<   2017年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

日常にもどる

今日も朝から暑いです!もういや。

昨日は午前中、涼しいうちにと思って早くから出かけ、
皮膚科に行ってきました。
虫に刺された?箇所がハレがひかず痛くて。
蚊だと思ったのですが、先生曰く原因は不明だとか。
5日はかかると言われてへこんで、ついでに銀行まわりもして、
小一時間のことでしたが、家に辿り着くまでに汗ビッショリ!
顔から汗がぽたぽたと落ちてきたのには驚きました。
8月ももうあと一週間だというのに、まだまだ残暑は厳しい。
 二十四気処暑を過ぎても衰えぬ残暑に聴くはビーチボーイズ

博多へ行っていた夫も帰ってきました。
お土産は”おりょりょ”という一口かまぼこ。
中に明太マヨネーズが入っている私の好物で、喜んだのもつかのま。
ブリブリとしたかまぼこの食感が、のどを通りにくくて
意外な落とし穴だったのでした。

[PR]
by orochon3 | 2017-08-24 14:46 | 日記 | Comments(0)

今月二度目の洋食の会

毎日、残暑と戦いながら討ち死にしています。
一人だった22日は、いつもの仲良しの友だちと洋食の会!
精養軒へ再訪を決めたのに、残念ながら夏期休暇中だったので、
ずいぶん前に行ったダイニングキノシタへ行ってきました。
夙川の駅からは少し距離があって穴場?なお店ですが
丁寧な洋食が手軽に食べられる良い雰囲気のお店なので気に入っています。

b0019591_07301666.jpg

その前日もハンバーグでしたが、この日もハンバーグ!
何せのどを通りやすいので一も二もなくハンバーグ。
表面がサクサクとして中がジュウシィなハンバーグと
そして特製デミソースがたっぷりでとても美味しいです。
でも前回はハンバーグと海老フライ3尾のセットを頂けたのに、
今回はこのランチハンバーグで精一杯でした。
スープ、サラダとご飯がつきまして1000円でおつりがきます。
ごちそうさまでした!

食後はいつもの神戸屋へ移動してなんと5時半までお喋り、お喋り。
お互いに大掃除中で、学生時代の色々なものが出てきたのを持ち寄り、
見せあいっこしたのですが、くだらないものが多過ぎて、
身体中が痛くなるほど笑って笑って、くたくたになりました。
心ふさぐことが多く、ついつい出不精になっているところを
引っ張り出してくれた友だちに心から感謝です!
おまけに笑うことで自律神経も整うのだそうです。スゴイ。
 身をよじり涙をながして笑ったら心地良い疲労気分爽快

暑い、暑いと言っているわりには食欲が落ちないので、
夏バテにもならず元気ジルシなのでしょうか。
問題はその肝心な”のど”なのですが、それでも食欲はおちませぬ。


[PR]
by orochon3 | 2017-08-23 10:54 | 日記 | Comments(0)

残暑の新大阪

今朝も暑いです!湿気がひどい、、、。
そして昨日もそうとう暑かった!です。
そんな中を博多へ仕事で行く夫を見送りがてら
新大阪へ出かけてきました。
そして帰りには所用があり池田に向かいました。
なかなかアクティブな自分に驚いています。

13時の新幹線なので新大阪駅でランチをしようと
少し早めに行ったのですがものすごい人、人、人。
ついでに準々決勝で負けた高校球児の団体さんもいたりして。
そして本当に外国の人が増えていますねぇどこもかしこも。

ランチ難民になるのも行列に並ぶのもイヤなので、
検討をつけていたお店へ一直線!
キャピタル東洋亭は、まだ空いていたのでゆったりとした席で
ゆっくり食事をすることができました。これが一番のごちそう。

b0019591_06491969.jpg
必ずついているトマトのサラダ、冷たくて美味しかったです。
メインは東洋亭名物というハンバーグを食べました。
猫舌で怖がりの私にとって天敵である、熱々の鉄板で供され、
おまけにハンバーグはアルミホイルで包まれていて、
それを自分で切り開くべし、と言われました、もうイヤ。
怖々ナイフで切り開くと熱々の湯気が出て非常に熱かったです。
好きな人には良いかもしれませんが、私はこういうの大嫌い!
なので写真を撮る余裕もありませんでした。
肝心のお味はデミソースたっぷりで正統派のハンバーグです。
小皿にとって冷ましながらゆっくり頂きました、美味しい!
ものが飲み込みにくい時にハンバーグは良いです、食べやすいです。
新たな発見をしたのでした。
そして全てにおいて東京のつばめグリルととても良く似たお店でした。
実際、隣の老婦人は「この店は東京にもあるねんで」と言っていて、
(いや似てるけど違うお店よ!)と心の中で突っ込んでいました。

