カテゴリ:その他(ほぼお酒)( 404 )

七年目の蓮

今日で七年が経ちました。
ここ数年、雨が降ったり体調が悪かったりと、
蓮池に行くことができませんでしたが、
今朝は雨も上がって体調も整い、5時半に出かけました。

ところが、、、
いつもの蓮池に、蓮の花どころか葉すらもなく、
池にはまったくなんにもない光景が広がっていました。
いったいに何があったのでしょうか。
数年行かなかったばかりに、いつどうなって蓮が消えたのか、
さっぱりわからないままに帰ってきました。
まあ、でも今年は浄土寺で美しい蓮を見たので良しとしましょう。

日常の暮らしのなかで、私の頭の中にふと聞こえてくる台詞の数々。
それらはすべて私の中にしみこんでいます。
 心地良いしらべはいまもこの胸に われの核成す彼の言の葉

読むと必ず泣いてしまうので、カバーをかけて
大切に大切に手元に置いているのですが、
今日は頁を開きましょう。


b0019591_08594436.jpg




[PR]
by orochon3 | 2017-07-10 14:52 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

甲南という地域

ナント。
セミがなき始めました。
阪神間モダニズム再考、もう少し続きます。

講演の中でもうひとつ、気になる言葉がでてきました。
同じく1921年の大阪朝日新聞によると、、、
大大阪の公害から郊外へと逃げ出した人たちが田園生活の地として
集まってきたところが、
『夙川より西即ち蘆屋から御影に互る所謂甲南一帯』である、
ということなのですが、この”甲南”一帯とは?
六甲山の南?それとも甲山の南?
どちらにせよ、この一帯に私は並々ならぬ思いがあるのです。
よく”阪神間”と言いますが、では、さて、どの地域をさすのでしょう?
文字通り大阪から神戸ととって頂いてはちょっと困ります。
大きくはそうかもしれませんが、
灘から武庫川くらいまで、とよく言われているのを耳にします。
しかし!
私の中で阪神間というと、西宮、それも夙川あたりから、
東灘までのとてもコアな一帯がまさしく阪神間である、
とずっと前から思い込んでおりました。
その説を唱えると、また言ってる、、、と苦笑されていたのですが、
この大阪朝日新聞に書かれた文章を見て、ほら!ね!
と得意顔で頷いていたのでした。
これを書いた記者のひと、あなたはエライ。
 狭義では甲南一帯が阪神間 その中心を蘆屋に据えて

次回は来月、テーマは行楽地としての阪神間地域です。
楽しみ。

[PR]
by orochon3 | 2017-07-09 14:33 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

昨日は夏の公民館講座の第一回目でした。
午後からなので、眠たくならないか心配していましたが、
自分の興味がある話というのは眠たくならないもので、
しっかり一時間半講演を聞くことができました。

今日は第一回目で、阪神間の都市形成とモダニズムについて。
講師は関学の高岡先生という方でしたが、
「モダニズムを研究しているわけではありません」と冒頭
いきなり仰ったのでビックリ仰天してしまいました。
しかしながら講演の内容は吾がまち芦屋を中心とした関西のお話で、
大変興味深く面白いものでした。

先生のご用意された資料を手元に講演がすすみます。
まずはモダニズムという言葉から説明をされました。
明治は「生産文明」、大正は「消費的文化」がその特色であり、
その文化が日本モダニズムとなるみたい。
その日本モダニズムというものは、1920〜30年にあたる時期に
隆盛を極めたようですが、その担い手はその頃新しく生まれた
サラリーマンという新中間層と一般大衆でした。
そしてのその内容は主にその頃世界で最も元気だったアメリカの
様々なものに影響を受けたということでした。
一方、阪神間モダニズムというものはまったく異なるものだそうです。
河内厚郎氏によると、豊かな人の豊かな文化からスタートしたもので、
早くも明治末から始まりロシアを含む欧米の影響を受けているとのこと。
氏の『豊かさに後ろめたさを感じない風土に育った市民文化』という文章
を読んで、まさしくそれが阪神間の特色ではないかと
目の前がひらけたような気がしたのでした。
 ゆたかなる文化花咲く阪神間 まだ醒めやらぬモダニズムの夢

