<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

湖国にあそぶ

ある日、母からどこかへ行こうヨと誘われました。
フトコロが少々あたたかくなった父がお小遣いをくれたらしく、
軍資金がたっぷりあるとのこと。
うぅぅん、、、どこが良いかなぁと考えて、思い出したのがお鮨です。
このところ父も母も気に入っているお寿司屋さんがありまして、
それがナント長浜にあるのです、ひこにゃんがいる彦根のまだむこう。
新快速で2時間ぴったりかかりますが、なぜか近頃頻繁に行っています。
食べたものの写真を見せてもらうと、ヤヤヤ!気になるものがあるじゃないですか。
それは、ビワマス。
マスが好きなのです、ワタシ。
天然の脂ののったビワマス、食べたことないけど、さぞかし美味しかろう。
長浜のそのお寿司屋さんでないと食べられないらしいのですが、
なにせ、電車賃がお寿司代くらいかかるので、
いつの日にか食べてみたいなーと思っていたのです。
「ビワマス食べに行きたい!」と答え、数日後には長浜行きが決行されました。

朝8時の新快速に乗ると、乗り換えなしで10時に長浜に着きます。
10時から早速、長浜のまちを散策開始。
古い器のお店から新しい器のお店、お土産もの屋さんや大きなお寺。
歩き回れる範囲のまちの中に、いーっぱいのお店が並んでいて、タノシイ!
挙げ句に「酒」という看板を見つけてしまい、当然入りました。
地酒のお店でした、有名な七本槍もありましたが、長浜のお酒を二本、
お店のオバチャンにすすめられるままに買い求めました。
最初から気になっていたもう一本は、普段の晩酌のために造られたと聞いて、即購入。
合計三本はお店で預かってもらって、目的のお寿司屋さんへと向かったのでした。

そのお店は知る人ぞ知る、京極鮨さん。
大将は36歳という若さで、繊細で美意識が高く、優しいお鮨を握ります。
好き嫌いが激しいワタシですが、にこやかに注文を聞いてくれるので
たのしく美味しくお鮨を食べることができました。
念願のビワマスはあまりの美味しさにおかわり、おかわり!
上品な脂と香り、ビワマスだらけの鮨桶を食べたいくらい。
初めて食べましたが、想像以上の美味しさでした。
b0019591_15202679.jpg


そして大好物のブリ、これも素晴らしく脂と香りが良かったです。
b0019591_15203875.jpg


(実は食べることに専念する為に、写真は撮らずにお酒も呑まず。
 写真は母が横でパシャパシャやっていたのを借りて来ました)

天気予報ではみぞれでしたが、快晴の長浜。
ピューピューと寒風が吹きすさぶ中を、くちくなったお腹をかかえ、
お酒をピックアップして帰路についたのでした。

お父様、お母様、誠にありがとう存じましたー!
[PR]
by orochon3 | 2014-12-23 16:37 | | Comments(0)

自分で選んだお酒

先日梅田の地下街でうろちょろしていた時に、
新潟県の物産を売るお店を発見しました。
(以前は北海道の物産を売るお店があったけれどそれはなくなっていました)
新潟ならば、お酒じゃないですか。買って帰りましょう♪

b0019591_94986.jpg

有名どころから初めてみるもの、ズラリ並んだ日本酒の瓶を前にして、心ウキウキ。
さんざん迷って選んだのがこのお酒です。
樋木酒造さんの鶴の友 別撰。
で、お味はというと、実に普段着のお酒です!
カーディガンにつっかけ履いて、買い物籠さげて市場へ出かけていた頃を思い出す。
ペッタリとした美味しさです。
師走の市場ではレコ大は誰がとるか、紅白のトリは誰やろか?
、、、なんてみんなが言いながらくじ引きの列に並んでいましたね。
そんな事がふと思い出されるような不思議なお酒でした。

