<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

全治二か月(自己診断)

今月あたまに痛み始めた左手の甲が
まだいつまでも痛くて、どうしたものかと
ずっと気にかかっていました。
原因はどうやらゴミ袋をしばる時に人差し指と
親指を変にひねってしまったからのようでした。
というのも、その時には確かに激痛が走ったのに
すぐに治ってしまって私自身が忘れていたからです。
その数日後から急に痛み始めたので、しばらくは
なぜこんなところが痛いのかわからなかったのです。
まぁ原因がわかったからといって治るわけでもなく、
いつまでもいつまでも痛いのでイヤだなあと思い煩って
うっとおしい日々を送っていました。

昨日の午後、洗い物をしていて激痛がはしり、
まったくユウウツになってしまいました。
いったいいつになれば治るのか先も見えず。
手の甲だけでなく、右の肩から腕、そして手首まで
うずくような痛みがずっとつながっているのです。
お風呂の中で温もりながらその場所を辿りながら
皮膚をつまんでゆらゆら揺らしてみました。
すると痛む手の甲のピリピリ感が薄れています!
調子にのって今朝もずっとつまんでは揺らしました。
ちょうどいつも診てもらっている先生のところへ行く日
だったのですが、先生もだいぶ良くなっていると言います。
そうなんです、ピリピリもだいぶなくなったんです、
張り切って私も言いました。
「もう治らないかと思っていたから、ウレシイ」
すると先生は笑いながら間髪入れずに言いました。
「ぼくは治ると思ってました」
ああ、良かった。
全治まであともう少しかかりそうですが、
とにかくバンソウコとはこれでサヨナラできそうです。

駅まで迎えにきてくれた夫と久しぶりにららぽーとへ。
ランチはさぼてんのトンカツを食べましょう。
私は欲張ってヘレカツ、ロースカツ、海老フライ、カニクリームコロッケ
の全部ついているさぼてんセット。それにまだミンチカツもつけて!
どれも小振りですがすべて美味しかったです。
それぞれの半分を夫のお皿へ移したのですが、お腹いっぱい!
b0019591_14070354.jpg
色んな種類が食べられて嬉しいセットメニューでした。
防寒のあったかいパンツを一本買いました。
美味しいマフィンも買いました。
ほのぼのと幸せになりました。
 銀杏葉がペイブメントを鮮やかな黄金に染めて秋のフィナーレ

[PR]
by orochon3 | 2017-11-30 15:25 | 美容&健康 | Comments(0)

すき焼きでお祝い

昨日、法務局から電話があって、
書類がとおったということでした。
もう行かなくて良いそうです。
ヤッター。

ということで決算も無事済んだし、
色々のことが滞りなく済んだということで、
心祝いにすき焼きをしました。
こういう時、すき焼きというのはまったく適した
ハレの食べ物なのですねぇ。
実は今迄あまり好きではなかったのですが、
夫の大好物でもあり、私も最近甘いものが大丈夫に
なったということで、味付けは夫に任せて挑戦!
果たして、美味しく頂くことができました。
何と言ってもすき焼きの玉葱と白葱は最高です。
そして〆におんちのおうどん、、、美味しかったァ!
お肉は熊本のお肉でしたがなかなか美味しいお肉で、
すき焼きによく合いました。
何か良いことがあったらまた食べましょう。

食べたあとには部屋中にすき焼きの匂いが充満して
一日換気扇をまわしたのに今朝にはまだかすかに
すき焼きの匂いが残っていました。
 すき焼の残り香ただよう今朝の部屋寝ぼけまなこに幸せの匂い

[PR]
by orochon3 | 2017-11-29 15:57 | 日記 | Comments(0)

ハプニングが起きました

昨日は法務局に行って帰ってきたあと
午後からちょっとしたハプニングが起きて、
バタバタとした結果、良い方向に落ち着きました。
と、思っています。

何があったかというと、、、
10月末に届いたお知らせによって、
夫が仕事上の倉庫として長年借りていたシャッター付の
ガレージが年末閉鎖という衝撃的な事実が発覚したのです。

