<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
ゆきしろ姫
梅雨の湿気パワーで少しずつ元気を取り戻しております♪
どうも、サワヤカ〜な四月、五月は苦手なのでした。
変わった体質とよく非難されますが、仕方ございません。

さて、ここのところ、剣菱に定着していたのですが、
先日、お使いで櫻正宗に行ったところ、
ワタシの好きなにごり酒がありましたので、買ってみました。
日本酒度としてはやや甘口という事でしたが、
にごり特有のべたつきはあまりなく、さっぱり気味のにごりです。
森茉莉が、白雪姫のことを「しらゆき姫」と言うのはよろしくない、
「ゆきしろ姫」のほうが断然良い、と書いていましたが、
ワタクシもこれを支持する者であります。
そして、このにごりも、そんな風に呼びたいお酒でございます。
白くて細くてかわいらしくて、でも芯は強い、
若かりし頃の田中絹代嬢のようなお酒で、好きになりました。

櫻正宗は「細雪のさと」というお酒を出していて、
そのラベルの文字を谷崎松子夫人が書かれています。
品の良いラベルにふさわしく美味しいお酒なのですが、
ややお高いのだけが残念!
ひそかにワタクシの好きな酒蔵でもあります。
このにごりも、細めの瓶にすっきりとしたラベルが気に入りました。

b0019591_833041.jpg

[PR]
by orochon3 | 2007-06-29 21:52 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)
「きもの」幸田文
まだまだ、まだまだ着物ビギナーです。
最近はとんと着る機会もつくらず、縁遠い生活。
そこでこの1冊、、、、これを初めて読んだのは何を隠そう10年前。
幸田文に入れ込み始めた頃で、とにかく読みあさっていました。
で、10年前にハワイへ行く時、持って行く本を物色中に見つけた本。
その頃のワタクシは、着物の事なんてわかっちゃいないお馬鹿さんで、
文中の言葉の意味がわからず!というお粗末な状態。
それでもとっても心に残る1冊で、それは、文章自体も素敵だったし、
「これは心に留めておきたい」と思った箇所がたくさんあったから。
そして、10年後にもう一度ハワイへ行こうと決意した時から、
この本はその時にもう一度読もう、と大切にしてきたのでした。

そして、10年経って読んだ感想。
忘れっぽいワタシはずいぶん色々忘れていたのですが、
10年前と変わらないものが一つありました。
読んでいる間中、常に頭を離れなかった言葉、「感性」。
ワタシはこれを“何をもって恥と思うか”という事であると思っていて、
10年前は、自分の感性を持ちたいと試行錯誤していた、ように思います。
あれから10年経った現在、ワタシの感性を持てているかどうか???
半分くらいなら胸をはって、“持っていますとも”と言えるかな、と。
これから先、確固たる自分の感性を認識して持ち、磨いていけるかどうか。
これからの10年をどう生きるか、ということにかかってくるよね、と、
自分自身にハッパをかけたのでした。

着心地にあくまでこだわった子供のるつ子が、初めて自分で
気に入って選んだきもの、、、
白茶の地に濃紫や青の縞が縦横にかけ、それが複雑にして整然。
その胴へ赤い半幅帯を結びきりにしめた姿、、、着物も帯も羽二重。
知識の薄いワタシには、どんな着姿なのかまだまだ想像は難いけれど、
これを着た時は「お行儀良くすること」というおばあさんからの注意から、
羽二重は肌に着心地は良くても、着こなすのは難しそう、とは理解できる。
そんなレベルではありますが、10年前よりはこの作品に近づけたのでは?
と喜んでいたのでした。

『着物はいきなり、所かまわずに、ぱあっと脱ぎ散らかすものじゃない。
引き伸しござか衣装畳紙かの上で、膝をついて、身から放した順に
片よせながら脱いでいき、これとそれとを替える時は、片身片袖ずつ
滑らせば、裸を晒すような下司な形にはならない。』
一生着物を脱ぎちらかす身分でいられるかどうかはわからないけれど、
面倒でも“しなの良い”(イコール品の良い)事を知ってから、
簡単な方法をする方が良い、とおばあさんはるつ子に教えます。
ただ単に簡単な方法しか知らないよりずっと良いと思わないか、と。
そしてそれは身体が覚えてしまえば難のないことだ、と。
こんなおばあさんが側にいる幸福を、るつ子は次第にわかってきて、
あぁいいなぁ!とワタシはため息をつくのでした。
[PR]
by orochon3 | 2007-06-21 23:11 | | Comments(0)
ハワイ その15
サァ素晴らしき晩餐会の始まりでございます。

