<   2011年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もうすぐ咲きます!

久しぶりに蝋梅の公園に行ってみたら、
椿が満開になっていました。
薄紅一本と紅が二本、きれいできれいでみとれました。
道中には紫や白のモクレンがポコポコ開いています。
桜のつぼみも、もうすぐ咲きますから!とばかりに、
先からピンク色をのぞかせていました。
そこかしこから花の香りがして、春がきていた事に気づきました。

吾が家の扉をあけた眼前にあるハクモクレン、
いざ咲かん、という迫力!
b0019591_1504468.jpg

[PR]
by orochon3 | 2011-03-30 08:06 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

いたづら小僧(その3)

ひつこく続けておりますが、最後にやっぱりお召し物を。
後ほど失踪して騒動を巻き起こす次女が、婚約者のところへ行く!
と言ってお召し替えをしています。
そこへお母さまがやってきて着付けをなおしました。
曰く「こんな女学生みたいな着方はダメ!」
そう言って、前のあわせを開き、襟をぐいっぐいっぬいてしまいました。
b0019591_15265235.jpg

その女学生のホンモノが三女のこちら。
自分のことをボクと言ってます、帰宅したらもちろん着物に着替えます。
お母さんにお小遣いを堂々とねだっているところ。ベルトがカワイイ。
b0019591_1527310.jpg


そして英百合子お母さん。素敵な着こなし。
帯揚げの出具合がお上品ですネ!
ウェイヴしたお髪もしびれます。
b0019591_15341274.jpg


次は、長女が次女に手袋を貸してあげる場面なのですが、
何故だか唐草模様の風呂敷がかけられているのです。
この箪笥の他にも色んなものに唐草風呂敷がかけられていて、
なんでいったい突然唐草?!と調べてみると意味がありました。
唐草は四方八方に伸びて限りがないことから、
延命長寿や子孫繁栄の印として大変縁起が良い物とされ、江戸時代頃から、
婚礼道具や夜具地を唐草の風呂敷で包んでいた、とのこと!
ふへぇ!知りませんでした。初めて見ました。勉強になりました。
b0019591_1526436.jpg


最後に、主役のいたづら小僧くん。悪そうな顔でしょう?
本当にいたづら者でした。ろくなものではありませんでした。
どこかの駅みたいです、雰囲気が良いですね。
b0019591_15351743.jpg


ああ、良いものをたくさん観せてもらいました。
ひとときでもあの頃にタイムスリップできて大満足です。
[PR]
by orochon3 | 2011-03-09 15:45 | 戦前東宝 | Comments(2)

いたづら小僧(その2)

いたづら小僧のおうち。
庭からながめてみたところ。なかなか洋風です。
b0019591_6542733.jpg


お玄関。天井が高くて素敵。
この奥に洋の応接間があるのですが、カーテンで仕切るスタイル。
b0019591_655139.jpg


これがその応接間。
この頃の写真や映画で見るところによると、
テーブルの高さとソファの高さがなんだかアンバランスです。
これも、ソファが低過ぎる感がなきにしもあらず、、、。
そこがこの頃らしさでもあるのですが。
b0019591_6552256.jpg


アップにしてみても、やはりソファ低くないですか。
卓上にはお茶と果物。王道ですね!
b0019591_6553189.jpg


こうして並べてみて、ふと思いました。
私はイリイリするくらいこういう場面に弱いです。
応接間の戸棚の中や靴箱の中や、
卓上のカトラリィや帽子やら、、、
ひとつひとつをもっと詳細に見たい、感じたい。
これはどういう症状なのでしょうか。
もう少し続けます。
[PR]
by orochon3 | 2011-03-06 07:07 | 戦前東宝 | Comments(0)

いたづら小僧(その1)

昭和10年の映画です。
中の上くらい?の一家のお話で、主にそのお屋敷が舞台。
となると、当時のそのクラスの生活がばっちり!

家族構成は両親、三人の娘、一番下に小学生の男の子。
男の子がいたづら小僧なのですが、私はやはり娘三人に興味が。
一番上はお医者さんと縁談があり、
二番目は肥ってなよなよした資産家と縁談がある。
三番目は自分をボクと言う女学生。
次女は実は資産家がキライで、職工さんと密かにおつきあいをしておりまして、
いたづら小僧が工場へ手紙を持って行ったりして、
姉と職工の仲をとりもっています。
その職工さん実は資産家のお坊ちゃんだったりします。
他愛のない物語ですが、当時の生活をじっくり楽しめました。
一番のワタクシ的見所はお台所です。

b0019591_70548.jpg

お台所に続く裏のお勝手口。よその女中さんがたずねてきました。

b0019591_792111.jpg

いたづら小僧家の女中さんは清川虹子嬢。

b0019591_793462.jpg

真ん中は奥様の英百合子サン。エプロン長いですね、和装用。
向かって左手に丸いちゃぶ台が立てかけてあります。
食事は和室でこのちゃぶ台を使い召し上がっていました。

b0019591_711416.jpg

旦那さんをたずねてきた釣り仲間。
中から勝手口を見た感じ。壁の黒板に何が書かれているのか気になります。

映画といえど活き活きとした当時の生活、ウゥンいいなぁ。
もう少し続けます。

昭和10年/P.C.L.映画製作所/監督・脚本・山本嘉次郎/原作・佐々木邦
[PR]
by orochon3 | 2011-03-01 07:19 | 戦前東宝 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