健康診断の結果2016

今年も健康診断の結果が届きました。
果たして、去年よりも良い結果!
去年ちょっぴりあがっていたコレステロールも標準値に戻り、
全ての値が標準となりました。
相変わらず白血球が少々少ないのが気になりますが、
健康、健康、立派な健康体であることが証明されて、
ひと安心となりました、、、ところが、
吾が夫の結果がいただけません。
今年から、標準値ではない結果のところがピンクに色づけされていて、
夫の結果表はピンク色に染まっています、すべて悪いということです。
お酒も煙草も食事もすべてが摂取オーバー。
どうしましょうか、、、途方に暮れていると、
隣で自分の結果表を見ていた夫がぽつりと言いました。
「オレ、白血病じゃないわ」
どういうこと?白血病を疑っていたの?
それよりも心配しなければならないことが山積みだというのに。
思わず吹き出してしまいました。

去年より酢玉葱というのを作り、食事の時に多用しています。
動脈硬化や高血圧の予防、コレステロールや中性脂肪を減らす効果があるそうです。
ひと月前からは酢玉葱氷に変えて、食事に取り入れています。
その効果に期待してのことだったのですが、今回の検査結果からすると、
あんまり効果がないのでしょうか?
いえ、私には効いていたのか、数値が下がっています。
ということは何がいけなかったのだろう????
よくよく調べてみると、なんとビックリ。
酢と玉葱には食欲増進の効果があるというではないですか、、、!
過ぎたるは猶及ばざるがごとし、という言葉が頭をよぎりました。

[PR]
by orochon3 | 2016-06-21 09:28 | 美容&健康 | Comments(0)

梅雨の遠足

今年も健康診断の季節がやってきました。
一応、診断前の一週間くらいは食べ過ぎ飲み過ぎに気をつけて、
健康的な食事を心がけます、一応、一応、気の問題です。
また、私の場合は一ヶ月前くらいから大好きなポテトチップスや明太子などをガマンし、
ジタバタしたりしているのでした。
そんなこんなで、健康診断が無事に終わった翌日の朝、
夫が優しい提案をしてくれました。
「明太子を買いにいこか、めんたいパークに」
めんたいパークとは、かねふくの工場&直販所で、
明太子大好きな私がかねてより一度行ってみたいと願っていた場所です。
「行こう、行こう!」
即決で三田行きが決まったのでした。
そして吾が家から車で1時間弱で着いた、かねふくめんたいパーク!!
おっきな明太子がお出迎えしてくれます。

b0019591_16380571.jpg
入り口にはちっこい明太子が案内してくれます。
b0019591_16381558.jpg

二人とも工場見学には興味がありません。
とにかく、買物、買物!大きな部屋に冷凍のケースが並んでいます。
大量の明太子の試食もありまして、これは無料。
早速お味見させて頂き、お徳用の明太子180gを購入。
夫はその他いか明太とさば明太を購入していました。
ちょうどお昼前。
なにか食べようかと思いましたがおにぎりしかありません。
明太子のおにぎりをひとつ買って、そのまま近所のアウトレットへ向かいました。
実は、アウトレットに行くのは初めてのワタシ。
着いて初めてその大きさにビックリしたのでした!
こんなに大きいとは!!!

フードコートで思い思いの好きなものを選び、
私は窯焼きのピッツァとサラダのセット。
夫はハンバーグとごはん。
それらと共に、さっき買ってきた明太子のおにぎりを頬張りました、、、
大きなおにぎりですが380円もしたのです、高いなーと思っていました。
ところが、ところが、なんともビックリの明太子の量!
おにぎりの中が明太子だらけで贅沢、贅沢、こんなの食べた事ありません。
ごはんもたいそう美味しくて、すっごく得をした気分になりました。

肝心要のアウトレットでは、それほど食指が動くものもなく、
くまなく歩き回る元気もなく、そこそこに切り上げたのでした。
GAPで激安のセェターとはおりものを買っておしまい。

さあ、帰りましょうか、、、という時、
私の頭にずっと気にかかっていたものがありました。
めんたいパークに行く時に通ったキリンビール工場です。
ねえ、帰り道だから寄ってみませんか、良いものがあるかもよ、、、
と夫をそそのかして、キリンビール工場へ向かったのでした。

b0019591_16382809.jpg
そもそも吾が家はサッポロ党なのですが、
普段はキリンの淡麗プラチナダブルを毎夜愛飲しているキリン党でもあり、
外食ではキリンの瓶を注文する夫婦。
わくわくしてお土産コーナーを見て回りました。
さきほどの広大な敷地のアウトレットよりも、この小さなスペースの店舗の方が、
はるかにワタシの胸を躍らせ、欲しいものだらけだったのです!
スバラシイ。
厳選して、一番絞りの美濃焼タンブラーとビアマグを購入しました。
ビールは硝子のグラス、と決めていましたので初めての陶器です!
b0019591_16384664.jpg

b0019591_16385451.jpg

お土産も買って、大満足で館内に目をやれば、キリンビールの歴史が
パネルで掲示されていました。
明治時代にはあまり興味がありませンでしたが、このポスターはステキ。
b0019591_16390455.jpg
吾が憧るる1930年代の末のものでした。
やはり!ここに寄って良かった!

