<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

花つみ日記

大阪の女学校が舞台。
東京から転校してきた女の子、中原淳一の画そっくりのみつると、
舞妓さんになっちゃった大阪の女の子、榮子との友情のお話。
そして素敵な女の先生が出てくる、めくるめく吉屋信子の世界。
理想的な世界。憧れの世界。そして、ちょっぴり懐かしい世界。
かなしいほどに嬉しくなってくる。

朝の下駄箱での場面。
窓から聞こえてくる先生の歌声にあわせて窓の外で生徒達が合唱する場面。
三々五々にお喋りしながら登下校する場面。
その時に先生が通りがかって挨拶する場面。
お友達同志のささいないざこざで怒ったりしょんぼりしたりする場面。
キャアキャア歓声をあげて子犬みたいに走りまわったり笑い転げる場面。
どれこもこれも、せつなくなるほど懐かしく、
いろんなことを思いだしながら観てしまった〜。
歌ったり先生や友達の物真似したり・・・。おんなじ!
もちろん、あんなに清らかで美しくはなかったけど、
ワタシにもこんな時があったのだわぁと、
これこそホンモノの郷愁にひたったひととき。幸福。幸福。

決してタノシイことばかりじゃなかったし、
辛くてしんどいこともいっぱいあったのに、
もう一度戻れと言われたら絶対イヤなのに、
どうしてこんなに胸がしめつけられるような想いをするんだろう???
ええ、泣きましたとも。ワタシは涙腺が異常に弱いんだから。

山の上で、偶然再会した、絶交したはずの二人。
舞妓チャンになった榮ちゃんと女学生姿のみつる。
懐かしいような恥ずかしいような嬉しそうな笑顔が、
一瞬のうちに寂しく辛い暗いナミダ顔になってしまう、
その表情の変化に、じわわぁんと、、、、。高峰秀子サン、達者すぎ!
そして最後、ベッドで伏せっている榮子を見舞うみつる。
二人の誤解が解ける。お人形についたリボンのイニシャル。
ああ、もうここで陥落!テッィシュの箱を持って泣きのナミダ!!


b0019591_16403780.jpgで、ファッション。
葦原邦子演ずるところの女先生。
学校ではスーツ、プライベートではキモノ。
このスーツ姿がなんともいえず野暮ったい。
下着のせいばかりではないと思うけど、
やはりシルエットが野暮なのは、下着かなぁ。
体型がキモノ体型なのだ。キモノを着るとバッチリなんだから。
モダンで斬新なキモノがよくお似合い〜。
b0019591_16405465.jpg

そして発見しました!お太鼓の上部分がすっごくぺたんこ。
そして中央部分がふくらんでいる。今のお太鼓の形と正反対。
まるで帯枕を入れていないみたい。ホントに入れてないのか???謎だわ。

特筆すべきは始終キモノの榮ちゃんのお母さん、伊達里子さんの立ち居振る舞い。
素晴らしく美しい!!!すっと立ち上がるところを何度も観て研究中。
って言っても一朝一夕には無理、無理。
このお母さん、「なんえ?」とおっしゃってる。これって大阪のことば?京都じゃないの?

気になるのは、女学生達が登下校の際に時々持っている筒の正体。
卒業証書が入ってるような筒。持ってる子と持ってない子もいるみたいだし。不思議。

ずっと観たかった作品だったので、ちょっとコウフンしてるかも。
も一度ゆっくり観ます。心を落ちつけて。

昭和14年/東宝京都撮影所/監督・石田民三/原作・吉屋信子
[PR]
by orochon3 | 2006-02-24 16:53 | 戦前東宝 | Comments(0)

宮崎名物、チキン南蛮♪

b0019591_11555724.jpg
先週はまたしても、二泊三日で、
あたたかな宮崎に行っておりました。
彼の地は20度近くあって、もう春でした。
お昼には、おぐら本店でチキン南蛮を。
瀬頭店にも後日行きましたが、
やっぱり本店の方がコクがあって好き!
タルタルソースと甘酢が、相性あいすぎ!
ただし、ドレッシングのかけ過ぎと
意味不明な大量マカロニは不要でしょう。

