<   2005年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

均一百貨店

先週終了間際ギリギリで、念願の「心斎橋モダニズム展」に行ってきました。
個人的にツボだったのは、昭和10年の心斎橋を撮った写真。
昭和2年の心斎橋筋案内のイラスト。マッチラベルアルバム。
そして、柳屋さんのゆめ・たけひさの便箋や封筒、手ぬぐい、ふくさなどなど。
欲しいものばかりで、涎が出そうでした♪

中でも、写真心斎橋には、色んな商店の写真がコメントつきで掲示されていて、
一枚一枚、じっくりゆっくり見入ってしまいました。
その中で、オオ!と声をあげたのは「高島屋10、20銭ストア」。
いわゆる例の均一百貨店のこと?!
高島屋の10、20銭ストア、この心斎橋の店がメインだったのでしょうか。
東京大阪京都にチェーン展開して60店近く姉妹店があったそうです。
店内の写真は何枚かありましたが、「化粧品」「足袋」「靴下」「袋物」
「缶詰」などの看板が天井からぶら下がり、美しく陳列されています。
今のスーパーマーケットの陳列棚みたい。その他にはハンガー、お菓子などの
商品もきれいに並べられていました。
昔の商店の陳列って、いいですねぇ・・・!ちょっと埃っぽいような匂いがしそう。
この写真の中に入っていけたらどんなにいいだろう!と思ってしまいます。

そういえば、さきたかサンとこで以前話題になった均一ストア、
林芙美子の「下駄で歩いた巴里」に描かれていた均一ストアは、
巴里にあったのだと思っていたら、倫敦だったのでした。(失礼しました)

『ここで一番面白く見たものに、均一百貨店が沢山ある事でした。
日本にもあるでしょうか?きっとまだ出来ていないと思います。
--------6ペンス(約24銭)以上のものは絶対にないのです。石けん。お白粉。
首飾、指輪、糸類、雑誌、子供レコード、レース、布地、花の種、
食器、電気の傘、鍋、籠、文房具、菓子、立食堂のコーヒーやパン、サンドウィッチ、
野菜や、乾物、食料品、造花、玩具、ピクニック道具、単行本、肌着、パンツ、
安全剃刀、硝子類、全く豊富な六ペンスの店で、一ペンスの散紙まであるのですから、
チョウホウです。
--------それに昼の立食堂は、六ペンスで腹が太るのですから大変な人です。』

均一というよりは、六ペンス以下の値段が色々ついていたようですが、
品物は高島屋のよりもずっと充実しているみたい。
食堂まであったとは驚きです。便利ですわね!
[PR]
by orochon3 | 2005-03-25 23:25 | その他(ほぼお酒) | Comments(4)

君と行く路

明るく朗らかな内容だと勝手に思いこんで観ていたら・・・
君と行く路って道行きのことだったのか?!ま、よくある話で、
小さな頃から少女漫画やドラマやらで何度となく見聞きしたものです。
今でもやっぱりよくある話。

鎌倉由比ヶ浜の別荘が舞台、そこに住まうお妾さんと、
その美しい息子二人。
お母さん一人が和装だけど、その他は全て洋風の暮らしぶり。
そして彼等の恋人の美女二人。
一人は霞チャン。彼女は日本人形みたいに頭が大きくてちっちゃな肩!
お着物がとてもよくお似合いで、途中からは髪も結い上げて、本当のお人形!!
帯の位置が物凄く高くて、帯揚げを沢山出して着ています。
とても良いおうちの箱入り娘チャン、てな雰囲気が観てすぐわかりますのね。
華やかな柄のお着物、是非ともカラーで観たかったものです。
そして彼女のお家はとても大きい!女中さんがい〜っぱいいます。
女中さんのいっぱいいる当時の暮らしぶりがよぅくわかりました。
もう一人は私の贔屓、堤真佐子サンの月子チャン。彼女はカッコイイ洋装です。
最期、喪服で出てくるところ、七分の袖口やらウェストやらに、
縞の房飾りがついている奇抜な黒いドレスで現れてドッキリ。
月チャンのお部屋も豪華な洋室で、ベッドみたいなソファに座ってレース編んだり。
決してスタイルも良くないし美人じゃありませんけれど、
明るくてとても素敵な女性で大好き。

