<   2012年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

要注意

昨日の朝から右目がコロコロしていました。
洗眼液を買ってきて洗ってみても治りません。
なんだか痛みも出てきました。
うぅぅぅむ。なんだろう?なんでだろう?
一日中、コロコロ痛む右目が気になっていました。

一夜明けて今日の朝、やっぱり痛いし右の頭も少し痛い。
眼はなんだかコワイので眼科へ行く決意をしました。
先生は私の眼を見ていて、、、「あ!なんかある!!」と小さく叫び、
綿棒でそっと拭おうとされましたが、とれない、、、。
痛いので、ちょっと休憩。洗眼してもう一度見るとまだある異物。
今度は痛み止めを入れて、本格的にピンセットで除去を試みた先生。
数分後、「とれた!」という先生の言葉に心底ホッしました。
何しろ後ろから看護士さんに頭を固定され、先生にはまぶたをひっくり返されて
異物をほじほじされているのですから、恐怖のひとときでした。

拡大された映像を見ると、私の上マブタの裏に、きれいな真珠のようなモノが
ぷっくり半分埋まり込んでいたのでした。
けれどこの真珠みたいな異物は、肉眼では見えないくらい小さいらしく、
先生は何度も確認して、異物除去の成功を説明してくださいました。
黒目のところが何度もこすれて少し傷ついているそうですが、
痛みと異物感はお陰さまでなくなりました。

「なにかスクラブのようなもの使いませんでしたか?」
先生に言われて、ビックリ!はい、ワタシ、スクラブ洗顔をしました!
「それでしょう、たまぁにスクラブの粒が眼に入ることがあるんです。
医学雑誌にも載っていたことがあるんですよ〜」と先生。
ああああ、、、、夏のお肌の汚れをスクラブ洗顔でキレイにしようとした結果が、
こんなコトになろうとは。
出されたふたつの目薬をさしながら、スクラブのアホ!と思いました。

先生によると、眼をぎゅっとつぶって洗顔をしても粒は小さいから、
たまあに眼に入るコトがあり、「痛いんです」と言って来院する人がいるのだとか。
皆さま、どうかお気をつけあそばしますように。
[PR]
by orochon3 | 2012-09-29 14:02 | 美容&健康 | Comments(0)

今月もデトックス

お誕生月に届く、神戸レディースサウナが無料になる葉書。
かなりウレシイ贈り物です。
今年は母と行って参りました。
実は7月(母の誕生月)にも誘ってもらって行ったのです、それもオゴリ!
しかし7月に行った時は暑過ぎて岩盤に入る余裕がなく、断念。
サウナと水風呂がとても気持ちよかったのですが、その後、、、
例の首と肘の裏ピリピリ病に悩まされることになりました。
このひと夏中、ピリピリしないように汗と陽焼け対策に苦心しました。
秋風が吹き、ようやくピリピリしなくなった先日、
母と万障繰り合わせて、朝から行って参りました!!
久しぶりの岩盤浴、ほぼ二人の貸切で汗をじわじわ出しました。
いえ、じわじわではなくぼとぼとと出ていました、コワイくらい。
ひと夏分の汗を出し切ったような気がします。
1時間後、おお、身体はフワフワと軽やか。まったくイイ気分。
温泉につかり、美味しい鶏と茸の生姜あんかけうどんを食し、
また一汗かいて、幸せこの上ない心持ち。
ひと夏頑張った身体にお礼を言ってねぎらった次第であります。

結局、去年は9月に来て以来ずっと来られませんでした。
やはり無料の葉書の力は偉大ですが、やはりもう少し頻繁に来たいなァ、
と思いながら夕方家に帰りつきました。
夜のビールが美味しかったことは言うまでもありませぬ。
[PR]
by orochon3 | 2012-09-28 08:36 | 美容&健康 | Comments(0)

1995年の旅行日記

1995年は、あの地震があった年です。
あの地震の前と後とでは、私の環境が180度変わりました。
地震の怖さに怯えながら過ごしているうちに春が終わり、
新しい環境が築かれて行く夏を“傍観者”として過ごすことを強いられ、
秋から始まる新しい環境、私はそこへの参加を許されませんでした。
そのスタートの時に、その場所にいたくなかったのです。
一生懸命貯めた貯金をはたいて、一人旅に出ようと思い立ちました。
いわゆる「現実逃避」の旅です。
いま思い返してみると、どこにも悲壮感はなく、
一人でフラフラしているだけのなんとものんきな旅だったような、、、。
その一部始終をつづったノートの整理を始めました。
情報としてはかなり古いので、あまりお役にも立ちませんが、
自分自身の記録として、残してみようと思いました。
まだ旅の途中ですが、ご興味があればと思いご案内します。

「巴里日記 1995年」

b0019591_13574677.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-09-15 14:43 | | Comments(0)