ちなみに今回も“九州日和”を利用。
クーポンは残念ながら4枚しか使えず。
お仕事だから仕方やむ無し、か。
というか、お仕事でもしっかり4枚利用した、
というところがミソ。

そうそう、今回も滞在したシェラトン・グランデ・オーシャン・リゾート。
温泉施設の松泉宮の脱衣場の貼り紙に、
循環しています。加熱しています。加水しています。塩素を入れてます。
と、箇条書きで書かれてありました。
ここまで正直に書かれると、文句は言えないけど、笑ってしまいました。
海辺のせいか塩分たっぷりの、案外良いお湯です。
[PR]
by orochon3 | 2006-02-23 08:54 | | Comments(0)

近所でイッパイ。

b0019591_9422229.jpg
最近お気に入りの近所の焼き鳥店でちょっとイッパイ。
呉春と明太子のささみデス。

呉春はかなり好きなお酒で、
ここは沢山入れてくれるからウレシイ。
明太子は辛くて本当は苦手なんだけど、
これは葱やらお出汁やらで味付けしてあって、
私でも大丈夫。美味しいです。ささみもジュゥシィで。
食べて飲んで、少々酔っぱらって帰宅。
なんせ徒歩5分・・・近所って良いなぁ。

最近は夜にちっとも映画を観られていませぬ。
観たいビデオが山積みなんだけど・・・
[PR]
by orochon3 | 2006-02-21 09:46 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

ばら色の人生!

b0019591_942569.jpg
2月14日は大切な記念日で、今年はその九周年。
例のばら色キモノを着て、
ばらの帯を締めて、
ばらの帯留めをして、神戸へお出かけ。
帯のばらが紅ばらで帯留めのは白ばらで、
ちょうどおめでたくも紅白で揃いました。

写真の具合では帯のばらが光っています、
ポリだから。でも柔らかなこの帯は、
意外に締めやすく、気に入っております。
帯揚げは抹茶色、帯締めもあわせて。

中華を食べて大丸をひやかして、しめはエビアンでコーヒーです!
ばらはお花も色も大好きで、この日は気分までばら色でした♪
b0019591_972359.jpg
[PR]
by orochon3 | 2006-02-20 09:16 | 着物 | Comments(0)

初めてのお誂え

b0019591_1211878.jpg


ある野望の為にコツコツ貯めていたチョキンをはたいて、
しかもちょっと補てんしてもらって、紬を買ってしまいました。
反物自体はそんなに高価なものではないのですが、
着物は反物を買っただけでは着られない・・・袷の場合は八掛をつけて、
仕立ててもらわなければ。そうこうしてるうちに、お金がかかるのですね。

これまでに何枚か着物を作ってもらった経験はありますが、
それは全て母がどんどこ進めていって私はほとんど何もしてない。
気が付いたら、着物が届いて、着せて貰って、という他人事なものでした。

自分で反物を選んで、八掛も選んで、襦袢にあわせて寸法を考えて、
自分で誂える(補てんしてもらったけど)、イイ年をしてやっと大人になったような、
なんだかとっても良い気分!なのでした。

そして届きました♪記念すべき私のキモノ!大好きなばら色の、紬です。
八掛は、ちょっとしぶめに濃い辛子色(というか黄土色?)を選びました。

b0019591_9251971.jpg

軽くて、そんなに高価でないので
気やすく着られるのも良いですね。
何よりもプレタのキモノに比べて、
自分サイズはホントに着やすい!
こないだ頂いた織りの名古屋を
締めてみました。
この帯はなんにでも合って優等生。

でも、実はこのキモノを買った本当の
ワケがあるのです。
そもそも、ばらの帯留めを買ったのが
始まりでした。その次にばらの黒い帯。
帯留め用の草色の帯〆。
そして、それらにあうキモノを探していた!
のでありました。
そのコーディネイトは、
また後日ご披露できると思います。♪

上等のジャケット一着より、少し安いくらいで
出来上がったのですが、
かくしてワタクシの野望はまたしても
はるか彼方に遠のいた!のでした。
[PR]
by orochon3 | 2006-02-10 09:37 | 着物 | Comments(2)

