2017年 11月 01日 ( 1 )

懐かしい味

先日大阪へ出た時、帰りに阪神百貨店に
寄りました。目的はちりめん山椒です。
もともとちりめん山椒は好きだったのですが、
どこそこのでなければダメ、という程ではなく、
あまりこだわりのある方ではありませんでした。
強いて言えばはれまが有名ですよね、という程度。

ある日テレビで京都の人がインタビュウされていて
「やよいのおじゃこが好き」と応えていました。
調べてみると阪神百貨店にお店がでていたので、
9月に腕時計を買いに行った折ついでに寄り、
ちりめん山椒と山椒の葉の佃煮を買いました。
やよいではちりめん山椒のことを「おじゃこ」
という名前で販売しています。
夜に早速食べてみたところ、柔らかめで、
味も程よく、私の好みのちりめん山椒でした。
これは良いモンを見つけたわ、と喜びましたが、
食べているうちにどこかで食べた記憶が甦り、
うぅんとうぅんと考えていたら、はた!と気が
ついたのです、これは懐かしい味ではないかと。
今から40年近く前、私が小学校の頃です、
国語の勉強を見てもらっていた先生がいて、
その先生のお宅へ行くと、なぜか勉強の前に
先生のお手製の晩ご飯を食べさせてくれたのです。
子供の私に、綺麗に盛りつけられた和食のお膳が
しずしずと出され、ご飯などは扇形に抜いてあって、
大人扱いされているという嬉しさと緊張感とで、
ものすごく美味しかったのを覚えています。
そして、その扇形のご飯にはちりめん山椒が
いつも添えてありました。
味付けされたおじゃこが美味しくてご飯がすすみ、
おかわりしたいけれど、扇形にきれいに抜いてある
ご飯をおかわりするなんて無粋な事のような気がして、
これをガマンするのが大人だと勝手に思っていました。
やよいのちりめん山椒はまさしくこの時に食べた
ちりめん山椒と同じ味がしたのです。
優しい先生の顔までが浮かんできます。

調べてみるとやよいの創業は昭和57年だそうで、
私が頂いていた頃にはまだお店はありませんでした。
同じ味だと思ったのは私の勘違いでしたが、
やよいのちりめん山椒はお気に入りになりました。
ふっくら、しっとり、ぱらぱら、そして醤油の風味。
気取りがなく高級感もないところが好きです。
今日はご飯をおかわりして食べました。
 今日こそはきっと今日こそと思いつつまた日が暮れる明日こそきっと

[PR]
by orochon3 | 2017-11-01 14:51 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)