朝の10時過ぎに家を出て、これだけ遊んで帰ってもまだ3時過ぎでした。
案外に近いものですが、大満足の遠足でした。

[PR]
by orochon3 | 2016-06-10 16:28 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

両親の金婚式のお祝いを何にするか考えていた私は、
幾度となく大阪へ出て行っては、ウロチョロしていました。
なにせ、常日頃からなんでもものを捨ててしまう母。
近頃は終活と称して益々ものを捨ててしまい、
おまけに後々残るものを貰うのがとってもイヤなんだとか。
貰うなら消耗品!と口癖のように言っています。
そんな両親へのお祝いの品、ヘタをしたら年内には捨てられそう。

まあ、絶対に喜ぶ消耗品があるにはあるのです。
それはお酒。
二人は晩酌を欠かさないので、お酒を送るのがなんてったってイチバン。
父には焼酎とウイスキー母にはワインと、お酒をたくさん用意したものの、
金婚式という節目に何か記念になるものも送りたいのが心情です。
何が良いか?邪魔にならず、使えるもので、二人が気に入るもの、、、。
百貨店やネットショップに雑貨店などなど、色々なものを考えましたが、
そうそう気に入るものはみつかりません。
大阪へ出る度、一人で行くときは静かに帰ってきますが、
夫と二人ならばどこかでランチでも、ということになりまして、
いつもは行かないようなところへも、行ったりしたのでした。
そこが、ジャーン!天満の大来軒であります。
b0019591_09520007.jpg


b0019591_09522263.jpg
ワタシより一つ年上、昭和41年創業のお店だそうです。
ギョウザが有名なのだとか。
行ってみよう、食べてみようと二人してワクワク入ってみました。
お昼時、超満員。
運良くテーブル席につけたのは本当に良かったです。
ビールも注文し、名物のギョウザを注文しました。
b0019591_09524499.jpg
素晴らしい焼き加減!
向かって左が根菜のギョウザ。シャクシャクと歯触りがとても良いです。
向かって右は本格ギョウザ。いわゆる王道の味、ちょっと大ブリ、いくつでも食べられます!
b0019591_09532547.jpg
そして、何故か二個と三個で向きを変えて盛られたシソのギョウザ。
シソがたっぷり入って、実にサッパリ!でもギョウザの良さも残っていて、美味!

そして、ここの店はお酒のあてに小皿料理がたくさんあって最高なのです。
b0019591_09530823.jpg
お気に入りは、チョット前菜420円也。
本当にチョットずつ色んなものが食べられて、それもタマゴは焼きたて熱々、
焼豚も絶妙な味加減、キムチも美味しさでは負けていません。
以上でビールを頂いた〆に頼んだのが焼飯620円也。
b0019591_09534390.jpg
豚肉がたっぷり入っています、スープもついています。
味は濃いですが、ギリギリのところで踏みとどまったという良いあんばい。
もう、この焼飯のトリコになってしまい、
その証拠に、一ヶ月のうちに二回も行ってしまいました!

肝心要のお祝いの品は、結局のところ、何度も足を運んだ阪急百貨店にある
東哉というお気に入りのお店で、小器を紅白揃えにして決定しました。
晩酌のあてを入れて使ってもらいたいと思って、、、。
b0019591_09594840.jpg
果たして気に入ってもらえたようで、毎夜使ってくれているようで良かったです。

数えたら五月は6回も大阪へ出ていました。神戸には2回です。
その都度ではなくても、便乗して美味しいランチにありつけて、
得したような結果となってしまったのでした。

[PR]
by orochon3 | 2016-06-04 10:25 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

祝 金婚式

今年、6月2日に両親が金婚式を迎えまして、
父が我々子どもたちを食事会に招いてくれました。
本来ならば私たちが開催すべきところです、
なのでそれに先駆けて、5月30日にお祝いの贈呈式を行いました。
子ども一同を代表してお祝い係をかってでて、夫の助けを得て、東奔西走したワタシ。
一ヶ月以上もかけて色々と用意した品々は、
父と母にたいそう喜んでもらえたので、本当にほっとしました。
(品々の主な内容は、お酒です。
父の好きな焼酎かめしずくや、サントリー響や、
母の好きなイタリアワインや珍しいアメリカのワインを選びました)

