必ずしも、この著者の方とワタクシの好みは一致いたしませぬ。
けれども、やはりまだまだ勉強中の身。いろんな方のキモノをのぞきたい。
ということで、やはり読んでしまいました

「きものが欲しい!」という直接的なタイトル。
まさしく今の私の心の叫びでもあるのでした。
以前、「きもの365日」というのを読んだ時、
まだキモノのキの字もわからず、勢いで読んでみたものの、
???と頭の中は?マークだらけのまま読了してしまいました。
もう一度読んでみたら、きっともっとおもしろかろうと思うのです。
で、この「きものが欲しい!」は、著者と着物の出会い、再会、現在?
という風にまとめてありまして、今のワタクシには最後の“ぜんぶきもの”
という章がイチバン興味深く読んだのでした。
着物とそれにまつわるあれこれ小物などを一つ一つあげて具体的に書かれていて、
全部経験に裏打ちされたおすすめだから、参考にもなりました。

ただ難点は、彼女とは根本的に好みが違うので、同感できる箇所がかなり少ない!
彼女は地味好み。派手なのはイヤなのだそうです。で、半襟は凝るようです。
私は派手というよりは、普段洋服では着ないような色味や柄いきの着物が着たい。
そして半襟は白が好き。
その着こなしも、彼女の着物写真を見てみると帯揚げの見える量が限りなく少ない!
ワタクシは1930年代型を真似てたっぷり帯揚げに憧れている。
彼女と何より違うところは、私は自然派という言葉が何より苦手で便利が大好き。
だから、ポリの着物もモチロンOKです。ただ、正絹の良さも捨てがたく、
どちらも良い所があってどちらも好きなのです。経済的にも、ポリはすてき♪
着こなしで一番避けたいのは、旅館や料亭の仲居さんとか女将さん風。
その次が、粋すぎな着こなし。(これは似合わないから!)
で、群ようこさんは、フネさんやエプロンおばさんのようなのが理想なんだとか。
うぅぅん、これもちょっと違うかな。
私の理想は・・・これはまた後日詳しく掘り下げてみたいと存じます。

章の間々の、佐藤愛子氏、平野理恵子氏、篠田桃紅氏との対談&写真が嬉しいですね。
それと著者のきものコレクション写真の数々。
好みがあわないとか言いつつ、栗鼠の帯や復刻の鹿柄帯などはめちゃくちゃカワユイ!
欲しいなぁ・・・と涎垂で何度もながめております。

ともかく参考になったこと

<礼装ではない袷の着物の場合>
 ・雰囲気の違う着物三枚
 ・その着物一枚につき帯を三本。合計九本。
 ・その帯一本に対して小物(帯揚げ、帯締めなど)を三組ずつ。各二十七組。

これだけあれば充分一生いける。とさる呉服大手メーカー氏のおことば。
それでもって余裕があればコートや羽織を買い足していけば良い、
できれば小物は多めに色んな種類を揃えるべし。という著者の付け足し。
なるほど!!!これは便利。これは素敵。
でも、でも、やっぱり何枚でも着物は欲しくなるし、帯も欲しいし、
小物はもっと欲しいのであります。物欲の嵐に巻き込まれております。
[PR]
by orochon3 | 2006-04-30 19:13 | | Comments(0)

賀茂鶴 純米。

b0019591_924131.jpg次はこれを開けました。
どういう意図で選んでいるのかというと
まったくいいかげんで、
賀茂鶴は以前にも飲んだことのあるお酒だし、
これ、美味しそうかなァ、というだけです。
こだわりはまったくありませぬ。

純米酒だそうですが、まだわかっていません。
きちんと調べてみました。
原料に米、米こうじ、水だけを使った日本酒で、
精米歩合が70%以下のもので香味、色沢が良好のものを
「純米酒」と呼ぶ
のだそうです。
こうして断らないといけないほど、多くの日本酒には、
アルコールや糖類、酸味料等添加物が入っているそうですが、
添加物に対してどちらかというとこだわりのない方なので、
実はあんまり気にならない・・・。
でも、“純米”というのが美味しそうな響きなもので。
飛び立つ金銀の鶴も景気が良くていいじゃないですか!

