カテゴリ:美容&健康( 119 )

あっと驚くタメゴロー

先週の検査結果を聞きに、婦人科へ行って来ました。
もう本当に今月はお医者さんばっかりですが、
婦人科は産婦人科でもあり、待合室は幸せそうな妊婦さんばかり。
普通の病院の待合室とはまったく違う雰囲気です。
小さいお子さん連れの妊婦さんもいたりして、いきなり小さな女の子が
私に絵本を持って来たりするのでかなり困るのですが、
検査結果を聞くという少々緊張した私の精神状態であっても、
それどころじゃない騒ぎなのでした。

そして血液検査の結果ですが、
なななななんと、すべて正常な数値なのだそうです。
と言われてもよくわからないのですが、
卵胞刺激ホルモンというものの数値が正常値なのだそうです。
更年期障害のひとはこれが私の数値の8倍くらいにもそれ以上にも
あがるのだそうですが、私は正常そのもの、更年期の状態ではない、
という診断がくだったのであります。
先生も、てっきり更年期だと思っていたそうですが、違ったと。
それならば、いまの私の状況をどう説明すれば良いのですか、
腑に落ちない。納得がいかないじゃないですか。
婦人科では原因はみつからないと先生。
では私はどこへ行けば良いのですかと尋ねたところ、
精神科に行ってみるというのもひとつの手では、と言います。
諸症状の原因はいわゆるひとつのストレス!と考えられると。
思いも寄らない結果となって、がっかり肩をおとした私です。
こうねんサンの仕業であってくれたら全て合点がいくのに。
それをストレスだなんて、、、いまの私のストレスは、
それはけっして解決されることのないものなのだからして、、、。
しかしながら、こうして結果を突きつけられると仕方がありません。
認めたくありませんが、私のこころは強くなかったということですね。
本当にこの結果は悔しいこと甚だしいです。
 大丈夫わたしはへいきと言いしとき こころは発すSOSを
こうねんサンはいずこ。

[PR]
by orochon3 | 2017-02-28 17:00 | 美容&健康 | Comments(0)

とんかつアゲイン

コストコの更新料を払いに行って来ました。
先月行ったばかりなのでそうそう買うものはなかったのですが、
チーズ味のピザが1枚につき300円引きになっていたので、
ずっと気になっていたあの大きなピザを今回初めて買ってみました。
家に帰って小さくカットし、ひとつずつアルミホイルで包んで、
ジップロックに入れて冷凍しました。
トッピングがチーズだけなので、焼く時に色々とアレンジするのが
今から楽しみ、、、トマトとかサラミとか。
あとはいつも買っている冷凍の餃子です、これはかなり便利でお気に入り。
バラバラになって冷凍され袋に入っているので、1個ずつ使えます。
スープの具にしても良いし、お鍋に入れたり水餃子にも良いです。
もちろんスタンダードに焼き餃子も手軽で良いです。

コストコに行く前にはまたしてもかつ茶屋に行ってしまいました。
前夜のニュースでとんかつを特集しているのを見てしまったから、、、。
前回は黒豚料理が全品15%という期間だったのですが残念ながら終わっていました。
でもまあ鹿児島白豚でも結構美味しいのです、そして若干お安いです。
色々と迷ったわりにはマンネリなヘレカツと海老フライのセット、
またしても何故か冷たい小さな揚げ出し豆腐がついていました。
そしていつもついてくるゴマは私は使わない派です。シンプルが好き。
もちろん食べきれるはずがないので、海老一匹とヘレカツ一切れは夫へ。
タルタルソースにもう少し酸味が欲しい、ということ以外は大満足で満腹!
本日もブタミンエービーを大量摂取して元気百倍です。
 空腹にはやるきもちをおさえつつメニュウながめる時ぞうれしき

b0019591_14234550.jpg
キャベツとお味噌汁をおかわりしました。


[PR]
by orochon3 | 2017-02-23 15:54 | 美容&健康 | Comments(0)

ついに本丸へ

長々と書き連ねてきた私の不調の記もついに本日をもって最終段階、
ようやくにして一巻の終わりとなるでしょうか、、、?!

