無知にもほどがある

料理もろくにしないくせに、料理番組が好きでよく見ます。
特に好きなのは土曜朝のおかずのクッキングと
平日の昼下がりのおしゃべりクッキング。
前者は土井善晴で後者は上沼恵美子が出ています。
関西弁で説明されると妙に美味しそうな気がするのは何故でしょう。

料理番組を見ていて、そんなん当たり前!わざわざテレビで言うこと?
と上から目線で言ってしまうことがありますが、それと同じくらい、
え?それは初耳!知らなかったー!と驚くことがあります。
たぶんそれはどちらも、多くの人が知っていることなのだと思いますが。

土井善晴先生は、炒め物をする時にいつも「動かさない」と言います。
「このコゲが美味しさになるんです」とも言います。
食材を動かさずコゲをつくってそれをこそげていく時に言うのです。
今朝もやはり仰っていて、それを聞いたら、でたでた!
と嬉しくなってしまいました。
ケチャップや醤油、ソースなどを炒め物に入れる時には、
フライパン(もしくは鍋)の底で焼いて火をいれること、というのも
土井先生に教えてもらいました。
特にナポリタンを作る時にはよぅくケチャップを焼くのが
美味しさのヒケツだそうで、作ってみてそのとおりでした。

上沼恵美子は彼女自身が料理上手だそうですが、
番組内ではお手伝いしながら専らおしゃべりをし続けます。
うっかり料理を見過ごしたりしてしまうレベルで喋るので、
見ているこちらも、え、今ナニしてたっけ?とわからなくなったり。
笑っているうちに料理が出来上がるのも番組の醍醐味ですが、、、。
番組では日替わりで色々な先生が料理をしていきます。
その時にも、へー!知らなかった!と言うことが多々ありまして、
最近で一番ビックリして役に立った情報が、目玉焼きです。
私は、白身のグズグズしたのがキライなのに黄身はトロリが好きで、
このどちらもが両立している目玉焼きを焼くのに難儀していました。
水をいれフタをすれば黄身が白くベールがかかって見た目が残念。
どの先生のアドバイスだったかは忘れてしまいましたが、
この番組で言っていた美味しそうに焼けるコツは、
弱火で放っておく、ということでした、それだけです。
実際、弱火にして放っておくと時間はかかりますが、
めちゃくちゃ美味しそうな見た目でしかも白身と黄身の焼き具合が
絶妙!という目玉焼きが出来上がりました。ブラボー。

恐らく皆さまは、良い歳をしてそんな事も知らなかったのか!
と思いながらこれを読まれていることと思いますが、
本当なのだから仕方ない、、、無知にもほどがありますが、
いくつになっても新しいことを知るのは大事、
もっと大事なのはそれを忘れないこと!
 黄身トロリ白身はプルル目玉焼き 時を惜しまず理想の形

[PR]
by orochon3 | 2017-06-24 16:39 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

笑って喋って390分

ちかごろ朝4時くらいから雀がチュンチュンないて私を起こします。
そんなに早く起きてもすることもないので、
じっと寝床でガマンしていますが、不思議と5時くらいになると
雀はどこかに行ってしまって静かになるのです。
朝早くから私の窓辺で何をしているんだろ、、、。

昨日は仲良しの友達と洋食ランチでした。
行き先は塚口の洋食家アルハンブラ。
私は二度目、ものすごーく久しぶりで楽しみにしていました。
そんなに広くない店内はあっという間に満席!人気店です。
お互いにクリームコロッケ好きなので、迷わず本日のランチを注文!
入り口にサンプルが置いてあって、
なんとカニクリームコロッケとハッシュドビーフだったのです。
b0019591_08502646.jpg

これに、しばづけ付のごはんとカップに入ったお味噌汁がついて900円足らず。
ハッシュドビーフの入った器は見た目より深くてたっぷり入っています。
おまけに底の方にはポテトがたっぷりで、ボリューミーでした。
お味は酸味のあるハヤシライスみたいな感じで私の大好きな味。
カニクリームコロッケも正統派、刻みピクルスがアクセントのソースも秀逸。
サラダもたっぷりで、何もかもが美味しくて満足満腹!
しばらくかなり胃と身体が重かったです。

食後は友達のリクエストでコストコへ直行。
大きなカートいっぱい買物をしている彼女を見ていたら私まで満ち足りた気分!
そしていつもの神戸屋に落ち着いてからは、喋る、喋る、喋る。
笑って喋って、気がついたらもう4時半になっていました。
それにしても、この間会ってからまだ少ししか経っていないのに、
お互いこうも色々と起こるもんかねぇと驚いたりため息をついたり。
また美味しい洋食を食べて元気になりましょう。
 次々と悩みの種は尽きねども梅雨の晴れ間の愉しひととき