食後は入場券を買い、夫を見送るべく新幹線のホームまであがりましたが、
彼が車内へ乗り込んだ瞬間に、振り向きもせずに階段へ急いだのでした。
それくらい猛烈に暑かったのです。
 新幹線ホームで見送るわれひとり 夏の予定は白紙のままで

それから池田まで行って、所用を済ませて、汗かき帰宅したのは
夕方5時前、暑さは依然として続いていました。
残暑、残暑、残暑。


[PR]
by orochon3 | 2017-08-22 09:59 | 日記 | Comments(0)

久しぶりのプール

金曜日は8月1日以来、17日ぶりにプールに行きました。
こんなに間があいたのは久しぶりです。
プールはガラガラだったのですが用心して
20分だけ泳ぎました、それでもしんどい。
普通に身体は動くし、ちゃんと泳げているので
何がしんどいということはないのですが、
珍しく少し休みながら泳いでいました。
思えば私も夏が終われば五十路です。
いつまでも同じように身体が機能するわけではなく、
色々なところに支障が出てきているみたい。

久しぶりに泳いだ翌日は、ヤッパリ!
腰が少々痛かったです。
泳げない期間には色々と対策は練っていたけれど
やはり運動不足は否めなかったようです。
けれど、土曜日もプールへ行くことができたので、
少々ガンバッテ25分泳いでみると前日よりもイイ感じ。
そして翌日の日曜の朝のことです。
ずーっと悩まされていた右肩から腰のシビレが少し軽くなり、
身体全体もちょっとですがスッキリしたみたい。
ああ、身体は嘘をつきませぬ。
年齢に関係なく、賢い身体を作らなければと実感したのでした。
そして泳ぐのは私にとって良いことなのだと改めてわかりました。
何より泳ぐの大好き。

昨日はマンションの雑排水管の清掃の日でした。
毎年この時期にあるのですが、これが済むと8月も終わりに
近づいたのだなあといつも思います。
でも、まだまだ暑い!今日はまた格別暑い!!
とっておきのローヤルゼリーのドリンクを飲みました。
 べたべたとまとわる汗が身にこたえ 残暑にまけてため息の朝

[PR]
by orochon3 | 2017-08-21 09:19 | 美容&健康 | Comments(0)

矛盾のカレーうどん

このあいだから、ずっとカレーうどんが食べたくて、
でも暑い、でも食べたい、というどうどうめぐりが続いていました。
カレーを煮いてその残りから自分で作ったカレーうどんが
私は一番好きなのですが(おんちの出汁に多いに助けられます)、
それはカレーを煮くところから始めないといけません。
この暑い中、カレーを煮くなんて地獄、、、イヤ。
それなら少々妥協して外のカレーうどんを食べに行きましょう。
本当ならあの羽曳野のカレーうどんが食べたいのですが、
そこまで行くと考えただけで気が遠くなります。
ならば!
ものすごく近場でものすごく平均点のカレーうどんを食べに
クラッセに行こう、あの中なら涼しいはず。
ということでこの間の金曜日に出かけてきました!

文明の進歩に違和感、、、と文句を言っていたのはつい先日のこと。
その文明の恩恵に自らすすんで浴しようなどと矛盾している!と
思われることでしょうねぇ、お恥ずかしい。
でも、エアコンが効きすぎるくらい効いている店内で頂く
熱々のカレーうどんの美味しいことと言ったら!

b0019591_08104515.jpg
贅沢して小さいながらも海老天カレーうどん。
もちろん白ご飯も頂きました、サイコウ。
ただ、哀しいかな、よくよく噛まないと飲み込めないので、
ゆっくりゆっくり時間がかかるのです、そうすると冷めるのです。
そして途中でお腹がいっぱいになってしまうのです。
おうどんの三分の一とご飯の半分を夫へ進呈しました。
その夫はカツ丼とおうどんのセットをどちらも大盛りにしていました。
彼は早食いです。早々に食べ終わって私がゆっくり噛んで食べるのを
じっと待っていてくれましたが、お店を出てから
「サンドイッチ食いたい」と言ったので驚いた次第。
涼しくなったら一番にカレーを煮いてカレーうどん作ろう、
と強く心に誓いました、、、喉が治っているといいなぁ。

朝、蝉が鳴き始める時刻が遅くなりました。
そして蚊が元気になり始めました。
 夏はきぬ歌いしころのはや過ぎて夏は終わりに向かいおりしか

[PR]
by orochon3 | 2017-08-20 12:50 | 日記 | Comments(0)