また、阪神間は東京の郊外に広がった別荘と違い、
別荘の色彩をもった住宅地であり、よって、
全国の駅の中で一等、二等の乗客が最も多いのは大森駅ですが、
それに次ぐのがなんと住吉駅だと、1921年の新聞に書かれていました。
驚くべき事実、住吉を侮るなかれ!
、、、ちょっと興奮して、長くなりましたのでつづく。

[PR]
by orochon3 | 2017-07-08 15:13 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

無知にもほどがある

料理もろくにしないくせに、料理番組が好きでよく見ます。
特に好きなのは土曜朝のおかずのクッキングと
平日の昼下がりのおしゃべりクッキング。
前者は土井善晴で後者は上沼恵美子が出ています。
関西弁で説明されると妙に美味しそうな気がするのは何故でしょう。

料理番組を見ていて、そんなん当たり前!わざわざテレビで言うこと?
と上から目線で言ってしまうことがありますが、それと同じくらい、
え?それは初耳!知らなかったー!と驚くことがあります。
たぶんそれはどちらも、多くの人が知っていることなのだと思いますが。

土井善晴先生は、炒め物をする時にいつも「動かさない」と言います。
「このコゲが美味しさになるんです」とも言います。
食材を動かさずコゲをつくってそれをこそげていく時に言うのです。
今朝もやはり仰っていて、それを聞いたら、でたでた!
と嬉しくなってしまいました。
ケチャップや醤油、ソースなどを炒め物に入れる時には、
フライパン(もしくは鍋)の底で焼いて火をいれること、というのも
土井先生に教えてもらいました。
特にナポリタンを作る時にはよぅくケチャップを焼くのが
美味しさのヒケツだそうで、作ってみてそのとおりでした。

上沼恵美子は彼女自身が料理上手だそうですが、
番組内ではお手伝いしながら専らおしゃべりをし続けます。
うっかり料理を見過ごしたりしてしまうレベルで喋るので、
見ているこちらも、え、今ナニしてたっけ?とわからなくなったり。
笑っているうちに料理が出来上がるのも番組の醍醐味ですが、、、。
番組では日替わりで色々な先生が料理をしていきます。
その時にも、へー!知らなかった!と言うことが多々ありまして、
最近で一番ビックリして役に立った情報が、目玉焼きです。
私は、白身のグズグズしたのがキライなのに黄身はトロリが好きで、
このどちらもが両立している目玉焼きを焼くのに難儀していました。
水をいれフタをすれば黄身が白くベールがかかって見た目が残念。
どの先生のアドバイスだったかは忘れてしまいましたが、
この番組で言っていた美味しそうに焼けるコツは、
弱火で放っておく、ということでした、それだけです。
実際、弱火にして放っておくと時間はかかりますが、
めちゃくちゃ美味しそうな見た目でしかも白身と黄身の焼き具合が
絶妙!という目玉焼きが出来上がりました。ブラボー。

恐らく皆さまは、良い歳をしてそんな事も知らなかったのか!
と思いながらこれを読まれていることと思いますが、
本当なのだから仕方ない、、、無知にもほどがありますが、
いくつになっても新しいことを知るのは大事、
もっと大事なのはそれを忘れないこと!
 黄身トロリ白身はプルル目玉焼き 時を惜しまず理想の形

[PR]
by orochon3 | 2017-06-24 16:39 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

笑って喋って390分

ちかごろ朝4時くらいから雀がチュンチュンないて私を起こします。
そんなに早く起きてもすることもないので、
じっと寝床でガマンしていますが、不思議と5時くらいになると
雀はどこかに行ってしまって静かになるのです。
朝早くから私の窓辺で何をしているんだろ、、、。