果たして、食事会の当日。
お祝いを先に渡しているので、心も軽く会場へ向かいました。
場所は最近両親が気に入っている故宮という中華料理店。
大阪ウェスティンホテル内にあります。
王料理長は夕方の番組ちちんぷいぷいに隔週で出演しているので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか、とても個性的な方です。
父の指示のもと、母と私は王料理長と事前に打ち合わせまで行い、
念には念をいれて今回のお祝い食事会は執り行われたのでした。
b0019591_08215444.jpg
王料理長のたてたメニューは、高級食材のオンパレード。
正直なところ、アワビもフォワグラもフカヒレも、白身魚も伊勢エビも、
私はそんなに好きな食材ではありませんデス。
けれども、今回は父主催の食事会で父の信頼する王料理長がつくるお料理。
ワガママは言わずに黙って頂きました。

b0019591_09023087.jpg
早々にアワビのお出ましです。
左手前にはクラゲさんもいます、クラゲもあまり好みません。
ところが、です。
アワビもクラゲも、右手前のキュウリさえも、抜群の美味しさでした。
アワビの下に隠れていた肝までペロリと頂き、初めから大満足。
これは、次のお料理も期待できますねえ。

b0019591_09024821.jpg
メニューには「海の幸のスープ」と記載されていますが、
フカヒレのスープでした、そしてその底にはフォワグラのムースがしきつめられ、
一緒に頂くとこれがまた美味です。
フォワグラを美味しいと思ったのは初めて。
けれどこれを全部頂くと後々ひびきそうなので、弟に半分わたしました。

b0019591_09030677.jpg
ここでお肉の登場、かわいい器に盛られて、XOソースが刺激的。
黒毛和牛の間違いのない美味しさに一同大喜び。
そう、お肉大好き家族ですから。
パリパリの器まで美味しく頂きました。

b0019591_09032753.jpg
私の好きなお肉のあとは、伊勢エビです。
伊勢エビが苦手になったのは、昔、大量の伊勢エビを頂いて食べてイヤになったから。
久しぶりの伊勢エビは、たいそう美味しく、長いあいだ敬遠していたのが悔やまれます。
なんともいえない良いお出汁が出ているスープと一緒に至福の逸品。
よくスープをすった春雨がまた美味しくて、いつまでも食べていたかったです。

b0019591_09034785.jpg
さあ、お料理も終盤。
普段は絶対に食べない白身魚のソテー。クリームソースも、トマトソースも、見事でした。
かなりお腹がいっぱいですが、美味しいと感じるのは、本当に美味しい証拠です。

b0019591_09043905.jpg
最後に供されたのは、本来ならばあっさりとした汁そばであったはず、、、
ところが、ここにきてなんだかスゴイひと皿がやってきました。
たっぷりのチャーシュウと白ネギに大きな肉団子まで入って、
そしてこのスープ、、、辛くて酸っぱくて、コクがあって、ドシンとしたお味。
辛く酸っぱくてもサンラータンとは全く違います。初めて頂くスープ!
それはそれは不思議な美味しい汁そばでありました。
実は王料理長のサプライズで、めったに作らないという汁そばだったそうです。
私の背後から、王料理長が「メンが伸びるから早く食べる!」とせかしたので、
写真が撮れませんでした、しかし猛烈ブロガーの母はしっかり撮っていたので拝借。

これでいよいよお腹がいっぱいになりました。
なのに、、、吾が夫はごはんが食べたいと言いだしまして、
王料理長に炒飯をリクエスト、どんな炒飯かはお任せしました。

b0019591_09045063.jpg
やってきたのはカニ身ののったカレー風味の炒飯。
これまた食欲をそそるカレー風味をここで!?
お腹ははちきれそうなのですが、ついつい食べてしまいました。
もちろん、美味しいです、キャベツが良い食感で、火加減の絶妙さがよくわかります。
この写真も猛烈ブロガーの母から拝借、私は満腹で撮る元気がありませんでした。

b0019591_09190889.jpg
最後のデザート、マンゴープリンの入ったマンゴージュース。
赤く浮かんでいるのはグレープフルーツで、その苦みが良いアクセントです、、、
けれども、もう、本当に入りません、ごめんなさい、ジュースを頂いて、
あとはギブアップとなりました、本当にごめんなさいっ!!!

これに、紹興酒を三本あけまして、豪華絢爛のお祝い食事会が終わりました。
満腹満足!
このひと月お祝いの品々を必死で選んでいた頃のワタシに伝えたい、
すごいご馳走を頂くのだから、もっとがんばれー!と。

母は18歳、父は21歳で結婚し、私は母が20歳の時に産まれました。
普通の夫婦では考えられないようなことがたくさんありましたが、
50年という歳月は二人にとってあっという間だったのではないかと思います。
なかなか良い夫婦じゃないか!と一番身近にいる私が思うのですから、
実際に良い夫婦なのだと思います。
来年私たち夫婦は結婚20年を迎えますが、
50年を無事に二人元気で迎えられるかどうか、かなり不可能に近いです。
となると、両親が元気で二人仲良く金婚式を迎えたことは、
この上ない幸せなことなのだと改めて感謝したのでありました。

[PR]
by orochon3 | 2016-06-03 09:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)