海の幸盛り合わせ
ロブスター、蟹、マグロと白身魚のお造り、ポキ、カキ、エビなどの
美味しそうな海鮮物が美しく並んだ豪華で大きな一皿。
b0019591_8482339.gif


カルパッチョ
仔牛と帆立貝柱のカルパッチョ仕立て。
美味しい!ソースがわさび風味でなんともいえないお味!!
b0019591_8492442.gif


ベイビーほうれん草の温サラダ
サービスの男の子が出てきて、目の前で作ってくれるのを楽しめる一皿。
じっと見ていましたがかなりの量のざらめが投入されていまして、
ひぇっ!と腰がひけました。
甘いサラダってどんなん???
b0019591_8484822.gif


果たして目の前に出されたほうれん草は、やはり甘い。
ただし、ほうれん草が美味しいので許容範囲。
上にふられたマカダミアナッツ、ワタクシはご遠慮申しあげました。
こういうのんにナッツが入っているのが苦手なのです。
b0019591_849726.gif


さてメインの一皿め。
ミッシェルズの海鮮盛り合わせ。
ロブスター、マヒ、アワビ、帆立貝柱、エビ、クラブケイク等などの盛り合わせは、
色んな味が楽しめる素敵な一皿!
b0019591_8494072.gif


二皿めは我々の大好物、ブイヤベース。
題してハーディのハワイ風ブイヤベース。
ハーディって誰?それは知りませんが、美味しい美味しいブイヤベースでした。
あっさりとしつつコクがあり、ヴォリュームも言うことなし。100点満点。
また食べたい。
b0019591_8495559.gif


ここで、既にかなりの満腹状態。
もうだめ、食後のお甘は無理だ。
というワタクシ達のもとへ運ばれてきてしまいました。
又してもお約束の?10周年記念のお甘。
これが、ワタクシの苦手なナッツが周りにポチポチつきまくったケーキで、
うへ、どうしましょう??と思いつつ、
しかし口へ運んでみるとなんともお上品なカスタード風味のしっとりしたスポンジが、、、
真っ赤な甘酸っぱいベリーソースがまたよく合って、
うぅぅん、たまりません。
かなりの大きさでしたが二人でペロリでした。
とりあえず、もうだめ!何も入らない!というお腹にエスプレッソを入れて、
サンキュゥ、サンキュゥ、と笑顔を振りまきながら
頼んでいたタクシーに乗り込みました。
幸せいっぱい胸いっぱい、お腹もいっぱいで、その夜はなかなか眠れませんでした。
部屋のラナイで、ホノルルの夜景をながめながら幸せをかみしめ、
ともかく神様仏様に感謝を捧げるワタクシなのでした。
b0019591_8501134.gif

[PR]
by orochon3 | 2007-06-16 07:51 | | Comments(0)
ハワイ その14
梅雨入りして、いよいよワタシの季節到来!
ちょっとへばっていましたが、この湿気で元気モリモリです♪

さて、この旅のメインイベントでもある、ミッシェルズへのお食事です!
その日は、朝食後のお昼寝(朝寝)もそこそこに起き上がり、
勇躍一人でアラモアナへ買い物に出ました。
お昼過ぎ頃に戻り、ビーチのホットドッグ・スタンドにて、
海を眺めながら大好きなホットドッグをパクパク。
もっと食べたいけど今日はガマンして、散歩しながらホテルへ戻る。
ホテル周辺をパトロールしながら遊んで、さて夕方。
シャワーを浴びて、ドレスアップして、ロビーへおりると
頼んでいたタクシーはでっかい!リムジンでした。トホホ。
恥ずかしいけどとりあえず、リムジンに乗り込んで出かけましたよ、ええ。
こうなったらセレブな二人になりきりませう。と、腹はくくった。

