2017年 09月 02日 ( 1 )

阪神間モダニズム再考 第三回

昨日はひと月に一回の夏の公民館講座の日でした。
はや第三回目、今回で最終回となります。
今回のテーマは阪神間のスポーツ文化。
阪神間のスポーツとは、、、予想通り!でありました。
ゴルフ、登山(ロッククライミング)、野球。
どれもこれも私は興味がありません!
なので、前半のゴルフと登山の時には半分うつらうつら、、、
先生、スミマセンでした。
野球も興味があるわけではないのですが、
甲子園球場が出来るまでの経緯については、
知らないことばかりで興味深く聞きました。

その他先生のお話の中でも特に印象に残ったものを並べてみます。

一、神戸が開港したことにより外国人からスポーツが広まった、
輸入により道具が手に入りやすいということもあった。
神戸と同じく開港した横浜は六甲山がなかったので
スポーツが発展しなかった。

二、第一次大戦後の高度成長によって、
大阪の朝日と毎日の新聞社、阪急と阪神の電鉄、がそれぞれ発展し、
事業を拡大させて阪神間にスポーツが発展していった。

三、東に経済の大阪、西に貿易の神戸、その中心となる阪神間に
モダニズム文化が育っていった。

まず阪神間モダニズム文化の成り立ちから始まり、
その行楽とスポーツという面に光をあてた全三回の講演を聴いて、
改めて阪神間という地域の他にはない特殊性を知ることができました。
三ヶ月にわたり暑い中を市民会館へ通った日々は、
大切な今夏の思い出です。
 経済と貿易の地を両翼に阪神間にモダニズム咲く


[PR]
by orochon3 | 2017-09-02 15:06 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(146)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