新藤兼人監督の作った、故溝口健二を追うドキュメンタリー映画。
1975年の作品、わたしは8歳です、もちろん観ておりませんです!
両監督にはまったく興味がありませんが、溝口健二といえば田中絹代。
絹代ファンのわたしとしては観ないわけにはまいりませぬ。
解説によるとこういうストーリー。

 新藤兼人が師と仰いだ巨匠・溝口健二監督。
 生前の溝口監督を知る39人がインタビューで監督への想いを語る。
 監督として人間としての溝口の深奥に迫ったドキメンタリー。

両監督には興味はありませんが、この39人にはかなり興味津々。
もちろん、まだ現役でご活躍の方もいらっしゃいますが、
出てくる方、出てくる方、ほとんどが既に鬼籍に入られています。
中でも、ア!っと声を出してしまうほど驚いたのは、
当時64歳の入江たか子サマ。
なんとなんと、そのお美しさは健在です。
しぐさ、話し方、表情、どれをとっても私の知っているたか子サマ。
目が思わずハァトになりながらうっとり眺めてしまいました。
そもそも溝口監督は、たか子サマの入江ぷろだくしょんに雇われていた身。
それをひがんだのか、戦後の作品「楊貴妃」で壁にぶつかった監督は、
たか子サマを降板させてウップンを晴らしたとか、巨匠の実像はコワイ。

溝口映画はほとんど観ていないと思っていましたが、
「滝の白糸」「浪華悲歌」「祇園の姉妹」という代表作は観ていました。
どれも私のお気に入りの作品、たか子サマは美しく、山田五十鈴はカワユイ!
あまりにも気の毒すぎておかしくなるほどの底辺の女性たちが、
健気に生きていく姿が、溝口監督サンはお好きだったようです。

戦後は、絹代サン抜きに語れないようです、私は観ていないけど。
進藤監督が田中絹代サンへインタビューしている場面は、ソウゼツ!
絹代サンに惚れ込んでいたのに告白できなかったシャイな溝口監督。
「監督は私個人ではなく演じている役の私を好きだった」と絹代サン。
真実はご本人のみぞ知る、、、。
絹代サンも、お若い頃と変わらず、あの口調、あの眉のひそめた表情、
やっぱりカワユイなぁ、、、。

溝口健二には、明治特有の“官尊民卑”の思想が残っていた、
と御大の川口松太郎が言っていました。
これこそが溝口健二の映画の根底にあるのではないかとふと思ったり。
練りに練って作り上げた場面を、一瞬のうちにこわしてしまい、
現場で台詞から全て変えてしまうという演出方法。
溝口映画の魅力に少しだけ触れることができたような気がします。

この映画で、サイレント時代の大スター、中野英治の71歳の姿を
拝見することができました。
旧法政で野球をしていたところを日活に入って役者となったという経歴、
女性ファンを熱狂させた二枚目で、不良だったという評判です。
この方が、71歳とは思えぬ格好良さで現れてビックリ!!
ただものではない、と思って色々調べてみましたら、
かの石津謙介が彼をお手本にしていたとか、
欧米の最新流行を研究して服をつくりまくり勘定は踏み倒したとか、
あの色川武大が、不良の大先輩と評したとか、
弟分はディック・ミネだったとか、ともかくスゴイ方でありました。
そして驚くべきは、あの英百合子サンと結婚していたという事実!
残念ながらその作品は拝見したことはありませんが、スゴイ、スゴイ。
いろいろと大収穫のある作品でした。

昭和50年/近代映画協会/監督・新藤兼人


 <5月31日追記>
 タイミング良くというか、なんと言うか、、、
 今朝のニュースで進藤監督の訃報を知りました。
 100歳という大往生ではありますが、63歳の監督を見た直後です。
 まだお若いのだと錯覚しておりました。
 というよりも、私の思う時代というのが、かなり昔なのだという事が
 改めて、今日、眼前につきつけられ、大きな衝撃だったのでした。
 1930年代、近いと思っていたけれど、案外近くもなかったような。
[PR]
by orochon3 | 2012-05-29 12:54 | 戦後映画 | Comments(0)

残念な報告

4月の終わりに植えた枝豆が、エライことになっています。
まず最初の悲劇は、パセリの鉢に起こりました。
既存のパセリ、あんなに元気に美味しい葉をしげらせていたのに、
枝豆を一本植えたばかりに、チリチリである筈の葉が
つるんとまっすぐなってまるで笹のようになってしまいました。
心配通り、枝豆に負けたようで、間もなく枯れてしまいました。
パセリを死なせたんだから、枝豆はしっかり実をつけよ!と
叱咤激励していたところ、、、。

