カテゴリ:その他(ほぼお酒)( 413 )

さくら井屋さんのかたみ(たぶん)

なんでも大事にしていて、大事にしすぎた為に失くしてしまう、
ということが時々あります。
昨夏、大事にしていたものをほとんど全て処分してしまった為、
思い出のあるものはもうほとんど何も私の手元にありません。
そんな中で、なぜこれが?というものがふとした時に出てくるのですが、
そのうちの一つが、これです。
昨日、机の引き出しから出てきました。
恐らく今はもうない新京極のさくら井屋さんで買ったと思います。
さくら井屋さんは数年前に廃業されましたが、その原因が
平刷木版職人がいなくなったということでした。
あのお店の中に溢れんばかりに飾られていた美しく可愛らしいものが
もう今はないのかと思うと、胸が痛む思いです。

これらは小さな小さなものです、全長が爪楊枝ほどの大きさ。
向かって右の桜模様のが古いもので、左の絞り模様は比較的新しいです。
しかし、いつ買ったのか、誰が買ったのか、そしてこれが何なのか、
全てが謎のシロモノなのです。
b0019591_09235184.jpg
古い桜模様の方を開くと、糊がもう乾いていてバラバラになります。
b0019591_09241294.jpg
中に入っているのは桜模様の小さなお札が四枚。
小指の先くらいの小さな小さなお札ですが、今でもとても綺麗です。
b0019591_09242910.jpg
むかって左の丸模様の方にも、同じくお札が入っています。
こちらは若干大きめですが、同じ桜模様で綺麗なままです。
b0019591_09250180.jpg
子供の頃から小さくて精巧にできたものが大好きでした。
古い桜模様の方は、小さな頃からあったのでかれこれ45年くらい?でしょうか。
じゅうぶん古いですねぇ!
本当に、なぜこれが私の手元に残ったのか、不思議でなりません。
 おさなき日あつめし品にうずもれて今は昔の京(みやこ)の版木

さくら井屋さんのものには、独特の文字で「さくら井屋」と刷られています、
けれどこの二つにはどこにもその文字がみつかりませんでした。
ということは、他のお店のものなのでしょうか?これも謎。

[PR]
by orochon3 | 2017-05-30 16:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

お祝い酒

b0019591_13552246.jpg
吾が家の20周年のお祝いにと、仲良しの友達からもらったお酒です。
(その時の記事はコチラ →  )
彼女には私たちの結婚式の時に証人になってもらいました。
13歳、中学二年の時に出逢ってからのおつきあい。
まあなんとも長い月日を一緒に泣いたり笑ったりしたものです。
いつも本当にありがとう!
  ともに泣きともに笑いて幾星霜 歳重ねても少女のままに

秋田県の天寿酒造さんのお酒。
天寿 米から育てた純米酒 しぼりたて生酒。
なでしこの花から分離した農大花酵母で醸したという珍しいお酒、
それもしぼりたて生酒というから美味しくないわけがありません。
要冷蔵の冷酒なので、熱燗を呑んでいる頃には寒くて呑めず。
暖かくなるまで我慢して、ようやく頂くことができました。
ふんわりと柔らかな口当たり、なのに喉越しはスッキリで、
しっかりと美味しいお酒でした。
なでしこの花酵母というのに惑わされたわけではありませんが、
カワユイくせに甘ったるくない陸奥A子の漫画を思い出します。
b0019591_09340255.jpeg
b0019591_09335484.jpeg
小学校の頃に読んだ作品ですが、内容はほとんど忘れています。
とにかく乙女ちっくな漫画の代表選手でした。
なんと陸奥A子先生はまだ漫画を執筆なさっているのだとか!
陸奥A子の漫画に出ていた少女がそのまま大人になったような
作品なのだそうです。興味があるようなないような、、、。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-29 14:52 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

浄土寺

昨日から心は遠く極楽浄土へ、、、。
小野市にあるという浄土寺のことをあれこれ調べていましたが、
境内の浄土堂の天井まであるという大きな阿弥陀さまは、
その脇侍の菩薩さまと共に立っていらっしゃるのです。
浄土堂は東西に向いていて東が正面、西が背面となります。
そして三尊像の後ろ(西)にある蔀戸(しとみど)をあげると
時が合えば西日が差し込み堂内が朱色に輝き、
それはまるで阿弥陀さまの来迎をみているかのようで、
誠にありがたく荘厳な世界にひきこまれるというのです。
同じ兵庫県内で(地理的に近いというわけではありませんが)
このようなお寺があるとは恥ずかしながら知りませんでした。
朝早くから無駄にテレビを観ていた甲斐があるというものです。
そして、三尊像の幹部材は須弥壇を貫通して床板の礎石にまで
達していてお堂と一体化しているのだそうです!スゴイ。

