「アール・デコ展」

きらめくモダンの夢!夢!!夢!!!

ようやくにして行けました。
春に東京で開催中から行きたかったのに、とうとう秋の大阪で実現です。
楽しみにしていた期待通りで、満足をしたにはしたのですが、
ワタクシはやはり日本のアール・デコが一番好きなのだなぁと
つくづく思って帰ってきたのでした。
きら星のごとく並んだ家具や絵画やタペストリーや宝石などの装飾品・・・
どれも素敵、溜息がもれるのですが、ピピン!とこない。
途中、日本のアール・デコのコーナーに来た途端に何故かほっとする。
おお、これ、これ、これですわ、と気持ちが高揚する。
結局のところ、日本風になったものの方が好きなのでせう。
鈴木表朔の漆器棚引棚なんて垂涎ものでしたわ(図録でゆっくり楽シム)。

海野さんの「アール・デコの時代」を読み終わるのを待っていたわけでは
ありませんが、結果として読後に行けたのは良かったかも。
マティスがつくったバレエ・リュスの衣裳を実際に見る事ができたし、
幾何学のデコと流線型のデコが、おおよそのところはちゃんと20年代と30年代とに
なっていたのも発見できたし(例外もあったけど)。
もひとつ発見は、20年代は高級素材<黒檀、象牙、鮫皮、漆>で、
30年代は<クロームメッキ、アルミニウム、ベークライト>などの工業的?素材が
主に使われるようになっているらしいこと。
ますます30年代が親しみやすくイイ感じ!として近しく感じられました。

とはいえ、モーブッサンやブシェロン、カルチエの目の眩むような宝石や、
コンパクトで美しいデザインのヴァニティケースや帽子も大好きで、
もちろん、実物のドレスがずらりと並んだ陳列には足がいつまでも止まっていました。
どれもこれも素敵でしたが、やはり薄ピンク色をしたサテンのドレスが大変結構でした。
マドレーヌ・ヴィオネの1933年のデザインだそうです。流線型でございます。
図録によると、『1934年のヴォーグ誌は、おしゃれな女性について、
「横から見るとモーターボートや飛行機のように風を切って流れるようなラインをしている」
と書いてある。この流れるようなラインを生み出したのがバイアス・カットであった』
とか。
バイアス・カット、今ではごくごくあたりまえの事なのに。
ずっと洋服を着ていた国においてもファッションの革命的な出来事があったのか・・・
それにしても、どのドレスも背面デザインが素晴らしすぎです。ばっくり開いています。
腰のあたりまで、V字やU字に開いているのです、もちろんブラジャーはつけませんのね。
スタイルの良い欧米の女性には着こなせても、着物体型だった当時の日本女性には
ちょっと無理だったのでは。ぁ・・・もちろん現代を生きるワタクシにも無理。

それにしても。あのストランド・パレス・ホテルの階段室!!!
あのサテンのドレスを着て、あのカルチエのダイヤのブレスをつけて、
ロバァト・テイラーのような紳士にエスコートされてあの階段をのぼってみたいっ!
どんなに素敵だろうかと勝手な妄想はふくらむばかりだったのでした。困ったものです。

実は子供の頃から少女時代にかけて、1950年代〜1960年代という時代のアメリカが
とても好きでした。ロックンロールだとかガールグループだとかの音楽から
入ったのですが、アメリカングラフィティやグリース、ヘアースプレイ等の映画や
ミュージカル、写真集から、その当時のアメリカの街並みや風俗に憧れておりました。
中でもとりわけワタクシの心を奪ったのは、ドライブイン。
グリースやアメリカングラフィティにもよく登場するあの流線型の建物。
内部も至る所に流線型。憧れて、憧れて、夢にも見たあのドライブインは、
その頃にリヴァイバルで流行ったアール・デコだったのですねェ。
大きな発見でございました。道理でどっちも想い焦がれていたはずであります。

