カテゴリ:その他(ほぼお酒)( 391 )
新規開拓
ランチ兼買物をしようとららぽーとに向かって出かけました。
甲子園の横を通った時にふと、ここのイオンには行ったことないけど
ずいぶん大きいね、と言ったら夫が行ってみようか、と言って車を
Uターンさせました。イオン甲子園店です。
ノボテル甲子園の横のダイエーがいつの間にかイオンになっていて、
朝、新生イオン誕生祭というチラシをみたところだったので興味津々!
先日のイオンモール大阪ドームシティーに続いて2軒目のイオンです。
けれど元がダイエーなのでそんなに期待はできぬであろうと思い、
フードコートでおうどんかたこ焼きかな?なんて思っていました。
一応フードコートを下見して地下のグルメロードなるところも下見!
川藤のラーメン屋さんがあったり何故かインド料理屋があったり、
面白いのですがどこも食指が動かず、いちばん奥まったところに
大きな店舗があるのにふと気がつきました。
ポプリンというへんな名前のファミリーレストラン。
店頭には所狭しと食品サンプルが並べ立てられており、その種類は多彩。
うどんからスパゲティ、ドリアから焼肉、もちろん洋食類に和食等々!
いまの一押しらしい鍋焼きうどんにしようと思いならがも食品サンプルの
ポプリン定食というのに魅せられました。
ハンバーグ、海老フライ、鳥の唐揚げという黄金トリオの定食です。
夫はおろし焼肉とヘレカツにざるそばのついた定食にしまして、
二人で分け合いながら頂きました。
メニューの多い店にありがちな、やっつけの料理かと思いきや、、、
なんと、なんと、どれもちゃんと作ってあって、美味しいものでした。
今度何食べる?なんて言いながら店内を見渡すとよくはやっています。
「まちのファミリーレストランやな、コトブキみたいな」と夫の言葉に
私もはげしく同意しました。コトブキ!懐かしいこと極まりなしです。
昔、昔、近所にあったコトブキはこんなに沢山のメニューはありませんが、
どれもまあまあ美味しくて、ものすごくよく通ったお店でした。
よくお世話になった店長の顔もいまでもしっかり覚えているくらい。

せっかくなのでフードコートのたこ焼きも味見してみましたが、
カリカリのトロトロタイプではありますがソースも美味しくマルでした。
食後はしっかりうろうろと店内を探索して腹ごなしをしましたが、
二階にはにしむら珈琲店が入っていたり、大きな本屋さんもあったり、
外から見るよりも内部はずっと大きくて、通路も広く買物がしやすい。
これからも何かと便利使いできそうでウレシイ発見でした。
ちょうど10日から新生イオン誕生祭といって色々お得に買物ができ、
大変有意義なひとときとなりました。
この冬最後だという寒波が到来し寒さや雪に注意、注意とテレビは
口やかましく騒いでいますが、ショッピングモールの中は暖かく、
いつまでもこの中にいたいと思わせます。
しかし容赦なく時間は過ぎ、なくなく帰路についたのでした。
 寒波きてさわぐテレビの気象予報士 おかしがるよう春野菜たち

[PR]
by orochon3 | 2017-02-10 15:37 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
冬の風物詩
もう何年になるでしょうか、毎年冬になったら書店で買うものがあります。
今年はもうやめようと思いながら、毎年必ず買ってしまいます。
一年を通してしたことはないのです、必ず冬限定なのです。
何故かわかりませんが、秋とか春とか、ましてや夏には絶対に買いません。
b0019591_09365303.jpg
暖かい部屋で漢字パズルをしていると、ついウトウト睡魔がおそい、
はっと目が覚めると答えが浮かぶ時があったりして、ウレシイ。
一応プレゼントには応募するものの、ほとんどあたったためしがありません。
何年も前に香水(それも好みではないもの)があたったことがありました。
奇跡的に去年はクオカード500円があたって小躍りしました。
あれだけ応募して二回しかあたらないというのも運がありませんが、
この漢字パズル雑誌というのは人気なのだそうで、確率的には当然かもしれません。
また今年も買ってしまったので、ちょっとだけ期待しつつ応募してしまうでしょう。
ハタメからするとなんとものんきな暮らしですが、実際そうなのです、、、エヘヘ。
 ユウウツや煩悶することおおけれど日々のくらしは平和そのもの