昨日は仲良しの友達と洋食ランチでした。
行き先は塚口の洋食家アルハンブラ。
私は二度目、ものすごーく久しぶりで楽しみにしていました。
そんなに広くない店内はあっという間に満席!人気店です。
お互いにクリームコロッケ好きなので、迷わず本日のランチを注文!
入り口にサンプルが置いてあって、
なんとカニクリームコロッケとハッシュドビーフだったのです。
b0019591_08502646.jpg

これに、しばづけ付のごはんとカップに入ったお味噌汁がついて900円足らず。
ハッシュドビーフの入った器は見た目より深くてたっぷり入っています。
おまけに底の方にはポテトがたっぷりで、ボリューミーでした。
お味は酸味のあるハヤシライスみたいな感じで私の大好きな味。
カニクリームコロッケも正統派、刻みピクルスがアクセントのソースも秀逸。
サラダもたっぷりで、何もかもが美味しくて満足満腹!
しばらくかなり胃と身体が重かったです。

食後は友達のリクエストでコストコへ直行。
大きなカートいっぱい買物をしている彼女を見ていたら私まで満ち足りた気分!
そしていつもの神戸屋に落ち着いてからは、喋る、喋る、喋る。
笑って喋って、気がついたらもう4時半になっていました。
それにしても、この間会ってからまだ少ししか経っていないのに、
お互いこうも色々と起こるもんかねぇと驚いたりため息をついたり。
また美味しい洋食を食べて元気になりましょう。
 次々と悩みの種は尽きねども梅雨の晴れ間の愉しひととき




[PR]
by orochon3 | 2017-06-23 16:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

公民館講座

今朝、用事があって市役所へ行った時に
公民館講座の案内チラシを見つけました。
日本現代史講座「阪神間モダニズム再考」という講座が
七月から月に一回、三ヶ月の予定で開講するという内容でした。
”1920〜30年代を中心に”というサブタイトルがついています。
これは!と思ってよく読むと、締め切りは6月15日!
既に閉め切っているチラシを置いてあるなんて、、、
と一時は諦めたのですが、締め切り後も置いてあるということは
もしかしたらまだいけるかも、、、と思い直して電話してみました。
親切な係の方が仰るには、締め切ったけれどまだ受け付けている
ということでしたので、帰宅後すぐにFAXを送って申し込んだのでした。

はっきり言ってこれまで”公民館講座”というものがある事自体
まったく知りませんでしたし、
そもそも公民館がどこにあるのかも知りませんでした。
調べてみるとどうも市民センターのことのようで、
公民館講座は市民センター内で開かれるようです。
なんだかややこしい。
(芦屋市HP内の公民館講座はコチラをご参照ください →  )

さて、肝心の講座内容は下の三回に分けて開かれるそうです。
一、阪神間の都市形成とモダニズム
二、行楽地としての阪神間地域
三、阪神間のスポーツ文化
受講料は三回分で1,200円也。
これまで色んな資料や本も読んだりお話を聞きに行ったりしましたが、
何か新しい発見があるでしょうか。
今夏の楽しみができて今からワクワクしています。
 あるはずのない記憶さえもいとおしく モダニズムの夢たどるわれあり

[PR]
by orochon3 | 2017-06-19 15:24 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

招かざる客

毎年この頃になると、私を悩ませるものがあります。
いつの間にか網戸にひっついている、5ミリくらいの黒いムシ。
ほそーい身体をしているので網戸の編み目をくぐりぬけます。
うねうねと誠に気持ちの悪いものでした。
私はそういううねうね系がものすごく苦手なのです。
そのムシが現れる前に網戸の掃除をして網戸虫コナーズをスプレーする、
というのを毎年使命のように頑張っていたのですが、
今年はすっかり遅れをとってしまいました。
昨日、網戸に例のムシが3匹くっついていたのです。
ああ!遅かりし、、、。
さっそく日曜には朝から網戸掃除をしなくては!
と言っても私がするのではなく夫君に頼むのです。

