カテゴリ:日記( 159 )

ひとりのきつね

ギックリから二週間が経ちました。
きちんと段階をふんで回復に向かいつつあり、
とても難儀していた車の乗り降りについては
「イタタタ」と言うことがほぼなくなりました。
(うちの車は少し高さがあるので、普段から、
乗り降りに難儀しています)
いまだにツライのは腰をかがめることで、
顔を洗ったりする時が一番しんどいのです。
そういえば、10年前もまったく同じでした。
「お辞儀ができないなんて致命傷です」と
社長に窮状を直訴したのを思い出しました。
なにせサーヴィス業でしたから、、、。

今日はひとりごはんです。
大好きなおんちのきつねうどんとおむすび。
b0019591_12133028.jpg
大きなきつねは食べ応えじゅうぶん!
猫舌には食べにくいので四つに切っておきました。
(あれれ、一切れどこにいったんだろ???)
もっちり柔らかなおうどんと上品まであと一歩のお出汁、
おネギはクタクタに煮くのが好きです。
あぁおんちかった!
 しあわせの黄色いおあげほっこりとお出汁は香るうどんは躍る

[PR]
by orochon3 | 2017-12-16 16:41 | 日記 | Comments(0)

東部のオリーブ

今日はカインズへ諸々の買い出しに行って、
ついでに夫のリクエストで洋食を食べに
東部市場のオリーブキッチンへ行ってきました。
私は5月に友達と行ってお気に入りになったところです。
大盛りだから夫にも紹介していたのでした。
私は前回とーっても気になっていた焙煎カレーを注文したら
お店のお姉さんが上に何かのせたらどうかと言います。
例えば唐揚げとか、と言うので「美味しい?」と聞くと
笑顔で頷いたのでそれに決めました。
どうやらイチオシメニューだったようです。
これはオリカラカレーという名前で、
実は向かいにあるカフェのメニューなのでした。
オリーブカフェはカレーのお店で、オリーブキッチンでも
カレーを頼めばカフェの方から運んでくれるのです。
帰りにカフェの看板を見たら、オリカラカレーは
鶏唐、自家製焙煎カレー、魔法の白いソースと書かれていました。
白いソースはマヨネーズをゆるくしたような味と形状で、
唐揚げにもカレーにもよく合っていて、私は好きな味でした。
肝心のカレーは、ちょっと油断していましたが本格的な、
コクのある美味しさ、あとから辛さがくるタイプですが大満足。
唐揚げもご飯もルゥも大盛りですごい量、到底食べきれません。
これにサラダと福神漬けがついて850円也。

b0019591_15595877.jpg

夫は懸案であったという「オリーブランチ」。
これには”男の夢叶えました”というキャッチフレーズが
ついているのです、男ではないけど私も食べたい内容です。
ハンバーグ、海老フライ、鶏唐、クリームコロッケに、
焙煎カレーと大盛りご飯、そしてお漬物とお味噌汁まで!
至れり尽くせりのランチです、1100円也。
どれもちゃんと作られていて美味しいと彼も大満足でした。
そして食べきれなかった私のカレーも食べてくれたので、
もうハラいっぱい!と言っていました。まぁ当然でしょう。
隣のお客さんが食べていたカキフライは、その大きさに
思わず目がテンになるほどで、後ろの人のカツレツも、
お皿いっぱいの大きさでした。
何もかもが大盛りの夫には最適のお店でした。良かったね。
私は今度は海老フライカレーにしてみようかしらん。
(オリーブキッチンの食べログはコチラ →  )

12月ももうあと半月。
お正月が楽しみな年齢でもありませんが、
ニューイヤー駅伝と箱根駅伝は楽しみ!
と言っても駒澤はもうダメなんでしょうね、、、。
 煩悶のからみまつわる身はつらくどこへも届かぬ悲鳴をあげる

[PR]
by orochon3 | 2017-12-15 16:49 | 日記 | Comments(0)