男性陣。
兄の朝ちゃん、弟の夕ちゃん、二人とも美しい。モダンで由比ヶ浜が良く似合う。
弟の佐伯秀男 さんが最近までご存命だったそうで、インタヴュウ記事がありました。
まぁ、それにしてもこの兄弟、うっとおしい。
自分たちが妾の子だととても悲観し尽くしちゃう。最期は死んじゃうし。
マザーなんてお母さんのこと呼んだり優雅な生活は享受しておいて、
お妾でお金に執着するちょっと幼稚なお母さんのことを小馬鹿にして、
まったく自分達だけで大きくなったような顔して・・・子供みたいですね。
彼等のお母さん、清川玉枝さんくらいあっけらかんとア・カルク生けませんかしらねーえ。
「兄の花嫁」にも田舎の叔母さんで出てたけど、ホント明るくていいなァこのひと。
元芸者さんという設定だからして、着物の着方がちょっと粋。
中でも帯の仕方がおもしろいので、何度も一時停止して観てしまいました。
特に喪服の時、ふさを綺麗に下げてあったのですが、帯締めがすごく短いのが
私には珍しかったのでした。この方の帯締めの仕方、斜めになってたり特徴的でした。
とても楽そうなんだけど、くずれていない!のね。

冒頭の辺りで、料理屋での場面。お座敷で芸妓さん達とサラリーマン諸君が
JAZZで踊っていました。昭和11年ですか・・・。

昭和11年・製作=P.C.L.映画製作所、配給=東宝映画/監督・島津保次郎
b0019591_1852755.jpg

[PR]
by orochon3 | 2005-03-24 22:05 | 戦前東宝 | Comments(0)

兄の花嫁

アレ、終わりなの?! と拍子抜けしちゃうのは、
この時代の映画を観ているとよくあることですが、
この映画、本当にそんな感じで勝手に終わっちゃったみたい。
すごくおもしろくて、ひきこまれていたので余計に・・・。

この頃の結婚式の様子が詳細に描かれていて、楽しい。
もちろんお嫁さんは和装だけど新郎はモーニング。
神式の式後控え室の様子から披露宴へ移る様子なども今も同じ。
披露宴は時節柄ということでサンドイッチのみだけど、
仲人の挨拶、新郎新婦の紹介など今も昔も変わらないのね。
そして新婚旅行へ旅立つ二人・・・実のある段取り、とても幸せそう。
本当の結婚の幸せってコレなんだろうなぁとつくづく思いました。

全編通して和服の山田五十鈴に対して、原節子サンは洋装。
寝るときはパジャマまで着ていらっしゃいます。
パジャマなのに起きてはおるものは着物なんだけど・・・。
この方、セェタとかカジュアルなものより、カチッとしたスーツが
本当にお似合いで、帽子を斜めに深く被り、ポケットに両手を入れて歩く
そんな姿がとっても格好良いです。トラッドなオーバーコートもしかり。

しかしなんてったって、新妻の山田五十鈴がカワユイ!!
男前な高田稔の旦那さんに過去の恋愛事件があった事を知った彼女、
「誰かのこと、そんなふうに思っちゃイヤよ。絶対にイヤ イヤ イヤ」
と、好き好き好きとでも言わんかのように素直な愛情で訴える。
イヤと三回続けるのにしても、全部ニュアンスが違うんですから。カワユイ!
彼女から見れば義妹であるモダンガールの原節子サンが、
自由奔放と言葉は良いけれど勝手で幼稚にさえ見えるほど、出来たお嫁サンぶり。
箱入り娘なのかと思いきや、なんでもご自分のセンスでこなしてしまう五十鈴サン。
カワユイ新妻、しっかり者のお嫁さん、でも革新的な女性。素晴らしい!
そして何より言葉が美しいのです。
帰宅した旦那さんに「お帰りあそばせ。お風呂召します?」ですから。
こんな風にはなれないけれど、少しは見習いたいと心から思いました。
そんな若奥様の着物姿も堪能。本当にカラーで見たかったですわ。

昭和16年・作=東宝映画 /製作・田村道美 監督・島津保次郎
b0019591_2352625.jpg

[PR]
by orochon3 | 2005-03-20 23:06 | 戦前東宝 | Comments(0)

和装への道「名古屋帯その2」

あれから、自主稽古で磨きをかけた?!おかげで、
メモも鏡も見ずに約30分かかって一人で着られるようになり、
稽古にも着物を着て行く!
寒いので首もとにチビマフラーを巻き、肩からショール。という
防寒スタイルで・・・着物、草履で歩くというのは、なかなかに
難しいもので、色んなトコロに力が入っているのか、
歩いているうちに暑くなってきます。でも寒い。変な状態!

