十両の土俵入り!!
何故これほど興奮するのかと言うと、貴乃花部屋の佐藤が出るからです。
佐藤は吾が町出身の力士。
是非とも応援しなくては!と「芦屋の★ 佐藤」という横断幕を作って、
(稀勢の里というのも作りました)博多へ乗り込んでいたのです。
横断幕といっても、A3サイズの用紙に一枚一文字で印刷してつなげたもの。
くるくると巻いて持って行ったのでした。
土俵入りが始まり、さあ、佐藤が来たという瞬間に、
「さとーっ!」とかけ声をかけて幕を振ったら、
「誰?」という感じにこちらを見上げていましたが、分かったかな。
まあ、分かっても分からなくても良いです。充分満足した私たち。
肝心の取り組みでは佐藤は惜しくも負けてしまいましたが、
彼は今場所十両優勝で来場所の新入幕がほぼ確定したのでした!ヤッタ!!
人気者でお調子者の里山↓もしっかり応援して、十両は終わって中入り。
b0019591_12452460.jpg
稀勢の里の幕を用意して、幕の内土俵入りを待ちました。
やはり、幕の内はスゴイ、スゴイ。壮観です。
三人の横綱には興味がないので、横綱土俵入りの時はよそ見ばかりしていました。
写真ももちろん全く撮っていません。
b0019591_14395336.jpg
土俵入りを終えて戻る、御嶽海 、高安、豪栄道の三人。
綱取りと騒がれたけど、いつもの豪栄道に戻った今場所。
残念でしたが、稀勢の里ファンとしては、複雑な思いだったのですよ、ウヒヒ。
b0019591_14382788.jpg
そして我らが稀勢の里です、稀勢の里の写真はなんとこの一枚のみ。
しかもあまり好きではない琴奨菊まで映っちゃった、、、。
撮影よりも応援が大事だったのですよ。
b0019591_14384671.jpg
正面の席の上部には解説ブースがありました。
カメラをズームして見たら、この日のテレビ解説はくるくる舞の海。
このブースのライトが点いたり消えたりするのです。
どうやら彼等がテレビに映るときだけライトが点くもよう。色々知りました。
b0019591_14390024.jpg

いつしか頭上には満員御礼がさがっていて、まったく良い気分。
福岡国際センターは広いのでなかなか満員にならないらしいです。

b0019591_14392601.jpg

私の興奮をよそに、粛々と取り組みが進んでまいります。
なんだか気分が高揚しすぎて、どの取り組みもまるで夢の中の出来事のよう。
それでも従姉妹の今のお気に入り勢の写真は撮っていました。
b0019591_14394323.jpg
そして、帰ってきた強い遠藤。
待ってました!
b0019591_14514011.jpg
彼の取り組みには永谷園の懸賞がダラダラーっと並んで、見ていて面白く、
聞いていても面白いです。
「味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅干し茶づけの永谷園、
 たらこ茶づけの永谷園、わさび茶づけの永谷園」と延々と続きました。
b0019591_14390968.jpg
遠藤も負けちゃった、、、。

この日は稀勢の里と豪栄道戦でした。
まだ豪栄道の綱取りは消えていなかったので、会場全体が豪栄道ガンバレ!
という雰囲気で満ち満ちていました。
その中で、稀勢の里の幕を持って応援する私たちはちょっと場違いな感じ。
豪栄道には何がなんでも勝ってもらいたい、いや勝たねばならぬ。
そんな願いというか祈りが通じたのか、稀勢の里はやってくれました。
ありがとー稀勢の里!やったー稀勢の里!と喜ぶ私たちはちょっとヒンシュク。
それでも、この日からなんと三横綱を倒すという快挙を成し遂げたのです。
稀勢の里ここにあり、と喜びましたがその翌日あっさりと栃ノ心に負けちゃって、
ああやっぱり稀勢の里は稀勢の里だった、、、とファンは嬉しいやら悲しいやら。

結びは白鵬と琴奨菊で、当然のごとく琴奨菊は負けてしまいました。
楽しかった余韻を味わいながら真っ暗になった外に出ると、
小雨の降る中を太鼓櫓ではね太鼓が打たれていました。
なんと情緒のあることよ、、、。

この日は終始浮かれて興奮して幸福に包まれていました。
お相撲、楽しいな、来て良かったな。

さあ、タクシーに乗り込み薬院へ向かいましょう。
今宵は久しぶりの夜の町。(普段は夜に出かけない事にしているのです)
相撲の打ち上げとまいります。
つづく。

[PR]
by orochon3 | 2016-11-30 12:57 | | Comments(0)