[PR]
by orochon3 | 2017-02-09 12:36 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
AEON MALL大阪ドームシティに遊ぶ
吾が夫の大好きな日曜のテレビ番組「新婚さんいらっしゃい」では、
(私も一緒に見させられているのですが、、、)
最近の結婚前のデートコースの定番はイオンモールなのだそうです。
「映画館も食べるとこもなんでもあるからなあ」と文枝師匠も言っていました。
新婚ではないですが、無類の買物好きの私たちもイオンは大好きです。
大正のイオンモールができるとき、仕事で携わった夫から、
大きな規模で大阪ドームに隣接しているということは聞いていました。
金沢のまわるお寿司屋さんがテナントで入っているという情報も得て、
いつかそのお寿司屋さんに行ってみようと話していたのですが、
大正という土地にあまりご縁がなくて行くきっかけがなかったのでした。
大正までわざわざねえ、、、という感じです。

そして昨日。
甲状腺クリニックに行って気持ちが軽くなった私を迎えにきてくれた夫、
まだ10時過ぎで時間も早いからこのまま大正まで行こうか、と言いました。
おお、行きましょう、行ってみましょう、何か気分が変わるところに
行ってみるのも良いことかもしれません。
果たして30分ほどで大きな大阪ドームの隣の大きなショッピングモールに
到着したのでした。
大阪ドームをこんなに近くに見たのは初めてですが、バファローズにも
野球にもほとんど感心が無いのです、でもショッピングモール散策は大好き。
まずは食べるところを調べてまわりました。
広くてガラガラのフードコートには、バーガーキングがあったりして、
なんだか心がウキウキしてきます、食料品売り場にも行きましたが、
至るところにイートイン席が設けてあるのが不思議。
そして、皆さん思い思いに買ったものをそこで召し上がっていました。
何故かおじいさんにはビールと細巻き寿司がよく似合いますね。

その途中でLOGOSというアウトドアショップに入ったら、
かねてから欲しいと思って探していた携帯ボトルを見つけたのです!
携帯オアシスという名前の細くて小さなボトルです。
喉がつまりがちになるし、耳がキーンとなりがちなので、お水をいつも持っていたい。
小さなペットボトルでもかさばるし使い捨てもなんだか抵抗がある。
携帯ボトルはどれも大きなものばかりで、、、というところにこれ!
b0019591_09310109.jpg
高さはわずか16.5cm、私の手にちょうどおさまりのいい細さで、常温専用です。
冷たいものもいらないし、猫舌なので熱いものはもっといらない。
なので常温専用と言われてもまったく問題なし!良い買物をしました。

その他、夫のドカ弁(950ml!)を500円という安さで見つけて即買い。
私専用の小さなグラタン皿もよいあんばいの大きさがあって即買い。
食料品とビールも買って、たっぷり4時間遊べました。
お昼には、大好きなバーガーキングのハンバーガーも食べることができました。
気になるお寿司屋さんもチェックしました、もっと気になるお肉屋さんもあり、
モダン焼き発祥というぼてじゅうのソースの匂いにもそそられます。
また来ないと!と言いつつ帰路についたのでした。
 たのしみは憂いなくして出歩いて美食たのしみ買物するとき
思いもかけない楽しいお買い物小旅行ができました。

辛いことも良いことも、順繰りにくるようになっているのですかねぇ。
いつものところではなく知らないところで買物をしたり歩いたりする事は、
脳を活性化するのではないかと思います、頭をよく動かした一日でした。
たまには出かけるのも良いことかもしれません。

[PR]
by orochon3 | 2017-02-08 14:24 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
25の私へ
昨夏に実家の片付けをして吾が家に持ち帰って来た日記帳。
小学生の頃からの日記帳は数十冊ありますが、個人的にいちばん面白い!と
思うものは1990年代前半のものです、特に1992〜1994という激動の年。
いま思い返すと私が一番パワフルだった頃がちょうどその頃。
けれど、振り返ってあの頃の日記を読み返してみようかな、、、なんていう
感傷的なものは一切なくて、できればもう二度と思い出したくない過去。
納戸にしまったあの日記、どうやって処分しようか?と時々思案します。
だって!誰かに見られでもしたら、、、と思うと恥ずかしくて!!