大量の荷物を倉庫に収めていた夫は慌てました。
すぐにあちこちのシャッター付ガレージを探しまわった
のですが、なかなか空きがありません。
ようやく家からもそう遠くない場所に見つけて
11月末に契約の段取りをつけひと安心、、、
していたのです、そう昨日までは。
昨日、件のガレージのオーナーであるおじいさんに
確認の電話をかけてビックリ!
おじいさんは長々とうだうだ話を話し続けた挙げ句、
賃料を値上げして×万円だと言うのです。
賃料は○万円と看板にも明記されていますし、
今月初めに電話で話をした時にも確認していました。
それが「いや×万円です、○万円だなんて言うてません」
と言いだすおじいさん。
どうやら夫の電話の後から、同じ閉鎖になるガレージを
借りている人たちがこのおじいさんのところへ連絡してきて、
おじいさんは態度を変えたみたい。
なんてインケツ。

すぐさま改めてガレージを探しましたが空きはなく、
方向転換してトランクルームを探すことにしました。
一番広いトランクルームももう空きがなかったので、
譲歩して二番目の広さの物件を探すことに切り替えました。
いま倉庫にある荷物を思い切って整理する必要がありますが、
仕方なしと割り切った夫。
すると数十分で空きがみつかったのですぐに現地へ行って、
もう即決し、おじいさんには断りの電話をしたのでした。
遠いとか広さが足りないとか欲を言えばきりがありませんが、
トランクルームはとにかくガレージよりもずっときれいだし、
なによりあのおじいさんと関わるのはもうイヤ、と夫。
ということで良い方向で落ち着いたというわけです。
12月に近づいてきて、ただでさえ気ぜわしいのに、
あのおじいさんにすっかり振り回されてしまいました。
 おだやかな小春日和にひっそりと一輪咲いたさざんか凛々し

[PR]
by orochon3 | 2017-11-28 16:04 | 日記 | Comments(0)

法務局、で買い物に行く

今朝は早く出て再び法務局へ行きました。
これで最後になるといいな。

用事はあっという間に終ってしまったので、
帰り道にある御影クラッセに寄って、
ちょうどお昼になったのでランチをしました。
杵屋さんで彩りうどんとかやくごはんの定食。
この間からきつねうどん再デビュウを果たしたので、
きつねうどんにしようかと迷いましたが、
彩りうどんには何から何まで入っています。
海老天、大葉天、きつね、出し巻、梅干し、わかめ。
おまけにかまぼこまで、、、夢のオンパレードとは
まさしくこのことでしょう。
わかめはちょっと余計で、きつねはこないだの
食堂の方に軍配があがりましたが、
いろんな具の味が混ざって、お出汁はたいそう美味しく、
身体もポカポカ。満腹満足でした、ごちそうさま。

b0019591_14334162.jpg

そのまた帰りにニトリに寄って、
冬のあったかいスリッパを買ってもらいました。
去年の冬はまさかのしもやけに泣いたので、
なんとしてでもしもやけを防止したいのです。
その第一対策としてのあったかスリッパ。
そしてしょうが湯が良いらしいので買ってみました。
しもやけ、もうイヤ。
 やわらかな小春びよりの陽をあびて冬の寒さをしばし忘れる

[PR]
by orochon3 | 2017-11-27 14:52 | 日記 | Comments(0)

フンマンやるかたなし

あっという間に11月も残り少なくなり、
いろいろとやらなければいけないこと、
行かなくてはいけないところ、
行かなくてはイケナイわけではないけれど
行きたいところ、などなどたくさん残っているのに
無情に日々は過ぎていってしまいます。
12月に入ればもっと速度をあげて日が経ってしまい、
あっという間にお正月を迎えるのでしょう。
ということは、結局は何をしても何もしなくても、
お正月はやってくるのだと思うと、
もう何もしないでおきたいと思ってしまうのですが、
そういうわけにもいかないでしょうね。
今年のお正月は初めての夢のような体験でした。
三が日をホテルで過ごすなんて、もうないでしょう。
今度のお正月はいつものお正月に戻って、
バタバタの三が日になるのですね、仕方なし。