ナンチャッテ曲げわっぱ

9月の長期予報では、今年は暖冬傾向デス♪
なぁんて言っていたのに、なんとまたしてもハズレ。
ラニーニャ発生で寒くなるのだそうです、イヤだなあ。
12月なのに真冬並の寒さ、というこの数日間に
夫は外の仕事で出かけています。お気の毒さま。
久しぶりにお弁当のリクエストがありました。

夏につかしんへ行った時、私のお気に入りの食器屋さんで
夫がどうしても欲しいと言ってお弁当箱を買ったのです。
今まで使っていたものより少し大きめ(!?)で、
なにせ、彼の憧れである曲げわっぱのお弁当箱です、
と言ってもあの高価なものではなくてナンチャッテの
お手頃価格の曲げわっぱのお弁当箱なので、
そのお弁当箱を使う機を狙っていたようです。

このお弁当箱は2合弱入っておかずもそこそこ入ります。
お約束の卵焼きとウインナーにその他チョコチョコ入れた
重たいお弁当を持って7時には出てかけて行きます。
夏場のお弁当に比べると気持ちがいくぶん楽だし、
前のお弁当箱に比べるとおかずの入れ甲斐があって
それなりに愉しんでいます、、、と言っている間に今日で
そのお弁当作りはおしまい、でも来月末からまた始まるそうです。
 いっこうにその芽を出さぬヒヤシンス固い根球は頑なな吾

[PR]
by orochon3 | 2017-12-14 16:13 | 日記 | Comments(0)

また天満

朝からまたまた天満に行くと夫が言うので、
ギックリのリハビリ気分で私もついて行きました。
気になるところがあるのです、一緒に行って
お昼ご飯を食べて帰りましょう、そうしましょう、
と有無を言わさない態度でのぞみました。

私がずっと気になっていたのはお好み焼き屋さんで、
天満の駅からすぐ近く、超有名な千草というお店、
ではなくその並びにある「つる家」さんというお店。
外観は古い喫茶店のようで、のぞいた感じも喫茶店?
と思いきや良い匂いのするお好み焼き屋さんです。
夫も乗り気で行ってみると開店11時半、、、まだ11時前で、
用事を済ませても11時でした。
そこでもう一軒、二人して気になっている大一そばの方へ
行ってみたら9時開店で既にお客さんもちらほら。
ヨシ!と気合いを入れて、うどん→お好みという
夢のリレーをすることにしました。

まずは大一のカウンターに座り、
夫は昆布うどん、私はうどんにかやくご飯がついた
うどん定食にしました。うどんは天かす入りです!
とにかくかやくご飯が食べてみたかったので。
もちろん、かやくご飯は半分こしました。
数日前に行ったつつみやさんのおうどんも
とても美味しかったのですが、なんとこちらの方が
だんぜん私の好みの柔らかいおうどんで、
かやくご飯も理想的な平均的かやくご飯で美味しい!
そしてお出汁はなんともいえないギリギリの下品さで、
(上品まであと一歩というギリギリの下品さ加減)
ズルズルといつまでもすすっていたい美味しさでした。
お会計は、うどん定食380円、昆布うどん280円。
美味しさにもお値段にも驚いてしまいました。
(大一そばさんの食べログの頁はコチラ →  )

食後はぷらら天満でブラブラして時間をつぶして、
11時半になってようやく、さあ、つる家さんへ。
自分で焼く式の懐かしい昔ながらのお好み焼き屋さんです。
優しくて気さくなおばさん二人が応対してくれて、
私は豚玉700円、夫は豚玉定食850円を注文しました。
おばさんが「焼きましょか」と言ってくれましたが、
私は豚をてっぺんにしたい派なので自分で焼きました。
もちろん夫も自分で焼きます、と言って二人じっと待ちます。
お好みは時間がかかるのでおうどんを食べてきておいて良かった!

