<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

新年早々のごちそう

宝塚観劇のお仲間である知的マダム秋桜さまと吾が母とワタシ。
新年早々ローストビーフの話題で盛り上がり、その翌週には、
揃って梅田のロウリーズへ勇躍くりだしました。
私は昨秋に行って以来二度目の訪問がかなったのであります。
180gのカリフォルニアカットを三人共に注文し、完食。
優雅な雰囲気のなか、美味しく楽しく頂きました。

付け合わせのコーン、マッシュポテト、ほうれん草、そしてソース。
オリジナルの胡椒をかけて頂くと、ローストビーフにピタリと合います。
母曰く「ローストビーフいっぽんで勝負しているだけあって計算され尽くしている!」
まったく同感です、このローストビーフをいかに美味しく提供するか、
試行錯誤の上にできあがった一品、逸品です。

b0019591_10333854.jpg


新年早々といえば、お正月中吾が家に滞在していた義母を見送りがてら、
1月2日に夫と梅田に出ました。
ちょうどお昼時ですが、お正月の梅田は人、人、人でどこのお店も行列ができています。
百貨店で何か買って帰ろうよ、と言う私に夫の目がキラリと光りました。
「穴場のええ店があるんや、カレーやで」と彼。
ああ!私実は暮れからカレーがものすごく食べたかった!!食べたい、食べたい、行こう。
ということで夫が連れて行ってくれたのは新阪急ホテル地下のビーツというお店。
普段はパブラウンジですが、お昼にはカレーランチの営業をしています。
外の喧噪が嘘の様に静かで落ち着いた店内は実に空いていました。
名物の焼きドライカレーを注文しましたら、6種類の薬味が登場。
福神漬け、らっきょう、柴漬け(赤と緑の二種類)、フライドオニオン、マンゴー。
そして真ん中に半熟卵がのったドライカレーがやってきました。
そしてカレールーまでついています、ドライカレーにカレーをかけるしくみ。
カレールーは辛口、中辛と選べますがモチロン辛口を注文!
辛いのが苦手なくせに辛いカレーが好きなのです。
ドライカレーだけで食べても美味しいし、ルーをかけたらもっと美味しい。
暮れからお正月の疲れもふっとぶ美味しさでした。
静かにゆったりと食べられるのも良かったです。

それ以来、ずっとあの焼きドライカレーのことが頭をはなれませんでした。
また食べたいなあ、また食べたいなあ、と思い焦がれていたのですが、
はたと冷静になってみると、もしかしたらあれはお正月の疲れが舌を惑わしていたのかも、
実はそんなに美味しいものではないのかもしれない、、、確かめたい、、、。
そんなある日、またしても大阪へ出ることがあり、ビーツを再訪したのでした。
日曜のお昼だったのですが、やはり空いていました。
ゆったりとした席に着いて焼きドライカレーを注文しました。
今回はちょっとフンパツして、本来なら具のないカレールーをビーフカレーに変更しました。
ドライカレーは海老がいっぱい入っていて、そこへビーフカレーをかけるのです、
考えただけでもワクワク、ウキウキしてくるではありませんか。
恋しい焼きドライカレー。
食べたい気持ちがはやりすぎて、手の影がうつりこんいるのに気がつきませんでした!

b0019591_12363036.jpg


前回よりも卵が若干生に近かったのですが、美味しさに変わりはありませんでした。
実に、実に、美味しいカレーでした。
少し甘みがあり、酸味もあり、最後にスパイシーなパンチがきて、もう虜です。
食べ終わって、外に出て、すぐにまた食べたいなーと思っていました。

お正月早々に、美味しいものを堪能できました。
幸せこの上ありませぬ。
[PR]
by orochon3 | 2015-01-26 12:00 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