先週耳鼻科へ行ったおり、診察を待つ間に(実に1時間半)
近所にある産婦人科に予約を入れておきました。
そこはちょうど50年前の9月に母が私を産んだ病院で、
私もずーっとそこへお世話になっています。
我々のようにこの街で代々お世話になっている人も多い事でしょう。
一言で言えば信頼のできるお医者さん。
もちろんそれから代替わりが二度あって、いまは私より年若の
(それでももういい年の)坊ちゃんがモダンな病院に立て替えて
妊婦さんで賑わっているようです。
というのも、このモダンな病院になってからまだ一度も行った事がなく、
今回予約を入れるさい初めて足を踏み入れたのでした。
そこは、もう私が産まれた頃の洋館の建物とはほどととおく、
もちろん私が通院していた二代目の病院とも段違いにオシャレで、
まるで知らないところへ来たようでしたが、
受付嬢は優しく親切で、ほっと胸をなでおろしたのでした。
混み合っていて予約がとれにくいという噂どおり、あれから1週間経って
ようやく本日めでたくも診察の日がやってきたというわけです!
病院の姿形は変われども診てくださるのは顔馴染みの先生なので、
初めは緊張しましたが先生と話していると落ち着いて来ました。
果たして診断はというと、ナント血液検査の結果が出てから改めて、
なのだそうです。来週の予約を入れて、ではまた次回に、、、。
ということでうまく一巻の終わりとはいきませんでしたが、
ついでに子宮がんの検診もお願いしたら市の検診扱いとなって、
わずか1000円だという事でした、まぁ嬉しい!行って良かった。
 肩力み診察室へ向かいしも検査ばかりで結果はおあずけ


[PR]
by orochon3 | 2017-02-21 15:24 | 美容&健康 | Comments(0)

しもやけその後

昨日とうってかわったお天気!
予報どおりにお昼からジャブジャブと雨が降って来ました。
どこかへ出かけたいと思っていたのですが、じっと家にいます。

午前中のうちにいつもの皮膚科にちょっと行ってきました。
「しもやけどう?」と先生に聞かれ「だいぶんイイです!」と言うと、
先生はとても嬉しそうな顔をしていました。
しもやけなんて生まれて初めてなったので、不安な私が何度も行くから、
かなりご迷惑だったみたい、、、。
春になって暖かくなるまでは一進一退だそうですが、
しもやけがどういう症状なのか、どうすれば良いのかわかったので、
もう不安はありません、しもやけ、どんと来い!という気持ち。
でもまさか自分がしもやけになるとは夢にも思いませんでした。
生きていると思いもしないことが起こるものとわかっていたのに。

そういえば、諸先輩のマダム達に更年期障害の話をすると、
「うつになる人もいるのよ、無理せず気持ちを楽にせよ」という
アドバイスをよく頂きます。
うつ、ってうつ病のうつでしょう?ワタシはならないと思うなぁ。
そう思った時にしもやけのことを思い出し、無関係だと思っていても
もしかしたらうつになるかも?と少し想像してみました。
しかし、具体的な情報がないのでよくわからず、想像は断念!
人によっても色々な症状が出るらしいので、いちいちハラハラせずに、
気を楽にして上手に波乗りをするように過ごしていくべし、という結論に
落ち着いたのでした。やってみよう。
最近は本当に気持ちが穏やかではなく、いつも心に波浪警報が発令中。
更年期のせいではなく、吾が頭上の大きな憂悶の雲のせいです。
 たのしみは湯上がりの身をよこたえてぬくぬく布団で読書するとき
ささやかな幸せを大切に。

[PR]
by orochon3 | 2017-02-20 14:16 | 美容&健康 | Comments(0)

雨降りの通院で

ここのところ病院通いが続いていますが、病院の待合室というのは
どうも好きになれません、病気の人ばかりだからなのか、
なんとなーく気がよどんでいるように思われて仕方がないのです。
静かであれば本を読んで気を紛らわせ時を過ごすことができますが、
無駄に元気な高齢者の方々がいるとお喋りに花が咲いてうるさいこと!
これだけ元気なのに何で来たの?と思うくらい、、、スミマセン

