<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「エロス」広瀬正

(結末を書いています、ご注意くださいませ)

大事に読んでいたのですが、読み終わってしまいました。
なんともややこしいお話。
現在、過去、それともうひとつの過去、みっつの時代がくるくるまわります。
緻密な計算のもとに描かれた物語、その緻密なあまりにワタシの頭では理解不能。
一度読んで、なんだかわからないところがあって、もう一度読みました。
過去ばかりをつなげて読んで、もうひとつの過去ばかりつなげて読んで、
最後に現在ばかりをつなげて読んでみて、ようやく頭の中が整理できました。
ああ、そういうことでしたか、、、ようやくラストの意味がわかりました。

現在のお話はこの本が書かれた頃の昭和46年。
ベテラン女性歌手橘百合子が37周年リサイタルを開くというところから始まります。
彼女がもし歌手になっていなかったら、という仮定をしてみましょう、、、という始まり。

そもそも彼女は昭和8年に岩手から上京してきました。
この辺り「薔薇とビスケット」と似ています、そういう少女が多かったという事でしょう。
その後、映画を観に行って事件が起こり、それが歌手になるきっかけとなりました。
そして、、、というのが過去のお話。

それでは、もし彼女が映画を観に行かなければどうなっていたでしょう?
というのが、もうひとつの過去のお話。

そして最後の最後に、ああ!そうなのかと気がつくのです。
この本の中で、「現在」として綴られていた物語は、
橘百合子が歌手となった「過去」の方とつながっていました。
そして、なんとそれは、“現実の「現在」”ではなかったのです。
ひゃあーややこし。
物語の最初からして実在ではないのですから、ウッカリしていられません。
もう何が何やら、、、まあ、どっちでもいいや。
ワタシの大好きな昭和8年から始まるこの昭和初期の物語が魅力なのですから。

話の本筋は別として、本書ではテレビやラジオなど機械ものと音楽について、
そして時代をおって世相と町や暮らしの様子が年表を見る様に描かれています。
さすが広瀬正ワールド、私たちをも昭和初期にタイムトリップさせてくれます。
「マイナス・ゼロ」ともつながっていてカシラ一家が出来てきたり、
広瀬正本人が今度は少し成長して学生として現れたり、などのお愉しみもありで、
ああウレシ、ああタノシ、と読んでいる時の私は夢見心地でした。

登場人物も皆々、リアルです。ああ、こういう人いるいる。
そしてどこか愛嬌があって、発せられる言葉の一つ一つに人間味が溢れます。
こういう緻密な話を、明るく楽しく読ませてくれる、広瀬正はステキな人。

団長さま、良き本をご紹介頂きありがとうございました!
[PR]
by orochon3 | 2013-08-27 09:07 | | Comments(2)

「薔薇とビスケット」を読んだあとで、、、

「薔薇とビスケット」を読んで高校時代を思い出しました。
高校三年間、春と夏に、ある特別養護老人ホームに合宿という名のもとに通っていました。
全員参加ではなく有志で行っていたのですが、そんなに立派なものではありませんでした。
資格もなければそういう勉強をしたこともない女子高生が3~4日だけ滞在して、
ちょっとしたお手伝いをさせて頂くだけ、というものでした。
今思えば、こういう場所があるのだという事を知る、体験する、という主旨だったのでしょう。
あの頃の私は、何も出来ないことを嘆き、自分の存在が迷惑なのではないか、と
いつも不安な思いでいました。
受け入れるスタッフの方は私にそんな期待などしていない、などというのは、
年を経た今の私なら分かるのですが、多感な女子高生は気づきませんでした。
何かしなければ、何かしなければ、と焦っていたところ、ふと気づいたのが、
お話し相手になることでした。
私の方からお願いしてでも聞かせて欲しい話を皆さんはたくさんお持ちです。
私の好きなあの頃に青春時代をおくった皆さんは、私にとっては格好の取材対象でした。
今では静かに笑っているおばあさんはかけおち経験があったり、
一見ムスッとした無愛想なおじいさんは、若い頃を話し出すと饒舌になったり。
軍隊の話も、商売の話も、家族の話も、若い私には驚きの連続でした。
あの頃も今も変わらないんだ、歴史の一部分ではなく、ちゃんと今とつながっている!
そういう事を実感して喜んでいたのです。
ところが、これには弊害がありました。
私の何倍もの人生を重ねてきた方々のおむつ交換や着替え、食事介助、お風呂介助、
その時々に、抵抗がでてきたのです。
人間の尊厳などと難しいことはわかりませんが、多感な女子高生は、またしても悩みました。
こんなふうに焦ったり悩んだりしてばかりいた合宿でした。

こういう職場で働いているのが「薔薇とビスケット」の主人公徹くんです。
働き始めて2年目。
若い自分と、老いた入所者の方々とは、生きる世界が違うように思えて、
仕事に慣れて行くに従って何か奇妙な感じにからめ捕られます。
それは『絶望、諦め、同情、怖れ、虚しさ、喪失感』のどれもが当てはまるような
どれも当てはまらないような、奇妙な感じ。
多感な女子高生だった私も彼と同じような感じを受けていたのでした。