この賀茂鶴 純米は、解説によると、
酒米にこだわり、味にこだわった純米酒です。寒中、低温長期発酵にてゆっくり熟成させました。
爽快な飲み口とすっきりした辛口の味わい、素材の味が生きる純米酒
とのこと。

肝心のお味はというと、“若く見えるけど結構年いってる男のひと”という味。
さらりと飲み口は良いけれど、のどを通るころは日本酒らしいクセのようなものが
しっかり主張してきて、オ!日本酒だったのね、という。
戦前映画俳優で言うと、藤原鎌足のような感じでしょうか。
嫌いな味ではないけれど、こないだの「越の誉」の方が好きな味でした。
[PR]
by orochon3 | 2006-04-16 08:02 | その他(ほぼお酒) | Comments(4)

お花見。

昨日は、山手の方へお花見がてら早朝散歩を楽しみました。
b0019591_915074.jpg

6時半頃の霊園は、誰もいなくて、満開の桜を独り占めでした。
黄砂のせいか朝日を浴びた桜は、不思議な色をして、
どこからか子供の頃を思い出すような匂いがしました。
はるかに市内を見下ろして、きれいな空気をたくさん吸って、良い気分。
でも、本当に好きなのは、ソメイヨシノではなく山桜。
渋赤茶色の葉と白い花のコントラストが実に美しく、妖しく、トリコです。

b0019591_8554847.jpg


夜はその桜を思い出しながら、
新潟のお酒を頂きました。
ちょっぴり甘いけど、
お米の美味しい味がします。
ラベルに書かれた美酒麗酔という文字もきれい。
[PR]
by orochon3 | 2006-04-10 08:46 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

哀しいお知らせ。

サスケくんが太りました。

厳密に言うと、2月から始めたダイエットで、
7.3㎏から7㎏に300gも減っていたのに、
昨日計ってみたら、7.2㎏にリバウンドしていたのです。
なぜ、体重を量ってみたのかというと、
なんだか、彼の体、どうも、ツチノコ(古い!)みたいな、ビア樽みたいな、、、
ふっくらというよりも、パンパン!に脹らんでいたのです。
何が原因かと推察してみても、寝ているトコロと食べているトコロしか
見た事がないので、原因がわかりません。

なんで太ったの!と言ったらむくれてそっぽを向きました。反抗的!でもカワユイ!
b0019591_9302129.jpg

[PR]
by orochon3 | 2006-04-09 09:33 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

冬の宿

のんきな楽しい映画かと思いきや、イライラしてきて、精神衛生上はなはだ悪く、
はては暗く哀しい気分になって、観るんじゃなかったとイヤな感じになる・・・
そういうガッカリ映画でございました。

ただただ、酒と女に弱く、羽振りが良かった頃が忘れられない見栄っぱりの男が、
家族を巻き添えにして破滅に向かってゆくのを見せられただけ、のよう。
奥さんは、クリスチャンで厳しくて。それでいて御主人同様に見栄っぱり。
この夫婦は本当になんだか、もう、見ていて、辛く哀しく、やるせなくなるばかり。
奥さんが、最初から最後まで冷たい感じで、確かにご主人もどうしようもないダメ人間だけど、
その弱さが気の毒になるくらいに、奥さんの冷たい強さばかりが目につく。
この家に冬の間下宿する学生(帝大)の村井くんは、そういう騒動にもしっかりしていて、
同情はしても決して巻き込まれず、の良いヒト!
彼が奥さんに、厳しく更正させようとするばかりにご主人を追いつめたのでは?
と話す場面は、しんみりと、でも、この映画の中で唯一ほっとする場面でもあって、
益々彼の株はあがるのだった(・・・ワタシの中での株だけど)。
彼が奥さんに無礼を詫びた「失礼なお訊ねをしてごめんなさい」という台詞は秀逸!
こういう言葉を自然に使えるようになりたいものです。