今朝行った病院は、定期的にお薬をもらいに通っているのですが、
広くて明るい待合室はいつも満員で、大きなマッサージチェアまで
並んでいるので思い思いに患者さんは時を過ごしています。
その中を大音量で響き渡っているのが何故かカンツォーネ!
おまけにイタリーの街並を映したビデオが繰り返し流れていて、
なんだなんだ、ここはどこ?ワタシはだれ?という雰囲気。
でも私はカンツォーネが好きなのでわけのわからない音楽より良いです。
そんな今朝はお薬だけでなく、ちょっとだけ心配事があって診察を受ける
ことにしていたので、なんだか気持ちが落ち着かない。
本を持って行っていたのですが、なんだか頭に入らない。
そんな時、懐かしい曲が流れました。That's Amoreという曲です。

1987年の米映画「月の輝く夜に」の主題歌として知ったこの曲は、
この映画と共に私の心に深く深く思い出として刻まれています。
主人公のシェールが白髪を染めて美しくメイク&ドレスアップをして
メトロポリタン歌劇場に車から降り立った姿といったら!
もとは1953年にDean Martinが歌ったものだそうで、
私は映画のサントラ盤でDean Martinの曲を愛聴していました。

待合室で流れたのはイタリーの女性歌手がイタリア語で歌っていて、
私の知っているDean Martinの英語の歌詞とは趣が少し違いましたが、
心が躍るあのメロディ、初めてこの曲を聴いた20代の頃が蘇りました。
この曲を聴いていると、病院の待合室にいることも忘れて、
歌詞どおりティピティピティと心が躍り出すようで、
さっきまでのちょっとへこんでいた気分が明るく上向きになりました。
音楽の力というのはすごいですねー。
その後にかかった曲は「ラノビア」でしたがこれも懐かしい!
10代の頃大ファンだった越路吹雪の歌ったラノビアを思い出します。
♪アーベ・マリーアという箇所ではかなり強烈な存在感だった叔母の事を
思い出してしまい、ちょっとブルーな気分になってしまいました。
音楽はすごい、、、ラノビアでもっとその威力を感じたのでした。
 診察を待つ身なぐさむとつくにのしらべなつかしThat's Amore

[PR]
by orochon3 | 2017-02-17 14:26 | 美容&健康 | Comments(0)

本題に入ります

毎日、毎日、うっとおしい不調の話題ばかりで恐縮ですが、
いよいよ大詰めとなってきました!!

スンドゥブ事件以来、喉元がずっとおかしいのが続いていたのですが、
もう治ったかな、と思って一昨日大好物のわさび風味山芋漬けを食べた途端、
喉の奥がきゅぅっと痛くて苦しくなりました、こわかった、、、。
喉元も痛いし、飲み込みにくいし、息がつまるようにもなるし、、、。
困ったもんだと肩をおとしています。

それとは別に、一昨年あたりから、急に背中が熱くなって熱があるような、
ヒリヒリとした痛みを感じるようになりました。
初めは電気毛布のせいか?とか化学繊維のせいか?とか、
何かのせいにして納得いかせてたのですが、綿のシャツを着ていても、
寝ていても起きるくらいかーっと熱くなったりして、、、
先日、夫と神戸を歩いていた時にも、着ていたダウンを脱いでしまったほど。
横を歩く夫は寒い寒いと肩をすくめているのに、です。

長年かかっている先生に現状を訴えると、色々みてくださって、
甲状腺のあたりが熱をもっているので、気になると言います。
甲状腺?!そんな言葉あったかしらん、というほど縁のない言葉ですが、
色々調べたり話を聞いたりしてみると、更年期の症状と甲状腺の症状は、
よく似ていて同じ頃に症状がでるという事を知りました。
気になることは絶対に避けて通れないので、色々検討した結果、
とあるクリニックに決めて予約をとりました。
それが、本日、早朝のこと。
優しい夫に送ってもらい、初めての甲状腺科を受診しました。
大変親切な先生で、私のいまの不調の色々を全て笑顔で聞いてくださり、
そのひとつひとつに丁寧でわかりやすい診断をしてくださいます、
親切な説明に不安だった気持ちが溶けていくようでした。
「こういう風に話を聞いただけで治る人もいるんですよ」と先生の言葉に、
深くうなずいて、きっと私もそうです、とても気持ちが軽くなりました!
深く深く感謝を申しあげました。

