2017年 11月 07日 ( 1 )

若者よなぜ泣くか

原作が佐藤紅緑というだけあって、
善と悪、強と弱が見事にわかりやすく描かれています。
私はこういうわかりやすい物語が大好き。
その中で吾が愛しの岡田時彦が際立っています。
クールで知的なところもワイルドな感じもステキ。
b0019591_13153237.jpg
b0019591_13154211.jpg
b0019591_13155922.jpg

主人公は鈴木伝明で彼は陽の存在。
そして彼の親友の岡田時彦が陰の存在。
どちらも良い青年で好感が持てます。
ダメな友達である山内光がとことんダメでも
二人は陰に日向に支えようとするのですが、
結局は支えきれずに山内クンは自殺してしまいました。

鈴木伝明の相手役には楚々とした川崎弘子サン。
岡田時彦には田中絹代チャン。
これがまたとってもお似合い!
最後に二組がボートに乗って山荘へ向かう場面の
なんと美しいこと、、、見とれました。
b0019591_13150186.jpg
絹代チャンと岡田時彦

b0019591_13144359.jpg
弘子さんと鈴木伝明

この映画での見所は、恐らくこれが最後?
と思われる吉川満子サンのモダンなお姿の数々。
乗馬にダンスに麻雀にと忙しく遊びまわっていて
こういう姿もあったのだとなんだか嬉しいのです。
b0019591_13151049.jpg

ついでながら飯田蝶子嬢のモダンぶりも良かった。

この時33歳です、カワユイ。
b0019591_13161778.jpg
弘子さんのお父さん役の河村黎吉に至っては
年がら年中グニャグニャに酔っぱらっていて
非常に悪い父なのに何故か好感がもてるほど。
河村黎吉ってこういう役にはうってつけ!

そして時々画面にうつる有名人が気になります。
伊達里子に三井秀男に、もしかしたら栗島すみ子様??
私の見間違いかもしれませぬが。ああたのし。

山内クンの自殺騒動などありましたが、
何はともあれハッピーエンドで良かった、良かった。
それにしても162分という長編無声映画、
憧れの1930年代を堪能致しました。
 友情も家族の愛も情愛に罪を憎んで人を憎まず

昭和5年・製作=松竹キネマ/監督・牛原虚彦

<おまけ>
b0019591_13152158.jpg
当時の京都駅

b0019591_13145280.jpg
岡田時彦を心配する絹代チャン
この眉をひそめた顔が一番カワユイ

[PR]
by orochon3 | 2017-11-07 14:37 | 戦前松竹 | Comments(0)