今場所は本当につまらなかったです。
碧山が出たり入ったりはしたけれど
つごう8名の休場だなんて、、、。
もう勝つよりまずは怪我をするなと言いたい。
怪我じゃないのに休場もいるけれど。
 情けなし終ってみればまたしても一人横綱一人大関

[PR]
by orochon3 | 2017-11-26 13:23 | 日記 | Comments(0)

源氏物語の言葉

「源氏物語」(瀬戸内寂聴)は若葉の中盤、
とうとう柏木が女三の宮の姿を見てしまいました。
これから彼が辿る道を思うと、あれあれ、見てはダメ!
と心の中で思わず言ってしまいました。

若葉に入ってから急に皆さんの台詞が多くなり
なるほどねえ、と感じ入ってしまうことも
しばしばになりました。
先日は、源氏の院が明石の女御に言った言葉が
深く心に残りました。
『もともと親しいのが当然の夫婦の仲や
 切っても切れぬ親子や兄弟などの睦まじさよりも、
 他人がかりそめのほんの少しの情けを示したり、
 一言でもやさしい言葉をかけてくれたりするのは、
 並々のことではありません』
これは紫式部ご本人のご意見なのでしょうか、
誠にごもっともなお言葉ではありませんか。
親兄弟よりもまったくの他人である方々から
思いがけない親切を頂いた時のあのなんともいえない
幸福な気持ち、心底からのありがたい気持ち。
そんな気持ちにしてくださったあの顔、この顔が
次々に浮かぶということは私は本当に幸福な人生を
歩んで来れていたのだと改めて感謝しましたが、
果たして私は他人様へそういうことが出来たことが
これまでにあったのでしょうか、
50年の生きてきた道を顧みても思い当たらず、、、嗚呼。

また、少し戻りますが梅枝の中で、
源氏の君が紫の上のご筆跡(て)を評して
『あなたの字は、ものやわらかで、
 なつかしい風情のある点では、格別なのだから』
とお褒めになった言葉が琴線に触れました。
まさしく理想の”おて”ではないですか。
そういう字が書けたならどんなにか愉しいでしょう!
源氏の君は六条の御息所の”おて”があまりに素晴らしく
それ故にあらぬ浮き名を流すこととなったのだとか。
そういうきっかけもあるものなのですね、、、。

文章を読んでいる時にふと、その時その時の
自分の心に響く言葉が見つかるのは読書の愉しさです。
そしてこの「源氏物語」の奥深さには驚くばかりです。
 三日月がましろにひかる寒い夜うかれた冬はそこまできてる


[PR]
by orochon3 | 2017-11-25 14:27 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

吞んべえの番組

毎週土曜日の夜、テレビ大阪で放送されている
「おとな旅あるき旅」という番組が好きです。
JR西日本がスポンサーなので旅先は電車で行くところ。
どこへ行くのも大阪駅からの行き方が基本です。
とても身近なところに行っているのを観るのは
新鮮な発見があったりして良いですが、
何かというと琵琶湖周辺に行くのもウレシイです。
お酒好きの三田村邦彦がひたすら呑んだくれて
すぐに酒蔵や酒屋に入って行くのもタノシイです。
先週は天理に行って山辺の道を少し歩きましたが、
私の興味は山辺の道よりも今市の豊澤酒造さん。
豊祝や儀助というお酒、呑んでみたいものです。
というように、いつも色んなお酒を教えてくれて、
実にお勉強になる番組なのです。
明日は久しぶりに和歌山湯浅への旅。
何を食べて何を呑むのかしらん。
 あおぞらに寒風わたり照る紅葉 陽射しもみちてほがらかな朝

あいかわらず日馬の事件関連のニュースばかりです。
貴乃花親方は「頑なすぎる」とか「生き方が下手」だとか
果ては「変わっている」とか言われていて、
今の私にはまるで自分に言われているようで、
いたたまれません。
正しくないことを”正しくない”とはっきり言い、
態度にしめすことは、そんなに良くないことなのかしらん。