たくさん、気に入ったものはございましたが、中でも欲しい。すぐにでも欲しい。
と思ったのは、コダック・バンタム・スペシャル
一見、ちょっとクラシカルな雰囲気のカメラかな、と油断させられて、図録を見ると、
なななんと、タテにしてレンズの部分を開いて撮るのですか!うわぁん、ステキ。
隣にあったボー・ブローニーの色違い三兄弟カメラも四角くてデコデコしててカワユイ!
図録によると、このカメラをデザインしたティーグ氏は、他にもコケット・カメラなるものを
デザインしていて、それは流行に敏感な女性をターゲットにしていて、カメラにぴったりな
コンパクトと口紅も用意されていたんですってヨ!ああ、どうぞそういうカメラを販売して。

今回、初めて音声ガイドなるものを聴きながら観覧しました。
当時の音楽が流れるサービス付きだというもので。
デューク・エリントン、アステア等々を聴きながら、ご機嫌さんでした。
帰りに売店でCD買っちゃいました!

b0019591_18472239.jpg

[PR]
by orochon3 | 2005-10-30 18:48 | その他(ほぼお酒) | Comments(6)

おでかけ♪3

秋も深まり、着物でおでかけには最適シーズンの到来。
早速袷でおでかけしました。ちょいと大阪まで。
電車に乗って、地下街を通って、某ホテルでお食事。
そしてなんなく無事に着崩れもせずに帰宅。
着物はよそゆき、珍しくポリではありませぬ。
一張羅の結城紬、肩と裾に相良刺繍入り!でございます。
さすがに結城はとっても着やすいです!
軽くて身体にすっと馴染みました。自分サイズに仕立ててある着物は
本当にスバラシク着やすいのですねぇ・・・いつもプレタ着物なので実感。
一番の勝負所(と自分では思っている)丈を決めるトコ、
一発できちんと決まりました。素晴らしい!パチパチパチ。
せっかくなので大きな写真をご披露いたしませう。

b0019591_2319330.jpg


続いて、なんと記念すべき海外着物デヴュウを果たした一枚。
実は、ちょっくら桑港 に行っていました。
ほんとにちょっくらで、四泊六日の超かけ足でしたし、
9割方お仕事でしたので、へとへとに疲れてしまいましたが・・・
メインイベントである“ワインの為の食事会”で着物を着たのでした!
これはポリ着物ですが、東レシルックのちょっと上等。
安物のポリ着物にくらべると格段に着やすく、絹のような着心地でした。
ご一緒したご婦人からも、絹かと思った、と驚かれました。うふふ。
ワインに合わせて着物もワインカラーに。帯揚げと帯締めはセットです。
昔、某温泉旅館の仲居さんから頂いたセット物が、ぼかしの薄紅色で
あわせてみたら着物にぴったり♪バッチリ決まりました。嬉し。
帯締めは、山田五十鈴サンを真似ていちびってかなり位置をさげて。
こういうのって、誰にもわからない自分だけのタノシミなのだ。

b0019591_23213957.jpg


ホテルのお部屋で着たのですが、これがなかなかおもしろい体験でした。
いつもは畳の上で敷物を敷いて、というスタイルでしたが、敷物がないので、
絨毯の上にバスタオルを広げてみました。
鏡を見ないで着る稽古をずっとしていたので姿見はなくても平気。
ちょちょいと着て、最後に鏡でチェックしてOKでした。練習の成果ですねー。
エレベータで乗り合わせた外国のご婦人から褒めて頂きました。
結婚式なの?と聞かれてしまいましたが・・・。

着付けをマスターしたら、着物でおでかけ、そして着物で旅行、
と夢はふくらんでいましたが、なんと初の旅行着物は海外で、となりました。
その夜は、ワタクシにとって、着付けを習った成果を試す、という
いわば今までの集大成の場となり、一応、大満足して良い眠りについたのでした。
[PR]
by orochon3 | 2005-10-26 23:45 | 着物 | Comments(2)

「楽しくなった私の毎日」というサブタイトルがついています。
まったく、まったく、同感でございます。
着物を自分で着るようになってから、いろんなことが楽しくて、
興味の幅が広がり、文字通り、世界が広がりました。