b0019591_14245848.jpg

余裕をもってじっと鉄板の前で焼き上がりを待っていたら、
ちょうど良い頃合いにおばさんがお盆をもって現れました。
お盆には辛子、マヨネーズ、かつぶしが乗っています。
我々のお好みの焼き具合を見たおばさんは、
もう少し焼きましょね、と言ってひっくり返しました。
おばさんの流儀に則ってお任せしましたが、再度ひっくり返すと
まさしくちょうど良い焼き加減になったのです、さすが。
私はソースだけで良いです、夫は辛子以外はすべて、
はっきり主張し、おばさんが手際良くかけてくれた結果がこちらです。

b0019591_14250704.jpg

美味しい、実に実に普通の正統派のお好み焼きでした。
ソースも生地も具も、ああこれが大阪のお好み焼きだわ、
と深く納得して美味しく美味しく頂きました。
(神戸のお好みとはどこか少し違うのです)
ただしさすがに食べきれず四分の一は夫に進呈したところ、
私のお好みは混ぜ方があまい、俺の方が美味しかった、
とダメだしをされてしまいました。
私の食べた部分は非常に美味しかったので、ダメな部分が
夫へ渡ったようです、それは申し訳ないことをした、
と少し反省したのでした。
(つる家さんの食べログの頁はコチラ →  )

それにしてもこの”天満・夢のリレー”は、
毎週行きたいくらい美味しくて大満足でした。
なんの変哲もないいたって普通のお店、
まるで吉本新喜劇に出てくるようなおうどん屋さんや
お好み焼き屋さん、こういうお店が良いです。
用事も済ませお腹いっぱいで帰宅してもまだ1時でした。
 常常にわれの五感を刺激する鉄の双璧ソースとお出汁

[PR]
by orochon3 | 2017-12-11 15:48 | 日記 | Comments(0)

懐かしいラーメン

マルタイの棒ラーメンというのがありまして、
いままで見たことはあっても買ったことも
まして食べたこともありませんでした。
それが先日、水炊きをする時に〆のラーメンを買いに行き、
魔がさしてこれを買ってしまいました。
スープがついていましたがその時は麺だけを食べ、
思ったよりも麺がしっかりしていたので驚きました。
私はもっと柔らかくなるほうが好きなので、
これはもう再登板はないです、と判決をくだしました。

二人前入りなので一人前残っていたところ、先日、
夫が付いていたスープで棒ラーメンを食べていたので、
少し食べさせてもらったところ、ビックリ!
ものすごく懐かしい味、どこかで食べたことがあるような。
あ!と思い出したのは「みゆき」のラーメンでした。
「みゆき」は子供の頃、近所の市場の横にあった
なんの変哲もないラーメン屋さんです。
そこのラーメンを思い出させる味だったのです。
みゆきのラーメンは「美味しい」というものではなくて、
食べに行った回数もとても少なかったです。
我家も含めてうどん文化にどっぷりつかった地域で、
食べに行くならダンゼンうどん屋さんでしたし、
当時はそれほどラーメンが身近ではありませんでした。
誰もが美味しいラーメンというものに頓着していなかった
ように思います。
ひょんなことから懐かしい味を思い出しました。
b0019591_12373292.jpg
(マルタイのHPより)

個人的には小学校の時、代々木の岸体育館の食堂で食べた
醤油ラーメンがめちゃくちゃ美味しくて、その時初めて、
ラーメンというものは美味しいのだと知りました。

腰の痛みが10年前とまったく同じで、
時期もちょうど同じだし、
なんだかタイムスリップしたみたいです。
12月というのはそういう時期なのかなあと
考えていてふと気がつきました。
10年前のあの頃と今の心の状態が、
イヤになるくらいよく似ているのです。
10年前のあの頃、かなり限界にきていました。
そして今、考えないようにしていたけれど、
心の方ではもうじゅうぶんに限界だったみたい。
 腰痛はたしかな心のバロメーター痛みを感じ限界を知る

[PR]
by orochon3 | 2017-12-10 14:20 | 日記 | Comments(0)

食べ納め

今日はいつものクリニックへ行く日でした。
毎月の診察といつもの漢方薬をもらうだけで、
夫も先週の血液検査の結果を聞いただけ、というわけで
二人ともあっという間に終ってしまいました。
今週は本当にもうお医者さん通いがつづきました!

