<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

真夏のワイン会 2

b0019591_9374738.gif


この夜は当初4名だったのですが、3名が途中参加されたので、
ご機嫌の会長はどんどんワインを開けていきました。
前回も頂いたRAUZAN-SEGLA2000、マルゴォ村です。
先のピション・ロングウェルに比べるとフルーティで華やかで、
25ans的お嬢さん。というと、ピションの方は婦人画報でしょうか。

続いて注がれたのは、Pelago1998。
カベルネソーヴィニオン、モンテプルチアーノ、メルロのぶどう。
かのUMANI RONCHIでございます。
イタリアらしい、しっかりした味はLEONのおぢさま。
この辺でもうお腹がいっぱいになりました。
何も食べず、ワインだけを飲んでいてお腹いっぱいになったのは
初めてかもしれません、、、、まだ続くのかなぁと不安なところで
お開きになったのでした。
いつも美味しいワインをありがとうございます、と会長に感謝して
たぷたぷのお腹をかかえて帰途につきました。
[PR]
by orochon3 | 2008-07-31 23:37 | ワイン会 | Comments(0)

真夏のワイン会 1

会長が急遽来訪され、ワイン会となりました。

1本目はとある方から頂いたこの白ワインでスタートしました。
b0019591_1032116.gif

LEROYのChassagne Montrachet 1983年。
頂いてから数年セラーに保管していたのですが、
そろそろ飲んだ方が良い、との会長のお言葉に従い開ける事にしましたが、
コルクの状態がよろしくないようで、、、四苦八苦した結果、
コルクが瓶の中に落ちてしまいました。
一度保存状態が悪くなってコルクが下へおりたけれど、
また良い状態になり、おりたところでコルクが止まっていたらしく、
ワイン自体の味は問題なかったようです。(会長談)
このワイン、色がビックリ!黄金色よりも濃い。
LEROYさんのワインはあんまり冷やしちゃダメ!という
会長の指示通り、少し冷えたくらいの適温で頂きましたが、
暑さの残る夏の日の夕方午後5時過ぎ頃、というようなお味でした。
モチロン瓶底に落ちたコルクは茶漉しで漉しました。

2本目は、珍しくブルゴーニュのCROZES HERMITAGE 1999。
ぶとうはシラーだそうです。
アパッチ野球軍のような味でした。かなり暴れています。
お口なおしに飲んだのが、この夜一番気に入った1本。

b0019591_1204859.gif

CHATEAU PICHON LONGUEVILLE COMTESSE DE LALANDE 1984
会長好みのポイヤック。
これがとっても美味でした。
お上品で、美しくて、理知的で、少し気取っているけどどこか愛嬌もある、
余裕たっぷりなご婦人!という感じでした。

ここで終わっていれば、、、と悔やまれますが、
今回のワイン会、続きます。
[PR]
by orochon3 | 2008-07-30 22:31 | ワイン会 | Comments(0)

夏の装ひ

この夏、大きな仕事のヤマが2つ、小さなヤマが4つ。
しょっぱな7月に大きなヤマが連続で2つございました。
心身ともに疲労度はかなりのものでしたが、
なんとか乗り越えることができました。
これでもう夏が終わった気分ですが、、、、これからですね!
小さなヤマの合間をぬって、今年の夏は楽しい計画目白押し♪

その第一弾、週末にウレシイお食事会に出席するので、
ふと、久しぶりに着物でも着てみよう♪と、夏着物を出しました。
もちろんポリの安物ですが、夏はバシャバシャ洗えるのがイインです。
(お値段も、帯と着物、帯揚げ帯締め、襦袢までついて5ケタ!)

久しぶりの着物なもので、3回着たり脱いだり。
特に帯はちょっと忘れている部分があったりして、
締めにくい夏帯に悪戦苦闘した結果、、、、
不覚にも帯がシワシワになってしまったのでした。

b0019591_2203477.gif
b0019591_10285750.gif


真夏の着物。
暑さ対策で、全ての補正を廃止して、長襦袢と肌襦袢もやめて、
うそつきステテコだけにしてみました。
普段より大きく襟を開き、後ろは思い切り襟を抜きました。
一見紗の透け感と、朝顔の模様が涼しげなのですが、、、
実は実はものすごく暑いです。着物は暑い!!!
大正末頃、アッパッパが世間を席巻したというのを実感しました。
というわけで、着物で遠出は断念したのでした。
[PR]
by orochon3 | 2008-07-25 22:24 | 着物 | Comments(2)

梅雨お見舞い

b0019591_11185534.jpg


大好きなタンゴの名曲「碧空」ではなく、
「蒼空」と書いて「そうくう」というそうです。
お中元、お歳暮にいつも素敵なお酒を送って下さる
A様より届いた2本のうちの1本。
長野のお米、美山錦で作られた「純米無濾過生原酒」。
と、言われてもさっぱりわかりませんが、、、、
お味は素晴らしく美味しかったです!!
最近「菊姫山廃仕込純米酒」というのを好んで飲んでいたのですが、
これに比べると、なんというか、もう全然違う。
例えるならば、菊姫が入江たか子、蒼空が桑野通子というくらい違います。
たとえが古すぎるのでかえって難しいかもしれません。

蒼空は、優しい味ですが、しっかりしています。
“腰のすわった”という表現がされていたとおり、
我らがミッチーのようなモダンで革新的。
ということで、いつのまにか空になっていました。
[PR]
by orochon3 | 2008-07-11 02:18 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