心に大きな痛みを負っているいま、
あの大きな阿弥陀さまにお目にかかりたいと願っています。
いえ、贅沢を言えばお迎えにきて頂きたいのですが、
いまの私の怠惰な生活では望むべくもありません。
 わがうちの平安もとめ西方の極楽浄土を仰ぎていのる

世の中が何やら不穏な方へ向かっているようで、
不安をかりたててXデー云々と世間では騒いでいます。
安寧を求める心が阿弥陀さまを求めるのでしょうか。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-24 15:16 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

西方へ

今朝テレビで快慶の特集をしていて興味深く観ていましたが、
小野市にある浄土寺に安置されている阿弥陀三尊像が映し出され驚きました。
快慶作という阿弥陀如来像は5m30cmというとてつもない巨像なのです、
なのに全く圧倒するような雰囲気をもたず、
文字通り厳かで脇侍の菩薩像を従えた佇まいを観ているうちに、
このような阿弥陀さまがお迎えにきてくださったらどんなにか幸せかしらん!
と思っていました。私ちょっとばかり危ないかも、、、。
 西方へ迎えたまえる阿弥陀さま 観音勢至の脇侍を連れて  

b0019591_14480733.jpg
奈良国立博物館で「快慶 日本人を魅了した仏のかたち」という特別展が
開催中だそうです。浄土寺の阿弥陀さまもお出ましなのでしょうか。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-23 16:20 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

土曜のお昼は新喜劇

近頃、本当に気が晴れないのですが、
土曜のお昼のお約束、吉本新喜劇を観ていたら大声で笑っていました。
気が晴れないって本当なの?と自分に聞かずにはおれないほど。
新喜劇のパワーはすごいです、また特に最近の藍チャンはスゴイです。
”笑い”にはとてつもない力があって、新喜劇は時代を超えて私の源。
新喜劇で笑えないという人がいましたが、
その人と親しくなるのはやはり無理でした。
きっとあちらも同じ思いだったのでしょう。
よく、結婚相手の条件として”価値観が同じ人”と言う人がいますが、
私は”笑えるところが同じ人”の方が良いのではないかと思います。
結局のところ価値観が同じ人なんてほとんどいませんが、
同じところで笑える人というのは案外いるもので、
一緒に面白く感じて笑えるというのはかなり幸せなことだと思うのですが。


b0019591_12392215.jpg
JAFの表紙のにゃんこが凛々しくあまりに素晴らしかったので
思わずカメラに保存してしまいました。
いま世はネコが一番人気だそうで、
猫を飼う人が犬を飼う人の数を上回ったとニュースで言っていました。
 かろやかに音もさせずに吾が道をゆく姿こそにゃんこのほまれ


一夜明けて左手親指はかなり回復しました。
やはりすぐに診てもらったのが良かったと思います。
でも結局原因がわからず、、、不思議な出来事です。
ご心配をおかけ致しましてスミマセン。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-22 15:17 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

4月20日 木曜日

昨日は知的マダム秋桜さまのお宅へお邪魔し、
源氏物語やその周辺のお話などなどを伺ってきました。
いつもながら次々に話題をお出しくださり私の興味も広がるばかり。
おまけにご本までたくさんお借りしてしまいました。
いつもいつもお導き頂き本当にありがとうございます!

今日は大鍋のカレー最終日、いよいよカレーうどんでした。
今回はいつもにましてあっという間になくなってしまい、
またすぐにでも食べたくなるほど。
カレーうどんはやっぱり美味しくて、大好きです。

買物の帰り道、もうつつじが咲いているではないですか。
今年は桜が長かったせいか、桜の余韻を味わう間もなく
あっという間にもうつつじですって。
思えば4月も20日になっていました。もうGWも目前。
早い、早い、早すぎます。
 加速度を尚尚増して春がゆく つつじにわれは何を語らん

[PR]
by orochon3 | 2017-04-20 15:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

さあ出番です

「ソメイヨシノの後はわたくし達よ」とばかりに
大好きな八重桜が満開となりました。
毎年八重桜が咲くと、それまで満開だったソメイヨシノが
急に地味で野暮ったくしみったれたように思えてしまって、
八重桜の前座をしてくれていたのでは?とまで思ってしまいます。
それほど華やかで可愛らしく美しい。
ぽってりとした咲き様が遠くから見ても近くで見ても愛らしく、
心もウキウキふんわり晴れやかとなります。
 満を持し真打ち登場 幾重にも紅衣(べにぎぬ)まとう春の皇女(ひめみこ)
b0019591_16330845.jpg
ソメイヨシノは曇天も雨天もなんでもそれなにり良いですが、
八重桜は絶対に晴天でなければいけません。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-19 16:34 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

