<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

幸せな一日

スバラシク良いお天気が続き、朝の散歩も好調です。
京都で「楽町楽家」という催しをしていまして、
S邸での坪庭、写真展、織物縫物展を拝見しに馳せ参じました。
自邸を解放するなんて、スゴイ催しですが、
それに参加し、そこにお仲間が加わって、皆さん楽しんでいらして、
そこへお邪魔して楽しくないはずがありません。
準備と後片付けが大変だった事と思いますが、
とっても素敵なイベント、ありがとうございました!

S邸は玄関から細い路地をすすみ、どんつきにあるお家でした。
京都の大学に通っていた頃、友人の一人がこういう町家を借りていました。
そこへよくお泊まりに行っていた私。
あの家にも坪庭があって、その庭を眺めながらお喋りしたことを
懐かしく思い出しました。そういう懐かしい雰囲気があったのでした。
たくさんの方がいらしていて、文字通り大賑わいのS邸でした。
お久しぶりの方々にもお目にかかれ、活き活きとした町家を堪能して、
すこぶる良い気分になり、イノダココーヒでアフリカブレンドを散財し、
帰路についたのでした。

思えば、こんな風に普通にお出かけできるようになるとは。
この一年間でずいぶん元気になったものだなあと、色んな事に感謝し、
その夜は美味しい、美味しいお酒でした。
[PR]
by orochon3 | 2010-05-31 07:28 | その他(ほぼお酒) | Comments(6)

「浮雲」林芙美子

なんと初めて読みました。林芙美子ファンなのに。
ずっと映画のイメージが強く、それが薄れてきたら読もう、
と思っていたのです。

映画で主演した高峰秀子嬢のエッセイで読んだのですが、
彼女が現実逃避でパリに隠れていた時、差出人不明で送られたきた
一冊の本、それがこの「浮雲」だったとか。
どうしようもない、どうしようもない、男と女、時代。
本の中では、ゆき子は三宅邦子にちょっと似てると書かれていて、
そういえば、秀子嬢よりも彼女の方が雰囲気かもしれません。

映画と違って南方ダラットでの出来事が交錯して描かれているので、
ゆき子と富岡との腐れ縁が始まる因縁もよく理解できました。
もうこれはどうしようもないですね、、、救いようがない。
意外だったのは、ゆき子の言葉遣いがとっても美しいこと。
静岡で生まれ、東京で働いていた彼女は、育ちが良く、
だからこそ、転落の激しさを強く感じたのでした。

いちばん心にグサリを突き刺さったのはこれ。
『この女は何時まで昔の思い出を、金貸しのように責め立てるのだろう、
 昔の二人の思い出の為に、いまだに、その思い出のむかしを、
 金貸しのようにとりたてようとしている』
確かに富岡は無茶苦茶な最低な男だけれど、それじゃゆき子は、
完璧な被害者なのかというと、そうでもなくて同罪なのですね。
男の立場になると、そう言いたくなるでしょうねえ、と納得。

敗戦、そして混乱、その中で生きる逞しさに惚れ惚れしました。
この二人だけでなく、みんな、ものすごく強くて逞しい。
そういう時代だったのでしょうか。
林芙美子の真骨頂、彼女のうまさがガシガシと、心にぶつかって、
ぐったりしながら、辟易しながら、あっという間に読了。
若い頃に読んでいたらもっと違う感想になったと思いますが、
とにかく読んでいて疲れました。へとへと。
結末がわかっていてもハラハラしたりドキドキしたり。
おもしろかった!です。
[PR]
by orochon3 | 2010-05-17 09:46 | | Comments(0)

お知らせ

日々増え続けるワタクシの白髪をきれいなオレンジにしてくれる、
今ではもう絶対に欠かせない、良質なヘナ、そして、
実はヘナと同じくらいに良質なシャンプーとコンディショナー!
お高いので、毎日使うのはちょっとツライので、
ヘナをした後に1週間だけ使っています。
ヘナをしてこれでお手入れしていると、髪がゲンキ!になった
という実感がありまして、気分もよろしいです。