ギックリのおかげで動作がのろいので、
何もかもに時間がかかってしまいますから、
なんでも早め、早めにするようにしています。
それにしてもあまりに早めの度が過ぎてしまいました。
それならせっかくだから、ということで、
尼崎のSATAKEまで買い出しに行ってきました。
(淡路の玉葱が立派で安いので必ず買います)
そしてついでながら、帰りにはいつものところへ。
恐らくこれで食べ納めでしょう。
寒い日にピッタリの五目あんかけラーメンと餃子。

b0019591_14220352.jpg
しょうがのたっぷりのったあんかけはいつまでも冷めず
食べ終わった時には冷たかった手もポカポカに。
途中で酢をかけるとまたさっぱりしてお腹いっぱい、
そしてカリカリに焼かれた餃子も美味しくて大満足でした。
それにしても今年はいったいいくつ食べたでしょう?
数えるのもコワイくらい、、、。
これで食べ納め、一年間お世話になりました。

年末が近づくにつれてこの一年を振り返ることが多く、
いまの自分(とその環境)がつくづくと不思議でなりません。
そして、柏木の帖で夕霧の大将が一条の御息所に仰ったお言葉が
しみじみといまの心に響いてしまうのです。
 「この人の世のあらゆることは、前世からの因縁で、
  そうなる運命なのでございましょう」
かと言ってこれで良いのでしょうか?いいえダメです。
 嘘をつく彼には彼の言い訳があれど嘘には正義はあらず

[PR]
by orochon3 | 2017-12-09 17:13 | 日記 | Comments(0)

冬がきました

寒い、寒い、冬がやってきてしまいました。
昨日はいつも診てもらっている先生のところへ
行ってきました。
ギックリ腰はそんなたいそうなものではなく、
普通でいけば6週間で治るのだそうです。
6週間か、、、お正月をまたぐのですね。
お正月が終われば元気になる!と希望を持ちましょう。

源氏物語はあっという間に若菜が終ってしまいました。
圧倒的な力でグイグイと引っ張られてしまい、
今迄で一番早く一冊読み終わってしまったくらい。
女三の宮とか柏木とかより、なんと言っても朱雀院!
むちゃくちゃやん、、、と何度思ったことでしょう。
女三の宮がああいうふうに育ってしまうのもわかる、
朱雀院がすべての元凶じゃないのォー?
ちょっとは明石の入道を見習えばァー?なぁんて、
まるで週刊誌を読むような感覚で軽々に感想を
述べてしまうほど面白かったです。
陰で暗躍する小侍従の小憎らしいキャラクターも
なかなか侮れませんし、
忘れてならない愛すべき明石の尼君、
またしてもいきなり出てきてビックリさせられる、
六条の御息所のひつっこさ、、、。
ものすごい個性のひしめきあいに、クタクタになり
ながらもひきこまれてしまっています。

大豆イソフラボンについて少々お勉強した結果、
どうやら摂り過ぎも良くないそうです。
何事も過ぎたるは猶及ばざるがごとし。
ついついエスカレートしてしまうのは悪いクセ、
ほどほどが何よりであると自分に言いきかせました。
豆乳か納豆か、一日どちらかひとつにします。
 吐く息が白くなる朝ベランダの蒼空みあげ泣きごとを言う
[PR]
by orochon3 | 2017-12-06 14:46 | 日記 | Comments(0)

日馬騒動の報道で

寒くなったせいか腰が少々痛みます。
ギックリ4日目は思うほど良い感じではありません。
焦らず慎重にまいります。

話題にせずにいようと思いながら、
このところの日馬問題にはかなり辟易しています。
たったひとつだけ、今回の騒動でちょっと嬉しく、
胸がすっとしたことがありました。
あの稀勢の里初優勝で湧いた今年の初場所で、
その稀勢の里の優勝が夢ではなくなった瞬間が
貴の岩が白鵬に勝ったその時なのでした。
あの日わたしはブログに書いていました。
(その時の記事はこちら →  )

