2017年 03月 27日 ( 1 )

祝優勝 横綱稀勢の里

金曜日の負傷以来ずっとブルゥだった私。
何をしていても気が晴れず出るのはため息ばかりでした。
土曜の取り組みを観るや言葉ももう出なくなり、
もうお相撲観たくないとまで思っていたのでした。
それでも千秋楽ですから、早くからテレビをつけて待っていました。
貴景勝はふたけた勝利の上に敢闘賞!という大活躍をしてくれました。
遠藤もすれすれで勝ち越しを決めてくれたし、もうこれでよしとしよう、
また来場所を楽しみにしよう、と自分に言い聞かせていたのです。
それでも結び前の一番はやってくる、、、心臓が張り裂けそうになりながら
テレビの前で、祈ります(といっても昭恵夫人ではない)。
その後はまさかまさかの展開で、あまり覚えていません。
気がついたら立ち上がって拍手をしながら号泣していたのでした。
そして、続く優勝決定戦でも小手投げで勝ってくれたのです。
どこまで人を喜ばせるの?と言いたくなるほどの展開に気絶しそうでした。
横で夫も立ち上がって拍手をしています、やった、やった、すごい、すごい。
横綱の責任を果たすということを不言実行したすごい人。
 君が代に男泣きする横綱の涙をもらい快哉の春
b0019591_13181018.jpg
これまで、どれだけ私たちファンはため息を、悲鳴を、あげてきたでしょう。
なんでここで?というところで簡単に負ける、
ここで勝てる?というところで勝つのに、ここ一番では絶対に勝てない、
そういう稀勢の里を観続けていた私たちファンは、期待をしてはいけない
ということを自らに課していたのです。
それでもいつの日か稀勢が優勝するのが見たい、
横綱になるのが見たい、そんな夢を持って応援し続けてきたのでした。
それが初場所で叶い、今場所では新横綱になって連続優勝が叶いました。
夢のようです、夢が叶いました。
おめでとう、稀勢の里
ありがとう、稀勢の里

[PR]
by orochon3 | 2017-03-27 13:30 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)