<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こどもたちとぎょうざ

弟が仕事でお世話になっている大阪の保育園の教育の一環として、
「食育」というものを行っているそうです。
吾が父がそのお手伝いを始めてはや4年目となりました。
お手伝いの内容とは、一年一度のぎょうざづくり。
年長さんとその下のクラスのこどもたちが対象です。
食材を見せて、一からぎょうざのあんをつくり、
こどもたちと一緒に皮に包んで、目の前で焼いていきます。
「おいしくなーれ!」というこどもたちのかけ声を受け、
父が「おいしくなった!」と言うとかわいい歓声がわきます。
毎年のことながら、こどもたちの反応はいつも同じで、
目をキラキラさせて笑ったり驚いたり喜んだり。
ぎょうざが配られると興奮の極みに達して、大騒動。

実は父だけでなく、母と私も微力ながら助っ人をしています。
母は父の助手としてそのそばで色々と説明したり手伝います。
私は黙ってぎょうざを包み、焼いていく手伝いをします。

「もっと食べたい」という声とともに試食が終わり、
こどもたちからのお礼に、手づくりのメダルとコック帽の贈呈式がありました。
(私にもメダルを頂きました、いつもちゃんと私の名前入りです)

その後は給食の時間。
なぜか、父、母、私もこどもたちと一緒に食べることになっています。
父は「コックさん!」「シェフ!」とこどもたちから大人気です。
私はこどもは激しく苦手なので、同席は辞退したいところですが、
今年は諦めてこどもたちの中に座りました。
さすが大阪のこどもたちで、私のボケにするどいツッコミをいれてくれて、
束の間の食事時間に、年齢差40歳以上の私たちの間にも絆が生まれたのでした。

食後はみんなとハイタッチをしてお別れして、帰路へつきます。
本当に毎年のことながら、こどもたちのパワーを実感する一日。
まず、こどもの体温の高さ,テンションの高さに圧倒されます。
「ぎょうざづくり」という非日常にいることもありますが、
それにしても、すごいパワー。

年々衰える身体に、父はもうこれで最後だな、と毎年言っていますが、
なぜか、帰る時には「また来年ね!」と笑顔でお別れしています。
b0019591_09010410.jpg

保育園のぎょうざを仕込む時、こどもたちにはその場でつくりますが、
先生方用にもあらかじめ仕込んだあんを持って行っています。
その時父はたくさん仕込んで、私にもあんを分けてくれます。
個人的には、仕込んですぐよりも4、5日寝かせてからの方が美味しいと思うので、
数日後、吾が家でもぎょうざパーティーをしました。
こどもたちの気持ちがよくわかる、美味しい美味しいぎょうざでした!
b0019591_08532328.jpg

蛇足ですが、ぎょうざを作って焼いている間、
年長さん&その下のクラスのこどもたち以外のクラスのこどもたちが、
先生に引率されて順次見学に来ます。
しかし彼等はぎょうざを食べることができません。
美味しそうな匂いだけで、食べられないなんて、拷問のようですが、
それでも彼等はじーっと見学してまた自分たちのクラスへ帰って行くのです。
気の毒なことこのうえありません。あれ、なんとかならないものでしょうか。


[PR]
by orochon3 | 2016-02-29 08:23 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

湖国に食べる

酷寒の地、長浜へまたしても行って参りました。
昨夏の上諏訪行きの際に、父が全旅費を出してくれました。
いろいろ遊んでお土産も買ったのにまだお金が残っており、
母と二人して、これで長浜にお寿司食べに行こう!と密かに目論んでいたのです。
どうせ行くなら琵琶マスの美味しい冬が良いね、1月になったら行こう!
と二人で計画を練っておりました。
当初の予定は、あのスゴイ寒波がくるといわれた日曜日でしたが、
なんでわざわざ雪の中を出かけなくちゃイケンのだ?と思い直し延期し、
晴れて長浜へ出かけたのはそれから一週間後のことでした。
1月もあと1日、というギリギリセーフの30日。
なにがセーフなのかというと、大好物の寒ブリです。
去年も、寒ブリを目指しての長浜行きの前に風邪をひき、
しかも長引き、ようやく3月のあたまに行った時には、
寒ブリはもう時期を過ぎていたのでした、、、風邪め!
実は今回の延期も風邪をひいたというのが本当の理由なのです。
何故かこの時期よく風邪をひくようになってしまいました。
おまけにこじれるのがイケナイ。もう腹立たしきこと。