過去にタイプスリップした徹くんは、「時」には継ぎ目がないことに気づきました。
皆同じ世界を生きている、「老い」はファンタジーではないと。
自分も含めて誰もが必ず老いるのだと。
そして人生を折り返した現在の私にとって、老いは身近なこととなりました。
老眼になったり皮膚が弱くなったり、、、まだまだ“老いビギナー”ですが、
これからどのように自分が老いるのか、興味津々であります。
[PR]
by orochon3 | 2013-08-26 14:32 | 美容&健康 | Comments(0)

「薔薇とビスケット」桐衣 朝子

夏が終われば46サイ、気付いたら既に40代後半にかかっています。
これから、長く生きても同じだけは生きられないでしょう。
ということは、ワタシの人生は折り返しにかかっているということです。

サザエさんの漫画の中で、お正月に波平サンが
「門松や冥途の旅の一里塚」と短冊に書く場面がありました。
一休さんの歌「門松や 冥土の旅の 一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」
の一部分だったということはこの度初めて知ったのですが、
これが最近思い出されてなりません。
一日一日、死に近くなっていくと思うと、一番大切なことって何?なんて考えてしまいます。
そんなある日、書店で夫が見つけてくれた一冊です。
「オマエが好きそうな本やろ?」
手に取って、内容を見なくても表紙だけでわかりました。
「わぁ!好き、好き」即購入しました。

ソファにひっくり返って読み始めましたが、いや面白い、面白い。
あっという間に半分終わっていました。
読み終わるのが惜しくて、でも先が知りたくて、再び本を開く繰り返し。
ざっくり言うと、本の中に物語はふたつ。
徹という青年が老人ホームで働く日々が綴られる現在の物語と、
それとは別に、章代という少女が青森から上京してきた昭和7年からの物語。
この二つは別々のようでいて、けれども昭和7年から始まった物語は、
ちゃんと現在の物語とつながっているのです、当たり前だけど。
しかも、その間に徹は昭和13年にタイムスリップしてしまって、
章代(この時には千菊という芸者になっている)と出逢います。
と、こうくるとここ最近はまっている「マイナス・ゼロ」とか「エロス」とか、
もうじき映画化になる「かわいいおうち」(訂正「ちいさいおうち」)などを思い出させます。
現在と過去を行き来するこういう設定はよくあるパターンなのでしょうか、
それとも近頃流行っているのでしょうか。
どちらにせよ、好きなだけではなく、ちゃんとした物語を作り上げて、
鮮やかに描き出すことのできる才能には、心底憧れるのであります。
ああ、頭の中をもっと整理できて文章にできたら!とどれほど思ったでしょうか。

この昭和初期の方の物語がまたワクワクさせてくれます、
着物や小物、そして食べ物などもこと細かに描かれているのです。
残念ながら広瀬正さんではあまり欲求が満たされなかった細かな描写です、
資生堂パーラーの洋食や、料亭「胡蝶」の和食、、、。
欲を言えばもっともっと、となるところですが。ここはこらえて。

ラストにかけて物語はスピードを増して、頁をめくる手も早くなり、
山場では嗚咽をこらえきれず泣きじゃくり、読後には爽快な風が心の中を吹き抜けました。
ああ、良い本を読みました!ワタシはやっぱりこういうお話が好き。
[PR]
by orochon3 | 2013-08-20 15:14 | | Comments(0)

真夏のタコス

連日の灼熱地獄。
家でじっと日が暮れるのを待つ日々。
日が暮れるとプールへ走り、泳いで一日が終わる。
そんな日々でしたが、今日からジムは盆休み。
それでも灼熱の太陽は燃えている。
ヨシ!それでは行ってみよう、メキシコ料理アゲイン!!
ちょうどひと月前に行ったエル ドミンゴ グランデにまた行きました。

今回はセットはやめて単品でいくつか。
まずはサルサ&チップス。揚げたてのチップスが美味しい。
b0019591_1427372.jpg


そして夫の大好きなバッファローチキン。
ちょっと辛くて美味しいです、ブルーチーズのソースがついていました。
b0019591_14283872.jpg


大好きになったタコス。タコミンチとエビ。
右上に映っているお店オリジナルの辛いソースでパンチを効かせて。
b0019591_14291798.jpg


美味しかったのでタコスのおかわり。
豚、タコミンチ、鶏肉の三種。タコミンチが一番美味しいですね〜。
b0019591_1430826.jpg


ビールをおかわりしてグビグビ呑んで、気分はメキシカン!
汗をかきかき、美味しいものを食べて、これだけ食欲があれば、
夏バテも熱中症も怖くない。、、、いやなのは頭痛だけ。


今回、カメラを忘れたので夫のスマートフォンで撮ってもらいました。
なぜか全体的に暗いです。
[PR]
by orochon3 | 2013-08-12 14:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