「昔」の定義

先日のことです。
J:COMのチューナーが新しくなるということで、営業の男性がやってきました。
話していると私より3つ年かさでした。
「映画は観られますか?」と尋ねられた私は、「はい観ます」と答え、
「でも新しいのじゃなくて古い邦画ばっかりなんです」と付け加えました。
そして次に男性が言った言葉に私の目はテンになったのでした。
「ああ、石原裕次郎の映画とか、いいですよね〜、ぼく録画して何回も観てます」
!!!!!
私にとって石原裕次郎は古くない、むしろいまに近いひとです。

あとで、夫に聞いたところ、石原裕次郎はちゃんと古いのだそうです。
「平成に入ってもう27年なんやでー!昭和30年代言うたら充分古いんやでー!」
じゃあ、私が観ている徳大寺伸とか高田稔とか河村黎吉とかは?
1930年代は古くないの?なんて言えばいいの?
検討した結果、「戦前の映画」と言えば良いのでは、という結論が出ました。
けれど、ふと不安が頭をよぎります。
戦前って言ったって、太平洋戦争のことだとわかるでしょうか。
ベトナム戦争とか、湾岸戦争とか、それらすらも昔のことだと言われそうです。

いつまでも変わらずに1930年代の映画を観ている私は、今年48歳になります。
私と1930年代の距離は変わりませんが、私と現在との距離は伸びていたのです。
自分の小さい頃のことが既にもう「昔のこと」の中に入っていたのですねー。
あっという間にオバアサンになって、「昔のひと」になってしまうのですねー。
おおコワ〜。
[PR]
by orochon3 | 2015-01-19 10:04 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

湖国のお土産

それほどこだわりがあるわけではないのですが、好みのものを集めていた結果、
吾が家の食器類は、ほとんどが有田焼と伊万里焼と砥部焼、
そこへ漆器の茜が入るくらいで、食器棚の中はほぼ白と藍の二色です。
華やかな洋皿は一枚もなく、大小の洋皿はニトリですがそれも真っ白。

結婚する時に京都の古道具屋さんで買い求めた二枚の小皿も、藍色でした。
吾が食卓に必需品のお漬け物皿として愛用していたのですが、
一枚割れ、もう一枚も割れて、同じようなものをずっと探していました。
見つかってもお値段が気に入らず、なかなかコレ!というお皿に出逢えません。
それが、遠い湖国で見つけることができました、それも大量に!

年末に母と長浜にあそんだ時に大きな古道具屋さんを見つけました。
お店には、大好きな蛸唐草の器がズラズラズラリと並んだ一画もあり、
垂涎ものの素晴らしいお皿もたくさんありました。
素晴らしいお皿はお値段もやはり素晴らしく、到底手が出ませんが、
地べたに置いてある箱の中には、探していた件の小皿がたくさんありまして、
一枚400円也と懐に嬉しいお値段です。
どれもかわいらしい柄で、ウレシイ悲鳴をあげたくなるくらい選ぶのも大変。
結局同じ柄と大きさで揃えるのはやめて、気に入りのを三枚厳選したのでした。
一番大きなもので直径12センチです。

b0019591_6474998.jpg


お漬け物だけでなく、お正月にお料理の取り皿にしたり、タレ入れにしたりと
地べたの小皿、思いのほか重宝しています。
[PR]
by orochon3 | 2015-01-19 06:55 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

謹賀新年

b0019591_643454.jpg


あけましておめでとうございます。
いつも拙ブログをご覧頂きまして誠にありがとう存じます。
昨年はばら色の一年になるはずでしたが、
事故の治療が思いのほか長引いたので、薄い桜色くらいでした。
けれど身の丈にあった幸福に包まれて楽しい一年でした。
今年はいよいよ年女!(まわってくるのが早いんじゃないかと思いますが)
気を引き締めて、桜色から桃色くらいまでは色濃くしたいと思います。
皆々さまにとっても楽しい一年になりますようお祈り申しあげます。

このおっきい方のひつじのお人形さん、なんだか他人と思えないです。
[PR]
by orochon3 | 2015-01-01 06:54 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

タグ

(129)
(105)
(93)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