<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

静かな大晦日

今年もあと数時間となりました。
例年ならば気が狂ったような忙しい時間。
早朝よりおせちづくり、その配達と受け渡し、
そのまま年末年始の営業に突入、気がつけば成人式、
という狂乱の数日間でありました。
それが、今年は、腰痛を抱えてはいるものの、
こんなにゆったりと静かな時間を過ごしております。
大掃除もすんで、今夜の用意もすんで、
あとはお風呂に入って宴です!

皆さまは今年はどんな一年だったでしょうか。
私は、きっと、何年か経ったあと、もうあの年のことは
思い出したくない!忘れてしまいたい!
というような激動の一年でした。
そんな中でも、励まして頂いたり、労って頂いたり、、、、
あたたかなお心をたくさん頂いた幸せな一年でもありました。
しみじみと感謝すると共に、振り返ってみれば、
その何万分かのひとつでもお返しができたでしょうか???
いえいえ、なんにもできない一年でありました。
来年は今年皆さまから頂いた幸福を少しでもお返しできるように!
飲んでるばかりが能ではない!と、心に誓う大晦日でございます。

今年も一年ありがとうございました。
来る新しい年が皆さまにとって良い年になりますように!
[PR]
by orochon3 | 2009-12-31 17:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(4)

迎春のしつらい

いつものように何故か鶏の炊き込みご飯を炊いて
あっという間にクリスマスも終わりました。
ということで、新宅での初めてのお正月の準備。
とりあえずクリスマス迄張り切ってくれていた
「雪だるま団」を解散させました。ご苦労さま!

来年は虎年ですが、虎は基本的にあまり好きではありません。
しかしこの子は近所のスーパーで見つけて即購入!
体型といい、かわゆさといい、サスケくんを彷彿とさせます。
お鯛と鏡餅を横目にもじもじしている感じが、もうそっくり!!
身長約3cmのチビ虎です。

b0019591_1714238.jpg


今回は縮緬の鏡餅&お鯛セットが少々値がはってしまい、
台込みで二千円弱となりました。お正月だからまぁ良しとしましょう。
[PR]
by orochon3 | 2009-12-29 17:20 | その他(ほぼお酒) | Comments(3)

La lune, le vin et le chat

秋のある夜、ウレシイ出会いがありまして、
素敵な贈り物をいただきました。

詳しく説明すると、美的センス溢れる小粋なお友達が、
ワタクシの転居の報を聞き、そのいきさつ等も知って、
記念のお祝いを贈りたいと思ってくれたのだそうです。
そして彼女の師でもある久喜良作先生に、
モビールアートの作品を依頼してくれました。
お題はワタクシの大好きな「ワインと猫」と
お願いしたのだそうです。

そして作品ができあがった時、ただ渡すだけでなく、
久喜先生がちょうど個展をされていたお店で、
先生と彼女と私の三人で会う機会をつくるという、
粋な計画を立ててくれたのでした!
彼女は私より年若なのにしっかりと生きていて、
さり気なく気持ちをあたたかくしてくれる粋なヒト。
さすがァ!なはからいに胸うたれ感謝感激でした。

久喜先生についてはこちらに詳しいですが、
ご本人は粋でお洒落で爽やかな方です。
その夜は先生の好きな巴里の話や、お友達の波瀾万丈な人生の話、
私の恋焦がれる1930年代の事など、話は尽きず、
先生のご実家の歴史の話に至っては大河ドラマのようで、
ひきこまれて根掘り葉掘り伺ってしまいました。

そして、肝心の作品は、、、、
「ワインと猫」というお題に対して先生はもうひとつ、
何かくっつけないと完成されない、と考えられて、
流れ星をつけた「お月さま」をひっぱってこられました。
題して「月とワインと猫」。

b0019591_5593274.jpg


吾が家のお酒コーナーの上に、ゆらゆら揺れています。
Pドノ、そして先生、ありがとうございました。
[PR]
by orochon3 | 2009-12-24 06:03 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

お酒の温度

b0019591_1353541.jpg


「ひこ孫」とひ孫とどう違うのかわかりませんが、
美味しいお酒が実家からまわって参りました。
優しい父に感謝、感謝です。

お酒の温度といい、ワインの温度といい、
適温はこうです、冷やすな、温めるな、などなどいろいろ
うるさいですが、酸化してしまうほど極端でない限りは、
その人が美味しいと思う温度が一番美味しいのだと思います。

で、ワタクシはお酒はひやで頂くのが一番好きです。
もちろんお酒によっては冷やした方が美味しいのもありますが。
この時の「ひや」が問題。
以前にもここで申しあげたことがあるかもしれませんが、
「ひや」はお燗をしないお酒のことで、冷酒の事ではありませぬ!
これは声を大にして申しあげたい。

京都の割合有名な某料亭のお座敷で、日本酒をひやでとお願いしたら
美しい硝子の容器でキンキン氷で冷やされた冷酒が出されました。
そして、このお酒のお店さえも、ひやのことを常温と別表記にしています。
いったい日本のお酒はどうなっているのでしょうか???
常温のお酒をください、なんて恥ずかしくて言えません。
ちょっと興奮してしまいました。

肝心の「ひこ孫」ちゃんのお味ですが、流石、流石。
少し色があります。熟成しているからだそうです。
製造は2005年の4月。マイナス10度で低温熟成させ、
飲み頃を待って出荷された1本が吾が家にやってきたのでした。
お燗が美味しいと二重丸がついていましたが、ひやで。
お燗は難しいですからね、酔っぱらった身ではキケンだし。
常温!は一重丸でしたが、十分美味でした。
ふわあっと香りがあって、飲むに連れて美味しくなります。
悪い人だと知りながら、ついついついて行ってしまう馬鹿な私。
そんな感じでした。
[PR]
by orochon3 | 2009-12-19 13:53 | その他(ほぼお酒) | Comments(4)

ノエルのしつらい

b0019591_17262419.jpg

まるで「婦人画報」の特集タイトルのようですが、
新しい家での初めての冬。
仏教徒だし、仕事が繁忙期だし、ということで
ずっとクリスマスには無縁だった吾が家ですが、
今年は参加してみたくなって、全長20cmのちびツリーを
キッチンカウンターのはじに置いてみました。
赤と緑のペーパーを重ねた上に飾ってみると、
なんだかちょっとサビシイ。
そこで雪だるまに応援を頼みました。
けれどもこれまた全長3.5cmのチビだるまで、
1体では頼りなく、翌日もう2体を賑やかしに増員し、
だるま団を結成させました。これでなんとか落ち着いたかな。
だるま団の連中がそれほど浮かれていないところが
気に入っています。
b0019591_17263475.jpg

総額1000円に満たないところが自慢!
[PR]
by orochon3 | 2009-12-04 17:31 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(145)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