HPによると地元・新潟に愛される酒を造り続けている蔵元だそうです。
そしてほとんどがその地元西新潟を中心に流通するという「地酒屋」さん。
これは良い出会いでした。新潟のお酒さんありがとうと手を合わせました。

b0019591_9132829.jpg

そして選びきれずにもう一本。
小山酒造さんの越後自慢 純米。
カラッとしています、ドライです。で、お米のうまみはしっかり伝わる。
私好みのマッタリさはほとんどなくて、きりりとしてサッパリとした味。
昔から続く老舗の洋食屋、白くのりがきいてぱりっとした前掛けを思い出す。
メニューにはトンカツではなく、「カツレツ」と表記してあるお店です。

b0019591_9173172.jpg


御影クラッセに行った時、アラ今夜のお酒がなかった!買って帰りましょう、となって、
とりあえずオアシスのお酒売り場に見つけた、朝日山 純米酒。
いつも実家から頂く久保田千寿の仲間だからオイシイでしょうと選びました。
はい、間違いありませんでした、なんだか親戚の叔母チャンに会ったような感覚。
b0019591_9174430.jpg

b0019591_9175629.jpg

もう少し買っておきましょうと、クラッセ内にある白鶴のお店で選びました。
白鶴の金のマークがなんとなく頼もしくて。
もう一本は下の生一本シリーズの白鶴ヴァージョン。
はい間違いありませんです、スルスルと地元のお酒を堪能しました。

自分で選んだお酒に間違いがなかったら、我ながら嬉しいものですね!
[PR]
by orochon3 | 2014-12-12 09:28 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

師走のお参り2014年

b0019591_658763.jpg


夫の商売繁盛をご祈祷して頂くために、毎年恒例の伏見のお稲荷さんへ、
ようやく二人揃って行ってきました。いつもは秋の良い季節に行っていたのに、
当日は寒波がやってきて寒いこと寒いこと。着込みまくって行きました。
日曜日のお稲荷さんは、寒さのせいか意外や人が少なくて、
ご祈祷も随時行っているらしく待ち時間ゼロでしたので、
9時過ぎに着いて、すべて終了して京阪に乗って四条駅に着いてもまだ10時。
お昼にはまだまだ早いので、久しぶりに八坂さんにもお参りしました。
新しいお札を頂いて、祇園をうろちょろ散策して11時。
ようやくお昼にありつけそうです、、、今日は念願の菊水!
菊水は食事の前後にお茶をするくらいで、食事自体をしたことがありませんが、
昔ながらの洋食は実に魅力的で、いつもメニューを見ていつかは!と思っていました。
そのいつかがやってきたのです。
お昼には早めですが、菊水は10時半からランチがあるのだそうで、私たちにピッタリ!
おまけに朝早くから行動していたのでお腹はペコペコ。
菊水のオムライス、海老フライ、シーフードクリームコロッケ、
そして菊水に来たらコレ、というビーフシチューを注文し、
夫は生ビール、私は赤いワインをグラスで頂きました。

いきなり登場したのはオムライス。少し焦げのある玉子が美味しい。
たっぷりかかったソースもくどくなくて美味、
おまけに中にはおっきな海老がゴロゴロ入っているではないですか。
量が少し少ないことを差し引いても、私のオムライスベスト3に入りますネ。
b0019591_1514118.jpg


そしてドンドンやってきたお料理。空いているせいかスゴイスピードです。
フライもの二種は、サラダもたっぷりで食べ応えがありました。
b0019591_15153657.jpg

シーフードのクリームコロッケは、珍しくアサリも入っていて美味しい。
b0019591_15154813.jpg


さあ、ビーフシチュー、固形燃料で温められながらの登場。
湯気がスゴイ。付け合わせの野菜も盛りだくさん。単品でもパンとサラダが付きます。
残ったソースをパンにつけてキレイに食べました。美味しい〜!!
b0019591_15173324.jpg


お腹がいっぱいになって、身体も温まって、素晴らしい午餐となりました。
聞けば、菊水さん今年は99周年で来年には100周年を迎えられるのだそうです。
さすが、100年の味。幸せな気持ちになりました。

お参りもできて、これで今年の予定は全て終了!
[PR]
by orochon3 | 2014-12-09 15:30 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

タグ

(129)
(105)
(93)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