そして先日のこと、気になるニュースを見ました。
いま、20代の女性たちの手帳にはいろんな言葉が書かれていると。
彼女たち曰く「ポジティブな言葉とか、癒される言葉とか」を
手帳に記しておくのだそうです。
20代というのはそういう年代なのでしょうか、実は私も書いていました、
手帳ではなく日記帳にですが、ちょうど20代のど真ん中の頃のことです。
なんて書いてたかなあーと思って怖々と日記帳の入っている袋を探しました。
恥をしのんで、そして当時の私をしのんで、ちょっとご紹介しますと、、、
ムーミンが格別好きだったわけではないのに、なぜこの日記帳を選んだのか
よく覚えていませんが、この色合いが気に入ったのではないかと思います。
b0019591_10560193.jpg
こんなにかわいい日記帳なのに、開いたところに書いていたのは、、、
b0019591_10561827.jpg
そう、私の座右の銘でもある谷崎御大の御歌。
それも、勝手に自分で”ひとり”を”ひとつ”に変えているではないですか!
思い出しました、初めは間違えて覚えていたのですが、この方が自分にしっくりするので、
勝手に変えたまま書いていたのです、もうそれだけであの頃の私の性格が浮き出てきます。
b0019591_10561073.jpg
裏表紙に長々と書き連ねているのは夏目漱石の「草枕」の抜粋です。
なんだか、、、。
何をいったい憤っているのでしょう、とげとげした若さが痛いほどです。

続いて翌1993年の日記帳にも、冒頭に谷崎御大の御歌それも間違えたもの、
が書かれていて、裏表紙には漢文からの引用が!頑張っています20代の私!
b0019591_10562789.jpg
見にくいのでうつしてみました、なにやら色々と調べて書いたもよう、、、。
「燕雀何んぞ鴻鵠の志を知らんや
 天網恢恢疎にして漏らさず
 断じて行えば鬼神も之を避く
 『捲土重来』」
いやぁー張り切っていますね、ブイブイいっている鼻息がかかってきそう。
今では、調べないと絶対書けない漢字がズラズラと並んでいて、スゴイ。
肩をいからせている当時の自分が目に見えるようです、
健気というよりむしろコッケイです。

翌年の日記にも谷崎御大の御歌が当然のようにあって(まだ間違えたまま)、
裏表紙は完結です、ひとことだけ。
b0019591_10575419.jpg
この頃は孤高という言葉に酔っていたのですね、完全な自己陶酔です。
(追補:しかも孤という字がちょっとおかしい。いい気になっている割にぬけている!アホ!!)
このだいぶ後になって、孤高という言葉を恥ずかしく思うようになりました。
敬愛なるつか先生のお芝居の台詞に、
「我、孤立を恐れず孤高に陥らずその孤独を友とせん」というのがありました。
女刑事が見得をきって言うのです、今度はそれにすっかり心酔してしまったので、
孤高と書いたということはそのお芝居を見る前だということがわかります。

それにしても、、、
いまの20代女性たちが手帳に記しているのは、癒される言葉やポジティブな言葉。
私が20代に日記に書いた言葉とあまりにも違い過ぎる。時代なのでしょうか。
パワフルで攻撃的すぎます、あの頃の私。
ちょうど25歳の頃です、それから25年が経ってなんと今の私と違うことか。
あの頃と同じくらいに激昂しているのに、まったく力不足ではないですか。
それでも、あの頃の怒りの壁はいつか絶対に打破できると信じていたのです、
何の根拠もなく、だから強くてズンズンとどこまでも進んでいけたのです。
いまの怒りの壁は打破する以前に近づいてさえいかない。
分別をわきまえない昔の私に勝てるはずがありませぬ。
 ふつふつとくすぶるばかり吾がおもい もえあがることなし今日はあめふり