 そして、何より信じられないのが、貴ノ岩が白鵬に勝ったという事です。
 ホント?ホント?ホントに勝ったの?
 普通なら物凄い事なのに、稀勢の里優勝で吹っ飛んだ感じ。
 チョット気の毒でしたが、まぁいいや。

私自身もこの時には稀勢の優勝に興奮してしまって、
貴の岩が白鵬に勝つなんてスゴイ!スゴイ!と
騒いでいたわりには、”まぁいいや”と言っていましたが、
あの日のことが最近の報道でよく取り上げられていて、
貴の岩が白鵬に勝ったという事実がようやく日の目を
みたように思えてホッとしてしまったのでした。
こんな事でなく違う事で日の目をみることができたら
もっと良かったのですが。

そしてこの事件の一連で一番面白かったのは、
(真実かどうかはわかりませんが)
件の鳥取でのモンゴル飲み会に欠席したという
玉鷲の欠席理由が「楽しみにしていた綾瀬はるかの
ドラマを観たかったから」だったということです。
綾瀬はるかのファンだそうです、
玉鷲、とりあえず良かったね。
 明日からはぐっと冷え込む予報聞き 腰痛の身に戦慄はしる

[PR]
by orochon3 | 2017-12-04 15:52 | 日記 | Comments(0)

雪だるま団のゆくえ

一夜明けて腰は少しマシになっていました。
すぐにみてもらえた事も良かったですし、
昨日一日チョコチョコ歩き回ったおかげでしょうか。
今日も一日、チョコチョコ歩きガンバルゾ。

12月に入ったので、痛む腰をさすりながら
ノエルのしつらえをしようと思い、
納戸にしまっている季節もの用の箱を出してきました。
と言っても小さな小さな箱ですが。
箱から取り出しいつものようにまずはちびツリーを
飾りつけました、ちっちゃいのであっという間です。
それからちりめん細工のうさぎサンタを出し、、、
そしてはたと気づいたのです、あのひとたちがいない!
私が一番気に入っている雪だるま団の面々がいないのです。
(初めてノエルのしつらえをした時の記事 →  )
あのノンキでやる気のないだるま団がいないと、
なんだかしまらないしノエルの雰囲気が出ない。
躍起になって箱をひっくり返してもどこにもいません。
いったいだるま団はいずこへ???

b0019591_09532464.jpg

今日は前に大鍋に仕込んで食べきれなくて冷凍していた
カレーを出してきて、おんちのお出汁でカレーうどんにしました。
あつあつをズルズルすすって、ああ、おんちかった!!
 街路樹は冬支度してさあ師走 行き交う人も足早になり

[PR]
by orochon3 | 2017-12-02 16:35 | 日記 | Comments(0)

すき焼きでお祝い

昨日、法務局から電話があって、
書類がとおったということでした。
もう行かなくて良いそうです。
ヤッター。

ということで決算も無事済んだし、
色々のことが滞りなく済んだということで、
心祝いにすき焼きをしました。
こういう時、すき焼きというのはまったく適した
ハレの食べ物なのですねぇ。
実は今迄あまり好きではなかったのですが、
夫の大好物でもあり、私も最近甘いものが大丈夫に
なったということで、味付けは夫に任せて挑戦!
果たして、美味しく頂くことができました。
何と言ってもすき焼きの玉葱と白葱は最高です。
そして〆におんちのおうどん、、、美味しかったァ!
お肉は熊本のお肉でしたがなかなか美味しいお肉で、
すき焼きによく合いました。
何か良いことがあったらまた食べましょう。

食べたあとには部屋中にすき焼きの匂いが充満して
一日換気扇をまわしたのに今朝にはまだかすかに
すき焼きの匂いが残っていました。
 すき焼の残り香ただよう今朝の部屋寝ぼけまなこに幸せの匂い

[PR]
by orochon3 | 2017-11-29 15:57 | 日記 | Comments(0)