シアワセな一日

b0019591_1852275.jpg


今朝、お花が届きました。
ビックリ、近所のブランド買い取り店さんからのお祝い花。
昨年の開店以来、ずいぶんと色んな物を持って行って処分しました。
もう持って行くものがないからとんとご無沙汰していたのに、、、
覚えていてくれて、しかもお花までおくってもらって、恐縮です。

というわけで、本日、45歳になりました。
わぁ、、、、一年の早いこと、この一年何もしていないワタシ。
40代の後半にさしかかり、もっと身辺を整理しなければ!
と言ってももうブランド買い取り店さんに持って行ける物はありませんが。

メデタイ誕生日のランチはどこで?
朝からいろいろ調べて考えました。
あまりお金をかけず、普段は行かないところで美味しく楽しいランチ。
そうだ、洋食!
前から気になっているお店がありました。
普段まったく縁のない北新地にある老舗。
老舗の洋食屋さんに弱いワタシ。
昭和8年、憧るる1933年創業の山守屋さんです。
b0019591_18584252.jpg


夫と二人、ビールで乾杯。
まずはカップスープ、ハムサラダ。ビールに合います!
b0019591_1904264.jpg


メインはハンバーグ、海老フライ、オムライス。
洋食の王道ですね、すばらしい、すばらしい。
b0019591_1905619.jpg

このハンバーグは少しこぶりなのが残念!なくらい美味しい。
優しくて懐かしい、ずーっと前にどこかで食べたことのある味です。
海老フライはこぶりですがプリプリで、ハムにもついていたソースが、
少しミルクっぽい不思議な味で、くせになりそう。
そして大きなオムライスは、、、ちゃんとチキンライスを卵でくるんである!
最近、フアフアトロトロのオムレツがのっかったオムライスがありますが、
ワタシ、あれはどうも苦手。オムレツはオムレツとして食べたいのよ。
オムライスの卵はきちんと包んでくれていなくちゃイヤなのです。
どのお料理も、クセのないシンプルで王道の味。
余計なことをしないというのは難しいことだと思うのです。
それをずっと継承していくというのもとっても難しいことなのです。
奇をてらわない、基本がしっかりした、正しい洋食を味わいました。
配膳も「心がこもった」という言葉が相応しいサービス。
来られたお客様をもてなしたい、という気持ちがふんわりと伝わります。
ワタシも心から「ごちそうさまでした」。
大瓶ビール2本とお料理で一人2,000円。スバラシイではないですか?

お店を出てもまだ12時まえでしたので、腹ごなしにパトロール。
新地にはたくさんのお店があるのですねえ、、、。
それにしても昨年同様、暑いこと暑いこと、早々に地下へもぐり、
久しぶりの百貨店めぐりをたのしみました。
阪急、阪神、伊勢丹。都会は人が多いですねえ。ヘトヘト。
そして伊勢丹のお酒売り場で、夫がお酒を買ってくれました。
姫路のお酒だそうです。なんと!初めての開栓前の酒瓶です!!
b0019591_191717.jpg


感謝、感激。幸せこのうえない一日でした。
40代に入ったときに掲げた「元気に楽しく(そして美味しく)」という
ワタシのスローガン。
後半は「簡素に」を付け加えられるように身辺整理に励みます。
無駄についた贅肉も処分したいものですが、これが一番ムズカシイ。
[PR]
by orochon3 | 2012-09-12 19:08 | 美容&健康 | Comments(4)

祝40周年、永チャン。

先日も少し出てきた、キャロルの名曲「夏の終わり」。
8月の終わりから9月の初め頃には毎年思い出す曲です。
もともとワタシは小学校のときからキャロルのファン。
といっても、彼等の外見はほとんど知らず、曲のみのファン。
メンバーも矢沢永吉とジョニー大倉しか知りませんでした。
何より、ワタシの周囲にはキャロルのファンがいませんでした。
月日は流れ、大学1年の春、同じクラスの数人で宝ケ池へドライブに行き、
池のほとりを散歩していたその時でした。
ある人物が「夏の終わり」を口ずさんでいるではないですか!ビックリ。
聞く所によれば、その人物はキャロルも矢沢永吉も大好きだったのでした。
キャロルのファンは実在したのだ、という我ながら世間知らずな驚きでした。

月日はまたまた流れ、宝ケ池で「夏の終わり」を歌っていた人物は吾が夫となり、
毎年12月にはいそいそと大阪城ホールへタオルを投げに行っています。
もちろんワタシは行きません、誘われもしませんが。
年々増えるE.YAZAWAのタオルに閉口しつつ、
楽しそうな嬉しそうな夫を送り出していたのでした。
数年前には聖地武道館でもタオルを投げた夫は、
モチロン、9月1日の横浜、日産スタジアムへもタオルを投げに出かけました。
とても前の方の席だったようで、かなり興奮して帰ってきました
ワタシの大好きな“ダイヤモンドの雨”も降ったようです、
何はともあれ良かった、良かった。

40周年記念のタオルを買うと言っていたのですが、
6万5千人の中で売店にまで辿り着けなかったそうです。
[PR]
by orochon3 | 2012-09-03 08:45 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(145)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