2017年 09月 03日 ( 1 )

甲子園球場への道

先日の”阪神間モダニズム再考”の第三回目で、
何が一番興味を惹いたかというと、
最後の最後にとりあげられた甲子園球場でした。
先生のくださった資料とお話をもとにまとめてみます。

高等学校野球から大学野球へと広まった野球人気。
それは中等学校へも波及していきました。
大正初年頃には各地方大会も開かれるようになり、
ついには学生だけでは手に余るようになりました。
そこで最終的に大阪朝日新聞へ話をもちかけたところ、
様々な紆余曲折を経て、箕面有馬電軌(阪急)経営の
豊中グランドで「全国中等学校優勝野球大会」開催に至りました。

ところが豊中グランドは5〜6千人収容が限界という設備で、
第二回大会の時には試合に支障が出る程の観客数となり、
箕面有馬電軌の輸送量にも限界がきてしまいました。
(梅田まで13キロ歩いた方が早かった、という笑い話が出たほど)
箕面有馬電軌は朝日新聞社から豊中グランドの拡張を依頼されましたが、
お金がなかった為に申し出を断らざるをえませんでした。
そこへ阪神電鉄が手をあげ、鳴尾競馬場内に大規模グランドの建設を
持ちかけました(阪神競馬場の前身で佐藤紅緑が通っていた)。
競馬のトラック内に陸上競技用トラックをつくり、
その内側に野球場を2つ作るという計画でした。
阪神電鉄の輸送量は箕面有馬電軌の6〜7倍だったので、
輸送量の問題も解消されて、1917年から全国中学野球大会の
会場となりました。

またしてもところが、鳴尾球場は競馬場との併用のため、
設備は仮設で、その為に熱狂した観覧者が外野へ雪崩れこんだり
大正12年の大会では超満員でグランドに溢れた観衆で
整理がつかなくなってしまうという大惨事になりました。
そこでその年の11月には新球場の建設が決議されたのでした。
こうして突貫ではありましたが甲子園球場が完成して、
1924年からは甲子園球場で大会が開催されることとなりました。
それ以来、大きな球場ができたそうだ、一度行ってみよう、
というような観客が増え、ファンが広がって今日に至る、、、。

以上、実に面白い話でした!
草創期のてんやわんやが当事者のみならず観衆までにも及んで
大沸騰中だった野球人気がしのばれます。
佐藤愛子の「夏座敷」というエッセイの中に、
昭和初期の中学野球大会時の甲子園の様子が描かれていました。
『駅から野球場へ向かって歩く下駄の音が、カラコロカラコロ
 ともカラカラとも形容がつかない騒音のかたまりとなって
 あたり一帯に響き渡る。(中略)その下駄が一斉に立てる
 音がひとしきり高まった後、少しずつ鎮まっていくと、
 試合開始のサイレンが高々と響き渡る。』
甲子園の近所に住んでいた佐藤愛子の夏は、
中学野球と共に始まり、終ったのだと書かれていました。
 白熱の球音ひびく甲子園 大観衆をのみこみて建つ

[PR]
by orochon3 | 2017-09-03 12:59 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