「室生犀星詩集」室生犀星自選

なんだか詩が気になっておりまして、詩集を買いに行きました。
室生犀星なんてヒトのことは何一つ知りません。
なのにふと手にとったのは縁があったのでしょう。
好きなのとそうでないのが見事にわかれるようですが、
ピンと心を弾くような言葉が見つかる事もあります。
書いた人の情報を何も持たずに読む詩は、
素直に心に入ってきて、そっと心に沿う詩を
見つける事ができるのかもしれません。
その二、三をメモしておこうと思います。

私は、朝30分の掃除にかなり生き甲斐を感じていて、
こんな寒い朝でもエイヤ!と窓を開けて掃除を始めると、
幸福を感じたりするのです。そんな気分の詩でした。

 あさぞら
  並木は蒼し
  あはれあしたのミルク手にとれば
  いのちは光る
  きよみわたりし朝の空

九月生まれのせいか、秋が一番好きな季節です。
そんな秋をうたったものもありました。

  月草
   秋はしづかに手をあげ
   秋はしづかに歩みくる
   かれんなる月草の藍をうち分け
   つめたきものをふりそそぐ
   われは青草に座りて
   かなたに白き君を見る

今の季節にぴったりの、すてきな詩もみつけました。
しっくりくる、というわけではないけれど、好きです。

  雪くる前
   ひとすぢに逢ひたさの迫りて
   酢のごとき烈しきもの
   胸ふかく走りすぐるときなり
   雪くると呼ばはるこゑす
   はやも白くはなりし屋根の上
[PR]
by orochon3 | 2006-02-08 23:02 | | Comments(0)

露西亜ランチ♪

墓参の帰りに京都へ出て、超有名店であるキエフでお昼を食べました。
昔から気になりつつも、今回が初めて、露西亜料理も初めてでドキドキ。

ランチA(グリビィーセット)1050円。
ボルシチ、ピロシキ、サラダ、グリビィとロシア紅茶がつきます♪
グリビィとは、ちっちゃな壺に入った、マッシュルームのクリーム煮込み。
壺はパンで蓋がしてありました。
お飲物には、クムイスという白くて酸っぱくて微炭酸のお酒を注文。
もともとは馬乳酒ということですが、馬乳は入手困難なので、
これは牛乳からつくられたものだそうです。
カザフスタンやモンゴルで飲まれている健康にすこぶる良い飲み物らしい・・・
けれどもお味は酸っぱい!
うへぇ、と思っていましたが、ボルシチなどのお料理とともに頂くと、
これがとっても美味になるのでした。おどろき!

ボルシチは、一口飲んで、“海外旅行に来ているみたい〜”な味。
むかぁーし、給食で食べたのを思い浮かべて食べたピロシキは、
これがまた意外に?美味しかったのでした。何故か春雨が入ってたけど。
そしてグリビィは絶品!!アツアツでトロトロでコクがあって、
でも具がマッシュルームだからあっさりしていて、蓋になってるパンも、
焼きたてのアツアツで、ほんのり甘くて、うぅぅん、もっかい食べたい♪
最後には、ブルガリアン・ローズのジャムをたっぷり入れたロシアンティー。
初めて飲みました。ロシアンティー。
ばらの花びらがびやぁ〜っとお紅茶の中で広がって、ふわぁ〜っとばらの香りが
鼻をくすぐりまして、まことに優雅なものでした。甘さもほどほどで、よろしい。
『会議は踊る』(大好き!)でロシア皇帝・アレキサンダー1世が飲んでいて、
ずっと気になっていたもののひとつです。(ウィーンの新酒も飲んで唄いたい!)

b0019591_15401456.jpg


全体に量は少な目です。お汁ものばかりなので、すぐお腹も減りますが、
大満足なランチなのでした。
窓からの眺めも良いです。鴨川、東華菜館、菊水とエキゾチックな建物が見えて、
ちょっぴりだけど、サンクトペテルブルグにいるような雰囲気がしました。
行ったことないけど。
[PR]
by orochon3 | 2006-02-01 07:28 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

タグ

(131)
(107)
(94)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