肝心の診断結果ですが、「甲状腺が関係している不調とは考えられない」
ということで、「検査をする必要もないと思います」と言われました。
やはりというかなんというか犯人は最近話題の「こうねんサン」でした。
自分で確認して納得しないと次へ進めない性格なので、これでヨシ、です。
それにしても良い先生に巡り会えました。
先生のおかげでスッキリして、ようやく、なんの心置きもなく、
本題である婦人科というステップへ進めることになりました。
曇天に反してすっきりした気持ちで帰りに駅のカフェに入りました。
スンドゥブ事件以来、ブラックコーヒが苦手になってしまい、
三ノ宮でふと飲んでからお気に入りになっているカフェオレを頼んでひとあんしん。
暖かいミルクとコーヒの香りに、しばしゆっくりほっこりぬくもりました。
 カフェオレに元気づけられ背をのばし 不安のたねをひとつぶ捨てる

このあと夫が迎えに来てくれて、そのまま珍しく遠出しました。
スタートがスタートだったのですが、思いがけず楽しい一日になりました!
長くなったのでつづく。

[PR]
by orochon3 | 2017-02-07 16:55 | 美容&健康 | Comments(0)

塗れば海路の日和あり

去年の夏くらいから爪が薄くなってもろくなり始めました。
爪を強くするというマニキュアを塗ったりもしていましたが、
どんどん加速して弱くなっていきます。
二枚爪ならぬ三枚爪になっていたり、ヒビが入っているところから割れたりと、
薄くなるだけでなく、アチコチに爪がひっかかって痛いし至極不便。
以前同じく爪がもろくなった夫が皮膚科でクリームをもらった、と言います。
そのクリームはもうないと言うので、私もいつもの皮膚科に飛んで行きました。
先生は爪を見るなり「これ塗って〜爪の下の関節のところまで塗るんよ〜」と言って
このクリームを処方しました。
そうそう夫もこれを爪の下まで塗るんやと言って塗っていました。(彼は治ったのか?)
b0019591_10152800.jpg
私は生来こういうことには真面目に取り組む性格なので、朝晩最低二回は爪に塗り続け、
以来、一ヶ月足らずですが、うすぅーくなって半透明にさえなっていた爪は、
しっかりと白く厚い以前のような健康な爪に少しずつ復元してきました!
先生によると爪の根元から関節までの間が爪をつくるところなのだそうです。
だからそこへこのクリームを塗って、良い爪を作ってちょうだい!と念をこめたのです。
爪がもろくなるのは主に乾燥や爪切りが原因だそうですが、栄養不足、加齢、ストレスも
影響を受けるということでした。身体の先端にあるものなのに、ナイーブです。
そして、、、またしてもこの文字を見つけてしまいました、、、。
 気がつけば親友のごとよりそいて したり顔する加齢とストレス
それでも、ひと月たらずで効果が出るということは、私の身体もまだまだ頑張れる!
ということではありませんか、少し希望を持ちました。

[PR]
by orochon3 | 2017-02-06 13:25 | 美容&健康 | Comments(0)

