<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

札幌食い倒れ3

久しぶりの千歳空港は活気があって凄い。
広いお土産売り場はごった返しで超満員。
こそこそっと職場へのお土産を買い、
レストランコーナーへと避難しました。
前回行ったのはこちら
北海道を離れる前に最後のちゃんちゃん焼きを食べました。
その前は、何故かココでビビンバ食べました。
で、今回は、、、どうしても最後にお造りが食べたい。
お寿司も少しつまみたい。というたっての希望で、
花ぶさへ行ってみました。
サッポロクラシック生で最後の乾杯をして、
テーブル席でゆっくりお造り盛り合わせをつまむ。
残念ながら秋刀魚はなかったけれど満足、満足。
さっきまでお腹がいっぱいだったなんて信じられない食欲。
お寿司も色々な盛り合わせを頼んでみました。愉しいなぁ!
なんてゆっくりしていたら搭乗時間が迫っていてビックリ。
慌てて駆け込んだのに、飛行機の点検に手間取り30分待たされ、
フラフラと売店でカツサンドを買ってしまいました。
これもまた美味しい。もちろん満腹で機上ではぐっすり。

考えてみると始終飲んで食べてお風呂入って寝ていたような。
これぞ天国。お腹も心も大満足の北の旅でした。感謝。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-24 22:07 | | Comments(0)

札幌食い倒れ2

旅の最終日。
朝風呂に入り、風呂上がりはサッポロ赤星
夕べススキノのコンビにで見つけました。
昔の大人が飲んでいたような、ガッツンして美味です!
b0019591_9465867.jpg


さてイイ気分で出かけたのはまたしてもススキノ。
モーニングラーメンを食べるためです。
向かったのは既に2人並んでいる「けやき」。
色々と調査した上でここなら美味しいのでは?
と思って行ってみました。
というのは、かなりコクがあり過ぎる味噌ラーメンが
今の主流なのだそうで、その中ではけやきはましな方、
という判断を下したのでした。
果たして、お味は、というと、やはりコクはありますが、
普通に美味しかったです。たくさんの野菜炒めがのっかっていて、
麺がしっかりしていて、味噌が少しピリっとしていて。
但し、ものすごい勢いで行列がどんどん増えて行くので、
ゆっくりラーメンを味わう余裕がありませんでした。

かなりお腹はここでくちくなったのですが、
もう一軒行くべしという事になっていたので(自分で決めたのですが)
周囲をうろうろした結果、何故か旭川ラーメンという選択をしてしまい
ベタなラーメン横丁で観光客らしい店へ。
よし乃」さんは、味噌がとっても美味しい。麺もちぢれていませんでしたが
味は良かったのです、、、でも野菜炒めにバターがきつくて、
バター苦手のワタクシはしんどくなってしまいました。惜しい。

さぁ、いよいよお腹が破裂しそうです。
大通公園やテレビ塔をひやかしながらの散歩をして、
北の街を楽しんでお腹がこなれていくのを待ちました。
途中、雪印パーラーで高級夕張メロンジュースを飲み、
札幌大丸の地下をパトロール。
美味しそうな鰊の煮いたんを発見しましたが食指は動かず。
さっさと空港へと移動しました。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-23 23:14 | | Comments(0)

札幌食い倒れ1

夕方札幌に着きました。
今夜は川沿いのアートホテルズ札幌に泊まります。
函館に比べると大きな街の大きなホテルですが、
ここにも温泉がある!ので早速温泉へ。
またしても時間帯のせいか、ガラガラの貸切状態。
あまり特徴のない温泉ですが広くて気持ちが良いです。
たっぷりサウナまで入ってお腹をへらして夜のススキノへ!

今夜も口切りはもちろんサッポロクラシック。
色々ご意見はありましょうが、ワタクシはサッポロ党です。
特に北海道で飲むのは格別の美味しさ。

b0019591_12181425.gif

まずはやはりいくら食べても飽きない秋刀魚のお造り。
余談ですが、「秋刀魚のお造り」と注文したら、
店員さんが「秋刀魚のお造りはお刺身でよいでしょうか」と
確認しました。北海道ではお造りとは言わないのでしょうか。
札幌の秋刀魚も充分美味しかったです!

b0019591_12224555.gif

そして、ワタクシの大好物であるちゃんちゃん焼き。
味噌が少しぴりっとして最高。鮭もいよいよシーズンで、
気合いの入った美味しさ。ぐちゃぐちゃと混ぜて食べるのが正解!

