2017年 05月 30日 ( 1 )

さくら井屋さんのかたみ(たぶん)

なんでも大事にしていて、大事にしすぎた為に失くしてしまう、
ということが時々あります。
昨夏、大事にしていたものをほとんど全て処分してしまった為、
思い出のあるものはもうほとんど何も私の手元にありません。
そんな中で、なぜこれが?というものがふとした時に出てくるのですが、
そのうちの一つが、これです。
昨日、机の引き出しから出てきました。
恐らく今はもうない新京極のさくら井屋さんで買ったと思います。
さくら井屋さんは数年前に廃業されましたが、その原因が
平刷木版職人がいなくなったということでした。
あのお店の中に溢れんばかりに飾られていた美しく可愛らしいものが
もう今はないのかと思うと、胸が痛む思いです。

これらは小さな小さなものです、全長が爪楊枝ほどの大きさ。
向かって右の桜模様のが古いもので、左の絞り模様は比較的新しいです。
しかし、いつ買ったのか、誰が買ったのか、そしてこれが何なのか、
全てが謎のシロモノなのです。
b0019591_09235184.jpg
古い桜模様の方を開くと、糊がもう乾いていてバラバラになります。
b0019591_09241294.jpg
中に入っているのは桜模様の小さなお札が四枚。
小指の先くらいの小さな小さなお札ですが、今でもとても綺麗です。
b0019591_09242910.jpg
むかって左の丸模様の方にも、同じくお札が入っています。
こちらは若干大きめですが、同じ桜模様で綺麗なままです。
b0019591_09250180.jpg
子供の頃から小さくて精巧にできたものが大好きでした。
古い桜模様の方は、小さな頃からあったのでかれこれ45年くらい?でしょうか。
じゅうぶん古いですねぇ!
本当に、なぜこれが私の手元に残ったのか、不思議でなりません。
 おさなき日あつめし品にうずもれて今は昔の京(みやこ)の版木

さくら井屋さんのものには、独特の文字で「さくら井屋」と刷られています、
けれどこの二つにはどこにもその文字がみつかりませんでした。
ということは、他のお店のものなのでしょうか?これも謎。

[PR]
by orochon3 | 2017-05-30 16:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

タグ

(162)
(160)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