便利過ぎる

来週、夫が博多に仕事で出かけることになりました。
3日という短期間ではありますが、そのホテルと新幹線を予約する為
先日から日本旅行のサイトをチョコチョコと見ていました。
博多駅周辺にはものすごくたくさんホテルがあるのに
どこも満室で、なかなか空きがありません。
いったいどうなっているのか?何か催しがあるのか?
ものすごく知りたくなって、あるホテルへ電話をして尋ねました。
すると、平然とした態度で「博多駅周辺はいつも混んでいます」
という答えが返ってきてビックリ。
ものすごい人が博多へ集まってきているらしいです、ふうん。

いろいろとトライしてみるもなかなかホテルはとれませんが、
もう日延べする?と言いだした夕方頃になってようやくとれました。
まあ許容範囲内の駅近くのホテルです。
良かった、良かった、と喜んでネットから購入したのでした。
この日本旅行の新幹線と宿泊のセットは、昨秋の博多お相撲旅行
の時にも利用しているので、段取りはわかっています。
まず希望の新幹線の時間帯をリクエストして、
新幹線の席が確保できたらクーポンが郵送されてくるのです。
ところが、今回は出発日が迫っているので間に合うのかなー?
と私は密かに心配していました。
その日の夜には新幹線の席が希望の時間帯で確保できたという
メールがとりあえず届き、良かったねー!と喜んでいたら、、、
翌朝のこと。
ピンポーンとなって郵便屋さんがやってきて、
ホテルと新幹線のクーポンが届いたのです!
なんということでしょう。
早いにも程がありますよねえ。
こんなに便利になって良いの?こんなに速くて良いの?
なんだか不安になるのは古い人間だからでしょうか。
完全に世の中のスピードについていけていないどころか、
どうにも違和感だらけ、頭の中はハテナだらけ。
 急速な進歩に抱く違和感が不便な頃を懐かしませる

[PR]
by orochon3 | 2017-08-19 08:05 | 日記 | Comments(0)

椿姫の思い出

朝晩過ごしよくなりましたが、
また暑さはぶりかえしたような、、、
一度涼しさに慣れた身にはきついです。もうやめて。

納戸を掃除していて思わぬものが出てきました。
去年すべて処分したと思っていた写真です。
未練たらしく紙袋につめられていて100枚以上はありました。
あの時捨てることができなかったようですが、
なぜこれらの写真をわざわざ実家から持ち帰ってきたの?
と去年の私に聞きたくなるような写真ばかりなのです。
やっぱりあの時、普通の状態ではなかったのかしらん。
あれだけの写真を捨てたのに、なんでこれだけ残したのかな。
今朝、改めてまた処分したのは言うまでもありません。
もういや!

その中の一枚、これはここに残しておこうと思います。
20代の頃に祖父が欧州へ連れて行ってくれました。
この写真は、その時に祖父が是非とも訪れたいと言って一緒に行った、
モンマルトル墓地にある椿姫のお墓です。
正確には椿姫のモデルとなった方のお墓なのでしょうが、、、。
何故か祖父は椿姫ではなく”マルグリット・ゴォチェ”と
正式にフランス語で呼んでいたので、
墓地の係員さんに椿姫のお墓を尋ねる時に、
”マルグリット・ゴォチェ”と言ったらすぐに通じたことが
印象深く思い出に残っています。
陶器でできた紫のクッションみたいなものと赤い椿で
華やかに飾り付けられた椿姫に相応しいお墓でした。
b0019591_15494237.jpg

私も1936年製作の椿姫を観て大感激したのを覚えていますが、
それはこのお墓に行った後だったように思います。
若きロバァト・テイラァの素晴らしくカッコ良かったこと!
グレタ・ガルボの美しく哀しかったこと!
文字通り”紅涙をしぼる”のを眼前にしたのでした。
明治生まれの祖父はあの映画を観たのでしょうか。
あの時色々と聞いたのかもしれませんが、
なぜかすっかり忘れてしまいました。

私が覚えていることといったら、
この時にサンジェルマンの”ET VOUS”で買ったこの真っ赤なジャケツ。
この赤い色に一目惚れしたのです。
そしてその赤に合わせて探しまわったバッグ。
そういえば赤は10代の終わり頃から20代の半ば頃まで
私にとってかなり身近な色だったことを、
この写真を見て久しぶりに思い出したのでした。
 いつかしら赤い椿の飾られたお墓の前に真っ赤なわたし

それにしても、この一枚をとってみても、
なぜこの写真を残そうとしていたのか不明。

[PR]
by orochon3 | 2017-08-18 15:23 | | Comments(0)