[PR]
by orochon3 | 2017-06-23 16:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

中島みゆきの「時代」

少し前ですがテレビを観ていた時のことです、
中島みゆき嬢が「時代」をちょっと大げさに歌い上げていました。
彼女になんの恨みもありません、好きな曲もたくさんありますし、
「時代」という曲も今まではそれほど気にかけていませんでした。
けれどこの時は、まるで魚の骨がのどに刺さったみたいに
いやな痛みをもって私の心にも何かがささったような感じがしました。

よく歌われている名曲なのでご存知の方も多いと思います。
けれど、歌い出した途端に私はテレビに向かって文句を言いました。
「ちがうよ、ちがいます、そんなことない!」
何に対してかというと、この部分です。
 そんな時代もあったねといつか話せる日がくるわ
 あんな時代もあったねときっと笑って話せるわ
きっと中島みゆき嬢は、涙もかれるほど泣いた悲しみや辛いことは
いつか消化して忘れ去り、そんなこともあったよねと笑える日がくる
ということを伝えたかったのだと思います。
もちろん私はそれには激しく同感していました。
けれどこの時の私には、上の二行の歌詞だけが別の意味をもって
いつまでもとれない刺さった刺のように残ったのでした。

私は昨年末からずっと猛烈に怒っています。
この怒りを、いつか笑って話せることはありません。
いえ、ちょっと違います、
この怒りを、いつか笑ってあんなこともあったっけと話すようなことには、
絶対にしないとあの日琵琶湖で誓いました。
過去のものとして消化してはいけないことなのです。

よくないことをよくないと、おかしなことをおかしいと、
正しいことを胸をはって言う、私にはそれしかできません。
おかしな人ばかりで暮らしていると、
おかしいことがはや半年で普通のことになっている事実に愕然とし、
猛烈な危機感を抱いて身が凍る思いをしています。
誰も言わなくても、最後の独りになろうとも私は言い続ける。
琵琶湖でかたく握りしめた拳をもう一度強く握りしめて。

今日は仲良しの友達と洋食ランチに出かけます。
彼女も同じく家族の悩みをもっている同志で、
悩みの種類は違いますがお互いにどこへもぶつけられない
怒りや悲しみを吐露しあうのです。
そしてまたしても私の愚痴が炸裂するでしょう、、、ごめんよ、友達。
 蒼白き憤怒の焔につつまれしわれを鎮めよ水無月の雨

[PR]
by orochon3 | 2017-06-22 08:08 | 日記 | Comments(0)

梅雨空をふっとばせ

今日は予報通りによく降りました!
いつものように朝の買物に出かけられないと思って、
昨日から今日のお昼の献立を決めて用意していました。
じゃーん!
久しぶりのドライカレーです。

b0019591_13063897.jpg
具はたっぷりのピーマン、にんじん、玉葱、いんげんを刻んで、
豚ミンチと海老、そして玉子。しまった、しめじを入れ忘れました、、、!
ごはんはこれで2合半くらい、夫と私の分です。

そして味付けの隠し味にはコレ!
b0019591_13074920.jpg
先日、鰻を食べに行った時に”ぷららてんま”を探検して見つけました。
北海道のトモエの雨竜にんにくしょうゆ。
美味しいにんにく醤油をあちこちのスーパーやネットで探していたところ、
ようやく出逢えた一品。
他のものは味噌やら色々入った焼肉のタレのような味付けのものばかりで、
この雨竜にんにく醤油のようにシンプルなものがなかったのです。
おまけにぷららてんまでは通常よりお安く手に入ったようです、さすが。
これのおかげで、パンチの効いた美味しいドライカレーとなりました!
付け合わせにはコールスローサラダをつけて、ワシワシと頂きました。
外は土砂降りでしたが、身体はシャキッとして爽快。
調理は吾が家の料理人である夫、いつもながら良い仕事をしてくれます。
ごちそうさまでした!
 土砂降りの空もまた良し降りしきる雨は大地を洗い潤す

[PR]
by orochon3 | 2017-06-21 14:45 | 日記 | Comments(0)

グリル梵

夕べは珍しく一人呑みでした。
夫が打ち合わせ兼飲み会でお出かけでしたから。
さびしくひとり呑み、、、と言いたいところですが、
ためていた録画番組を観たりして案外いいもんです。
もちろん、二人でいた方が色々お喋りできるので楽しいです、
酔っぱらってお互いほとんど聞いちゃいませんが。