ミッシェルズは、まだ20代の頃に一度だけ行った事があって、
とにかくそのロケーションと味に惚れ込んだのでした。
いつか、記念の食事をする時には絶対ここで!と心に決めていたのです。
それもそのはず、ここはアメリカでも最もロマンチックなレストランに
選ばれたこともあるのだとか。ウフフ。
ワイキキに着くなりこの店へ予約を入れておいただけあって、
案内された席は、角の窓際。
窓際と言ってもここには窓はあってもガラスはなく、常にオープン。
そして目の前には海。そこへ大きな夕陽がおちていくのです。
文字通りのサンセット・ディナーなのです。ちょっとコウフン。
やはりここはとりもなおさず、シャンパンでお祝いしましょう!
と、ブカブカのタキシードを着込んだサーヴィスの男の子が言います。
何故かハワイのサーヴィス員はタキシードが大きめ。
ハワイらしいと言えば言えなくもない、というか、暑いでしょうねぇ。
それに、ここんちのサーヴィス員は皆タキシードの男性。
スマートとは言えませんが、にこやかに、フレンドリーにフロアーを
とびまわっていました。何度も言うようですが暑いでしょうねぇ。
彼らに同情しつつ、シャンパンを頂き、
そして、今夜のワインはパルメイヤーのシャルドネでございます。
キリリと冷えて実に美味でした。
b0019591_8194626.gif

まだ夕陽が沈む前。
これから美味しいお食事ときれいなサンセットを楽しむのだ♪
[PR]
by orochon3 | 2007-06-14 22:29 | | Comments(0)
ハワイ その13
b0019591_22432383.jpg


バッグが大好き!・・・・というか、袋モン全般に大好きです!!
いくつ買ったら気がすむねン?!と問われれば、
いくつ買っても気がすまない!と胸をはって答えます。
(ほんとは同じくらい靴も好きなのですが、ここではふせます)

ハワイでも、ワタクシの物欲が炸裂し、アラモアナで、ワイキキで、
バッグというバッグをチェックしまくったのでした。
超有名ブランド店にももちろん乗り込んだのですが、
ワタクシの目をハートにした素晴らしいバッグは、なんと!
ABCストアの偽物みたいなお土産店WHALERSで見つけた、
写真の布カバンだったのでした!

ワタシのバッグ選びのポイントは、まず軽さ。
そして持ち手の長さ。肩にかけられるかどうかが重要です。
その他色々こだわりがあるのですが、このバッグはほぼ100点満点。
見つけた直後にとりもなおさず購入し、早速使い始めましたが、
ワタクシの目に狂いはなく、実に使いやすく、見た目よりもたくさん入り、
にも関わらずぶさいくにふくらまない!
大きさも幅は約30cmで、肩にかけた時の脇へのおさまり具合が絶妙。
なんて素晴らしいバッグ!!
すっかり惚れ込んだワタクシはその店へ駆け戻り、
色違いの水色を購入したのでした。
ハワイ滞在中はこのバッグを愛用し、どこへ行くにも持ち歩き、
そうこうしているうちに、もっとこのバッグを買いたい!という
変な欲求が生まれてきまして、、、、
同じく袋モン好きな母にもピンク色をお土産に購入。
そして、義母にもお揃いでピンクを1個購入。
ハワイ好きの従姉妹にもまたまた水色を1個購入。
ほぼ毎日その店を訪れては、このバッグを購入し続けたワタクシは、
ある事に気がつきました。というのは、このバッグ、ちっとも補充されていない!
果たしてこのバッグを買い占めてしまっていたのでした。
何はともあれ、このバッグ最高です。
ちなみに1個13ドル60セント、約1650円也。
お土産で渡した方々からはおおむね好評を頂きました♪
[PR]
by orochon3 | 2007-06-10 22:43 | | Comments(2)
ハワイ その12
実は、見かけによらず泳ぎは得意です。
小学校時代は半分本気で五輪を目指しておりましたの。
歩くより泳ぐ方がずっと楽チンで、たまに行くスポーツクラブでも、
泳ぐ時は今でも本気になります。身体はついてこないけど。
だから、水着というと競泳用のアリーナ、スピード一辺倒。
お洒落な水着とは縁遠いところで暮らしておりました。
しかし。
このハワイの旅の為に阪急百貨店の特売にて
仏マリクレールの紺色に小花柄のビキニ(スカート付き)を入手。
勇んでマウイの青空の下へ飛び出したのですが・・・
なんだかそぐわない。ちょっとヘン、な感じでした。
これは色の問題で、ハワイの青空には地味すぎるのだと考えました。
ワイキキへ移って、ホテルの前にあった小さな水着店をのぞき、
おお!これ、これ、こんなのがいいンです。欲しい。欲しい。
となったのがこの水着。
b0019591_22102128.gif