b0019591_12225698.gif

我が母おすすめの“インカのめざめ”のポテトフライ。
ほくほく栗の様な薩摩芋のような甘くて美味しいおいもさん。

b0019591_12232242.gif

やっぱり私はフライ物が好きですね、、、
どうでも良いですが北の大地ではザンギと呼ばれる鳥の唐揚げ。
ごく普通の味でした。

b0019591_1223775.gif

そして、そして、これも大好きなラーメンサラダ。
ここの店のおすすめは塩味だそうで、それを注文しましたが、
ゴマ風味のほうが良かったようです。いまいちでした。

今夜のお酒はフライ物にはあまりあわないミスチョイスでした。
お酒には申し訳なかったです。
b0019591_12151321.jpg


少し残念な事もありましたが、充分満足の晩餐でした。
お腹いっぱいでススキノの街を歩いていると、
明日のお昼はやっぱり味噌ラーメンだな!と確信。
ホテルへ帰って、また温泉につかり、幸福な夜は更けました。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-22 22:23 | | Comments(0)

函館食い倒れ3

b0019591_1143012.jpg


ビールもなくなったので、いよいよ鰊みがき弁当登場。
事前下調べではダントツの人気で、これは食べなくては!
と張り切ってはいたものの、実際お弁当売り場で見てみると
他の派手な駅弁に目はうつり、かなり迷いましたが、
やはり初志貫徹、鰊を選んだのでした。
果たして、その中身はこんなのです。

b0019591_1163659.jpg

ビジュアル的にどうかと言えば、やはり地味。
鰊と数の子しかないおかずはどうなんでしょうイマドキと。
しかし、、、私達にはお酒という強い味方がいるのです。

b0019591_1184446.jpg

なんだかよくわからないけど、適当に選んだ2本。
ホテルの温泉にあった水飲み用の紙コップをしっかり準備し、
車中二度目の乾杯のあとサッソク鰊を口にした時の驚き!
マァ美味しい。長年名物だっただけの事はありました。
甘すぎずほどよい味かげんの鰊はあぶらがのってバッチリ!
そこへ思いがけない塩気のほとんど感じられない数の子を。
鰊と数の子が口中で再開したところへお酒を流し込んだらもう!!
車窓からは海が見えたり山が見えたり。
愉快な愉快な汽車の旅でした。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-21 22:15 | | Comments(0)

函館食い倒れ2

美味しいものを食べ、温泉につかり、ゆっくり眠る。
ワタクシにとってこれに勝るものはありません。
そして目覚めた函館の朝、朝風呂の後に行くところはひとつ。
朝市の行きつけMさんへ。
とりあえず、サッポロ黒。そしてお造りは秋刀魚!
鮭のハラスやらどんどん食べて飲みます。メインは雲丹丼。
幸せな朝ごはんでございました。
b0019591_15472568.gif


食後、今回は朝食付だったので宿の朝食ビュッフェを見学。
していたら食べたくなって、焼き魚なんかも食べてしまい、
お腹はいよいよ大変なことになりました。
少し休んで、お昼に函館駅へ。
今回は北海道初の鉄道の旅です。
その理由は、、、、駅弁でーす!!!

実は、この番組を毎回楽しみにしていたワタクシは、
次回の北海道では是非!と野望を抱いていたのでございます。
狙うは、名物の鰊みがき弁当
その他、函館とんきのカツサンドも調達。(これはビール用)
乗る直前に売店にてビールとお酒を買い込んで、
スーパー北斗という特急で、札幌までの3時間17分の旅。
北国の列車はアルミニウムで地味ですね、、、雪対策でしょうか。
乗り心地はまあまあです。少し狭いようにも思いましたが。

函館を出るや否やビールで乾杯!
b0019591_16223340.jpg

さっそくとんきのカツサンドを頂きました。
少しマヨネーズがきいたソース、千切りキャベツも入って、
なんだかコレは美味しい!!レジで目の前にあったのを
思わず買ってしまったけれど、大正解でした♪
ビールとまたよくあうので涙が出そう。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-20 22:25 | | Comments(0)

函館食い倒れ1

我が家は遅い夏休みで、例年通りの函館へ行って参りました。
今回は久しぶりに札幌へも寄りました。
1泊ずつの短い旅ですがなんの予定もないブラリ旅です。

函館は意外や暑くて、わがまちよりもひょっとしたら暑いかも!
こんな暑い函館は初めてでした。汗をかきかきお散歩して、
まずは腹ごしらえ。
これも毎度おなじみの大好物のハンバーガー。
今日は目玉焼きを入れてヴォリュームアップ!
ここはやっぱり美味しい。ソースもマヨネーズも絶品。

b0019591_1005020.gif


食後はぶらぶら散歩をして、木陰でソフトクリームをなめたり、
坂をのぼったりおりたりして函館の街を堪能しました。
やっぱりこの季節の函館はイイ!今年はちょっと暑すぎるけど。