明け方3時半頃に玄関が開き、夫が帰宅した模様。
そして私が5時半ころに起きると、
台所にひとつ茶色い紙袋が置いてありました。
横に”めしあがれ”という夫の文字が踊っています。
酔っぱらって書いた文字は、なぜ踊るのでしょうか。

b0019591_14040453.jpg
紙袋には大きく「梵」の一文字。
その横に小さく「新世界 グリル」の文字がありました。
ビーフヘレカツサンドというのが正式名称らしいです。
新地で呑むと思っていたけれど、ミナミで呑んだのかな?
ミナミなんて珍しい、と思って袋の横を見たら、なんと、なんと、
梵のビフカツサンドの店が新地にも新大阪にも、そして銀座にもある
と書かれていました、なぁんだやっぱり新地だったのか。

”めしあがれ”という事は私が食べて良いものということ?
では頂きましょう。

b0019591_14041112.jpg

四切れ入っているうちの一切れを食べたところ、、、
ビフカツ以前にパンがどうも美味しくありません。
モグモグしながらついていた栞を読んでいると、発見しました。
美味しく食べるには、トースターを余熱で2分、ビフカツサンドを入れ1分程。
その通りにしてみたら、なんとなんと、パンはさっくり美味しくなり、
栞に書いてあるとおり、温める前には存在感のまったくなかったソースが、
温めた後にはしっかりと美味しい味が前に出てきたではないですか!
トータル的に美味しいビフカツサンドでした。
ただ、お肉の味が少し残念な感じ。
父が作ってくれていたビフカツサンドには到底及ばないもので、
私は今までなんと美味しいビツカツサンドを食べきたのかと改めて知りました。
 
起きてきた夫にごちそうさまを言いました。
聞くところによると、これを貰ったのは一件目の飲み屋さんで、
そのあと数軒はしごしたようです。
その間、ずっとこの小さな紙袋をちゃんと持ち歩いていたとのこと。
一緒に行っていた人たちもみんながみんな持ち歩いていたらしい。
さぞかし梵の宣伝をしたことでしょう。
酔っぱらいのおじさんたち、お疲れさまでした。
 乾杯と誰にともなく盃をあげひとり呑む夜の幕はあがりぬ

[PR]
by orochon3 | 2017-06-20 16:28 | 日記 | Comments(0)

公民館講座

今朝、用事があって市役所へ行った時に
公民館講座の案内チラシを見つけました。
日本現代史講座「阪神間モダニズム再考」という講座が
七月から月に一回、三ヶ月の予定で開講するという内容でした。
”1920〜30年代を中心に”というサブタイトルがついています。
これは!と思ってよく読むと、締め切りは6月15日!
既に閉め切っているチラシを置いてあるなんて、、、
と一時は諦めたのですが、締め切り後も置いてあるということは
もしかしたらまだいけるかも、、、と思い直して電話してみました。
親切な係の方が仰るには、締め切ったけれどまだ受け付けている
ということでしたので、帰宅後すぐにFAXを送って申し込んだのでした。

はっきり言ってこれまで”公民館講座”というものがある事自体
まったく知りませんでしたし、
そもそも公民館がどこにあるのかも知りませんでした。
調べてみるとどうも市民センターのことのようで、
公民館講座は市民センター内で開かれるようです。
なんだかややこしい。
(芦屋市HP内の公民館講座はコチラをご参照ください →  )

さて、肝心の講座内容は下の三回に分けて開かれるそうです。
一、阪神間の都市形成とモダニズム
二、行楽地としての阪神間地域
三、阪神間のスポーツ文化
受講料は三回分で1,200円也。
これまで色んな資料や本も読んだりお話を聞きに行ったりしましたが、
何か新しい発見があるでしょうか。
今夏の楽しみができて今からワクワクしています。
 あるはずのない記憶さえもいとおしく モダニズムの夢たどるわれあり

[PR]
by orochon3 | 2017-06-19 15:24 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

招かざる客

毎年この頃になると、私を悩ませるものがあります。
いつの間にか網戸にひっついている、5ミリくらいの黒いムシ。
ほそーい身体をしているので網戸の編み目をくぐりぬけます。
うねうねと誠に気持ちの悪いものでした。
私はそういううねうね系がものすごく苦手なのです。
そのムシが現れる前に網戸の掃除をして網戸虫コナーズをスプレーする、
というのを毎年使命のように頑張っていたのですが、
今年はすっかり遅れをとってしまいました。
昨日、網戸に例のムシが3匹くっついていたのです。
ああ!遅かりし、、、。
さっそく日曜には朝から網戸掃除をしなくては!
と言っても私がするのではなく夫君に頼むのです。

