<   2012年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

晩秋のお参り

二ヶ月遅れではありましたが、毎年恒例である伏見稲荷大社で
商売繁盛のご祈祷をして頂きました。
ずっと気になっていたので、お参りがすんでほっとひと心地つきました!

ご祈祷の帰りには京都でごはん、というのがこれも恒例でしたが、
昨年は掟破りで大津の来来亭というカナシイごはんでした、、、。
でも!今年は違います。電車で行ったので楽しみがあるのです。
まず京阪で三条へ出て、みやこでカレーうどん〜。
b0019591_1444938.jpg

実はみやこへ行ったのはこの日以来の5年、いえほぼ6年ぶりでした。
でもお味は変わりなく、いつも通り九条葱を追加して美味しく完食。

食後はぶらぶら三条通を散歩して、目指すは信三郎帆布店。
と、その前にこちらも久しぶりの田中さんでしば漬けを買いました。
なぜか吾が家は昔からここのしば漬けを食べていたのです、懐かしい、、、。
b0019591_149182.jpg


信三郎帆布店の鞄は、シンプルながらにも使い良くて、
おまけに軽くて丈夫で、新調する機会があまりないのですが、
夏頃からどうしても赤のが欲しくて欲しくて、、、ようやく手に入れました。
バッグには凝って、色々と使いましたが、近頃はこれに落ち着いています。
やっぱり赤いのカワイイです。
b0019591_147292.jpg

新しい鞄を持ってホクホク顔で、実に久しぶりに四条通を練り歩きました。
私たち夫婦が大学時代を過ごした思い出深いまちですが、
昔通った路地に入ってみるとすっかり様変わりしていてビックリ!
まあね、25年以上も昔のコトです、仕方がありません。
ただ、もうなくなってしまったお店の多いこと、、、。
クロワシのピザ美味しかったね、ムラセのわらじトンカツおっきかったね、
出てくる話題は食べ物ばかり。
そして大学時代を思い出して、本当に久しぶりに新京極のスタンドに行きました〜。
寒かったので月桂冠の熱燗であったまって、それからキリンの生ビール。
どちらも、えっ!こんなに美味しかった???というくらいの美味。
肴にハムカツや小芋や鮪などをつまんで、シアワセ、シアワセ。


b0019591_1424072.jpg

気がつけばまねきがあがり、今年もあとわずか。
お参りもすませ、美味しいものを食べ、お気に入りを手にして、
なんとも佳い日に心から感謝。ありがとうございました。
[PR]
by orochon3 | 2012-11-29 16:17 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

なぜかウットリ女中部屋

先日、お誘い頂いてある見学会に行ってきました。
大阪の名門校である樟蔭学園が管理している登録文化財の樟徳館という建物です。
この建物は昭和11年から3年かかって建てられた大邸宅で、建てたのは森平蔵さん。
材木や植林などでたった一代で莫大な財を成した大金持ちの方。
敷地の隣に製材所をつくって全国の銘木をあつめて建てられたのだそうです。
なんだかスケールが大き過ぎて想像がつきませんが、
実物のお屋敷を拝見すると納得がいきます、あらゆる所に木が使われている、
とても立派(と一言では片付けられないくらい立派)なお屋敷です。

あいにくの雨の中をお仲間の皆さんと見学させて頂きました。
袴姿の女学生の格好をした学生さんたちがお世話くださいました。
見学に来られているのは、卒業生の方が多かったそうです。
車寄せのある大玄関、執事室、応接間、どこも素晴らしい意匠です。
たくさんある和室も洋風の居間も、それぞれに素晴らしいのですが、
とりわけワタシの心を奪ったのは、配膳室と女中仕事部屋でした。
配膳室は、炊事室から運ばれた料理を頃合い良く配膳する為のお部屋。
じっと料理の進み具合をみはかって、次のお料理を用意する、、、
女中さんたちの腕のみせどころですね。
その女中さんたちが、お針仕事などをしながら待機する部屋がここです。
b0019591_9401842.jpg

写真の右上に見える配電盤のようなものは、各部屋からの呼び出しが
それぞれどこからなのかが瞬時にわかるようになっています。
あ、奥様がお呼びだ!それ、坊ちゃんだ!などという具合でしょうか。
この女中部屋、なんともいえない懐かしいような親しみを感じる部屋です。
昭和14年の映画「胡椒息子」の中で、実際にベルをおしている奥様のようすがコチラです。
この映画のお屋敷にはとても大きな女中部屋があって、裏玄関とつながっています。
そして、このお屋敷も樟徳館と同じく女中室と厨房はつながっているのでした。
動線を考えれば、これが一番良いのでしょうね、働きやすい。
これは厨房から女中室をのぞんだところ。
b0019591_9422212.jpg


女中部屋は、いろんな人がいて、いろんな話が聞けて、人間模様うずまくところ。
女中さんたちの笑顔や涙やため息や、そんな色々がしみ込んでいるところ。
私はそういう場所に行くとなぜか懐かしいような気持ちがします。
[PR]
by orochon3 | 2012-11-18 12:53 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

新しいパソコン

2004年から使っていた真っ白でかわいいMacBookが、
いきなり画面が真っ黒になって、どうにもこうにも使えなくなりました。
修理するとしてもかなりの金額がかかるようなので、
意を決して新しいのを買うことにしました。
4台目のノートパソコンです!
b0019591_9393923.jpg

いままで真っ白で気に入っていたのに、もう白いパソコンはないのだそうです。
がっかり!
おまけに今度からはProなんていうのがくっついちゃって、、、素人なのに。
いやな感じの黒いキーボードは光るのです、違和感アリアリです。

ところが、やっぱり新しいってイイですね!
もうすっかり慣れました。
大切に使いますので長持ちしてくれますように〜!
[PR]
by orochon3 | 2012-11-17 11:06 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(136)
(112)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