今朝5時過ぎのこと。
またしても網戸にあのムシがひっついていたのを確認。
夫にムシいるよ!と告げて掃除をせかしました。
さすがに早朝から掃除をするのはマナー違反ですので、
8時を待ちました、、、すると細い糸のようだったムシは
いつの間にかふっくらして普通の小さなムシのように変身!
しているではないですか。
そして、ティッシュでつまもうとしたらブーンと飛んでいきました。
なななんと、あれはいつも飛んでいる謎の小さなムシです。
小さな小さなムシなので気にもとめずにうっちゃっていました。
ああ、あれがあの細い糸みたいなムシの正体だったのか!
そうとわかれば、うねうねして気持ち悪かったのがマシになりました。

網戸掃除中(夫が)も、小さなそのムシは二匹ほど飛んでいましたが
恐れず慌てず処分することができました。
網戸が乾くのを待って虫コナーズをスプレーしたらもう大丈夫でしょう。
ここ数年の憂慮が解消されてちょっとスッキリしたのでした。
 紫陽花のあお色寂し 父の日を忘れて過ごしゆがく素麺

来年はもう少し早く虫コナーズをスプレーしなくては!

[PR]
by orochon3 | 2017-06-18 14:14 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

お手製カレーパン

このあいだの金曜日、知的マダム秋桜さまから
ナントお手製のカレーパンを頂いてしまいました。
カレーパンは買って食べるものだとずーっと思っていましたが、
お家でカレーパンを作っている方がいらっしゃるとは!
そしてこんなに近くにいらっしゃったとは驚きました。

ずっとずっと昔、石坂浩二が「天晴れカレーパン」という本を出していて
カレーパンというと石坂浩二、という図式が頭の中で出来上がっています。
アマゾンで2000円から売っている!のを発見しました。
1984年出版とのこと、かれこれ30年も前なのですね。
もちろん私の書棚にもありましたが、とうに処分してしまいました。
今ではどんな内容だったかなんてまったく覚えていませんが、
とにかくあの本を読んだらカレーパンが無性に食べたくなってしまい、
そのうち背表紙を見ただけでも食べたくなったのを覚えています。

そもそも、カレーパンとはいつ食べるものなのでしょうか。
朝からガッツリ食べる派の私は、もちろん朝食にも頂きますが、
一人で食べるランチの時にもよくカレーパンを買っていました。
ただし、おやつとか、夜ご飯に食べたことはありません。
一般的にはどうなのでしょうか、気になるところです。

b0019591_13134746.jpg

そして頂いたお手製カレーパン。
本日のお昼は珍しく一人だったのでランチとして頂きました。
辛口にしたのよ、と仰ったとおりパンチの効いたカレーの、
とても美味しいカレーパンでした!ごちそうさまでした。
 愛情のスパイス効いたカレーパン辛さもやさし手づくりの味

[PR]
by orochon3 | 2017-06-12 13:29 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

年頭にあたり私に源氏物語をすすめてくださった
知的マダム秋桜さまと、宝塚歌劇マダムと、吾が母と私の4人で、
京都の歴史博物館へ行ったのはもう今から12年も前のことでした。
(その時の記事はコチラ →  )
「六條院へいこう」と題した特別展を見て、あの時はなんの素地もなく
ただただカワユイ!という感想だけだった私ですが、、、。
先ほどあさきゆめみしを読んで、
それからいま瀬戸内寂聴の源氏物語を読んでいるところの私には
あの絢爛豪華な六條院だったのだと、改めて知ったいま、
もう一度ちゃんと見たい!と思うようになっていました。
同じく母もまた見たいと思っていたそうで、
そんな話をしていたら秋桜さまも是非とも!ということになり、
3人で”六條院へ行こう!と盛り上がりました。
あの時は歴史博物館だったのですが、実は風俗博物館にて常設展示!
しているそうです(母の情報)。場所は西本願寺の前あたり。