そんな、いつもお世話になっている芦屋ヘナ倶楽部さん
たのしそうなイベントに参加されるとのことです。

-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------
第四回Cocoro(心)とKarada(体)の元気フェスタに
芦屋へナ倶楽部も参加します

 日時 5月29日(土曜日)10:30〜18:00
 場所 芦屋市民センター3階 多目的ホール
     芦屋市業平町8−24 TEL0797−31−4995
     JR芦屋、阪神・芦屋、阪急・芦屋川より徒歩約5分

お問い合わせ 0798−70−4487 Hanna 久保さんまで

当日はアロマテラピーや鍼灸マッサージ等、
ナチュラル志向で心と体を癒す方々が参加されます。
1コイン500円で簡単な施術も受けることができます。
芦屋へナ倶楽部も頭皮、毛根、髪の健康チェックを行う予定です。

-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------

なんだかおもしろそうなイベント。
ヘナでどのくらい元気になっているのか、
頭髪チェックしてもらいたいですねぇ、、、。
[PR]
by orochon3 | 2010-05-16 06:50 | 美容&健康 | Comments(0)

花散歩

腰の治療に専念して一年。
歩くのさえままならなかった状態が、
近頃は、毎朝の散歩ができる迄になりました。

散歩を始めたのはまだ寒く、桜が固いつぼみの頃でした。
最初は10分からスタート。平坦な道の往復です。

近くの桜並木までの往復15分コースが歩けるようになり、
毎日開いていく桜が楽しみでした。
桜吹雪が舞う頃には、坂道に挑戦。
するとかわいいぼんぼりの八重桜を見つけて、
桜餅みたいでかわいい!と喜んでいました。

八重桜も終わった頃に、少し距離を伸ばしてみたら、
つつじがピンクや白に咲き広がっていて、びっくり。
もうそんな季節になっていたのですね、汗ばむほどになりました。
藤棚を見つけたり、ポピーをみつけたり、名前も知らない花も沢山見ました。

そして30分も歩けるようになった頃、ある家の玄関先でバラを見ました。
見事にバラ色をしてぱかっと咲いていました。
近くに行って匂ってみるとバラの香りがほのかにします。
よく見てみると、あちこちの門々にバラが咲いていました。
白や黄色やピンクや、バラの花大会のようです。
香りのあるもの、ないもの、大きなもの、ツルになったかわいいもの、
バラを探しながら歩いていると、ついつい歩く時間が伸びました。
帰りがくたびれるのが難点ですが、もう少しバラをたのしめそうです。

次は、紫陽花でしょうか。
川沿いの池に浮かんでいる蓮の葉も気になります。
[PR]
by orochon3 | 2010-05-12 16:02 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

立夏

本日は立夏だそうです。
朝の散歩の時も、夏の気配がビシビシ感じられました。
一言で言えば暑い、ということです。

リクエストにおこたえして、今日のお昼は、
冷やし素麺とネギ肉という夏の風物詩メニュー。
スーパーで特売の焼肉用モモ肉を買い込みました。

ネギ肉とは母の創作した肉料理です。
レシピはいたって簡単。
にんにく醤油(自家製)にみりんと味の素少々。
これに山盛りの刻み青ネギを投入。

網にお肉をのせて塩をぱらぱら。
焼けたお肉をどんどんタレに放り込んでいくだけ。
しばらくタレになじませるとこんな感じになります。
b0019591_1241856.jpg


冷たくなったのも美味しいです。
にんにく醤油が自家製というとこがミソです。
(と言っても実家から貰ってきたのですが)

冷やし素麺にも青ネギ、そしてシソとすりごま、たっぷりの生姜。
ああ、もう夏だなあ!と実感するお昼でした。

連休もおしまいで、巷もこれでちょっと静かになるでしょう。
[PR]
by orochon3 | 2010-05-05 15:44 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)