相変わらずの病院通いの日々です。
事故直後よりは、少しですがマシになってきています。
でも、なんだか長くかかりそうで、ユウウツ、、、
はい、そんな時はア・カルイ田辺聖子サンの本。
古書店で偶然見つけました、ワタシの中学時代1980年代に書かれたものです。
サブタイトルに“わが愛の宝塚”とありまして、
宝塚歌劇をこよなく愛する聖子サンが、まだ観た事のない人を案内するという設定。

個人的に、阪神間に住む少女としてタカラヅカへの道は遠回りでした。
最初はファミリーランドや宝塚温泉に親しむのみで、
スゴイ化粧の歌劇の方面は、どちらかというと、
わーおばけー!とからかう対象でありました。
それでもテレビで「Ohタカラヅカ」という舞台中継番組がありましたので、
吉本や松竹の新喜劇と同様にテレビでは親しんでいました。
女学校に入り、通学に阪急に乗るようになって、中吊りのポスターで
宝塚(この場合歌劇を意味します)が急に近しくなってきました。
ファンの子もいたりして、観に行ってみようかな、と思った時、
これも阪神間の少女にありがちな話ですが、身近にタカラヅカファンが、
必ず一人はいるのです、たいてい、年上のオバサンかオネエサン、
そのご婦人に連れて行って貰ったのが初タカラヅカだったのでした。
中学二年の14歳の時です。
その作品が、この本にも詳しく書かれている『新源氏物語』だったのです。
なんと聖子サン原作だったそうです、自作が舞台にかかり嬉しかったんだそうです。
ワタシの感想は、特にここでは述べませんが、これがタカラヅカか、、、
と少し嬉しくなったのは、大劇場の佇まい。
昭和初期に建てられたままの、宝塚ホテルにも似た雰囲気。
モンパリや花詩集のモダンなレヴュー、すみれの花咲くころ、、、
そういう、持っているはずもない郷愁に酔っていたのでした。
(歌劇を観た事はなくても、あの頃の事なら知っているのです!)
この本にも書かれている、あの頃の雰囲気が、この世界には残っている。
ワタシはタイムトリップの場所を見つけ、その後数回連れて行って貰いました。
[PR]
by orochon3 | 2014-01-27 09:17 | | Comments(0)

お医者さん通いで始まった2014年。
電車や待ち合いで読む本を実家から持ち帰りまして、
そのうちの一冊です。
田辺聖子サンの「わたしの履歴書」を一冊にまとめたもの。
もう何度も読んでいるのですが、こういう落ち込みがちな時には、
田辺聖子サンのア・カルイ文章がとっても効くように思います。
この本も何度も読んでいるのですが何度も笑ってしまいます。
けれど今回、今迄気がつかなかったことがありました。

常々、ワタシは1930年代に恋しているとあちこちで吹聴しています。
この本の中で、“戦う女学生”という聖子サンの女学校時代のくだりは、
このように始まります。
 戦前の日本の繁栄と自由、物質の潤沢は昭和十三年で終わったという人もあるが、
 ワタシは十五年まで延ばしてもいいように思う。

これを読んだワタシの頭の中で、昭和十五年!が浮き上がりました。
そう、1930年代とは昭和5年から15年の間のこと。
そうか、そうだったのか。
そもそも、なぜワタシが1930年代にそれほど固執していたのかというと、
特にコレという決め手がなかったのですが、これで納得しました。
あの頃の映像、書物、写真、などなど色んなものを目にしているうちに、
どうやらなんだかワタシ的な興味が湧くのは昭和15年あたり迄だなあと
なんとなぁく判断できてきたのです。
それが、日本の良い時代が終わった、まさに昭和15年だったというわけです。
ははぁン、、、得心しました。

ついでに1930年代の始まりの昭和5年ですが、これもワタシの感覚ですが、
昭和の5年迄はまだなんとなぁく大正浪漫の残り香がするのです。
モチロン大正浪漫も大好きだし、1920年代の少し古い感じ、
ちょっと野暮ったい古い感覚も好きです。
でも昭和5年あたりからあらわれ始める雰囲気は、明らかにワタシの時代!
(と言っても本当のワタシの時代ではマッタクないのですが)
[PR]
by orochon3 | 2014-01-07 15:19 | | Comments(0)

謹賀新年

皆々さま。
いつもご覧頂きまして誠に誠にありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

年末、クリスマスの夜に追突事故にあいまして、
あちこちむちうちで散々な年越しでありましたが、
呑み食いは全く問題なくできるのが唯一の救い。
美味しいものを食べて美味しいお酒を頂いて、
たのしく過ごしておりますのでご心配なくです。

それにしても生きているといろんなことがありますねぇ、、、。
今年はバラ色の一年になる予定です。
きっとさせてみせます。
皆々さまにとっても良い一年になりますように!
[PR]
by orochon3 | 2014-01-01 08:04 | 美容&健康 | Comments(6)