[PR]
by orochon3 | 2017-02-05 16:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
お味噌汁のミソ
土曜の朝は楽しみにしている番組があります。
土井善晴のおかずのクッキング。
土井善晴というと土井勝の息子、、、というイメージが強かったのですが、
いつの間にかすっかりお父さんよりも馴染みになっていました。
この番組で土井善晴に教えて貰った事は色々あります。
例えば炒め物をする時はガチャガチャと動かさず、しばらく放っておく。
少し焦げても焼き色がついたところが美味しそうに見えるし実際に美味しい。
ケチャップを使って炒め物をする時(ナポリタンとかチキンライスとか)には、
ケチャップをフライパンで焼いてから具材と絡めると美味しさが増す。等々。
こういうことは恥ずかしながら全然知らなかったので勉強になりました。

そして今朝の題材はなんとお味噌汁!
お味噌汁で料理番組ができるのかと不思議だったのですが、
今日紹介されたお味噌汁のひとつは、ウインナーとキャベツとパセリに玉子。
どうやらホットドッグを作ったあとの具材を使うという設定らしい。
ウインナーとキャベツとパセリを少々の油で炒め、水を入れます。
煮立ったら味噌をといて玉子を落し入れてできあがり、、、これはアリですね。
出汁ではなく水で良いところがミソ、油で炒めた具材からコクが出るそうです。
なんとも美味しそうでした、朝はこれとご飯だけでじゅうぶんかもしれません。

その他鶏の唐揚げを入れたものだとか、かつぶしと味噌だけのものとか。
私が一番気になったのが、鶏肉、白菜、えのきのお味噌汁。
鶏肉の水炊きをよくする吾が家では、この具材は冷蔵庫のスタメンなので、
すぐにでも作れます、えのきでなくしめじや椎茸も良いかもしれません。
具材を聞いただけでは、ふぅん、普通のお味噌汁やん、、、と思って観ていたら、
白みそを使うところがミソなのだそうです。
普通の赤い味噌と白味噌を半々くらいで使うのです。
私は甘い白味噌のお味噌汁が嫌いなので買ったことがありませんが、
白味噌を混ぜると「冬たまに食べると美味しいんです!」と土井善晴が
自信満々で(彼はいつも何故か自信満々ですが)言っていました。
冬に、たまに、という点がミソなのですね、冬季限定でそれもたまに食べる!
いつものお味噌汁と趣が変わって余計に美味しく感じるのでしょうか。
白味噌を少しだけ買ってみようかな?と思わせるくらい美味しそうでした。
ちなみにお昼の吾が家のお味噌汁は白葱と人参に刻み葱をちらしました。
お味噌は信州味噌と八丁味噌のブレンドが定番です。
食べ始めは冷たかった手が、お味噌汁を飲むとポカポカになりました。
 寒風に手足のさきの冷えこごり心身ぬくめるあついみそ汁

[PR]
by orochon3 | 2017-02-04 17:11 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
時代にあらがう
先日ジュンク堂のナガサワ文具店で買物をしたのは、住所録です。
結婚した時に水色の住所録を買って吾が家の住所録を作りました。
暫くそれを大事に使っていたのですが、いつしか住所はパソコンで管理していて、
自然と住所録を使うことはほとんどなくなりました。
住所変更も一から書き直すこともなく簡単にすんで便利です。
ところが、住所を調べるたびにパソコンをたちあげなくてはいけない。
手紙を書く度に、物を送る度に、いちいち面倒くさいのです。
まぁそんなにひんぱんにあるわけではないのですが、
住所録の良さもあったんだなあと思い直すことしばしでした。

私は悪筆ながら年賀状の宛名書きは自筆でしたいタチです。
宛名をプリントしないのに、パソコンで管理する事もないかな、、、と、
毎年年賀状を書いている時に思っていました。
そしてとうとう限界にきたのは、、、
ろ、う、が、ん。
近眼の眼鏡をかけているので、データを見るのは眼鏡がないと見えませんが、
字を書く手元は眼鏡を外さないと見えない、、、
眼鏡をかけたりはずしたり、それはまぁ難儀なことなのです。
大きな住所録があれば手元も住所録も眼鏡をはずして見えるはず!
そんなコンタンがあってちゃんとした住所録を探し始めてみると、なんと!
もう住所録を売っているところがないのです、なかなか見つかりません。
紙や表紙の質感を実際に見たいのでネットで買うのはイヤなのですが、
実店舗で住所録というと手のひらサイズとかが1,2種類あるのみです。
もう住所録を買う人がほとんどいないのです、と店員さんが謝る始末。
ずっと昔みたいな大きな住所録をずっと探し続けていたのでした。
そして、やはりナガサワにあったのです、さすが!
b0019591_11013019.jpg
開いてみると右端のベロのアイウエオが懐かしい!
b0019591_11013823.jpg
パソコンで管理して宛名は印刷というのが当たり前の時代なのだそうです、
今から住所録を買って住所管理をしようと言う私はかなり時代に逆行しているようです。
吾が家は今年ちょうど二十周年を迎えます、これを機に新しい吾が家を記しましょう。
そういえば昔は電話帳というのもが家にはありましたがこれも吾が家にはもうありません。
よくかける電話番号はそらでダイヤルをまわすことができました。
今もそらで言える電話番号はもう数少ないです。



