-17 22:38
さすが。空蝉さまの美髪はこうした配慮のタマモノだったのですね。濡れた髪にゴムはアカンのですか・・・今後は気をつけようと思います!と言っても今は短いのでくくれませぬが。
かくいうワタクシもほとんど手首派でございます。


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(150)
(135)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