<   2009年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

父のお酒

ここのところ、お酒関係ばかりで恐縮ですが、
優しい優しい父がまたしてもお酒をくれました。
菊正宗 極上菊正宗 特醸 雅です!

“やっぱり俺はァ菊正宗ェ”
というだけあって、男っぽい、というか、オッサンくさいお酒でした。
飲んでいると、まるでオッサンになったような錯覚さえ覚え、
心地よく酔い、話したり歌ったり、しみじみしたり。良いお酒です。
これは、佐分利信でしょうか。
案外笑うと崩れる顔なんですね、自覚されていたようで、
戦前ではほとんど笑わず、笑っても片頬でフンッといった具合。
昔の男前はへらへら笑わない。

優しい父に感謝、感謝です。
[PR]
by orochon3 | 2009-07-30 15:08 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

八海山、再び!

今度は八海山の純米吟醸に挑戦します!と空蝉さまに宣言、
したと思ったら、なんとそれが聞こえたのか、A氏からまたしても
お送り頂きました、、、なんて親切な方。
しかも、八海山 特別純米原酒という、すごい1本。
もちろん冷酒で頂きました。
いやいやいや、ガツンとやれらました!
真っ黒に日焼けしているのか、もともと地黒なのか、
ちょっと見にはわからないネアカで明るい南国の娘さんが、
海の家で蛤を焼いている無口でワケアリ風の兄サン(恐らく
北国から流れて来たような色白美男子)にちょっとほの字、
というようなドラマが浮かんでくるようなお味。

「開栓後は特に早くお召し上がりください」とのことでしたので、
特に早く頂きまして、あっという間になくなりました。
この注意書きはちょっと問題ですね。

b0019591_16323828.jpg

[PR]
by orochon3 | 2009-07-21 16:32 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

首ったけ

b0019591_1622205.jpg

純米吟醸 阿部勘というお酒が届きました。
ラベルの上にちっちゃくSummer Versionと書かれています。
よく冷やすべし、との事だったので、冷酒にて頂きました。
そして、お味は、うぅん!華やかでございます。そして押しが強い。
確かに華やかですが、赤ワインの華やかさとはちと違います。
ウフン、華やかでしょう!という風ではなくて、
アタクシ、華やかでございますのよ〜てな感じです。
まるで、まるで、気品ある大学教授のお嬢様、両親に従順。
でも実は彼女、銀座を闊歩するモダンガァルでもある、
というとびきりの美人!百人中百人が認める美人なのです。
ぜひとも原節子嬢に演じて頂きたいものです。

あっという間になくなって、ご覧の通りスッカラカンです。
いつも美酒をお届けくださるA氏に心より感謝!
[PR]
by orochon3 | 2009-07-19 16:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

絵本

小さい頃から本というものが大好きでした。
本棚には沢山の本が並んでいて、その本の題名を見るのも大好きでした。
絵がかわいくて買ってもらったものの、字が多くてまだ読めない。
そんな本が数冊、本棚に入っていました。
大きくなるにつれて、未読の本は減って行くのですが、そんな頃の、
思い出の絵本があります。

「おそうじをおぼえたがらないリスのゲルランゲ」
まだこの本のなかを読んでいなかった頃、
この平仮名ばかりの長い題名を、私はまったく違う解釈をしていたのでした。

おそうじを おぼえたがらない リスのゲルランゲ、と区切るべきところを
おそうじをおぼえた がらない リスのゲルランゲ、と区切っていたのです。
“がらない”とはなんぞや?と考えた子供の私。
出した結論は、これは“ガラが悪い”の「がら」だと。
ゲルランゲという名のリスには「がら」が無い、のだと。
で、「がら」が無いっていうのは、「がら」が悪いと同じ意味!で、
リスのゲルランゲは「がら」が悪いコだと勝手に決めつけていました。
この本は、ガラの悪いリスのゲルランゲがお掃除を覚えた、という内容だと。
もう、めちゃくちゃですが、すっかりそういう内容で認識し続けていて、
高学年になって、読んでみようとこの本を手にとった時に、
はたと誤りに気がついたのでした。
読む前に気がついて良かったです。
内容はすっかり忘れてしまっていますが、題名は忘れられません。
ゲルランゲという名前も、へんてこで、印象深い題名でした。
[PR]
by orochon3 | 2009-07-15 10:40 | | Comments(2)

新品冷蔵庫の問題

13年使っている我が家の冷蔵庫は、未だこわれずに働きもの。
ところが、新宅には冷蔵庫を新調しようと目論んで、
カタログをいろいろと物色していたら、なんと、
今迄なんのトラブルもなかったのに、冷蔵室の胡瓜が凍りました。
怒ってる?
ちょっと怖くなり、冷蔵庫にお詫びとお願いをしました。
“悪いけど、ほんとに悪いけど、新しい冷蔵庫にさせてください”
以来、ご機嫌はなおったようす。冷蔵庫の新調は決行します。
ナゼなら検討中の冷蔵庫は、なんと一升瓶が6本入るのです。
500mlのビールも箱ワインもかなり入るのです。
そんなに入れてどうするのかとは訊かないでください。
[PR]
by orochon3 | 2009-07-14 16:46 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

美酒

b0019591_17214519.jpg


愚弟ならぬ賢弟夫妻から頂いた八海山の大吟醸を
新宅祝いに開けさせて頂きました。
最初はヒヤでお味見して、冷やした方が良いかも、なんて通ぶって、
冷酒にして頂きました。
これは、これは、もう、もう、優しい優しいお味でした。
美味し過ぎてダメです。あっという間になくなりました。
この優しさは轟夕起子サンみたい。
かわいくて、優しくて、ほのぼのします。でも、賢いです。
ちょっと憧れ。

b0019591_1617878.jpg

[PR]
by orochon3 | 2009-07-10 17:21 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

お知らせ

新緑の五月、物件を探していたとき偶然見つけた、
丘の上のかわいいマンションにこのたびご縁ができて、
盛夏八月の引越が決まりました。
実家を出てから13年目、この4軒目でようやく落ち着けそうです。
なぜ八月までかかるのかと申しますと、ちょっぴり手を入れるのと、
なんだかんだの手続きがややこしくて時間がかかるのです。
とにかく、腰痛を抱えての引越なのでしんどいなぁと思いながらも、
新しい家の準備はいろいろと心楽しいです!
そして腰痛で歩く事があまりできなくてひきこもらざるを得ないいま、
環境が変わるのはすごくウレシイ!
[PR]
by orochon3 | 2009-07-10 08:14 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)