しつこくこうねんサンの続きです、昨日本屋さんで立ち読みしている時に、
気になるものがありました。もちろん更年期障害関連の書籍です。
更年期障害の症状として「喉の異物感、食道がつまった感じ」というのがあるそうで、
今の私にピタリとあてはまり、まったくイヤになってしまいました。
そして、その症状についてお医者さんからのこういうメッセージがありました!
『ものごとが思うようにすすまなかったり、
 言いたいことが言えなくてストレスがたまっていませんか?
どこのどなたか知りませんが、先生、どうしてわかったのですか、今の状況を!
 なにごともないかのように暮らしをり しあわせなどと聞きたくもなし

[PR]
by orochon3 | 2017-02-03 14:57 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
原点回帰
こうねんサン騒動最中の昨日のこと、車を車検に出している間、
お出かけしようという夫。
不調の原因が分かって具合が少し良くなったので誘いに乗りました。
さあどこへ行きましょう?
阪神芦屋駅が最寄り駅です、西へも東へも行けますが、、、
久しぶりに西へ行くことにしました。
ゆっくり神戸のまちを歩くのは本当に久しぶりです。
神戸のまちも変わっているでしょうか。

阪神三宮に降り立ち、サンチカのUCCの喫茶店で計画を練りました。
何せまだ朝の9時半です、先は長いのです。
10時になるのを待ってジュンク堂に入りました。
ナガサワ文具店で所用を済ませ、センター街の地下を散策しているうちに
ようやく11時になりました。そろそろお昼。
お昼は私のリクエストで別館牡丹園でワンタン麺を食べに行くことにしました。
まだ喉も胃もその道筋も少し不調で不安でしたから、
やさしい、でも食べ応えのある汁そばが食べたかったのです。
しかし!別館牡丹園はお休みだったのです、残念。で、四興楼に変更!
豚まんで有名、美味しいよねあそこの豚まん、と言いながらお店へ行くと
ああ、ここもお休み!
そうです、ここでようやく気がつきました、水曜日なのでした。
昔々子供の頃、神戸大丸に行くのが一番楽しみなお出かけでした。
でも大丸は水曜が定休日、そして大丸のある元町も商店街などは
水曜がお休みのところが多かったのです。
百貨店が定休しなくなったのはいつ頃からでしょうか。
定休日があった事など遠い記憶の彼方へいってしまっていました。
試しに元町商店街やその界隈を歩いてみましたが、
古くからあるお店はだいたいお休みしていました、恐るべし。

果たして私達は足も疲れて途方に暮れ、ランチ難民になりかけましたが、
あっ!一貫楼はいかがでしょう?!微妙な場所だけど、、、開いていました!
果たして一貫楼の二階に無事に座る事ができて、あーしんどかった。

