地元へかえろう

産まれたところから一度もよそに住んだことのないワタシ。
市内をアチコチ移り住みましたが、市内というか、
東西は二本の川の間、北は阪急南はJRの間、という狭いエリア内で、
住所でいうと3つの町名が変わったのみです。
地元へかえろう、と言っても地元から出たことのない人間です。
ではなんのこっちゃというと、超地元の灘の酒蔵めぐりをしたのです!

それは秋晴れのある午後でした。
近所を走るみなとバスの車体に描かれた宣伝が目にとびこんできました。
「灘の酒蔵探訪」という文字とへんな女の人の画です。
どこが変かというと、目を閉じてうっとりしている表情。
酒蔵とはほど遠いイメージのうっとりした女の人。
b0019591_13335447.jpg

女の人に気を取られていましたが、灘の酒蔵とはいわゆる吾が地元ではないですか。
灘の酒、といっても西宮に2つ神戸に3つの郷があり、合計して灘五郷です。
全部まわるのかな?と思って調べてみたら、神戸の3郷をまわるバスのことでした。
それも土日祝日のみで、平日は自力でまわるべし、ということでした。
酒蔵スタンプラリーも催されていて、応募したらプレゼントがあたるかもしれません。
(是非ともお酒があたりますように!)
ということで、マイカーにて灘の酒蔵めぐりへくりだしたのでした。

まずは吾が家から一番遠い西郷を目指します。
「沢の鶴資料館」。
ここの蔵は暗いのです、とっても暗くて実に怖い。
蔵内の見学はコワイからやめました。
スタンプを押して早々に次の場所へ移動。
すぐ近くの「こうべ甲南武庫の郷」、いわゆる甲南漬け屋さん。
スタンプを押して、売店に入ると試食の甲南漬けとお茶がふるまわれ、
大きな昔の看板を見上げながらゆっくり頂きました。
白菜と野沢菜のお漬け物がなんと100円でしたのでモチロン購入しました。
続いて向かったのは御影郷。
ノーベル賞晩餐会でふるまわれて有名な福寿の「神戸酒心館」、そして、
魚崎郷の櫻正宗「櫻宴」でスタンプを押しました。
どちらも時々のぞきに行っている所なので、今日は先へ急ぎます。
超有名どころ、「白鶴酒造記念館」です。
b0019591_1341347.jpg

私の晩酌酒は特撰 白鶴 特別純米酒 山田錦。
頂きものがない時は、専らこのお酒を購入している普段着のお酒。
山田錦も白鶴も地元兵庫の宝ですね!
なのに、恥ずかしながらここに来るのは初めてでした。きれいで立派な資料館です。
スタンプを押して、うろちょろしていたら試飲を奨められました。
色々頂き、“灘の生一本”を購入しました。
 灘の生一本というのは、灘五郷酒造組合員(28社)のうち、参加9銘柄
 (大関・菊正宗・剣菱・櫻正宗・沢の鶴・道灌・日本盛・白鹿・白鶴)の
 統一ブランド商品です。呑み比べをするのもタノシイ。
白鶴でずいぶん遊んで、次に向かったのは御影郷の「菊正宗」。
こちらも歴史を感じる立派な建物。試飲したり、売店を見たり。
スタンプも押して、次へ向かおうとしたら「浜福鶴」はお休みでした。

いっぱい遊んで、少々試飲をして、実に有意義なひとときでした。
車で15分もかからないところにこんなスバラシイ場所があったとは、
まさしく灯台下暗しとはこのことです。
変な女の人のバスを見て本当に良かった。

ちなみに灘五郷酒造組合のHPはこちらです →
灘の生一本シリーズの詳細はこちらです →

最後に、試飲できないハンドルキーパーのシールをはられながら、
いろいろ連れて行ってもらった吾が夫に心より感謝!
[PR]
by orochon3 | 2013-10-28 10:10 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

今年も西宮神社へ行って参りました!
雨予報で諦めていたのですが、浜村淳がラジオで大丈夫だと言ってた、と
浜村淳大好き夫が報告してくれたので、急遽行くこととなりました。
ナゼ浜村淳かというと、当日の14時過ぎに西宮の各所で同時に乾杯をするという
催しがありまして、西宮神社で浜村淳がその乾杯の音頭をとるのだそうです。
私たちが阪神西宮駅に着いた11時過ぎ頃はまだ映画のあらすじを喋っている頃。
それが終わったらここに来るの、浜村淳忙しいねえ、と言いながら参道を進みます。
昨年同様に淡路島の塩ゆでエビを配っていたので、有り難く頂きました。
「カラをむいて食べてください」と今年はちゃんと説明がありました。
去年そのまま食べて足が口の中に刺さってエライ事になったのを思い出します。