それに先立ち、あさきゆめみしを大急ぎで読破した母が、
3人の予定を調整して6月9日決行とあいなったのですが、、、
なんと!風俗博物館は6月から7月末日まで休館ですって!!
あれれ、、、仕方なし。
けれどせっかくだから、源氏物語を語りあう会をしませんか、
というよりも、源氏の師匠である秋桜さまに色々とお話を伺う会、
と言った方がふさわしいのですが、とりあえず源氏の会と銘打って、
3人でなにか食べましょう、ということになったのでした。

実はこの3人、共にタカラヅカに行くメンバーでもあります。
一年に一度くらいの割り合いではありますが、
しばし浮世を離れてタカラヅカの幽玄の世界へひたる、、、
そして館内のレストラン・フルールでたこ焼きを食べる、
そんなことをこよなく幸福と思う面々なのです。

それでは、風俗博物館は8月以降ということにして、
6月9日はタカラヅカでたこ焼き食べながら源氏を語りましょう、
といたってスムースに事ははこび、本日に至ります。

秋桜さまのお車(と言っても牛車ではない)に乗せて頂き、
タカラヅカに着いたのは11時。吾が家から30分ほどという幸福。
さあ、たこ焼きを食べましょう。
私はソースとお出汁の両方をつけて頂きます。
明石焼風のたこ焼きは、フルール独特のたこ焼きだと思います。
ほかで食べたことがありませんが、懐かしくも美味しいたこ焼きです。
b0019591_18201970.jpg
たこ焼きとの相方をいつも迷うのですが、
今日は迷いに迷いました。
そして、なぜかミニチャーハンです、、、自分でも不思議。
b0019591_18203897.jpg

いたって普通の炒飯でしたが、お腹いっぱいになりました。
タカラヅカは、いつにも増して大盛況でした。
みなみな、愉しそう、嬉しそう、幸せそうです。
いまから夢の世界へいくんです、といった顔があふれているので、
たとえたこ焼きを食べるだけでそこにいた私までもが、
そのお裾分けをもらったような気持ちになるのでした。
 ひとびとを魅了しつづけももとせの歳月おもき夢の花園

[PR]
by orochon3 | 2017-06-09 18:29 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

私の定番

普段に呑むお酒の定番中の定番は、白鶴の特選 特別純米酒山田錦です。
(白鶴のHPはこちら →  )
たいがいどこででも手に入るということが重要なのです。
いつどんな時に呑んでもしっくりくる、普段着、というよりも
ホームウェア、いえ、寝間着と言った方がピッタリかもしれません。
最近はスマートパウチに惹かれて菊水ばかりですが、
これはガーデンズまで買い出しに行かなくてはならないので、
やっぱり白鶴を定番中の定番と言った方がふさわしいですね。

先日、御影クラッセに行った時のことです。
阪急オアシスのお酒コーナーをのぞくと、見慣れない白鶴の瓶が!
b0019591_06501969.jpg
山田錦という文字がいつもの書体ではなくちょっと威厳があります。
シンプルでいて高級感のあるラベル。
そして限定品という魅力的な文字が目をひきます。
よくよく読んでみると、特別純米の原酒ではないですか、ステキ。
お値段も少々はりますが、期待をもって購入したのでした。
果たしてお味はというと、美味しい、美味しい、美味しい。
まるで肌触りの良い寝間着にくるまっているようです。
それも、シルクとか高級なものではなくて、何度も洗濯してクタクタになって
肌馴染みがよくなったガーゼの寝間着を着ているようなお味です。
旅から帰って自分の寝床に横になったような心地良さ。
限定品ではなくて、いつも販売して欲しいと祈っています。
 こころにも恵みの雨が降るお酒 しあわせの種芽吹かせて酔う


[PR]
by orochon3 | 2017-06-06 15:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)