腰痛での病院通いの際、車中や病院の待合室で本が不可欠です。
4月からの新生活とともにワタクシが選んだのは「坂の上の雲」。
全八巻、今から10年ほど前に一度読みました。
熱にうかされて旅順まで行ってしまった思い出の本です。
爾霊山にのぼって旅順港を見下ろしたときの胸の痛みは忘れられません。

読み終えた時、何年か経ったらもう一度読みたいと思っていました。
ところがコレ、ワタクシにとってはかなりしんどい本。
じっくり腰をすえて読みたいと思っていたら、なかなか手にとる事が
今までできなかったのでした。
でも、時間がじっくりあって、他に考える事もない今は、好機!
読み進むうちにいよいよ日露の戦が始まりました。
なかなか旅順が堕ちません。イリイリしながら黄海の海戦があって、
児玉源太郎がようやく旅順に入り開城となるくだりには、
手に汗握り、いてもたってもいられません。
そんな時、併読派のワタクシは全く毛色の違う本を読んでしまうのです。
で、この「イタリア歩けば」です。(前段が長い!)

素敵な紳士淑女の集う某会がありまして、その会にて拝借した本です。
(ワタクシも一応淑女の末席を汚しております)
カワユイ!イラストと楽しい写真が満載で、文章はもっとおもしろい。
ご夫妻でイタリアを旅したときの覚え書きみたいなものがあったり、
筆者独特の目線で見つけた楽しいものを紹介してくれたり、
めちゃくちゃどうでもいいようなことをいちいち紹介してくれたり。
でも、このどうでもいいよな、と思うようなことが実は一番おもしろいですね。
一番ツボだったのが三輪車を走らせる男の子の二枚の写真!
そして、黒猫が朝に訪問してくれるホテル、泊まりたい!!
ピリさまありがとうございました。

14年前の9月に一人ぶらついたベネツィアを思い出しました。
フィレンツェからポルトフィーノそしてベネツィアと旅した一週間は、
かなり珍道中でした。またいずれご披露致したく存じます。

というわけで、現実逃避しつつ、日露の戦いはいつの間にか舞台が
黒溝台へと移っておりました。秋山好古は苦戦しています!
そしてバルチック艦隊はいずこ?
[PR]
by orochon3 | 2009-06-21 18:31 | | Comments(0)

梅雨の愉しみ

有閑マダムの生活になってはや二ヶ月。
新緑の五月はあっというまに過ぎて、もう梅雨入り!
腰痛持ちにはツライ時期でありますが、
有閑マダムなので、昼間からさわやかにビールやらワインを頂くという
素晴らしい愉しみを享受しております。

近所の大きな酒屋さんでみつけた箱ワイン。
お昼の食事時、お茶やお水のかわりにちょっと飲むには便利で
最近のお気に入りです。
色々と種類があって、選ぶのもタノシイ。
とりあえずはハーディーズ リザーブのシリーズを試してみました。
これはオーストラリアのワイン。ア・カルイです。
ワタクシはビールワインと名付けました。
冷やして、グビグビいけてお料理の邪魔をしないところが似ています。

箱の横っちょから出てくる注ぎ口に、ゴムのレバーがついていて、
そのレバーを上げるとワインが出てきます。注ぐのもカンタン!
写真はソービニオンブランですが、シラーズもいけました。
冷蔵庫で場所をとるのが難点ですが、それなりにマル。

b0019591_10122061.jpg

[PR]
by orochon3 | 2009-06-13 10:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)