ともあれ、元気になって、天気も良くて、今年はなかなか良いゾ!
朝9時過ぎに電車に乗って、11時過ぎには長浜に到着したのでした。
目指すはモチロン京極鮨しかありません。
けれど、ひとつ見たいものがありました。
つい最近テレビで見たコレです。
b0019591_16435917.jpg
いつもこのビルの手前で曲がっていたので、見た事がありませんでした。
なんだか薄い建物ですが、展望台もあったりして、スゴイ。
調べてみたら1964年に建てられたそうです、私より3つ年上ですネ。
長浜にはいつもカメラを持って行くのに一枚も写真を撮った事がありませンでした。
初めての長浜での写真です!
中に入って観ようと思うまでは興味がわかず、写真一枚でオシマイ。

さあ、お寿司だ、お寿司だ。
はるばる来たぜ長浜、2時間と交通費をかけてでも来たいお寿司屋さんは、
相変わらずの京極鮨。
まだ若い大将は、勉強家です。お寿司を握るのがとても嬉しくて大好き。
美しく美味しそうなお寿司を丁寧に握ります。
私は目の前にお寿司が出されたらすぐに口に入れてしまいますが、
猛烈ブロガーの母はひとつひとつ写真におさめてから頂きます。
(私はその写真をちゃっかり頂きます)

b0019591_09075610.jpg
一年ぶりの琵琶マス。これだけでも来た甲斐があろうというもの。
母なるうみ、琵琶湖に深く感謝を捧げておかわりしました。

b0019591_09074920.jpg
念願の寒ブリ。上にのっているのは大根おろし。
脂が品良く香り良く、ああ、やっぱりワタシはブリが好きですねェ!
こちらも数度(!)おかわりしました。

b0019591_09080300.jpg
実は海老好きでもあります。
甘エビ、ねっとりと味わい深く、京極さんの美味しい酢飯に抜群に合います、ステキ。

b0019591_09081035.jpg
他にも、鮪やらウニやら頂いたのですが、私はここのコハダがお気に入り。
シメ加減が大変好みなのです、やっぱりおかわりしました。

注文したのは、おまかせ○○貫というものなのですが、
大将におまかせ、ではなく、ワタシにまかせて貰って注文してしまいました。
なんとなれば、好き嫌いがとっても多いものですから、
お寿司に限らず、おまかせとかコース料理とかの内容が決まっているものが苦手、、、
というよりもはっきり言ってキライ。
贅沢だろうが、せっかく食べに行ったのだから、好きなものを美味しく頂きたい。
なので、そんな私にとってここは天国のようなところなのですネ。

長浜のレトロなまちを満腹でそぞろ歩き、
駅ビルのお気に入りの喫茶、伊吹珈琲でお茶をして帰りました。
2時の電車に乗って2時間、家に着いたのは4時過ぎ。
大変有意義な冬の一日でした。

父上さま、いつもながらありがとうございます。

[PR]
by orochon3 | 2016-02-02 16:49 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

年末年始のお酒

年明け早々に風邪をひいてしまいました。
べつに無理なこともしていないし、疲れているわけでもないのに。
睡眠も充分だし、、、根本的な問題なのでしょうか、年齢という、、、。
それでもお酒は毎晩美味しく頂けているのですから健康と言えましょう。
いつも珍しくて高価で美味しいお酒を届けてくださるA氏から、
年末にまたもや二本も貴重なお酒を頂きました。感謝感激!!

b0019591_17000421.jpg
みむろ杉 夢ろまん シリーズ
純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒おりがらみ。
奈良のお酒だそうです。
仕込水は三輪山の伏流水、、、おめでたくてお正月にピッタリ!
ちょこっとにごり酒、そしてかすかな発泡があって、シュワシュワとしています。
あまみ、うまみ、少しの酸味。完璧な美味しいお酒です!
♪あなたに会えて本当に良かった〜と歌いたくなりました。
言葉は乱暴ですが、大人のカルピスソーダみたいです。
カルピスソーダよりもずっとずっと美味しいんですけれど。

b0019591_17002321.jpg
羽根屋 純米大吟醸50 翼 生酒。
こちらは富山のお酒です。
ラベルがなんだか演歌調なので、オヨヨ?!と思いましたが、
お味とはまったく関係ありませんでした。
吟醸香は強いのですが、案外に呑みやすいお酒。
最初はあまく感じますが、あとからさらりとした余韻がぐーんと広がります。
柔らかそうでいて、意外に硬派。
中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」のような印象。
♪もし俺がヒーローだったら〜 なんてふるい歌も出て来ました。


いつもいつも、本当にありがとうございます。
おかげさまで美味しいお酒で華やかに新しい年を迎えさせて頂きました。

[PR]
by orochon3 | 2016-02-01 17:01 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

タグ

(129)
(105)
(93)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