2017年 03月 29日 ( 1 )

ぞっとしたこと

今朝、スーパーに買物に行った時のことです。
エスカレーターに乗っていて何故か不意に頭に浮かんだこと、
それは「還暦」の二文字でした。
今年私は50歳になるのですが、それならあと10年経ったら
60歳になるのは必然!
あと10年経ったら私は還暦を迎えるなんて!まったく信じられません。
これまで両親をはじめ色々な方々の還暦をお祝いしてきましたが、
まさか自分自身がその逆の立場になるなんて考えたこともありませんでした。
えー!えー!えー!
嫌だわというかなんというか、びっくりするより実にぞっとしました。
何故こんなことが浮かんだのかというと、恐らく原因は2週間前のこと。
旧友とランチをしている時に、お互いの愚痴を言い合ううちに、
「あと何年生きるかわからないけど、もうそんなに長いことはない筈、
そしたらイヤなことはあんまりしないようにしたいよねえ」
と言って二人で深くうなずきあったのです。
これは決して楽をして生きていきたいという意味ではなく、
いま二人共に嫌なこと、ストレスになることが身にまとわりついていて、
それが解決できるメドもなくどうしようもないことで見通しは暗い。
だからこその言葉だったのです。
ハタメにはノンキに見えても皆それぞれに色んなものを背負っている、
だからこそ、少しでも負担は減らしていく努力を怠るべからず。
50代にさしかかり、そんなことを考えるようになりました。

ぞっとするといえば、もうひとつ。
このあいだ眼鏡をかけて鏡に向かってぞっとしてガッカリしました。
イヤに老けて見えるではないですか、私の顔。
何が原因なのかわかりませんが、漠然と老けたなあという顔。
これではいけない。何かありませんか?
手っ取り早く安易にも考えついたのは、コラーゲンという輝く文字。
コラーゲンというと、まだ若い頃にコラーゲンをせっせと摂取していて
何の効果もなかったのでがっかりしたことを思い出しました。
コラーゲンが効かなかったのではなく、あの頃の私には必要なかったのだ!
ということが何十年か経ってようやくわかったのでした。
コラーゲン、摂ってみるか、、、。
 吾が身へと自ら贈らんコラーゲン 五十路は近し尚還暦も

[PR]
by orochon3 | 2017-03-29 16:16 | 美容&健康 | Comments(0)