稽古の内容は名古屋帯、それもワンポイント柄の結び方。
その前に前回の復習を・・・と、あ!私の結び方、
知らぬ間に我流になってるところがあった!!のです。
勝手に変えて覚えつつあったところを発見。
それも二カ所も。初期の段階で気が付いて良かった〜♪
ひとつは、タレを引き抜いてから“お巻き”を入れる、そして腰ひも、
という順番と、肝心のタレの引き抜きを忘れていたこと。
どおりで、折り上げる時にゴロゴロしたはず!キレイにできました。
もうひとつは、帯揚げを結んだら交叉させるのを忘れていたこと。
だから帯揚げがゴロゴロしていたのですねぇ・・・。
帯締めの結び方もコツを会得したし、重要な稽古となりました。

ワンポイント柄の帯を持っていないので、できたかどうかは
さだかでありませぬが、とりあえず結び方は覚えた・・・つもり。
持っていないから今回は復習できず・・・。残念。
柄の出し方で色々遊べるという事なので、やってみたいものですが。
お太鼓の部分を一枚の画もしくは写真に見立てると、
柄の出し方がフレーミングとなってとても興味深い。
上部をあけると若向け、下部をあけると年輩向け、
華やか、地味、粋、やぼ、などなど。

今回の私の着付け、衿の抜き方がまだもう少し足りないとの注意を受ける。
その他は、キレイにできてますよ、とお褒めのお言葉。嬉しい、嬉しい。
これで名古屋帯の稽古は終了!!
さあ、忘れないように、復習、復習、復習あるのみです♪
[PR]
by orochon3 | 2005-03-14 22:59 | 着物 | Comments(0)

和装への道「名古屋帯」

先週に引き続いて、和装への道。
今回はいよいよ帯を結びました。と言っても名古屋帯。
私の手持ちにはないので着物道の師匠であるNに借りる。

着物を着るところまでは、先週から二度家で稽古したので、
なんとかできたけど、襟のくりがまだ足りないと注意されちゃった。
どうして大胆にできないんだろう???感覚がまだわからない。

稽古前に、帯、帯あげ、帯締めの説明。
今日私が持ってきたのは9寸の名古屋帯・全つうというものらしい。
帯あげは綸子。帯締めは平打ちというものでした。
そしていよいよ帯を締める!

まずは帯板をします。ゆるめに、後ろをあげて、前をさげながら。(前上部が開くように!!大事)
帯の端を左手に持ち、胸の前あたりで直角に上へ折り上げ、クリップで留める。
そのまま三回グルグルと巻き付け、腰ひもで結んでしまう。(あまりきつくしないで)
右にきている長い方も前でクリップで留める。
左のクリップで留めていた分を引き抜いて、後ろへ抜ききってしまう。(大胆に!)
それを今度は後ろ手に押さえておいて左へ返してきて、(上部分をフラットにする)
右の長い分とそれぞれ持ってググ、ギュッと結ぶ!(かなりきつくなります)
左の分はクリップで留めておく。
右の長い方は前に持ってきて、裏表に開き、自分の方から表を上に返す。(こんがらがるー!)
背中の帯の上部に“お巻き”を挟み込む。(“お巻き”とは手ぬぐいをグルグル巻いたもの)
帯あげを帯枕にまきつけて準備しておき、右手にある長い方の内側へセット!(帯の真ん中へ)
帯ではさんだ帯枕の上部を片手で持ち、背中へまわし、“お巻き”の上へのっける。
帯枕のガーゼを二重に結んで帯の中へ入れ込み、帯あげは軽くちょうちょ結び。
背中に垂れた帯の内側の帯の方、両端をひっぱって、開き、折り込み、
クルクルと折り上げていってポンポン叩いてフラットに、それを腰紐の一本で留めてしまう。
(ここ、かなり上腕が痛くなる。そして、何が何だかよくわからなくなってくるけど落ち着いて)
上にかぶさって垂れている帯の内側に腰紐をあてて、帯の下線にあわせる。(親指と中指で)
人差し指で内側へ少しあげてゆき、指一本分残るまで上げてしまう。(あまり長すぎず短すぎず)
腰紐をそのまま前へ持ってきてきゅっと結んでおく。(今度はしっかりと)
左手にあった帯を背中へまわし引いてくる。(ちょうどお太鼓の右端にくればgood!)
上の腰紐を抜きます。(ちょっとドキドキ)
帯締めを左手に持ち、左からお太鼓の一番外側の内へ通す。(ちゃんと締まってるか点検しつつ)
帯締めをしっかりと結ぶ。右が上にくるように。左を返して右をその上から入れて。(ややこしい!)
最期に帯あげ。左右は三つ折りにして更に半分に折り、右が上にくるように結ぶ。
下にきた方は帯の下部にはさんでおいて、上にきた方は広げて、折り畳んで小さくしたら、
帯板の手前に入れ込む。(場所を間違えないで)
左の下に挟んでいる方は、もう一度きれいに三つ折り、半分折りにして上にあげる。
指四本分を残して板の手前に入れ込み、残りを帯枕のガーゼの結び目上にかぶせ入れ込む。
そして、最期に残った腰紐を抜き取って出来上がり♪