で、こんなにイヤ〜な映画なのにかなり楽しめたのは、その背景でありまして、
まず冒頭に“10センバー”が!中はカウンターだけ、背の高いスツール。
カウンターの中にはバーテンダーが一人入ってちょうどくらいの規模。いいな。
そして特筆!!お風呂屋さんであります。二槽になっててかわゆいタイル。
入浴客はみんな手ぬぐいを浴槽につけてて、気になるなぁ〜。
b0019591_9214778.jpg

もひとつ、大阪方面へ向かう列車の中、一等車でございます。
イスがどれも回転するようになっている一人一人の座席で、とっても便利そう。
客室乗務員?らしき方にお紅茶を頼んでいる乗客もアリ。
b0019591_9222878.jpg

料理屋では、小さな四角い火鉢が各々の席の間に設置されていて、なんだかイイ感じ!
b0019591_922846.jpg

このほかには、当時の競馬場が出てきて珍しいんだけれども、興味がないので。

おまけ。
なぜか原節子嬢が唐突に出てきて大げさな演技をなさいます。思い切りういてます。
おまけ2。
大阪のキャバレー。大きくて立派!
b0019591_926840.jpg


昭和13年・東宝映画(東京発声映画製作所)/ 監督・豊田四郎
[PR]
by orochon3 | 2006-04-09 08:21 | 戦前東宝 | Comments(2)

ハル・キモノ♪

b0019591_961765.jpg知人のお嬢チャンがこのたび結婚が決まり、
そのお祝いを持って行ってきました。
このところ着物を着ていなかったので、着物で。

朝、バタバタして着たし久し振りだったのですが、
なんとかきれいに決まったようでウレシイ。
よそゆきを着る、という時に、その選択肢の中に着物がある、
ということを目指していたのですが、そろそろその目標が
クリアできてきたのではないかと・・・。エヘヘ。

そして、この帯は、いまうめだ阪急で開催中の
「素晴らしき時代マーケット」で購入した
中古の帯でございます。
推定で40年くらい前のものでしょうか・・・。

このばら色紬にあうような帯が欲しくて、
探していたところ見つけたのがコレ。
一目惚れして即買い!
帰って着物にあわせてみたところ、バッチリ!
小躍りしたくなるくらいウレシイ瞬間でした♪


帯締めには先日京都で買い求めた薄桃色の三分紐を。
帯揚げは、意外に活躍する頂き物の桃色のものを。
自分で色々あわせていく楽しさは、洋服よりもはるかに大きく、
まだまだ選択肢が狭すぎるくらい狭いワタシでも、
こんなに楽しいのだから、いっぱい持っていたらさぞかし愉快だろうなァ
と、物欲がまたしてもムクムクと・・・コワイ、コワイ。

果たして、出来上がりのスタイルは写真のとおり。
春らしくコーディネイトできて我ながら満足♪

b0019591_96620.jpg同じ着物でも、2月に着たときに締めた帯だと、
冬っぽくなって、今回の帯だと春らしくなる。
同じ着物でも帯で全然印象がかわるのだなぁ。
もちろん小物の助けはあるけれど、着物一枚に帯三本とは、
本当に昔の人はよく言ったものだと感心してしまいました。
ほんとに着物は楽しいなぁ!

おまけ。
丈が着たときより長くなるわけと、帯がさがってくるわけが、
晴れて判明。
それは、着物を着る時に満腹状態だったから!です。
前々回もそういう気がしていたのですが、今回確信しました。
ちょっとの注意なんだけど、これで失敗したのは二度目。
気をつけよう。

おまけ2。
お嬢チャンの新居は、白と茶で統一されていて、シックでシンプル。
それでいて新婚さんの初々しさもあり、居心地の良いおうちでした。
お嬢チャンの実家から持ってきた家具などもあって、落ち着きます。
[PR]
by orochon3 | 2006-04-01 08:35 | 着物 | Comments(3)