説明書どおり、枝豆は午前中ベランダに出して日光にあて、
午後からは家の中に入れていました。
すると、パセリが枯れた頃から枝豆にも異変が、、、。
なんだか元気がない、実家に植えたのと比べると明らかに貧相な葉。
ムムム?!
よく見ると小さな羽虫がいっぱい飛んでいるではないですか。
知らぬ間に虫がついたのです、なんという事でしょう。
虫が多くなるにつれて、枝豆も元気がなくなってきました。

そしてとうとう昨日、二本とも実家の庭に移植しました。
実家の母に、よろしくお願いします、と託して帰ってきました。
既に植えていた四本に比べると、やや貧弱な吾が家の枝豆ですが、
栄養たっぷりの実家の土で元気になってくれるといいなァ。

そして、今朝。
二鉢のなくなった吾が家のベランダで、洗濯物を干しながら、
若干サビシイ思いをしていたのでした。
[PR]
by orochon3 | 2012-05-28 08:10 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

この拙ブログにレポート機能がついていまして、
検索キーワードを日ごとに知る事ができます。
昔の俳優さんや女優さんが多いのですが、その中で、
かなりの頻度であがる御名前が円満字洋介サンです!

素敵なスケッチとおもしろい読物の『隠岐ノ島旅スケッチ』や
京阪神の名建築ガイドブック『京都・大阪・神戸【名建築】ガイドマップ』
などなど何度かご紹介させて頂いております円満字洋介先生!!
その円満字さんからご案内を頂きました。

 自称ヲタクな建築探偵画家
 『円満字洋介お散歩スケッチ展』

 2112.5.17(木)〜 22(火)
 午前9時〜午後7時
 VERO CAFE(枚方市香里ヶ丘3丁目11-1)

スケッチ実演や絵葉書販売もあるとのこと、
詳しくはコチラに写真付き!で紹介されていますのでどうぞ。

優しくてふんかわしているのにドキリ感もある円満字サンのスケッチ、
大好きです。
[PR]
by orochon3 | 2012-05-18 15:47 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)

大失態!

「ママのおはなし」でトリコになった村山知義の画。
いま、京都の国立近代美術館ですべての僕が沸騰するが開催中。
これは是非とも行かなくては、連休が終わったら行こう!
と、楽しみに楽しみにしておりました。
そして、はれて連休明けの7日、夫を誘って京都へ走りました。
岡崎公園の駐車場へ入れようとしたその時、入り口に看板が、、、
「近代美術館 本日休館」と書かれています、そしてワタシの悲鳴。
ああ、やってしまいました!
出発前に、せっかく岡崎公園に行くならお昼は岡北に行こうヨ!
定休日は火曜日だから大丈夫!
なんて念入りに調べていたのは当のワタクシ。
本来の目的から既にここでズレていたのですね。

休館は休館、もう仕方がないではないか、と仕切り直しです。
目的は岡北でおうどんを食べることにすり替わりました。
開店時間まで平安神宮にお参りして、10分前に岡北へと向かうとスゴイ行列!
すわ、出遅れた!と思いきや、岡北に並んでいるのは4人だけ。
行列の方はお隣の山元麺蔵の方、いつもテレビによく出る有名店ですね。
そしてよく見ると、お隣に並んでいるのは若い方がほとんど。
こちらの方はかなりのお年をめした方々。
お一人の御婦人のお話を伺っていると、90才近い年齢のもよう。
もともとは大阪の本町の生まれで、焼けだされて京都へ移ってきた、
などという歴史を、開店までのわずかな時間に語っていらっしゃいました。
貴重な時間でございました。

肝心要のおうどん、今回は海老天入りけいらんにしました!
b0019591_9123352.jpg

ほそくて柔らかくて美しいおうどん、素晴らしく上品なお出汁。
海老天はごま油が効いていて程よい大きさ。
他に筍とししとうと海苔の天ぷらもおまけに入っていました。
(ワタシは筍が好きではありませんが一口だけ味見にかじって夫へ。)
あっという間にたいらげてしまい、目的は果たされてしまいました。
美味しかった!と感動しても、この時点でまだ12時過ぎです。
このまま帰るのはもったいない、ということで、ワタシの念願だった、
松尾大社へお参りに行く事にしたのです!
そうです、日本第一酒造神と仰がれている松尾大社です。
毎晩お酒を頂く時に、いつか松尾大社へ御礼に行きたいと思っていました。

ひょんな事から念願叶い、いそいそとお参りに行きました、、、が、
立派な御門を入り、本殿へと進みますと、気持ちがグゥと押さえ込まれ、
全身がこわばり文字通り息がつまってきます、こ、こ、怖い、、、。
勇気をふりしぼって御礼を申しあげてそそくさと退散しました。
ワタシはごく稀に、ココはアカン!と思う場所があるのですが、
今回はそれが非常に強かったのです、不思議だなあと思って、
入り口の説明看板を読んでいて、はたと気付きました。
HPにも詳しく書かれています。
 