稽古中に二回、帰宅後もう一度、計三回結んでようやくなんとか・・・
でも、今週はもっともっと稽古しなくちゃいけない。
ちょうど師匠Nがいたので、なおしてもらった。
帯締めの始末の仕方とか、お太鼓の形とか、ちょっとなおしてもらったら
ずいぶんあかぬけて粋な感じになりました。けどまだまだ私には早いよ。
着物の事まだまだ知らない事ばかりなんだから。
[PR]
by orochon3 | 2005-03-07 23:11 | 着物 | Comments(0)

「女工哀史」細井和喜蔵

二月の旅行用に購入したものの意外に速く読了。
何も知らない私はこれは小説だと思っていたんでしたが、
しかしこれは、詳細に調べあげられた調査書でありました。
随所に資料が挿入され、生々しい女工さん達の生活が綴られた
今風に言えばレポートでありました。
女工さんといえば製糸工場と思っていましたが、この本の女工さんとは
紡績、織布の女工さんで、数的には製糸はそれについで三番目だったそうです。

近代日本を底辺で支えた女工さんたちは、腐った物、それすらも満足に与えられず、
娯楽も教育もなく、血涙を流し命を削っていたのでした。
大阪の某工場では、女工の衣裳にも干渉し、絹物を着る事を禁止しました。
一部有閑階級貴婦人や淫売婦が絹をまとい、女子としての、いえ人間の尊厳さえも
奪われて日々身を削って織り上げている彼女達が絹をまとってはいけないと、
いつの昔に誰が決めた?と筆者は怒っています。
「ああ!京の織り子は、つづれ破れた木綿を着て、誰が着るのか判りもしない綾絹を
せっせと織っているよ。」と筆者は泣いています。
当時の美しい着物をながめて感嘆の声をあげていた私は、
どんな人が着ていたんだろう、どんなところで着ていたんだろう、
などと楽しく思いを巡らすことはあっても、それを織り上げた女工さん達の
ことなど考えた事すらありませんでした。
豊かな層はいつの時代もごく一部だけだけど、あの時代、貧しい底辺層の数は
はかりしれないほど多かったでしょう。
その暗闇は大きければ大きいほど、ごく少数のブルジョア層が
光り輝いていたのではと思ったり・・・。
だからこそあの頃に切ないほど狂おしい思いを抱くのではないかと。

女工さん達はすべてにおいて派手より地味を好むのだとか。
お汁粉を食べるにも浅草の明るい店より本所の暗い家まで帰る。
百貨店へは行かずに場末の小呉服屋で済ませる。
洋食は嫌いでカツレツよりもごった煮が良いと言う。
人をおそろしがり、混雑した場所を嫌う。
少女のような無邪気はなく、大人的鈍感さを有する少女達。
公娼私娼には元女工さんが非常に多かった・・・・。
どんな資料よりもこういう事実からの方が女工さん達の生活が
直に伝わるのかも。

偶然にも、この本を読んでいる途中に、着付けを習いに行く事になった私は、
華宵や夢二、虹児や淳一の絵に出てくるような妖しくも美しい着物姿に憧れ、
私の中の着物のイメージは、彼等の描き出すイメージでもありました。
そのほとんど大半は文字通り有閑層の着物。その背景に、彼女たち女工さんの
血や涙がどれほど流れていたのか、それは想像もできません。
読み進むうち、辛くて本を閉じたくもなったけれど、
工場と寄宿舎というせまい場所で生きていくしかなかったこれら数え切れない
女工さん達のことを知る事ができて、良かった、と思うのです。
本屋さんで何気なく手にとったこの本。
この時期に読む事ができて、本当に良かった、と思うのでした。
こういうの、本が呼ぶ、とか本に呼ばれた、とか言うんでしょうか???
[PR]
by orochon3 | 2005-03-05 22:37 | | Comments(0)