島根シリーズ 〜李白〜

酷暑のなか、もうすでに記憶の彼方へと去って行った
楽しかった島根の旅、、、。

松江で偶然行く事のできた李白酒造さんで買い求めたお酒です。

b0019591_1624126.jpg

美しい佇まいの特別本醸造。
ひとくちのんでおいしい、しぜんに次々に盃を重ねます。
さらりとしていてまったり、まとわりつくようではありませぬ。
おいしい、おいしい、ひやがよいですね。

b0019591_1642367.jpg

おろち。
行く前からこれは絶対に買いたい思っていたお酒です。名前が好き。
さっぱりさわやか おいしくきぶんがよいお酒でした。

b0019591_1651168.jpg

特別純米。
きりりとりりしく松江魂を感じます。
こっくりとしたうまみもあり、しっかりとしたコクと後切れの良さが特徴、
と言ったらどこからか、そのとおり!という声が聞こえてきそう。

b0019591_1664030.jpg

無濾過。
はじめ甘いかな?というか少しぺたっと感じました。
でものんでいたらドライな感じで、
後口がさらりというよりきりっとキレが良く次々呑んでいける危険なお酒。

b0019591_168132.jpg

せっかくなので純米吟醸も一本。
さらり、きれい、美しい!
「上等」とはこれですよ、というような味で、ゴメンナサイ!と
なぜかひれ伏してお詫び申しあげたくなりました。
初め買うつもりがなかったので、、、。

さて、どれも美味しいお酒でした。
一口目に「おいしい!」と唸っていましたが、
何のことはない、自分で試飲して買ってきたお酒ですから当たり前。
とりわけ中でも一番最初の特別本醸造が一等好みのお味でした。
同じ蔵元でも、こうお味が違うものなのですね、、、ステキ。
お酒はいいですね、ありがとうお酒、と言いたくなりました。
[PR]
by orochon3 | 2013-08-09 16:11 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

美味しい健康

京都に移り住んでしまった知的美人のHさんが、
美味しい西加茂の野菜を送ってくださいました。
正確に言うと吾が実家に送ってくださったものですが。
ワタシはトマトと茄子と胡瓜を頂きました。
立派で熟したトマト。茄子も大きくて重たい。
冷蔵庫にはピーマンと玉葱があり、冷凍庫には鶏もも肉がありました。
すべて入れて、鶏のトマト煮を作ってみました。

b0019591_8324843.jpg


くたくたになるまで煮込んだ野菜、
しっかりその美味しさがふくまれた鶏肉。
味付けはほとんどしていませんが、濃い味のお野菜のおかげで、
たいへん美味しい一品になりました。
パスタをゆがいて、ビゴさんのバゲットを用意して、
コレも母がくれたイタリーのジェノベーゼソースを少々つけて。
思いがけない美味しいランチとなりました。
もちろん、冷たいシャルドネも忘れずに。

胡瓜はサラダとぬか漬けにして、残りの茄子は焼き茄子にして、
夜の晩酌に大活躍してくれたのでした。
Hさま、ありがとうございました。
美味しい野菜は吾が血となり肉となりました!
[PR]
by orochon3 | 2013-08-07 08:39 | 美容&健康 | Comments(0)

夏のジンクス

2009年夏、冷蔵庫が壊れ、
2010年夏、エアコンとワインセラーが壊れ、
2011年夏、JCOMケーブルモデムと魚焼きグリルが壊れ、
2012年は無事に乗り越えたのでジンクスもこれまでか!と喜んだのに、
なんと2013年、今夏、洗濯機が壊れました。
放っておくと何度も何度もすすぎを繰り返してしまいます。
じっと監視していないと水をどんどん消費してもったいない。全自動のくせに!

近くの電気量販店に行きました。
なぜか角刈りのテキヤのおじちゃんみたいな店員さんが、
これまたなぜか親しげに説明してくれたところによると、
洗濯機の寿命は、一日一回まわしたとして8年なのだそうです。
吾が家は洗濯物が多いので、へたをすると夏場なんて3回まわします。
そして、今使っているのは8年ほど前に買った二台目。
結婚して8年ほどで一台目が壊れて買い替えたものです。
おお!ちょうど8年サイクルではないですか、おじちゃん、サスガ!
うちは一日に2,3回まわすと言ったら「大事に使ってはんねんね」と言われました。

しかしながら、あと2軒電気屋さんをまわったら、最後の店が一番安い!
おまけにそこでポイントも貯まっていた。
ということでおじちゃんには悪いけど、さんざん説明を聞いた挙げ句に、
よそのお店で買ってしまいました。ゴメンなさい。

そして、本日、新しい洗濯機が届いたのであります。
b0019591_12331640.jpg

インバーター式で静かに洗って、柔らかく仕上げてくれます。
いきなり3回もまわしてしまいました。
長持ちしますように!


8年間ありがとう、古い洗濯機も供養に記念撮影しておきました。
b0019591_12342719.jpg

[PR]
by orochon3 | 2013-08-03 08:43 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