 「松尾大社は、平安時代よりその類い希な霊力によって、
  『松尾の猛霊』と崇められるとともに、皇城鎮護の神(都の守り神)と
  称えられた京都最古の神社の一つです。」

一介の酒好きがフラフラとお参りに来るところではなかったのですね、、、
何も存じ上げず申し訳ございませんでした。
でも、御礼を申しあげることができたので今は穏やかな気持ちです。
b0019591_929202.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-05-09 09:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

枝豆騒動

四月の末に植えた枝豆がドンドン育って、
気がつけばこんな状態になっていました。
b0019591_8401148.jpg

本葉が出たら間引いて二本だけ残すようにという注意書き。
もともとの鉢に二本残して、ベランダにあるパセリの鉢にも一本、
移植しました、パセリと仲良くできるのだろうか?少々心配。
間引いた後の苗は実家の庭に植えに行きました。
添え木もして、準備万端!
果たして収穫した枝豆でビールが飲めるでしょうか?
b0019591_843279.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-05-05 16:38 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

博多満腹紀行 その7

最後の朝も、やっぱり5時には起きてしまいました。
もう一度博多うどんを食べに行こうかとも思いましたが、
どうしても気になる長浜ラーメンを食べようと夫。
ワタシは20年くらい前に一度だけ長浜屋台でラーメンを食べたのですが、
まったく味なんて覚えておらず、実は密かに気になっていました。
博多から地下鉄に乗り赤坂という駅で降りて、ちょっと歩きましたが、
あんがい近いので拍子抜けしました。
元祖長浜屋さんは24時間営業朝6時開店で早くから賑わっています。
色々しきたりがあるそうで、事前に勉強して行きました。
メニューはラーメンだけなのに入り口の券売機で食券を買うのです。
メニュー、確かにラーメンだけですが、替玉とか替肉とかあります。
夫は食べる気満々で替玉券も購入していました。100円です。
ラーメンは400円。おうどんよりは高いですが、今旅一番安いラーメン!
券を買って店に入ると「普通!」と店のお姉ちゃんに伝えました。
麺の固さとか脂の量など細かい注文ができるそうですが、ワタシは普通。
あっという間に出されたラーメンです。
b0019591_13164611.jpg

卓上に置かれた紅生姜と辛子高菜とゴマを乗せます。
スープがなんともいえない優しい味、博多荘のスープよりまだ優しい!
美味しい、美味しい、薄切れのお肉もしっかり味がついていて美味しい。
麺は細くてつるっとしていてスープによく合いまして、スバラシイ。
夢中で半分ほど食べて、美味しいね〜と夫を見ると既に食べ終わっており、
間もなく替玉が投入されていました。ビックリ。
でも、それくらい本当に美味しかったのです。
博多、ほんとに来てよかった!と満腹のお腹をさすりながら思いました。

食べるものも食べたので後は家に帰るだけです。
例によって例のごとく無料のコーヒーをホテルラウンジで頂いて、
空港へ向かいました。
1時前の便なので、早めのお昼を食べて帰るつもりでした。
さて、何を食べましょう。全てのお店をくまなくチェックした二人。
そして意外や!意見は一致して、チキン南蛮と高菜飯のセットです。
b0019591_13242663.jpg

宮崎のチキン南蛮と阿蘇の高菜飯。九州の味めぐりが一皿に載った逸品!
おぐらのチキン南蛮とは少し違うものの、美味しく頂きました。
そして、またしてもお腹がイッパイ!

文字通りの満腹旅でした。
どのお店も繁盛していて、活気溢れる気持ちの良い接客。
愉しい雰囲気の中で食事ができました。
都会なのに人も多すぎず、どこへでも徒歩でも移動可能な程よい広さ。
今の私たちにはぴったりの良いところでした。大すき。
[PR]
by orochon3 | 2012-05-04 13:45 | | Comments(2)