3時のチェックインと同時にホテルに到着しました。
今回はこの4月にオープンしたばかりのラビスタ函館ベイ
屋上に温泉がある嬉しいホテルです。
何故かデラックスツインにグレードアップしてくれました!!
早速お風呂へ。いつも行く谷地頭と同じ泉質ですが、熱くなくて、
露天では風にふかれていつまでも入っていられるようなお湯でした。
時間的な問題なのかガラガラで、貸切のような贅沢さです。

お風呂上がりはモチノロン、いつものY鮨さんへ。
秋刀魚、秋刀魚、秋刀魚、鰊、鰊、鰊、ボタン海老、、、
雲丹に穴子に鮭に本鮪赤身、、、はちきれそうなお腹に、
大将のおじちゃんがこれは美味しいヨ!と出されたのが、
イカゴロ漬の軍艦。
実はワタクシ函館好きのくせにイカは好きじゃないから
今迄ほとんど食べませんでした。
そのワタクシに一回食べてみて!とおっしゃる大将。
日本酒にはばっちりの相性だとか。
果たして、、、お言葉通り最高でした。
今迄何故食べなかったかと悔やまれました。
日本酒がすすみます。まったくよく食べよく飲み、
また来年ネと後ろ髪ひかれつつ店を出ました。
函館はいいなぁ。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-19 23:46 | | Comments(0)

ジャズで踊ってサングリアでふけて

b0019591_1551578.jpg

大阪厚生年金ホールへ「スウィング」を観に行きました。
楽しい音楽とダンスを堪能して、愉快な気分で街へ繰り出し、
最近気になっているスペイン料理を食べました!
ヘンな名前の淀屋橋odonaです。
黄色の明るい店内には、スペインの明るい音楽が流れて、
一層愉快な気分が盛り上がったのでした、、、何故なら、
この夜は私の誕生日の宵山。だからメニューは私が決めました!
大好きな生ハムはイベリコとセラーノの盛り合わせで食べ比べ。
グツグツ煮えたぎった小エビのガーリック煮。
生ハムとムール貝とチーズの三種類のコロッケ。
イベリコ豚の骨ロースのグリルは山葵をつけてかぶりつき、
写真のパエリャはうさぎとエスカルゴの名物バレンシア風。
かりかりのところをこそげてレモンをしぼると美味しいです!

全体に春に京都で食べたスペイン料理の方が味がしっかりしていて
ひとつひとつの量が少なくて、色々食べられて好きでしたが、
大阪のこちらも、楽しい気分で美味しく食事ができて、
幸せこの上ない夜となりました。
食前酒は例によってサングリア。
ワインはテンプラニーニョが主体の赤。
こってり系のお料理にはぴったりの選択でした!

明日からは、恒例の北海道旅行へ行ってきます♪
食べまくり飲みまくり、音声も入ってきまぁす!!

   ↑
(追記)旅行前でずいぶんいちびっていたのか、
温泉のことを音声なんてミスしています、恥ずかしや。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-15 21:52 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

「こころの王国」猪瀬直樹

あ、っという間に読んでしまいました。
実に読みやすく、たのしい1冊でした。
何しろ昭和の初めの銀座界隈が主な舞台です。
主人公は文芸春秋で菊池寛の秘書をしていたオンナノコ。
菊池寛と美味しいものを食べ歩き、
菊池寛の創作のお手伝いをし、
時々、同僚のマァさんとデートしたり。
80年前も今も、働くオンナノコは変わらないのかもしれません。
その中でも特に彼女は環境と才能に恵まれていますが。
菊池寛と夏目漱石、、、ワタクシはやはり菊池寛の方が
ダンゼン贔屓です!生活の中に根を張ってこそ芸術。
春に映画化されていたらしいです。
DVD化は秋頃らしいです。愉しみ。
b0019591_7591634.jpg


菊池寛と文芸春秋社といえば、「サザエさんうちあけ話」に出ていたお話。
町子さんの妹ようこさんが菊池寛に挨拶に行った場面がありました。
着物の襟元から札束が見えていたとか、、、
あげく、うちに来なさい、と言われ働くようになったくだりは、
「こころの王国」と同じ。こういう人がたくさんいたんでしょうね。
高邁な理念を持って社会に貢献する、というような事ではなく、
お腹をすかせている少年の話を聞いたらすぐにその小学校へ食べ物を送る。
哀しい女給さんにお金を手渡す。困っている人を会社に雇用する。
菊池寛の小説が大衆に愛され、すぐに映画化されて評判を呼ぶ理由が、
よくわかりました。そして私が菊池寛を好きな理由も。
大衆小説、大衆演劇、大衆映画。俗物と言われようと、私は大好き。
泣いて笑ってわくわくどきどきさせてくれるものをおもしろいと思うので。
[PR]
by orochon3 | 2008-09-02 07:58 | | Comments(2)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

タグ

(131)
(107)
(94)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