一貫楼も中で食べた事はありませんが、よく餃子を買っていました。
豚まんを店の横で立ち食いもよくしました。
便利な場所にあるせいか実は昔から馴染みのあるお店なのです。
さあ、メニューだ、メニューだ。
とりあえず豚まん1個ください、と言うや否や階下から瞬時に出されました。
それから焼売と餃子を一人前ずつ。
焼売は初めて食べましたが、豚まんのアンとよく似た甘めの優しい味。
b0019591_15321563.jpg
懐かしい餃子!小振りで、あっさりしていて、味噌ダレで食べるそうですが、
味噌ダレがちょっと辛かったので用心した私は酢醤油で。
なんとも懐かしい味、いっぱい食べても胃もたれしないです、というお味です。
b0019591_15315812.jpg
夫はあんかけ焼きそばを注文していました。あんかけものが好きな人です。
私は初心を貫いてワンタンメン。「炒飯セットにせよ」と夫の指示がありました。
期待通りの優しい、優しいスープに細くて美味しい麺がなんともいえません。
ワンタンも小振りで食べやすい!炒飯と薄くて大きなチャーシュウは夫に進呈しました。
b0019591_15314942.jpg
少しづつよく噛んで食べないと喉につかえてしまうのですが、
ゆっくりと時間をかけて美味しく頂くことができました、大満足。
見渡せば店内の年齢層がとても高い、、、お客さんも接客の方も。
「安心して食べられるからやろう、味もメニューも値段も」と夫。まったく同感。
どの料理もオーソドックスで奇をてらったものがありません。
ずーっと同じものを美味しく提供するお店は大好きです。
念のため申しあげますが「もの凄く美味しい!!」わけではなく、普通に美味しいお店。
これは貴重なのではないでしょうか。

元町商店街と大丸百貨店をひやかして、もう一度サンチカに戻って、
朝のUCCに入りました。朝もいたウェイターのお兄ちゃんが走り寄ってきて、
またのご来店ありがとうございます!と喜んでくれます。
こちらも嬉しくなってしまいました。
神戸弁の聞こえる店内で暫く休んでから、そごうで買物をして帰りました。
最近は大阪へ出ることの方が断然多かったのですが、こうして神戸を歩いていると、
どこをどう曲がって歩いても、よくわかりぬいているこのまちが、
私にはいちばんしっくりくるのだと改めてわかりました。
人の少なさもあるかもしれませんが、大阪のように疲れないのです。
いろんなお店がなくなったり新しくできたりして、まちはどんどん変わりますが、
私はやっぱり神戸っこ(ちょっとニセモノですが)なのだと思いました。
 なつかしい神戸のまちのカフェオレのやさしい味にこどもへかえる
実によく歩いた一日、このあと車検から戻った車をとりにまた歩きました。

[PR]
by orochon3 | 2017-02-02 15:36 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
一月の終わりに
今日で一月もおしまい。
大津で始まったこのひと月は、愉しいことや嬉しいことがいっぱいの
素晴らしいひと月でした。
生まれて初めてお正月をホテルで過ごしました。
絶対に見られないであろうと思っていた稀勢の里の優勝を見ました。
横綱昇進というおまけまでついてました。
美味しいものもたくさん頂きました。
これ以上に幸せな事はもうないような気にすらなるくらい、、、。
「人生は荷物を軽くしていくこと」かもしれないと田辺聖子さんが書いていました。
去年はものすごくたくさんの荷物を減らしたので、ずいぶん軽くなりました。
何故これを私が捨てなくてはいけないの!と思うものもありました。
しなくてはいけない人は得てして何もしないものです。
必然的に私がしなくてはいけなくなるのです、理不尽この上ありません、、、。
でも捨てて軽くなったぶん、幸せなことが増えたのかもしれません。
 よいこともよくないことも抱きあわせ くよくよせずに浮かれもせずに

b0019591_17075873.jpg
静かで大きな近江のうみをせめて理想に抱きます。

[PR]
by orochon3 | 2017-01-31 14:08 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
第72代横綱奉納土俵入り
27日は明治神宮がえらいことになっていました。
1万8千ものすごい人がつめかけて、行列をしたというニュースを見て
本当にすごいことなのだと改めて知りました。

その前には綱打ち式の様子がニュースで何度も流れました。
高安の顔が映り、ああ良かったね、と一緒に喜び、
琴奨菊も手伝っているのを見て来てたのね、と喜び、
皆々の顔をもっと映して欲しいなあと思っていたところ、
何故かすごく嬉しそうな玉鷲が映りました、なんで玉鷲?
日馬富士が稀勢の里のことをすごく好きだというのは有名な話ですが、
玉鷲も稀勢が好きなのでしょうか、それとも単純に綱打ちが好き???
普段はあまり好きではないのですが、玉鷲ちょっと応援しようかな。

