<   2016年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧
奥が深い昆布の世界へ
野暮用で出かける母のお供をして一緒に西天満まで出かけました。
用件は小一時間ほどで終わったので、西天満を少々散策しまして、
見つけたのが「長池昆布」さん。
母曰く、ものすごく有名で、かつてここの昆布茶を頂いたところ、
ものすごーく美味しかった、のだそうです。
私はお初でした。

大阪には有名な昆布屋さんがたくさんあって、
百貨店の地下にも出店がたくさんありますが、
どこも似たり寄ったり、そんなに違いがあるのかなー?
なぁんてノンキに構えていました。

長池昆布は慶応元年創業(1864年!)。
大量販売をせず、道南産天然真昆布を使用した、
昔ながらの職人手づくりの昆布なのだとパンフレットにあります。
店内では、愛想の良いおじちゃんが懇切丁寧に説明をしてくれまして、
真昆布、それも天然真昆布が昆布のスタンダードであることを力説され、
真昆布こそが出汁昆布の王道であると頭に叩きこまれました。
馴染みのある四角い塩昆布を、長いままに炊き上げてから四角に切る製法は、
時間も手間もかかるけれども、絶対的に美味しくできああがるそうです。
どれだけの愛情がこめられているのだろうか、というくらいの熱意の昆布。
色々と迷いましたが、細切り汐ふきに山椒と山椒の粉が和えられたものと、
細切り昆布にちりんめんじゃこ、生姜を炊き合わせた萬菜煮というのと、
長池昆布の真骨頂であるとろろ昆布、試食して私はくろとろろを買い求めました。
とろろ、と一口に言っても今迄のとろろ昆布に対する概念が覆されます。
昆布を細かく糸状に削る、それだけのことですが、フアフアっと空気のよう。
くろとろろは昆布の表面の黒い部分を削ったものなので、酸味があって、
しろとろろより味が濃くて私の好みでした。
b0019591_946423.jpg
細切りの昆布、目からウロコ!の美味しさでした。
昆布自体の美味しさがちゃんとわかって、ビックリしました。
これは、違います。違いのわかるオンナになりました。
萬菜煮も、甘くなくてごはんに混ぜたら絶品でした。
とろろは白身のお刺身にかけて食べてみようと思います。

[PR]
by orochon3 | 2016-03-09 15:32 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)
  

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画