かわゆくてカラフルな絵がたくさんついているこの本は、
字が少ない頁が多くて、普段なら絶対買わないだろうなあという
実に“もったいない本”ですが、長旅をする事になったので、
その移動中に軽く読めるものを、ということで購入。
ところが絵が細々としていてとっても素敵!なものですから、
じっくり見入ってしまったりして、結果的には堪能し満足。

着物の素材から種類などを説明し、筆者と着物のエピソードが語られ、
小物類のイラストもたっぷり、そして実際に着てお出かけしたり、
普段着として生活するまでを、アトランダムなようでちゃんと順を
おって紹介してくれています。読後はトータルで着物を理解できた
というか、着物がまた身近になった気分を味わえます。
とにかく。どれも絵がついているのでわかりやすく、楽しいです!
今後も何度も開いて読むことでせう。

ひとつ、まだ私の感覚が超初心者なので、筆者についていけていないというか、
違うなぁという部分がありまして・・・。
「何かとっても欲しくなるもの、欲しいものは、どうにか頑張れば自分にも
手が届きそうなものに集中している。どう頑張ったって手に入れられそうも
ないものは、ハナっから諦めているので欲しいとも思わない。
どんなにいいものでも、いいなあ、と思うだけで自分とは関係ないものだと
思っている。」

呉服屋さんでもこれが起こるそう。
呉服に限らず、私は何でもそうなのだけど、欲しい!と思うものはめちゃくちゃ
高価なものである事が多い。というか、ほとんどがそうなのであります。
どうしても欲しい、だけどどうしても手に入らない、だから余計に欲しい、
という地獄に入り込むのであります。嗚呼・・・溜息。

解説に群ようこ氏が書かれている文に注目です!
洋服はデザインがポイントであるから、シルエット重視になる。
きものはすべて同じ形だから、着る人の体型、個性、着方によっても
趣が違ってくる。
洋服が服主導になりがちなのに対して、きものは着る人主導だ。
サイズが融通がきくし、着方によってどうにでもなる。
全く同じきもの、帯であっても、着る人によって印象は相当変わる。
きものは洋服に比べて何かと制約がありそうに見えるが、実はもっと自由。

そうだ、そうだ、まったくだ。とうなずきながら読了。

b0019591_18175538.jpg

[PR]
by orochon3 | 2005-10-25 23:39 | | Comments(0)

「風立ちぬ」堀辰雄

これまた長いことかかってしまいました。
夏の終わりに、O氏のお薦めで実に何十年ぶりかで再読。
高校時代の、夏休みの宿題「読書感想文」の課題図書でした。
読んでいると、心はすっかり少女に戻り、
まったく乙女チックな気分になってしまう物語でした。

こういう内容だったかなぁ、という感想。
ということは、ほとんど覚えていないのでありました。

八ヶ岳、サナトリウム。
作家の男と病んだ女。
「風立ちぬ いざ生きめやも」
そんな断片しか覚えていないのでした。
あまり感動しなかったのかなぁ、それなりに色々考えて
読んでいたのかしらん???哀しいことに全く覚えていません。
でも、この本を車中で読んでいた頃のことは実に鮮やかに思い出しました。
夏休み。
部活に行く阪急電車の中で、一人で読んでいました。
時間はちょうど昼下がりでした。
強い陽射しの差し込む車内は、空いていて、いつもの通学時の混雑が
まるでウソのようでした。
あの頃の私に会ったら、言ってあげたい事や教えてあげたい事が
山のようにあります。そんなふうによそ事を考えながら読むものだから、
余計に時間がかかったのかもしれません。

読んでいるあいだ、私は家のベッドにいるのに、なんだか、軽井沢のサナトリウムで、
療養しているような気分でいたのでした。
落ち葉が風に踊っている音や、雪がしんしん降り積もる音や、
木々の間を初夏の風が吹き渡る音が聞こえてくるような、そんな美しい文章でした。

昼間、元気に動き回っている自分がウソのように感じたりしたのでした。

もう少し療養所の内部の様子が細々と描かれていたら、
もっと良かったのになぁ、と、それだけが残念。

まったく関係ありませぬが、歌の方の『風立ちぬ』は大好きな曲!でございます。
[PR]
by orochon3 | 2005-10-24 19:07 | | Comments(0)

