<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

月桂樹のスープ

朝の散歩で貰った月桂樹の葉を使って、
至極簡単美味なスープを作っています。
大好きな人参、玉葱、キャベツ、しめじなどなど、
なんでもかんでも水をはった鍋に放り込んで、
ちぎった月桂樹を袋に入れて一緒にことこと煮ます。
ふわふわとなんだかレストランの厨房のような香りがしてきて、
文字通り“美味しい香り”で、おだいどこが充満!
月桂樹を引き上げて、ソーセイジかベーコンなどの肉系を投入。
(ワタクシどうしても肉系が要ります)
これだけでも美味しいのですが、塩とコンソメを少々。
頂く前に粗挽き胡椒をガリガリやりますと最高。
洋風のおすましというところでしょうか、、、。
今日の午後は鶏のクリームシチュウを仕込みます。
ぐんと冷え込んでくるそうで、ナイスタイミングと自画自賛。
[PR]
by orochon3 | 2010-10-26 08:44 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

感謝御礼、アメアラレ!

先日、某会でお世話になっているお仲間の紳士淑女の皆さまに、
円満字さんのご本隠岐島旅スケッチと共に父の本の出版をお祝いして頂いて、
幸せこの上ない気分を味わい、皆々さまのあたたかいお心に
深く深く感謝をいたしました。
本の感想を嬉しく拝聴。ありがとうございました。
(円満字さんにご本にサインを頂けば良かったと後悔!)

そして昨日「日経ビジネス」にて父の本が紹介されました!
こちら超ビジネス書というコーナーに書評がございます。
素敵な素敵な文章で、我々家族一同大感激。

皆々さまに深く感謝申しあげます。
[PR]
by orochon3 | 2010-10-19 05:08 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

ワインセラーのおかえり

長くかかった修理が終わり、ワインセラーが、
先日ようやく吾が家に帰って参りました!!

1年前吾が家にやってきたこのワインセラーは32本入り。
それでも職場からひきあげてきたワインを入れるとキュウキュウ!
可動式の棚をとって重ねて入れておりました。
それから数本飲んだり買い足したりしているうちに、
壊れる前には26本になっておりました。

厳選に厳選を重ねた結果、6本のみを新ミニセラーに入れて、
白ワインとスパークリングワインは冷蔵庫で保管、
その他はタオルにくるんで納戸へ隠しました。
隠しましたがこの暑さで納戸といえども暑い、暑い。
心配になったワタクシは、これでダメにするくらいなら、
飲んでしまえば良いのヨ!という悪魔の囁きを聞きました。
かくして、ミニセラーからはみだしはしたものの、
それでも上等なワインから抜栓致したのでした。
ローザン・セグラ、シャトー・ジスクールのお馴染みから、
とっておきのリッジ・モンテベッロやらセインツベリーやら、
退職謝恩会で開けた白とスプマンテなどなど。

そして、、、
戻って来たセラーに戻したワインの数は13本。
半分になっていたわけです、13本はいずこへ???
[PR]
by orochon3 | 2010-10-14 07:09 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

不思議な朝

数日前、朝の散歩の時にとある豪邸の前を通りかかりました。
ちょうどそこから出てこられた老紳士とばったり遭遇して
「おはようございます」とお互いに挨拶を交わしました。
その後夫と私はぐるりと散歩をして吾が家近くへ戻って来たところ、
正面から、かの老紳士が歩いてこられました。
やっ!と笑顔で片手をあげられますので、こちらもつられて、どうも!
そして二言三言ことばを交わしました。

そして数日後。
またあの豪邸の前を通りますと老紳士が道路を掃いています。
「おはようございます」とご挨拶して、通り過ぎようとしたら、
老紳士にいきなり「奥さん、カレーやらシチューやら作りますか?」
と尋ねられました。とっさに「は、はい」と答えましたら、
「月桂樹があるから持っていき」とお庭に招き入れられました。
豪邸のお庭は広く、お言葉通り月桂樹が生い茂っています!
まだ若い樹の葉を一枚ちぎって渡されました。
「匂ってごらん」と老紳士はにこやかに言いました。
おお、これはこれは良い香り!乾燥したものしか知りませんでしたが、
生の葉からの香りはなんとも美味しそうな良い香りがします。
もっと古い樹の枝を2本切ってくださいました。