博多満腹紀行 その6

長々と続いております満腹紀行。
なにしろ旅行の目的は飲食一本です。
それ以外の情報は極端に少ないのが悩ましいところ。
それなのに二年前にくらべて、かなり食べる量が減った我々。
しかも西洋料理より和食が良いと思う年頃となりました。
普段の生活でも夜はかなりの小食です。
旅行に出たからといって胃袋はふくらみません。
今回も、あれも食べたいこれも食べたいという欲求を抑えつつ、
厳選した結果、夜のお店は中州川端の礒ぎよしに決めました。
博多座のすぐ横、地下鉄からあがってすぐという立地です。
このお店も平日ながらすぐに満員となり、活気が溢れまくり。
お店のお兄ちゃんやお姉ちゃんたちはまだお若い様ですが、
きびきびとそしてあたたかく、実に気持ちの良いお店でした。
ワタシたちはカウンターのはじっこに陣取って、早くも最後の夜、
とりあえずのビールで乾杯をしてお造りを注文しました。
ワタシの好きな鯵と夫の好きなきびなごです。
ビールのあとは芋焼酎の喜六にいたしました。
そして鰹のたたきも頂きましたが、このポン酢も甘めです。
かぼすをしぼって九州の味をたのしみました。
甘いお醤油やポン酢、実は以前は苦手だったのですが、
焼酎を呑めるようになってから美味しさがわかるようになりました。
特に芋焼酎とは抜群の相性ではありませぬか。スバラシイ。
b0019591_16133185.jpg


それから、夫が注文したガシラの煮付け。
たっぷりの付け合わせにビックリ。
少々頂いた厚揚げとても美味しかったです。
b0019591_16132829.jpg


ワタシの大好物、夢に見た車エビ!
塩焼きにしてちょうだい、とワタシ。
何匹焼きますか?とお兄ちゃん。
一匹です、とワタシ。
お兄ちゃん、ちょっとがっくりしていましたが、一匹で充分なのよ。
写真を見てもよだれが出そう、ミソもしっかり美味でした。
b0019591_16135837.jpg


目の前のケースに入って、ずっと気になっていた鮪の赤身をやっぱり注文。
ちょうど注文がたてこんでいて厨房は大忙し。
奄美大島でとれたという鮪はなかなか出てきません。
大変お待たせしました!とお兄ちゃんが出してくれたお造りには、
鮪の山掛けがついていました、ウレシや。
二人してパクついてしまったので二切れなくなってしまいました。
b0019591_16143014.jpg


そして、大の玉子好きのワタシ、もちろん出汁巻を注文です。
もちろん、もちろん、明太子入りの出汁巻です!
これサイコウ。実に、実に、美味しかったです。
b0019591_16142667.jpg


ここでもう満腹、はちきれそうで、残念ながらおしまい。
ホテルへ戻り、バーで仕上げのイッパイ、ストラスアイラを頂きました。
ごちそうさまでした!
ああ、もうあと一日しか残っていません、、、、。
[PR]
by orochon3 | 2012-05-03 16:15 | | Comments(0)

博多満腹紀行 その5

今回の旅は、JALのダイナミックパッケージという商品でした。
なぜかわかりませんが、ホテルのドリンク券が一泊につき一人一枚貰えます。
なので朝のコーヒーはこのドリンク券を使ったというわけです。
ほんのちょっとした事なのですが、お得というのはウレシイものです。

コーヒーを頂いて、博多駅から中州川端へ出かけました。
商店街にある野中というお茶屋さんが目的の場所です。
二年前、この近くの宿で散歩中に見つけて八女茶を買って帰ったら、
とーっても美味しいお茶だったのです!
商店街の中ではなく川沿いにありますのでご注意を。
b0019591_12461374.jpg


三種類のお茶を購入して、美味しいお茶を頂きまして、さあ昼食です。
こちらも二年前に来た時に行って、ものすごく気に入り、
以来ずっと再訪を心の支えにしていた博多荘でございます。
お店のお姉さんに聞くところによると、ここのラーメンは、
どちらかというとあっさりしていて若者には好まれないそうです。
ワタシ達は大のお気入りなのに、、、あ、そういう年代ということか。
ここにはサッポロ黒ラベルがあるのもウレシイところ。
ビールと、餃子と炒飯とラーメンを注文しました。

b0019591_12521861.jpg

博多独特のちび餃子、これで二人前です。
パクパクとあっという間になくなりました!

b0019591_12523580.jpg

またしても黄色いタクアンがこれまたウレシイ。
シンプル故に美味しさが引き立つ炒飯です。

そして麗しいラーメン!スープがなんともいえず優しいです。
昨日の一幸舍がポタージュとすればこちらはお味噌汁くらい。
もちろん、辛子高菜と紅生姜をのっけて頂きました。美味しいっ!!
b0019591_12501771.jpg


ああ、幸せ、幸せ、ここに毎日来て食べたい。
そして、またしても満腹状態となってしまいました。
この日は一日乗り放題の地下鉄切符を買ったのでどんどん乗らないと!
というわけで、博多駅まで戻って、新しい博多駅ビルを堪能しました。
腹ごなしの散歩の後は、、、やっぱりサウナ付き大浴場でのんびり〜。
夜のご馳走に備えます!

博多荘、こんなお店です。だい好き。
b0019591_1383373.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-05-01 13:09 | | Comments(0)