本屋さんで本を選ぶ時。
著者で選ぶ場合と、書かれた題材で選ぶ場合と、
どちらが比率が多いかというと、前者の方が断然多いのですが、
たまに時間がある時には、後者の場合もあります。
そして、そんな時には思いがけない素敵な本と出会ったりします。

漫才と吉本新喜劇をこよなく愛するワタクシとしては、
吉本興業はまるで自分の家族というか、最も身近な芸能であると
言ってもけして過言ではありません。
エンタツ・アチャコをリアルタイムで知っているわけではないし、
ワカナ・一郎が新興キネマにひきぬかれた事も、
春團治が吉本にがんじがらめになっていたという事も、
実際に見たわけではないけれど、全て普通の知識として知っているのであります。
けれども吉本興業というのがどのようにして現在に至ったのか、
という事については、吉本せいというもの凄い女性が、
努力と知恵で作り上げた後、弟の林正之助が引き継いだ、
という事くらいしか知りませんでした。

吉本せい。
言わずと知れた吉本興業の創始者、バリバリの女傑!
と、そんなイメージを持っていましたが、どうやらそれは
かなり彼女の脚色&演出のたまものらしい・・・という事が、何度も何度も
この本の中で語られています。うるさいくらい。
こういう風に何度もうるさく言われると、反感を感じるタイプなので、
私は彼女の言葉を信じたくなります。
けれども、まあ、彼女の夫である吉兵衛サンの尽力も大いにある事を
認める事にやぶさかではない、ともってまわった言い方をしてお茶を濁す。

『じつをいうと、吉本興業株式会社という企業のすごさがここにある。
上場されている企業にとって、まかりまちがえば株価にも影響しかねないような、
イメージダウンを招く発言を所属のタレントにさせるだけさせておいて平然と
していられるすごさである。
この種の会社にとって、タレントは商品なので、その商品が売れないことには
会社は商売にならない。その大原則を、吉本興業という会社は、むかしから熟知
していた。創業者の吉本吉兵衛・せい夫妻いらい、一貫してこの会社は売れる芸人を
つくりつづけてきた。そのためには多少あこぎなことだってやってきたので、
ひとりの芸人を売り出すために、実に多くの芸人やその周辺のひとたちが犠牲を
強いられた。それが、創業いらいの「ヨシモト」という組織の伝統』
なのだそうです。ヨシモトという会社、やっぱりすごいですねぇ。
そして、こういう本は読むのが早いですねぇ、ワタシ。

(余談)
十銭ストアについて以前書きましたが、またしても出てきました!
昭和5年、難波の南陽館という万歳専門の小屋が、入場料十銭をうたって開場し、
「十銭万歳」が大当たりしたそうです。
万歳(まだ漫才ではない)以外にも十銭商売は流行しており、テンセンストアー、
テンセンコーナー、よりどり十銭、などという風潮だったそうであります。

b0019591_23115579.jpg

[PR]
by orochon3 | 2005-10-22 23:12 | | Comments(0)

時間がかかりましたがようやく読了。
色々併読していたにしても、長くかかったのは、
著者の文章が教科書みたいで内容に関わらず読んでいて辛いから。
もちろん、内容はおもしろかったのです、だから読んだのです。

アール・デコ。
1920年代に巴里で始まり、その頃は禁酒法下のアメリカ、人々はお酒を求めて
巴里へ。そこで出会ったアール・デコを持ち帰り、1930年代はアメリカで花開く。
もちろん、日本にもやってきました。
私たちに馴染みのある現代都市生活(=モダニズムスタイル)というものは
ほとんどが1920年代(大正9年〜昭和5年)に始まったのだそうです。
そしてそれが“アール・デコの時代”であったということで、わくわくします。

アール・デコとひとくくりにしているけれど、実は1920年型と1930年型がございます。
20年代にはジグザグのジオメトリック(幾何学)。これは世界恐慌と共に終わり、
30年代にはつるりとしたストリームライン(流線型)が流行ったそうで、
ツルツル・ピカピカの未来的イメージが主流、SF小説が本格化したのもこの頃!
ちなみにワタクシ的には30年型が好みであります。