こうねんサン

30日(一昨日)より騒いでいる私の喉〜胃の道筋炎症事件、
またの名をスンドゥブ事件。
喉から胃の道筋、特に喉元と胃の入り口付近がしんどいのです。
痛みは少しあるようなないような、、、でも違和感はあって、
飲み込んだ時につかえるような感じがして胸元がハクハクします。
飲食に差し支えがあるのですが、飲み食いができないわけでもない。
なんだか中途半端ですが、飲食の後はしんどい、という症状。
昨日の朝とお昼は用心のためにおうどんを柔らかくして冷まして食べました。
昼食後にスッキリしないなあ、イヤだなと思って、小さな頃からお世話になっている
近所の駆け込み寺的存在の薬局に駆け込みました。
もう40年近く馴染みのおっちゃんです(昔はお兄ちゃんだった)。
「辛いもん食べてからずっと喉から胃までの道筋がダメやねん!」と訴えると
近所の消化器科を受診せよとの指示がありました。
ウン、と素直にうなづいて初めての消化器科を受診しに行きました(徒歩3分)。
先生はとっても優しそうで、丁寧に説明してくださいました。
曰く、スパイス等というのはシビレ薬みたいなもので、
2時間くらいでその効果はなくなるものである。
よって、一日経ってもまだ続くというのは辛い物が原因ではない。
スンドゥブの熱い豆腐などを食べて火傷しているのではないか?
その問いに私は「すごいネコ舌なのであり得ません」と答えました。
では、どうなっているのかわかりづらい。
先生は、胃カメラ専門だから普通なら胃カメラしようと言いたいけど、
これは胃カメラみてもなんもないと思います、とおっしゃいます。
私も胃カメラ嫌いなのでそれは有り難かったのですが、なんだかなあ、、、。
そこで私「薬局のおじちゃんからここに来たら良い薬が出ると言われました」。
うーん、、、、そうやねんな、いま薬と思ってたんやけど、、、
先生はかなり困ってから胃酸を抑える薬と胃の粘膜を保護する薬を処方されました。
それじゃ待合室でお待ちくださいと言われたのですが、
先生はまだ一度も私の喉を見ていないので、見て欲しー!ととりすがりました。
うーん、、、見てもなんもないと思うんやけど、じゃ見てみよか、と、
一応見てくださって、ひとこと「やっぱりなんもないわ」でおしまい。

薬局に戻っておっちゃんに、こう言われてこんな薬が出た!と報告すると、
「喉という場所が心配やからちゃんと受診して欲しかってん」という事でした。
なーんだ!私はてっきり重症で即入院と言われるかと思っていたのに、、、。
私は最近の不調をくどくどとおっちゃんに説明して訴えていましたら、
おっちゃんは黙って赤い表紙のあるパンフレットを差し出したのです。
それが、これ → ケアリプラ という更年期障害の漢方薬でした。
え!これも更年期障害の症状なの???
パンフレットを見ていると、あれもこれもそれも、みんな当てはまるではないですか。
ガッカリ肩を落とす私に「値段が高いからよく考えてみて、でも効くで」と
おっちゃんは優しく言ってくれましたが、この人に更年期の相談をするようになるとは、
歳月の流れを感じざるをえない私なのでした。

帰宅してから心配してくれていた夫に報告しますと、
「やっぱりか!こうねんサン、こうねんサン、南無南無」と合掌します。
彼曰く、更年期障害の症状は”こうねんサン”が起こすということです。
それをおさめてもらうため合掌して祈るのだそうです。
そんなんで治ったら誰も苦労しないよ、アホ!と言いながら私もこうねんサンに
しっかりと手を合わせたのでした。
 つぎつぎに不調があらわれ右往左往 あれもこうねん これもこうねん

[PR]
by orochon3 | 2017-02-01 15:31 | 美容&健康 | Comments(0)

受難はつづくよどこまでも

お昼に夫特製スンドゥブを作ってもらいました。
いつも手早くささっと美味しいものを作ってくれて、
私よりずっと料理上手なので、とても助かっています。
「ちょっと味見して」と言われて小皿にとったスープを一口、、、
「!、、、?」
初めは美味しい、と思ったらなんだかいつもとちょっと違います。
後からガガーッとのどから胃までの道筋を衝撃が走りました。
もちろん舌はピリピリして痛いくらいの辛さです。
一応一緒に食べ始めたものの、とてもじゃないけれど食べられません。
優しい夫は、牛出汁スープを作ったものに具を入れて、辛くないように
別鍋に作り直してくれましたが、それもほとんど食べられず。
二人の推理では犯人は恐らく、これ →「なんでもからいっちゃ」。
「もうアレは入れへんわ、ごめんなさい」と夫は優しく言ってくれましたが、
「いえいえ、これ入れようと言って出したのは私だから!」と言って、
もう、”なんでもからいっちゃ”は入れないと深く心に刻みました。

昆布の佃煮とたくあんでご飯を食べてごまかしましたが、食後もずっと、
のどから胃までの道筋がなんだか燃えています、痛いような熱いような。
夕方買物に行ったスーパーの薬局で、薬剤師さんに相談しました。
「辛いもの食べてのどから胃が変なんです、痛くて熱くて」と言ったら、
やはりというか当然というか、、、炎症しているということでした。。
これが良いと思います、と言って紹介してもらったのが、飲むのど薬でした。
「ミントののどアメも良いですよ、ミントに治す成分がありますし、
唾液が出てのどを湿らせることも良いことですから」とのこと。
早速スーパーで買ってなめました、アメちゃんなんて何年ぶりでしょう???