肝心の奉納土俵入りでは、もう泣かないだろうと思っていたのに、
やっぱり感激の嬉し涙があふれてきて、本当に横綱になったんだなあと
ようやく横綱稀勢の里が現実になったように思います。
テレビの前に座って立派な稀勢の里を見ていると、
何度も何度もここぞという時に負ける稀勢の里に、ああーと悲鳴をあげて
何度頭を抱えただろうかと、今日のこの日が本当に嬉しく感じたのでした。
 神宮に歓喜の人波横綱を祝う心は万国馳せる
 
ちちんぷいぷいで生中継でした、画像は悪かったけど、ライブ感を充分味わえました!
b0019591_13595212.jpg

さあ、三月は大阪場所です。
荒れる大阪場所、これからが本当にしんどい場所になるのですよね。
またあの15日を過ごすのかと思うと、ああ考えただけでも胃が痛くなりそう。
 昇進をよろこびながらもこの日より新たにはじまる地獄がこわい

夫がお風呂屋さんから帰ってきて、
みんなが「奥さんおめでとう」と言ってたで、と言いました。
夫のお風呂屋さん仲間の皆さんにまで知れ渡っているとは、、、
怖がってばかりいないで私も頑張って応援し続けましょう!

[PR]
by orochon3 | 2017-01-28 14:22 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
おめでとう!横綱 稀勢の里
とうとう、横綱稀勢の里が誕生しました。
実に稀勢の里らしい口上で益々好きになりました。
彼を応援し続けて来た全国の皆さんと心は同じ。
27日はぜひとも明治神宮へ飛んで行きたい気持ちですが無理なので、
テレビの前で楽しみに待っています。
ニュースによるとスイーツ親方の芝田山親方の指導のもと雲竜型で、
太刀持ちは高安、露払いは松鳳山が努めるのだそう。
高安は当然のことですが、今場所、何故か私が熱を入れて応援していた松鳳山!
彼にも縁もゆかりもないのですが、、、。
何もかもが嬉しい横綱土俵入りとなりそうです。
 綱取りの念願叶う万感の想いよ届け鎮守の杜へ

さて、去年の2月26日ことです。
ランチに出かけた店の隣のローソンで、私の目があるカップ麺にとまりました。
田子の浦部屋監修の「がっぷり鶏塩ちゃんこラーメン」、
パッケージには稀勢の里の写真が!!!
すぐさま買おうと思いましたが、出先だったので断念してしまいました。
その後、近所のローソンに行ってみるも見つからず、
もちろんどこのスーパーでも見つからず、幻の商品となっていました。
(下の写真はサッポロ一番のHPから)

b0019591_09130903.jpg
そして、今年の初場所中に買物に行ったマックスバリュー。
カップ麺のコーナーを通り過ぎる時にふと、本当にふと手に取ったカップ麺の
パッケージに笑った顔の稀勢の里がついているではないですか!
あ!去年見つけたやつ!!
と、商品棚を探すもそこには手に取ったそのひとつしか他にありません。
この1個はどこからやってきたのか?そして何故私がそれを手に取ったのか?
稀勢を応援するあまり去年のカップ麺が幻のごとく現れたのか?
何かへんなものがとりついたのではないのか?
などと一緒にいた吾が夫が不思議がって騒ぎます。
店内を探したところ、入り口付近に大量に山積みされていました。
それも塩ちゃんこと醤油ちゃんこの二種類があったのでした。ホッとする夫。

b0019591_15034003.jpg
どうやら昨年発売したものをバージョンアップした模様。
もちろん二つとも買い、優勝を祈願して千秋楽までは食べないで大事にしていたのです。
晴れて横綱の昇進伝達式の昨日塩ちゃんこを頂きました。
嬉しくて具が少なくても気にならないほど、、、えへへ。
スープは香りがちゃんこ鍋を思い起こさせるちゃんとした美味しいものでした。
さすが部屋が監修しただけのことがあります。

稀勢の里フィーバーが全国でまきおこっているようです。
このラーメンもテレビに映っていました。
なんと一箱ずつ買っている人もいて、我が事のように嬉しい。

[PR]
by orochon3 | 2017-01-26 08:31 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
  

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画