九州場所九日目。
博多は晩秋といえど20度以上の暖かさでした。
朝8時半発の新幹線で博多に着いたら、駅ビルのマイングデイトスで物色して、
私は明太子おにぎり、夫は海鮮チラシを手にしました。
なぜそれほど小食かと言いますと、既に車中で駅弁とサンドイッチを食べて、
ビールもしっかり頂いて、かなり満腹状態だったのです。
とりあえず、1時のひよの山との撮影会に間に合うべく国際センターへ急ぎました。
b0019591_12432795.jpg

b0019591_12440055.jpg
のぼりがたくさんたった国際センターの玄関口に立っただけで、
胸はワクワク、今にも浮かび上がるのではないかというくらい浮き足だちます。
バシャバシャと写真を撮って、さっそく入場。
と、そこで切符もぎりをしていたのは、な、な、ナント、昔「ドラえもん」と呼んでいた、
あの元力士ではないですか!名前が出て来ないのが残念無念、誰だったっけ???
と、弟や従姉妹にメールしましたが、彼等も「そういう人いたね!」という返事だけで、
名前を忘れてしまっている様子。ほんと、誰だったのかしらん。
と、それだけでもうプチ興奮状態だったのですが、ペアシートに辿り着き、
土俵を見下ろすと、もう興奮状態は極度に跳ね上がりました。
(下の写真は中入り後で、私たちが着いた頃はまだ人もまばらで閑散としていました)
b0019591_12453803.jpg
(私たちの席はこの隣でした、この席は5時過ぎまで空いていました)

席に荷物を置いたら、さあ、ひよの山との撮影会へ、正面玄関へ急いで戻ります。
そして1時になって、お姉さんに手をひかれたひよの山が現れました!
あ!ひよの山!

b0019591_13251914.jpg

b0019591_12442547.jpg
あまりの興奮にドアップで写していました。興奮し過ぎ。

b0019591_12444335.jpg
隣にハルマが立っていますが見向きもせずにひよの山!

b0019591_12443422.jpg

興奮のあまりバシャバシャ撮影しましたが、ろくな写真がありませんでした。
どれもピンぼけ。
しっかりツーショットで撮ってもらいましたので、そちらを宝物にしましょう。

b0019591_12445595.jpg
撮影会の後でお土産に買った、ひよの山のグッズ。
左のピンブローチは、テレビで解説する親方の胸元にもついているのですよ、注目です。
ちなみに、「ハッキヨイ!せきトリくん」というのは大相撲協会公認キャラクターで、
その主人公がひよの山。
他にもいろんな仲間たちがいるのです、詳しくは大相撲協会のHPをご覧下さいまし。

このピンブローチを選んでいたら、すぐ横を大砂嵐が通っていきました。
思わず「頑張って!」と声をかけた夫に、大砂嵐は大きくうなずいていました。
いつも強引なカチアゲで反感を持っていた私も思わず拍手してしまいました。
条件反射とはコワイです。

、、、と、肝心の取り組みまでに既にこれだけ興奮していたのです、私。
とっとと座席に戻って幕下の取り組みを観戦するという夫と別れ、
もっと力士がやってこないかと、力士たちが入ってくる入り口付近で人込みにまぎれ
ウロウロしていると、豊響が入って来て、続いて千代鳳が入って来たので、
少しがっかり、なんだかなあ、、、もっと上位の力士はまだ来ないの?!
と、待ち構えていると千代翔馬が入って来て、どうもモンゴル勢には冷たい反応。
私の興奮も少し冷めてしまい、十両土俵入りの時間も迫って来たので、
席へ戻ろうとして階段をのぼっている時、スゴイ歓声に振り返ると、
豪栄道が入って来たのでした、残念!
戻って声援をおくろうとしたら、携帯にメールが届きました。
夫からです、「十両の土俵入りが始まるから戻るべし」
ありゃりゃ、急がなくちゃ!
ボルテージは最高潮、さあ、十両土俵入りです。

長くなってきたので、続きはまた。


(後で調べたところ、ドラえもんは隆三杉というしこ名でした!画像はコチラ→



[PR]
by orochon3 | 2016-11-29 12:59 |

ある朝、ふと吾が夫が九州場所のチケットを探し始めました。
あれだけ私が誘っても、テレビで観た方が見やすい!と言っていた彼。
どうやら誰かに博多は見やすいよーと教えて貰ったらしい。
それならば!と私のリクエストはペアシート(HP参照コチラ → )です。
最上段の舛席を二人用ベンチシート仕様にしてテーブルも備え付けてあるので、
腰の悪い私にも無理なく快適に観覧できるお席なのです。
いつかあの席に座ってお相撲みたいなあと夢見ていたのでした。
果たして希望日に座席を確保できて、新幹線とホテルのお得な切符を買い、
実に、あっという間に、九州場所行きが決定したのでした!!

