カテゴリ:戦前日活( 1 )

東京行進曲

ありがちなお話。
字幕と現代の女性の声の両方で全編をとおしてある。
字幕が多く、それぞれの字数も多く、
実際の画面というのがとっても少ない!だから物足りない!!
と、いろいろ不満はあるけれど、昭和4年の東京の映像は、
まるでお宝箱のようにワタシをワクワクさせてくれる。
「東京行進曲」の歌詞どおりの場所が、次々に映し出されて、
東京に憧れ、思い焦がれていた地方の人たちは、これを観て、
感嘆の声をあげたンだろうなぁ。

夏川静枝さん、きれい、きれい。
途中で芸者になってしまうけど、なるのを拒んでいたようだけど、
実際になってしまうと案外たくましく接客されていたので驚く。
いったん腹をくくるとタフなんだなぁ。
そこまで追いつめられたことがないからか、ワタシには無理かも。

それ以外にはあまり心に残るものなし。
というよりも、ゆっくり鑑賞するような映像がほとんどなく、
どんどんキャメラがまわってしまって、ちょっと待って、ちょっと待って、
と言ってる間に終わってしまった、というかんじ。

ところで、良樹はアメリカに何しに行ったんだろ???

昭和4年・日活(太奏撮影所)/監督・溝口健二
[PR]
by orochon3 | 2006-03-19 22:09 | 戦前日活 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