b0019591_16455131.jpg
甘いものを食べなくなってからまったく口にしていなかったアメちゃん。
ノンシュガーなので本当に甘くなくて、スーパーメントールと言うだけあって
かなり爽快、のどの奥までスーッとして気持ち良いものでした。
薬剤師のおばちゃんありがとう!
 かなしみは美味しいものをたべながら いたくてつらい思いするとき

「辛いもの好きなのに、こんなんになったの初めて」とおばちゃんに訴えると
なぜか半笑いで「よくあることですよ、風邪をひいてのどが炎症しているのと
同じような症状なので、風邪を引きやすくなりますからお大事に」と慰められましたが、
同じ物を食べて全く平気な夫には恐れ入りました。

[PR]
by orochon3 | 2017-01-30 17:07 | 美容&健康 | Comments(0)

スイスイ水泳

お正月にプール合宿をして泳ぎ込んだあとは、
七日にジムへ行って以来、ずっとさぼっていました。
さぼっていたというよりは、寒波に負けていたのです。

普段はプールに入る前にプールサイドにあるミストサウナで
じゅうぶんに身体を温めてから水に入るので身体はホカホカ、
水温は30度前後ですからそんなに寒さを感じることなく泳ぎ始めるので、
30分くらい泳いでも寒さを感じずに身体は温もったままでした。
その後も、アウトサイドのプール(冬期は閉鎖)の横にあるジャグジーで
まるで露天風呂気分で身体を温めてから家に帰ることができていました。

ところが!
身体が温もると突如として皮膚がチリチリ、ピリピリ、ヒリヒリと痛んでくる
というへんな症状が、3年程前からあったのですが、少しひどくなってきました。
お正月のプール合宿を気持ち良く過ごせたのは、そのプールの水温と室温が
とても高かったから、寒くなく、かといって熱くもないという適温。
夏は気分が悪くなるほどだったあの高い水温と室温が、
この冬の私には最高のおもてなしとなっていたのです。

ということで、ジムのプールへ行っても身体を温めずにプールに入ると
さすがにあの寒波の中では、いくら頑張って泳いでも身体は温もりません。
帰りにジャグジーで温もることも叶わなければ、風邪をひくのは必定。
寒い日々の間はひたすら家でじっとしていたのです。
そのせいでしもやけにまでなってしまいましたが、皮膚の痛みは少しだけ?
マシになってきて、お風呂にも温もるまでつかれるようになりました。
そこへようやく寒さがゆるんできて、これはジムへ行かなくては。
20日ぶりに泳ぎに行ってきました。
まず最初にミストサウナで少しだけ温もりました。
まあまあいける!と思いましたが、大事をとってそこそこできりあげます。
用心に用心、用心にこしたことはありませぬ。
寒さのせいか、プールはよく空いていて、一人一コースを使うこともできました。
最初は寒さを若干感じましたが、身体をならしながらゆっくり泳ぎ始め、
少しずつ水温に身体も慣れて30分ほど泳ぐことができました。
泳いでいるときに琵琶湖の水鳥さんたちを思い出していました。
どんなに色んな事を抱えていても、素知らぬ顔でスイスイ泳ぐ姿。
水中ではシャクシャクと水をかいていても、誰にも見せない。
そんな生き方ができたら、、、と思うばかりでアクセク行きている現実。
 粛々とすすむよ鴨の連合艦隊 単艦率いるわれはクロール

b0019591_13040115.jpg

露天のジャグジー(少し温度が高い)にも5分だけと決めて身体を温め、
暖かいロッカーで素早く着替えます、暖かいというのが重要。
もう8時前なのに外はなんと10度もありまして、まるで春の宵のよう。
いつも仲良くして頂いているプール仲間の方々からも、
来れる様になって良かったね、心配してたのよ、と声をかけて頂きました。
普段していることを普段どおりにできるということの大切さをしみじみ感じたのでした。

[PR]
by orochon3 | 2017-01-29 14:07 | 美容&健康 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(146)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