食べた、食べた

断酒して10日経ちました。
白湯のおかげで不眠とは縁遠く、なかなか良い感じ。
ただ、飲んでいる時と比べて体調が良くなったかといえば、そうでもない。
身体中がしんどい!と悲鳴をあげ、頭痛もあいかわらず24時間オープン中。
良いことと言えば、お甘を楽しめるようになったことくらい。
まずはバニラ蒸しケーキに挑戦してから味をしめて、
メープルシロップ入りの蒸しケーキに手をだして、
チョコレートフォンダンとバニラアイスに舌鼓をうち、
久しぶりに集まった学生時代の友達宅では、モロゾフのプリン!を
何年ぶりかで食べて、あいかわらずの美味しさに感動。
ダニエルのカヌレも初めて頂きました、不思議な美味しさ。
シュークリームにワッフルと大好きなカスタードクリームを味わい、
季節外れの夏日にはサーティワンのあれ!

b0019591_07290605.jpg
早く食べたいと焦るあまりにピントが後ろの看板にあってしまいました。
大好きな、大好きな、チョコミントです。
ペパーミントの爽やかさにほろ苦いチョコが美味しかった!!

ただ、ここ数日のお甘攻撃に身体がビックリしたのか、
何年ぶりかで顔に吹き出物が次々でてきました。ワタシもビックリ。

[PR]
by orochon3 | 2016-10-23 07:23 | 美容&健康 | Comments(0)

夏にピロリ菌を除菌した吾が夫、本当にピロリがいなくなったかの検査を受け、
な、な、なんとまだピロリがいることが発覚しました。
かくして秋が深まる頃、第二次除菌が開始されたのでした。
第二次の除菌薬を服用中は、お医者さんから絶対禁酒が言い渡され、
またしても禁酒生活を強いられました。
時を同じくして、このワタシ、自分自身の体調がすこぶる低下し、
いったい何が原因やら、、、と思案していたところ。
彼がやめるなら一緒に禁酒してみよう、ということで吾が家は第二次禁酒中です。

前回と違って夜は肌寒く、白湯を飲めば身体もホカホカとしてきて眠気を誘い、
ストンと眠れて、これじゃお酒の力を借りずとも寝られる!と喜んでいました。
禁酒は10日の予定です(服薬は7日ですがその後3日禁酒なのだそうです)。
難なく4日が過ぎたころのこと。
はるか昔に食べた広島にある長崎堂のバターケーキが、唐突に頭の中に浮かんだのです!
(リンクはこちら → 長崎堂のバターケーキ
バターというよりバタと言いたいような昔ながらのケーキです。
素朴ながらもしっとりとした生地にバタの風味がどっしりとしっかりと存在して、
昨今のあっさりとしたお洒落で軽いケーキとは段違いで美味しいです。
ああ、あれ食べたいなあ!!と思った瞬間、私は覚ったのです。
いま私の体内からお酒が抜けたのだと。ニュートラルな吾が身を感じたのです。
5日目の朝、熱い紅茶をいれてバニラ蒸しケーキを頂いてみましたら、
難なく美味しく頂けました。
禁酒はあと数日ありますので、その間に普段食べたくても食べられなかったお甘に
挑戦してみたいと思います。

[PR]
by orochon3 | 2016-10-17 15:14 | 美容&健康 | Comments(0)

書棚を買いました

実家から大きな紙袋に8つほどの本を持ち帰りました。
小さな頃から読んでいる本やマンガや趣味の本色々。
書棚が要るなー!とは思っていましたが、
いざ買うとなるとなかなか決められません。

今回、実家の部屋の物を処分して少しばかりのお金が入りましたので、
フンパツ!して良い書棚を買うべし。と思い家具屋さんへ行きました。
ちょうど合うサイズをセミオーダーで作ってもらえるそうで、
さすがにお高いですがとっても良い品質で気に入りました。
ほぼそれに決めた後で別口でニトリに行くと、見つけてしまいました、
なんとなんと、オーダーせずとも置きたいところにジャストサイズな書棚。
思っていた白の色とは少し違って若干アイボリーなのですが、
そんなことどうでも良いくらいピッタリな書棚は、半分スライド式となっていて、
文庫本と大きな写真集などが収納できるかなり便利な製品でした。
そして、お値段は二万円弱ですって。なんてこと。
少しだけ迷いましたが、ニトリの書棚に決めました。

b0019591_10403194.jpg
(ニトリのHPより)
左の手前の部分がスライドします

果たして届いた書棚は思っていたところにピタリと収まりました。
実家から持ち帰った本といまの家にある本、全てを納めても、
まだ入るところが余っているくらいスゴイ収納力。
大変、大変、気に入りました。
この横に古道具屋で買ったお気に入りの馬蹄形の椅子を置いて、
読書コーナーをつくったのです、最高!

本屋さんで好みの本を見つける喜びもありますが、
この書棚ははじからはじまで全て私の好みの本で埋め尽くされているのです。
やれ嬉しや、さあ読書の秋と洒落こみましょう。

[PR]
by orochon3 | 2016-10-09 12:44 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

2011年より毎年たのしみにして出かけていた「西宮酒ぐらルネサンス」、
今年は10月1日2日に開催されました。
ずいぶん前からその日は仕事があると夫が残念そうに言っていたので、
今年は行けないなーと思っていました。
1日には私にもちょっと用事ができたので、本格的に今年は断念していました。
まあ毎年あることだから、、、とノンキに思っていたのです。
と、こ、ろ、が、、、!!
1日はお昼過ぎに帰ってきた夫が、夕方よく行くお風呂屋さんに行ったところ、
顔なじみのおじちゃんからスゴイ情報を得て帰ってきました。
そのおじちゃんがその日酒ぐらルネサンスに行った、という話です。
な、な、な、ナント!!
今年から、お酒の試飲が有料になったらしいのです。
今までは、小さなプラカップとはいえ、そっと差し出すと、
お酒の説明をしながらちょぴっと注いでくれていたのです。
何度差し出そうと、どこの蔵元さんで差し出そうと、皆同じく、
ちょぴっと注いでくれていたのです。
それが、それが、なんと、、、同じ小さなプラカップでも、
一杯が100円!高いお酒は200円!!支払わないといけなくなったんですって。

ああ、行かなくて良かった、、、
無料のせいかどうかはわかりませんが、この酒ぐらルネサンスは、
毎年、毎年、年をおうごとに入場者が増え続けていると噂で聞きました。
小さなプラカップにちょぴっととはいえ、赤字が増え続けたのでしょうか。
それにしても、なんと言っても、
記念すべき第20回目の年に有料にするとは、なんと無粋なことでしょう。
今年いちばんの悲報でした。

[PR]
by orochon3 | 2016-10-03 13:14 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)