今朝5時過ぎのこと。
またしても網戸にあのムシがひっついていたのを確認。
夫にムシいるよ!と告げて掃除をせかしました。
さすがに早朝から掃除をするのはマナー違反ですので、
8時を待ちました、、、すると細い糸のようだったムシは
いつの間にかふっくらして普通の小さなムシのように変身!
しているではないですか。
そして、ティッシュでつまもうとしたらブーンと飛んでいきました。
なななんと、あれはいつも飛んでいる謎の小さなムシです。
小さな小さなムシなので気にもとめずにうっちゃっていました。
ああ、あれがあの細い糸みたいなムシの正体だったのか!
そうとわかれば、うねうねして気持ち悪かったのがマシになりました。

網戸掃除中(夫が)も、小さなそのムシは二匹ほど飛んでいましたが
恐れず慌てず処分することができました。
網戸が乾くのを待って虫コナーズをスプレーしたらもう大丈夫でしょう。
ここ数年の憂慮が解消されてちょっとスッキリしたのでした。
 紫陽花のあお色寂し 父の日を忘れて過ごしゆがく素麺

来年はもう少し早く虫コナーズをスプレーしなくては!

[PR]
by orochon3 | 2017-06-18 14:14 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

たまには美容

今年に入ったくらいから、右の頬にシミをみつけました。
それも案外大きくて二つならんであるのが気になります。
ウーン!そういう年齢だということか。
どうしようかなぁと悩んでいたところ、シミに効くよ、
と”コメルスエッセンス”を友達から紹介されました。
生のビタミンCだそうで、とても高価なので試供品を貰ってきました。
毎晩チビチビとシミに塗っていますが、まだ一ヶ月ほどなので
効果のほどは不明、よくわかりません。

次は、これからできるかもしれないシミの対策を考えましょう。
ということで、色々と調べてみたところ、
評価が高くてしかも高価ではないものがありました。
無印良品の敏感肌用 薬用美白シリーズです。
その中でも、美容液がとても良いらしいのです。
時同じくしてただいま無印良品週間のまっただ中ではないですか。
さっそくクラッセへとんでいって、購入してまいりました。

b0019591_09182157.jpg

私が購入したのは、化粧水の中瓶1,400円、乳液の小瓶500円、
そして大人気という美容液1,400円の三種類。
無印の化粧品は初めて買いましたが、これがとても機能的な容器で、
ポンプもとても使いやすくて驚きました。
もう、本当にこれ以上シミを増やしたくないです、、、。
 紫陽花のなないろふしぎ 起こるとは思わぬことが起こることあり

今日は久しぶりに、王将へ行ってきました、久しぶりと言っても2週間ぶりですが。
さすがに暑くて五目そばは諦めて、シンプルに餃子とご飯!
鰻とは値段が桁違いにリーズナブルですが、元気になりました。
ところが少し足りなくて、帰りに武庫之荘にあるリビエールというパン屋さんで
カツサンドとカレーパンを夫と分けて食べました。意外や美味しかったです。
もうお腹がはちきれそうな尼崎リレーでした。

[PR]
by orochon3 | 2017-06-17 14:50 | 美容&健康 | Comments(0)

じん田のタレ

天満市場の中にあるじん田は、
もともと吾が夫もテレビで見て行きたいと思っていたそうです。
そういえば私も何かで見た記憶がありました。
はれて二人鰻を食べることができて本当に嬉しい、ご馳走さまでした。

さて二階の食堂内は綺麗で新しい雰囲気です。
親切で愛想の良いお運びさんに聞いたところ、
この二階の食堂は去年始めたばかりということでした。
どうりでどこもかしこもまだきれいなはずです。

実は帰ってから知ったことです、、、
その昔、1912年創業の大巳という鰻屋さんがお初天神近くにありましたが、
経営難になって閉店してしまいました。
そのお孫さんにあたるのが今のじん田の店主、甚田さんで、
なんとかお店を再興したいと思って頑張りました。
初めは魚屋さんの店先を借りてじん田という名でウナギの卸販売を始め、
そのうちに販売店舗を持てるようになり、
二階に食堂を開いたのが2016年、去年のことです。
残った数人の大巳の職人さんたちと共に、祖父と父が守ってきた味を、
大切にまもっているのだとか、、、。

こんな背景があったとは知らなかった!
というのも、私はこのじん田というお店の何を気に入ったかというと、
もちろんウナギもですが、タレがものすごく気に入ったのです。
鰻がなくてもタレのかかったご飯だけでもいい!という美味しさ。
それは戦時中も守り続けたという創業以来のタレだったのでした。
 再興をはたして守る伝統の命のタレや 天五のうなぎ
b0019591_08415649.jpg