寄り道しつつ神社に到着。
去年とほぼ同じ看板ですが、記念に撮っておきました。
b0019591_9402723.jpg

会場は、一昨年と同じ配置でした。
 一昨年→あじわい酒ぐら広場
 昨 年→あじわい酒ぐら通り
 今 年→あじわい酒ぐら広場
通りか広場の違いでどうでも良いのですが、ワタシは広場の方が、
良いあんばいに呑み回りができるように思います。
b0019591_9411375.jpg

いつもこの催しについてご質問を受けるので写真を撮ってきました。
まずは受付で試飲用の小さなプラカップをもらって、
b0019591_9405067.jpg

各蔵元さんで試飲をさせて貰います。
b0019591_9412649.jpg

もちろん、お酒の販売が蔵元さんの目的です。
「ここでしか買えません!」「もうこの本数だけしか残っていません!」
蔵元さんは試飲のお酒を注いでくれますが、セールスも忘れません。
ワタシは初めの頃こそ、遠慮がちに試飲カップを差し出していたのですが、
だんだん遠慮もせず、好きなお酒をピンポイントで注いで貰う技も覚え、
いつしか、心地良く酔っぱらっているという次第です。
今年のお気に入りは、寳娘で有名な大澤本家酒造さんの特選原酒でした。
(蔵元さんのHP→コチラに詳しい説明があります)
注いでくれているお兄さんが大声をはりあげて叫んでいました。
曰く「コクが高くぅ〜あまくちのおさけぇ〜」だそうです、
ワタシ好みのこっくりとした日本酒らしいお酒でした。
しかしこれはアルコール度数が20度もあるらしい。
小さなプラカップで5回おかわりをしてしまいました。
お兄さんのうたい文句が耳に残って困りました。
そして、境内の石段で一休みしていたら激しい頭痛にもみまわれました。
しかしワタシは良い気分に酔っぱらっているので、頭痛なんかに負けない。
頭痛、あっちいけ!と言いながらまたおかわりを貰いに回りました。

たっぷりと西宮のお酒を頂いたら、時間はお昼をまわっていて、
家から持参の柿の種をつまんではいたのですが、やはりお腹がすきました。
みやっこ屋台村へ移動して、去年も買った出汁巻を今年も。
同じお店で鶏の唐揚げや生ビールも買って、空いているテーブルに陣取ります。
といってももう立ち席しかありませんが。
再度乾杯していただきます、と言う間もなく夫がいなくなりました。
暫くして戻ってきた時には、手には揚げ焼売と焼きそば。それを卓上に置いて、
またすぐいなくなり、今度は生ビールのおかわりと焼き鳥を卓上に置きました。
なかなか良い働きをしてくれます、お腹もそこそこに満たされました。

これで家路についていたらよかったのです。
ところが大食いの二人が行った先は、神社近くのおうどん屋さん。
知る人ぞ知る「はんげしょう」さんに行ってしまいました。
おうどんをすすって、もうダメ、何も食べられない!
家に帰ったのは昨年同様に午後2時でした。
今年もよく遊ばせて頂きました、ありがとうございました♪

今回は、蔵元さんでお酒一本と奈良漬けを買ったり、食べ物もたくさん買ったので、
初めてくじ引きをしました。500円ごとに券をくれるのです。
仲良く一人1回ずつくじをひいたら、ナント!二人ともあたって恥ずかしい、、、。
b0019591_10465824.jpg

きれいなガラスの盃を頂きました。
[PR]
by orochon3 | 2013-10-05 20:07 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

遠い記憶の果てへいってしまった島根の旅。
李白酒造さんへ行った他は、色々とお土産屋さんで物色し、
帰る際に駅のお土産店に地酒コーナーを発見し、
買い集めたお酒たちをまとめておこうと思います。
呑んでしまったのは、これもまた遠い記憶の果て、、、。

b0019591_16421222.jpg

松江城堀川端にあるお土産店で見つけました。
へるんとは松江の有名人「ラフカディオ・ハーン」さんの愛称でした。

b0019591_16423045.jpg

出雲産佐香錦使用というお酒。唯一の箱入りです。
“手づくりですけん”という栞が入っていました。

b0019591_16494256.jpg

珍しい名前のテンオン。
地酒コーナーに並んでいました。遷宮記念のラベルが誇らしげでした。

b0019591_16431813.jpg

島根では呑んでみたいと思っていた豊の秋を見つけたのは、
地ビールの館の売店でした。ウレシイ!

b0019591_16453680.jpg

コッキという名のお酒、ちょっと量が多くコップ付きは旅先ではウレシイですね。
駅の構内にあったコンビニで見つけました。

今回、宿泊したのは玉造温泉だったのです。
何が驚いたかというと、旅館内にある売店で地酒コーナーがなかったこと!
この旅で一番のショックな出来事でした。
[PR]
by orochon3 | 2013-10-02 10:53 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)