また、アール・デコとアール・ヌーボーの違いもお勉強しました。
後者は一部エリートの趣味の職人技、前者は大量生産の大衆文化、である。とのこと!
どおりで!!アール・デコが好きなわけがわかりました。
モダン都市へのいきいきとした興味を持った大衆の趣味なんだそうです。
高層ビル、高速道路、そしてまたたくネオン・サイン。大好きであります。
そしてアール・デコは身の回りの細々したもののデザインとして活躍し、
その頃に大衆化した物に取り入れられていきました。
シガレット、腕時計、旅行用品、自動車、スポーツ用品に、女性の服飾&宝石等々。
どれもこれも、私の大好きなものばかりが、この頃大衆の物となり、
そのどれもがアール・デコでデザインが施され、誰もが身につけたのですね。
素敵、素敵、素敵!

ところで。『デューセンバーグ』ってご存知でしょうか?
私の中でずっと謎の言葉だったこの言葉ですが、その謎がようやく意外なところで
解けたのでした。なんと、車の名前だったのですねぇ・・・なーんだ。
『タイムマシンにお願い』という名曲があり、その中で、アール・デコの時代を
歌った部分があるのです。

♪さあ無邪気な夢のはずむ素敵な世界へ
 タップダンスと恋とシネマの明け暮れ
 きらめく黄金時代はミンクをまとった娘が
 ボギーのソフトにいかれて デューセンバーグを夢見る

ジャズ・エイジの作家、ジョン・オハラ氏が乗っていた車。
スピードや性能は第一級にして、後は自分好みに仕上げさせられる、
カスタムメイドの超高級車。そしてハリウッドで人気だったとか。
写真を見てみると、華麗なるギャツビーを思い出します。

この時代、何もかもがスピードアップし、世界が狭まった時代でもありました。
ハリウッドのガルボのメイクを日本の栗島すみ子嬢がすぐさまコピィする時代。
スカイスクレーパー(摩天楼)、ジャズ、チャールストン、自動車。
『騒がしくメカニックで人工的な世界において、女たちはスティールのように
しなやかで鋭く、クリスタル・ガラスのようにきらめくようなスタイルを
自らつくりだすために、現代都市に降りていった』のだそうです。かっこいい!
短く切った髪にウェイブをあて、美しくバストアップした胸元にネックレスをたらし、
毛皮に身を包んだら、コンパクトにうつった口紅を確かめましょう。
颯爽と流線型の最新型の自動車から降り立ったら、シガレットの火をつける。
嗚呼、素敵すぎて目眩がしそう。

『毎日がパーティで、毎晩がダンスだったにぎやかな20年代。
二つの大戦にはさまれたアール・デコの時代は、モダン都市の昼と夜が
わくわくするようなプログラムで満たされ、人々は腕時計をたえず見ながら、
ジャズ・エイジをいそがしく駆け抜けていったのである』

b0019591_173387.jpg

[PR]
by orochon3 | 2005-10-20 22:30 | | Comments(4)

おれい

ワタクシたちの写真展!
おかげさまで大盛況のうちに終了することができました。
お越し頂きました皆々さま、どうもありがとうございました。
二日間、たのしくうれしいことばかりでした。
シアワセだなー!と思うことばかりでした。
心よりお礼申しあげます。
ありがとうございました!!!
[PR]
by orochon3 | 2005-10-10 00:09 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

ごあんない

今年もやります!  やります!!  やります!!
b0019591_9284914.jpg

日時:
10月8日(土)10:00〜19:00/
9日(日)10:00〜18:00

場所:JR芦屋駅より北へ徒歩3分
新都画廊(電話0797-32-7482)

第4回目となりました、
デジタルカメラ写真展
10名の素人カメラ人たちの作品が並びます。
ワタクシも参加しています。
会場にも二日間ともずっとおります。
どなたさまもお気軽にお越しください。
お待ちしております。
[PR]
by orochon3 | 2005-10-08 09:10 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)