喜ぶ我々を見て、老紳士は今度はずらり並んだ丸い鉢々を見せます。
「アロエやねん、好きなのを選んで持っていき」
鉢は大小合わせて50鉢くらいあるでしょうか、選べと言われても、
5時過ぎの10月の朝は、まだお星様が出ている暗さです。
なんだかよくわからぬままに小さな鉢をひとつ選びました。

それからも色々と冗談まじりの楽しいお話を伺って、御礼を述べて、
老紳士とお別れしたのですが、鉢を持った夫と月桂樹の枝を持った私は、
どこかから泥棒してきたと思われないかとちょっと心配しつつ、
もう少し散歩を続けて帰路につきました。

月桂樹についた泥を落としていると、また良い香りがしてきました。
b0019591_8421120.jpg

アロエはベランダのはしに鎮座しています。
b0019591_8422587.jpg


そういえば、老紳士とはまだ二回しかお会いしていませんでした。
福福しいお顔で気さくな老紳士からの頂き物には、
なんだかとても良い「気」があるようで、吾が家に福が来るのでは!
嬉しいご縁、ありがたい頂きもの、けれどちょっと不思議な朝でした。
[PR]
by orochon3 | 2010-10-10 09:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

秋のお酒

b0019591_17263385.jpg


父のお気に入り「久保田」クンの発売25周年を記念して
久保田 吟醸原酒というお酒を発売したそうです。
今年しか発売しないという貴重な1本を父から貰い受けました。
先に飲んだ父から「少し冷やすと良いヨ!」との指示がありまして、
その通りに少し冷やして頂きました。
原酒で吟醸で、という欲張りなお酒ですので、
手強いかしらん?と想像しておりましたら、、、
なんともコックリマッタリ、ふんわか酔っていました。
酒樽の中で飲んでいるような久しぶりの感覚に陥りました。
陶然とはこういう心持ちのことなのですね。
久保田クンよ、ありがとう。父よ、ありがとう。
ふわふわと酔いながら、ふわふわとつぶやいておりました。
よく見ればアルコール度数高いお酒だったのでした。

酔っぱらったらどうなりますか?
私は本格的に何も覚えておりませんので不明です。
[PR]
by orochon3 | 2010-10-04 17:26 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

卒業式

昨春、職場を離れたワタクシですが、諸事情があって
実は籍が残っておりました。
この度1年半を経て9月いっぱいで正式に退職となりました!
昨日は久しぶりの職場で最後の挨拶まわり。
生まれた時からいた場所でしたので、
昨春はさすがに寂しかったり虚しかったりしましたが、
1年半のブランクがあるので、昨春ほどの感慨もなく、
これでスッキリした!という感じでありました。
1年半をかけて私はあそこを卒業できたという事なのでしょう。
気分は晴れ晴れとして、これから始まる新しい人生に
年甲斐も無く希望を持ったりしております。

諸事万端整えて、夜は吾が家にて夫と二人謝恩会。
スプマンテで乾杯をしました。
ビゴさんのほうれん草のキッシュとミートパイ、
デリカテッセンのスモークサーモンとフレンチパテ。
徒歩10分でこれだけ揃う環境の良さを実感したのでした。

早々にスプマンテはあけてしまったので、
珍しく白ワインを出しました。
96年のピュリニーモンラッシェ、ルロワです!!
ワインセラーが壊れた為に冷蔵庫へ移動させていたものです。
こっくり華やか、今の気分に最適な美味しいワインでした。
こんな高価なワイン、どうしたの?と聞かれるかもしれません。
実は某オヤブンさんからの頂き物。
ありがたく、ありがたく頂きました、シアワセ。
[PR]
by orochon3 | 2010-10-01 04:32 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