和装への道「初めてのお稽古」

某所で着物着付けのお稽古を始めました。

着物、何枚か持っているものの、自分で着られません。
(何度か知人に教えて貰ったものの結局は身に付かなかった×)
着替える時の選択肢に、もしも着物が加わったら・・・
すっごく愉しそうではないか!と常々思っていました。
ここ数年間、ずっと習いたいなぁーと思っていましたが、
出不精&行動力のないワタシはなかなか実行できなかったのでした。
それがめでたく今回、お稽古を始める事になり、とりあえずは
説明会を聞きに行き、小物なぞを揃えて初めてのお稽古に備えました。
前の晩は、気持ちは昂揚し、着物を着ておでかけする時の自分を思い描き、
必要以上に興奮してしまったり、本当に着られるようになるんだろうか?
器用ではないワタシ、何の知識もないワタシにもできるの???
と、かなり不安になったりしたのでした。

そして。
初めてのお稽古は二時間ぴっちり。
十数名のご婦人方と共に、優しい先生に手取足取り教えて頂いて・・・
なんと、着物を着るところまで出来るようになっていたではないですか!
すごい。すごい。帯を結ぶ手前のところまで、できたんだから。

1・まずは、足袋をはいて肌襦袢を着て、デコボコした身体の線を補正します。

洋服を着る時には考えられない場所に、ヴォリュームが必要みたい。
私はウエストにタオルを巻くようアドヴァイスがありました。
毎晩一生懸命、ウエストのくびれをつくる為に体操をしてきた努力が、
まったく無意味だったりして、がっかりしちゃう。
昔の女優さんが洋装した時に、どうしても和装の雰囲気が抜けないのが、
実感としてわかったのがおもしろい。

2・いよいよ長襦袢

オー、着物を着るのだワー!という昂揚感。
こぶしひとつ分、襟をぬいて長襦袢をはおりますが、私はぬきが足りなかった。
思い切りが足りないのと、洋服の感覚がぬけないせい??
二度目からは先生の指導のもと、思い切りよくグンとぬけた!
そして秘密兵器のコーリンベルトが大活躍。
以前知人に教えて貰って着た時よりもずっと楽チン♪すごい威力。
コーリンベルトの次に伊達締めを締めると、背中(先生は“お背な”と言う)の
シワをキュッキュとのばして下からひっぱり美しい後ろ姿をつくります。
これで下ごしらえができちゃう、早いこと、早いこと。

3・着物を着ます

今日は普段着の着物。
襟を折って、背中からすすっと羽織る時、ちょっぴりイイ気分。
いえいえ、かなりイイ気分。女をやってて良かったワーというか。
でも浮かれちゃいられない。難関「裾の長さを決める」がやってきます。
これは難しい。先生は甲にかかるくらいとおっしゃいますが、
ぴしっと決まらないので何度も何度もあわせては下を向いて確認。
何故かというと、鏡がないから!です。
すべて、手の感覚で覚えましょう、という方針だそうで。難しい!
なんとかあわせ終えたら、腰ひもでちょちょいととめました。
腰ひもの結び方も、ペケにして上になった方で下をすくう、んだとか。
え?え?え?と前にいる先生の所へ聞きに行く。こういう時、少人数は良いです。
腰ひも、結び終えたら、もう下半身はバッチリ。
後は、再びコーリンベルトで襟を決めて、伊達締めを結ぶと出来上がり!チャン。
“お背な”をきれいに整えるのを忘れずに、そして何より、
中心がちゃんと背中の真ん中を通っているか、チェックしながら!

この行程を、二時間のお稽古の間に三回。
家に帰って復習でもう一回。
計四回着たり脱いだりを繰り返しましたら、なんとかかんとか様になってた。
私の和装への道、着実に一歩前進した!ような気がします。
来週はいよいよ帯だぁー!・・・出来るのか、ワタシ???
[PR]
by orochon3 | 2005-03-01 13:05 | 着物 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(137)
(114)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