そういえば、銀座にある某有名店Kのお鮨を食べる機会があり、
とっても期待して頂いたところ、酢飯の味を美味しいと思いませんでした。
残念でした、でもこれは好みの問題なので仕方ありません。
どれだけ良いネタであっても酢飯の味が好きではなければ台無しなのだと
その時初めて知りました。
鰻も同じことなのでしょうね、もちろんじん田の鰻は美味しかったのですが、
タレがあの味ではなかったらこんなに感激しなかったと思います。
また行きたいな、行けるかな。

[PR]
by orochon3 | 2017-06-16 15:20 | 日記 | Comments(0)

元気、ウナギ。

昨日はよく歩きました。
今朝起きたらふくらはぎがはっています。

10時過ぎに家を出て、天満に着いたのは11時前でした。
目指す鰻屋さんは、ぷららてんま横の市場内にあるじん田といいます。
(お店のhpはコチラ →  )
天満先生のA子さんから鰻はココ!と教えてもらいました。
市場の川魚屋さんというと、
昔、近所の市場にあった川正という川魚屋さんを思い出します。
お店の中は少し暗くて、水が流れ出る大きな桶に鰻が入っていて、
火がおこっていて焼かれた匂いと美味しいタレの匂いが混じって。
店先には焼かれた鰻う巻きやらが並んでいました。
そんな市場の川魚屋さんに鰻を食べさせるところがあるなんて、
ちょっと想像できませんでしたが、
じん田は明るく大きな川魚屋さんでした。
そしてお店の横の階段をあがると清潔で気持ちの良い空間がありました。

お昼の一番乗りで入店し、注文からなんと10分あまりでうな重が登場!
下のお店の方でじゃんじゃん焼いているからできる技なのでしょうが、
そんなに待たずに鰻を食べられるなんて、なんとも嬉しい限りです。
上うな重2600円也。
大きめ鰻が一尾、お吸い物は実山椒がたくさん入っていました。
香の物は、お約束の奈良漬けと珍しい甘酢生姜。
お重の上にみえるのは、右から粉山椒、鰻のタレ、爪楊枝。
鰻には充分にタレがしみていますが、お好みでタレをどうぞ、とのこと。ウレシイ。

b0019591_09050536.jpg


話は4年前にとびますが、博多へ旅したとき名店吉塚うなぎ屋さんで鰻を食べました。
(その時のブログはコチラ →  )
蒸さずに焼いたパリパリの鰻の骨が喉に痛くて、おまけにタレが甘過ぎて、
初めの方は良かったのですがだんだんイヤになってきたというのが本音です。
以来、甘い味が苦手だった事もあり、鰻というとずっと敬遠していました。
ところが、昨年末からのストレスにより甘い物が食べられるようになり、
鰻、食べてみようかな、、、という気持ちがムクムクとわきあがり、
鰻食べたいなーという欲求へと膨らんでいって、今日に至る、というわけです。

果たして、4年ぶり、そしてじん田の鰻の味は如何に。
ハイ、とっても美味しかったのです!
鰻はしっかりパリッと焼かれていて中はやわらか、
ああ、これは子供の頃に食べていた、川正の懐かしい鰻です。
私はしっぽの方が好きなので、夫のお腹の方と交換してもらいました。
こういう時、黙ってお重を出してくれる夫に大感謝!
私には多過ぎるご飯も引き受けてくれました。良い人です。

若い頃は関東鰻のフワフワも好きで浮気していましたが、
関西の鰻の方がもやはりしっくりくる歳に落ち着いたようです。
そういえば子供の頃は鰻の皮が苦手ではずして食べていましたが、
もったいないことをしました、コラーゲンがたっぷりだったのに。
 懐かしい子供の頃に食べた味 最後はもどる関西うなぎ

大満足でじん田のある天五から天三まで食後の散歩で歩きました。
次はどこにしようかと検討につぐ検討をしながら、
ニッシンベーカリーでサンドイッチなどをつまみ食いして地下鉄に。
梅田に戻って、所用でディアモール、ドーチカをまわり、
桜橋にある焼売太楼の本店を確認しました、
ホワイティの方は閉店してしまったので今度からはココに来るのですね。
〆に阪神百貨店の地下を物色し、色々買って帰りました。
ああ、しんどかった!
鰻を食べたのがいつのことだったか忘れてしまいました。
ぜひまた行きたいものです。

[PR]
by orochon3 | 2017-06-15 12:59 | 日記