暑気払い

実に久しぶりに餃子を食べに行きました。
ひと月弱ほどぶりです、行くのはいつものあのお店。
ココ数日の”飲み込みにくい”症状は依然としてありますが、
少しずつよくよくかんで食べれば大丈夫。
そして今日はもうひとつお目当てがあって、それはキムチ炒飯。
先日の白楽天の五目炒飯とは両極にあるような炒飯ですが、
私は大好きなのです、この暑い日々にはパンチがって相応しい。
餃子とキムチ炒飯の最強コンビで暑気払いだ!というわけ。
小さなスープがついているのもウレシイです。
飲み込む力を強くするには、一味と黒胡椒が効果的だと
先日テレビで言っていました。
以来、私は毎食どちらかを摂取していますので、当然この日も
スープに黒胡椒をたっぷりいれて、餃子のタレにも入れました。
これで準備万端。

b0019591_12181909.jpg
キムチ炒飯はやっぱり美味しかったですねぇ。
なんだかシャキっとします。
そして餃子は久しぶりなせいか、美味しさ倍増。
ただ、少しずつよくよく噛んで食べるせいか時間がかかります。
ということは料理が冷たくなっていきます。
そして時間がかかるせいか沢山食べることができません。
それが少々寂しいですが、それでも美味しく頂いて、満足満腹!
 スパイスの不思議な力で暑気払い リセットしたい心も身体も 

帰りにはサーティワンで大好きなチョコミントまで食べてご機嫌でした。

[PR]
by orochon3 | 2017-08-17 13:00 | 日記 | Comments(0)

お盆の蝉

昨日の夕方のことです。
ベランダのある部屋の窓ガラスに、蝉が突進!してきて
ガラスにぶつかりました、割と大きな音がしたので、ビックリ!
見てみると、仰向けにはならずにじっとしていました。
暫くしたら飛んで行くだろうと放っておいて、
また見てみると、まだそのままの体勢でじっとしています。
これはいやだなぁ。蝉がじっとしているから死んだのだろうと思って
つついたりしたら急にバーッ!と飛んでビックリしたことが
今迄に何回もあります、そしてそれが大嫌い。
明日の朝洗濯物を干していて、急に蝉が飛んだりしたら、、、
想像するだけでオソロシイです。
ちょうど側にいた夫に蝉をどかせて欲しいと懇願しました。
彼がクモの巣取りの棒で蝉をつついたら、
案の定蝉はいきなり飛び立ちました、元気ではないですか!
ちょっとベランダの柵にぶつかりましたが、
夫の導きですき間からぐーんと元気に飛んで行きました。
ナニしに来たんだろ???
そこで思い出しました、ああ15日、送り火をたく日でした。
帰る前に誰かが私に会いにきたのではないかとふと思ったのです。
でも誰だろう?
ぜんぜん思い当たるふしがなく、どなたかはわかりませんが、
わざわざ私のところに寄っていってくれたのではないかと、
とりあえず蝉が飛んで行った方の空に向かって手を合わせました。
ありがとう。
 送り火に送られし蝉飛び来たり別れをおしみつつ飛び立ちぬ

[PR]
by orochon3 | 2017-08-16 15:18 | 日記 | Comments(0)

8月15日

なぜ、このお盆の時期にあわせるようにして
日本は無条件降伏をしたのでしょうか。
毎年のことながらあまりに切ないことと思われてなりません。
数えきれないたくさんの御霊が安らかでありますように。

そして8月の前半が終わりました。
いつもの如くあっという間でした。
去年の夏と違って静かで落ち着いた毎日でしたが、
後半はどうなるやら、、、。
予定していた納戸の整理は当初の目標の30%しか進んでいません。
ともかく後半も続けて頑張りましょう。

お弁当持参の夫の仕事がようやく落ち着きました。
今日からはお弁当を作らなくて良いのは少し寂しいですが、
やはりあれがずーっと続くのは大変ですよね。
8月の後半はまだ少し忙しいようですが、
月末あたりには懸案だったお墓参りに行けそうです。
三重の久居にはお義父さん、和歌山の新宮には
お義母さん方のおばあちゃんが眠っていて、
ずいぶんご無沙汰しています。
お盆にもお彼岸にも行けなかったので、
この度には行かなければならないでしょう。
いつも車で行くのですが、実はこれがちょっとした旅気分!
それまでには、この”飲み込みにくい”症状がおさまっていることを
切に切に祈ります。
この暑い中、喉をきたえるというトレーニングを
高校野球を見ながら頑張ってやっているのだから!
気分はもう高校球児。
 栄冠はいずこの上に輝けど流した汗と涙は潔し

[PR]
by orochon3 | 2017-08-15 12:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(138)
(115)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