世紀の発見

今日は健康診断の申込に行ったついでに、
ららぽーとでお昼ご飯を食べました。
リニューアル中のららぽーと内をくまなく歩いたので疲れ、
フードコートで冷たいコーヒで休憩していた時のことです。
60代と思われる夫婦連れがお互いに何も喋らずひたすらに
食事だけをしていました。ちょうど私の斜め後ろの席でした。
奥さんはマクドナルドのハンバーガー、ご主人はたこ焼き。
そのご主人がたこ焼きを食べ始めた時に、
私の正面にいた夫が「あ!」という顔をして私を見ます。
そして小さな声で「タコ出した!」と言うのです。
何気なく振り向くと、ご主人のたこ焼きにはソースもなにも
かかっていないではないですか!
そしてタコを出して食べているなんて、、、全く驚きました。
お水を汲みに行くふりをしてそのお皿を見に行きましたが、
どんどん食べ進めるご主人のたこ焼きのお皿のはじには、
とり出したタコの山ができつつあります。
気になるのは食べ終わった時に一気にタコを食べるのではないか?
という問題でしたが、ご主人は私達のそんな危惧を一蹴するかのように、
タコの山を紙ナフキンで包み、奥さんのハンバーガーの紙クズの中に
ぽいと入れてしまいました。
そしてやっぱり無言で席を立つ二人。最後まで一言も交わさずに、
後片付けをして去って行ってしまったのでした。

実は私は無類のたこ焼き好きなのですが、タコが嫌いなのです。
よって、たこ焼きを食べる時はタコを出してタコ抜きで食べます。
そしてかつおも青のりももちろんマヨネーズもイヤで、
ソースだけをかけてもらって食べています。
できたらタコ抜きのたこ焼きを焼いて欲しいくらいですが、
そんなものが存在するわけもなくて、仕方がないので、
「ソースだけにしてください」と頼んで注文し、
タコを出してその時一緒に食べている人(主に夫)へ提供していました。
しかし、その上をいく人がいたなんて、、、ソース無し、、、。
これまで50年生きてきて生まれて初めて、
自分以外で”タコの嫌いなたこ焼き好き”を目にしたのでした。
おまけにソースまでなしとは、恐れ入りました。
  はからずもわが目疑う状景が希有な同志とめぐりあわせる
今日は記念すべき日です。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-18 15:36 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

あっという間

一昨日仕込んだ大鍋のカレー。
昨日は我々夫婦二人が食べたあと、夫のパソコン設定にきてくれた
I氏がちょうどお昼を食べていないということで無理矢理供しました。
普通によそったつもりですが、「これは世間一般では大盛りです」と
I氏に言われてしまいました、私の感覚がおかしくなっているみたい。
今日はお昼に仕事から戻った夫がカツカレーにして食べて、
その結果です。
b0019591_16141413.jpg
驚き桃の木山椒の木、、、まぁ、あとはカレーうどんで楽しむとしましょう。
いつも言っていますが、カレーうどんの方が好きなのです。
カレーだけでも充分美味しいのに、それに美味しいうどん出汁を組み合わせて
美味しくないはずがありません。
おんちのおうどんをクタクタにして出汁のきいたカレーをかけたら最強。
考えただけでもよだれがでそう!

今日は1日考え事をしていて脳みそが大暴走しました。
慣れない事をするものではありません。
くたくたに疲れ果ててしまいました。
 春荒れを耐えしのぶ松しなやかに艱難しのぐ術を教えよ
今夜は雨と風がひどくなるという予報です。
プールへ行くのはあきらめて、家でおとなしくしています。

[PR]
by orochon3 | 2017-04-17 16:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

4月もカレー

夫のパソコンがとうとうダメになってしまい、
急遽ヨドバシカメラまで車をはしらせました。
私はまったく関係ないのですが、
いつも家にこもっているのでこういう時にはできるだけ
ついていって外に出るようにしています。
土曜のヨドバシはすごい人で、ぼーっとした頭に喝が少しだけ
入ったような、、、時に刺激は必要ですね。
そしてその間には例の大鍋でカレーを仕込んでいました。
大鍋ですから具を切るのも大変、手が痛くなってしまいます。
山のように切った具材もすんなり収まってしまい、
改めて鍋の大きさに驚いた次第。
 われひとり残しゆく春 大鍋へ仕込むカレーになごりの桜
吾が家ではできたてを食べません、一晩ねかせてから翌日に
もう一度味を整えてから頂きます。
既に家がカレーの匂いでつつまれています!楽しみ!!

[PR]
by orochon3 | 2017-04-15 17:02 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(146)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