自らの体型に似合うかどうかが問題だったのですが、
試着してみて、これがまたぴったり。生地がとってもいいカンジ。
値段も見ずに購入を決め、支払いの段になって、えぇ?と腰がひけましたが、
ともかく勢いで買ってしまいました。
ビキニと言ってもちょっとノスタルジックなボトムが
ウフンという感じで気に入りました。
ついでに、他ブランドですが色があうのでパンツも買って三点セットに!

さて、昨晩のこと。
CSTVの旅チャンネルを見ていたところ、ハワイ特集をしていました。
そこで最近ハワイで最も人気のある水着として、プラナリア・・・
ぢゃなくてプアラニというブランドがあり、
日本でも本国のアメリカでも大人気なのだとか。
番組ではそのデザイナーの女性にインタビューしていました。
PUALANIというそのブランドは、4WAYストレッチが売り物で、
素晴らしく着やすくてお洒落な水着だと、今大評判!なんだそうです。
うへぇ、知らなかったとはいえ、イイもん買いました♪
おまけにワタシの選んだ柄はプアラニの看板商品で、
その名もPUALANIだと知り、ちょっと鼻高々になった夜。

こうして、ワタクシの購買欲はワイキキにてどんどん拍車がかかったのです。
[PR]
by orochon3 | 2007-06-06 22:33 | | Comments(0)
ハワイ その11
これといって和食党ではありません。
お漬け物、お味噌汁などは大好きですが、
お米の粒は食べなくても全く平気です。
既出のとおり肉類がきれるとキレますが、
魚は食べなくても全く平気です。
そんなワタクシですが、中華は大々々好き。
というわけで、ある日のランチに飲茶へ出かけました。
ワゴンでまわるスタイルだと聞いて行ったのですが、
ワゴンでまわって見せるのはサンプルとしての料理で、
実際にはサンプルを見て注文したものが調理されて出てくる、
という合理的なのかどうなのか、なんかよくわからないシステムでした。

ワタクシは紹興酒が飲めません。ついでに言うとブランデーと焼酎も
かなり苦手としています。
ですので中華の時はビール。それも憧れの青島ビールと決めてます。
b0019591_23172187.gif

運ばれてきた青島ビールをグビグビ飲んでいたワタクシの目に、
卓上に置かれた小さなメニューたてが飛び込んできました。
なに?!「ぜひお試しくださいまし ハルピンビール!」ですって。
ハルピンのビール飲まずにおられようか!ということで注文しましたとも。
b0019591_23173731.gif

果たして、そのお味は、、、、ええと、、、その、、、まずいです。
ハルピン、スンガリー、キタイスカヤ、、、エキゾチィクな露西亜趣味溢れる
なんだか秘密にしたくなるような素敵なビール♪を期待していたワタシですが、
文字通りの“期待はずれ”を味わった貴重な体験でした。
しかし。
何故に常夏の彼の地でハルピン???
[PR]
by orochon3 | 2007-06-05 23:34 | | Comments(2)
ハワイ その10
たまには食べ物からはなれた話題を。

朝の散歩には二回しか参加しなかったのですが、
一回目の散歩で、砂浜をよっちら歩いていた時のこと。
ふと足下を見ると色んな足跡が砂の上に刻まれていました。
その中に、なんだかお花のようなヒトデのような形が
砂上についているのを発見。
b0019591_23114924.gif

これ、いったいなんでしょ?

   

   

   


犯人はとぼけた顔したコイツ!  すごい鳩胸。
b0019591_23173490.gif

[PR]
by orochon3 | 2007-06-02 23:22 | | Comments(4)
  

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画