2017年 08月 09日 ( 1 )

優雅な洋食屋さん

昨日は久しぶりに仲良しの友だちとランチに行きました。
彼女命名”洋食の会”といいます。
いつも近場の(どちらかというと)庶民的な洋食屋さん
に行っていたのですが、今回はちょっとリッチな気分。
彼女は小学校の時バスで通学していたらしいのですが、
その時に窓から見える建物がいったい何なのか?
ずっと疑問に思っていたそうなのです。
それが最近になって洋食屋さんだった事が判明し、
行ってみたいんだけど、と言うので、
それは是非とも行きましょう!となったのです。
お店は神戸高校の前あたり、そして我らの母校の近くでもあります。
お名前は精養軒と私好みな良い名前。
佇まいも昔ながらの良い雰囲気。
ところが、、、一歩お店の中を入るとビックリ!
店内は素晴らしくモダンです、ちょっとした中庭があり、
ゆったりとした配置のテーブルが心地良く、
静かでゆっくりと食事ができる、穴場のお店だったのです。

ハンバーグ&海老フライの”精養軒ランチ”というのが目をひいて、
それはまさしく洋食の王道ですから有無を言わさない。
けれど私たちは自他ともに認めるクリームコロッケ好き!
カニクリームコロッケがどうしても食べたいのです。
単品で二個入りだったのでそれをひとつとって分けることにしました。

間もなくスープが運ばれました。
かなりたっぷりのスープ、葱と冬瓜のクリームスープ。
後々考えるに、このスープは美味しいけれど量が多すぎでした。

そして、待望のカニクリームコロッケの登場。
単品(二個入り)で1,100円、高い?と思いましたが、
いえいえ、ものすごいカニの量だったので二人とも納得。
カニの存在感が強いのにクリームもしっかりしていて、
トマトソースがまた素晴らしい。バランスのとれた、
近来まれに見る美味しいカニクリームコロッケでした。
b0019591_06391992.jpg

そして精養軒ランチがやってきました。
まずビックリしたのが、開いた海老の海老フライ。
小振りではありますが、身があつくプリプリで美味しいです。
タルタルも昔食べていたような懐かしい味。
ハンバーグも小振り?と思いきやたっぷり重量があり、
ハンバーグ自体にしっかり味がついていて、そこへデミソースが
控えめにかかっているのが好ましい。そして美味しい!
下に隠れているスパゲティもケチャップ味で王道をいっています。
サラダのトマトはちゃんと皮をむいてあり、胡瓜までが新鮮で美味。
デミタスカップに入っているのは温泉卵です。
上にかかっている茶色いのはポン酢ジュレ、かき混ぜて食べたら、
お口なおしにピッタリで、なんとも憎い一品でした。
スープ、ご飯かパン、コーヒーか紅茶がついて1,600円也。
b0019591_06393596.jpg
ご飯は少なめにしてもらったものの、
食べられるかなー?と心配したのは無駄なことでした。
すっかりたいらげて大満足!
これまで数軒まわった中でも私はここが一番気に入りました。
友だちの40年来の思いもようやく遂げることができたし、
本当に良いお店を知る事ができて、感謝感激。
接客をされているコックさん達がまた気持ち良くて、
是非また行きたいと思うお店でした。
 
この日私たちが注文したセットは、友だちが
”青谷の夢セット”と命名しました。ナイス!
 積年の思いを遂げし精養軒 優雅な午餐青谷のゆめ

(精養軒のHPはコチラ →  です)

[PR]
by orochon3 | 2017-08-09 12:37 | 日記 | Comments(0)