そして日曜日。
今年最後の大相撲、いよいよ九州場所が始まりました。

b0019591_07201718.jpg
初日と千秋楽には私の大好きな「協会ごあいさつ」があります。(上写真↑がそれ)
千秋楽にはもっと大好きな「これより三役揃い踏み」がありますが、
これを観て「千秋楽にございます」という言葉を聴くと、
ああもう終わりなんだ、、、とガックリ淋しさが襲って来るのです。
あと二ヶ月後までサヤウナラ。となるのですが、今場所は違います。
臨場感バツグンの会場にて観覧できるのです、ああ夢みたい。

新幹線は11時頃博多に着きます。
博多駅で食べるものを調達して、その足で福岡国際センターへ馳せ参じます。
1時には、あの!ひよの山がお玄関に登場するのですよ。
3時にも再度登場するらしいのですが、混雑が予想されるので、
私は絶対に1時に間に合うように行こうと思っています。
そして多分3時の登場にもきっと行くと思います。
ひよの山をご存知ない方にはチンプンカンブンかもしれませんが、
大相撲協会の公式キャラクターなのです、公式だから、お相撲中継の時にも、
時折テレビ画面に登場するのですが、なんともかわゆいヤツなのです。
いつの日か会えるかなーと思っていたけれどそれが叶うのですね、
何もかもが夢みたいで、早くその日が来て欲しいような来て欲しくないような。
(ひよの山の公式HPはコチラ! かわゆい姿をぜひ。→  )

そもそも、若貴ブームの頃に従姉妹が寺尾の大ファンで、
それに連れられて両国に行ったのが始まりでした。
その頃はそんなに入れこんで観ていたわけではないのですが、
奈良の巡業まで行ったくらいですから、まあまあはまっていたようです。
それからは朝青龍が出現して以来相撲嫌いになり相撲から離れました。
そして数年前、まだザンバラ髪の遠藤の取り組みをみて、
なんとまあキレイなお相撲ですこと!とビックリ。
以前から相撲が始まるとテレビに釘付けになる夫に、色々と教えてもらいながら、
私の相撲熱がどんどんあがっていったのでした。
その要は、稀勢の里であります。
彼の優勝をこの目で見たい。
ああそれなのに、、、
照ノ富士が優勝し、琴奨菊が優勝し、何を間違ったか豪栄道まで優勝し、
気がつけば優勝していない大関は稀勢の里ただ一人。
それどころか同部屋の高安が大関昇進をかけて今場所に挑んでいます。
謎の微笑みでガンバレ稀勢の里。

ということで、穴もふさがったようですので来週行って来ます。


[PR]
by orochon3 | 2016-11-15 08:16 | 美容&健康 | Comments(0)

断酒をやめて、美味しくお酒を頂いている今日この頃。
お甘を楽しんでいたのは遠い昔のこととあいなりました。
また逢う日まで、サヤウナラ。

そもそも何故「お甘(おあま)」と言うようになったのかというと、
10年以上も前、今ななき「いい旅夢気分」という旅番組の中で、
朝丘雪路が「アタシ、お甘が食べたいワァン」と旅のお友の人に言ったのです。
あの例の鼻にかかった声を聞いた母とワタシは、甘いもののことを「甘いもん」
と言っていたのを彼女を真似て、ソレ以後は「お甘」と言うようになりました。
かなり単純で感化されやすい親子だというのがおわかりでしょう。

さてこの10月後半は、実家の改装の為に両親が仮住まいに引っ越しをしたり、
父が手術のために入院したりと色々バタバタの日々を過ごしました。
11月1日に無事に退院した父、ガンの疑いもはれて元気、元気です。
家族が病気になるとやっぱり疲れるものですね。
元気がイチバン!とつくづく思い知らされました。

父と母を仮住まいに送った後、夫とワタシはその足で大阪へと出かけました。
涼しくなったら行こう!と合い言葉のように言っていた天満。
そう、大来軒にランチに行ったのでした。
いつも色々と注文していましたが、天満の知人から「春巻が美味しいよ」と教えられ、
今回は餃子と春巻に焦点をしぼりました。
かくして春巻は揚げたてのサクサク!で味付けも絶妙で美味しい。
餃子は本格餃子の一種類を三人前にした甲斐があり、食べ応え充分で大満足。
ビールは一本だけにして、最後は焼き飯の大盛り!にしたんですけどね、、、
なんだか焼き飯が少々少なかったような気がして(大盛りなのに!)、
食後は二人して「鶏の唐揚頼んでも良かったかな」なんて言っていました。
とにもかくにも、いやぁー美味しかったです。

8月、実家の大掃除から始まり、9月には義母の引っ越しがあり、
10月の実家の引っ越しと父の入院と、、、普段静かに暮らしているので、
目が回るようなバタバタかげん。
その都度、いろんなストレスがかかってほとほと疲れ果てておりましたが、
大来軒で元気になりました。
秋も深まってまいります、これからは静かに秋をたのしみたいものです。

[PR]
by orochon3 | 2016-11-04 10:36 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)