[PR]
by orochon3 | 2017-11-24 14:06 | 日記 | Comments(0)

泳いで元気

諸般の事情で9日ぶりにプールへ行きました。
すっかり寒くなったので恐る恐る行ったのですが、
プールサイドのミストサウナに入ると極楽気分!
ドライサウナも岩盤浴も苦手になった今、
ミストサウナは私の最後の砦です。
しっかり蒸気をまわすと全身ぬくぬくホカホカ。
まるで豚まんになった気分です。
そしてもう限界!になったらシャワーを浴びて
プールに入れば、水の冷たさはほとんど感じません。
30分あまり泳いでいたらなんと気持ちの良いことよ。
久しぶりなのでかなりしんどいのですが、
やっぱり水の中を進むのは快適、爽快でした。

久しぶりにお馴染みの方々にもお目にかかりました。
仲良くして頂いているロマンチック・マダムは、
私たちのことをとても心配していて下さったようで
開口一番「元気だったのぉ〜」と再会?を喜んでくれました。
泳いだ後はジャグジィでお喋りして、
パウダールームでもお喋りして愉しかったのですが、
皆さん、色々と身体の不調がおありなんだそうです。
かく言う私も手の甲の痛みはまだ治らず、
アゴの不調も相変わらずです。
「私も色々痛いところがあるんですよー」と言うと
とても驚かれました。
そんなに元気に見えるのかしらん。
まぁ、私も含めてこうしてジムへ来て運動をしていれば、
どこかに痛みがある人には見えませんよね、と言って
アハハと笑ったらなんだか気分が明るくなりました。
 にぎやかにプールサイドはお喋りのはながひらいて笑顔ほころぶ


[PR]
by orochon3 | 2017-11-23 16:12 | 美容&健康 | Comments(0)

きつねに戻る

昨日は代引きの品物が午前便で届くはずだったのに
結局届かず、なんだかグズグズになってしまいました。
買い物もあったのでとりあえずスーパーマーケットへ行って、
そこの食堂でお昼ご飯におうどんを食べることにしました。
選択肢は色々あったのに、あまりに寒くて汁物が欲しい!
おうどんは、きつね、かきあげ、肉の三種類ありました。
いつもならかきあげに即決するところですが、
何故だかこの日は”きつね”が頭から離れません。
きつねうどんなんて、もう何十年も食べたことないのに。
最近、甘い物を食べることができるようになったせい?
なのかどうかわかりませんが、あの少し甘くなったおつゆに
七味を効かせればさぞ美味しかろうと強く思ったのです。

ところで。
昨今の讃岐うどんブームには少し困っています。
若い頃は私も讃岐うどんにウツツをぬかし、
生醤油だーとか言って讃岐まで行ったりもしましたが、
ふと気がつくとうどんにコシなんて要る?と気づき、
近頃はアゴが痛むのでひたすら柔らかいものが良いし、
何よりも、おうどんとは八割がお出汁!だということに
ようやく戻ってきたのでした。
そしてうどんにコシ要りません、エッジも要りません。
できれば丸くて、ひたすら柔らかくツルっとして
モチっとしてくれていれば文句はありません。
なのに、最近はうどんが美味しいというお店は、
よくよく見て聞いてみるとどこもほぼ讃岐系。
昔、どこにでもあったおうどん屋さんが、近所には、
気がつけばほとんど見当たらなくなってしまいました。
そうなると自分でスーパーでおんちのうどんと出汁を買い、
好きなかやくをのせて食べるしかないのです。
ああ、普通のおうどんのお店ないかなあ。
と最近はいつも探していたのでした。

そこへ、このスーパーマーケットの食堂は、
メニューはなんでもありの食券制です。
もしかしたら、あの、普通のおうどんかも、、、
と淡い期待を持って臨んだのですが、
果たして、何十年ぶりかのきつねうどんは、大正解!
ごくごく普通のお出汁で、うどんは柔らかい期待通り。
きつねも甘すぎずさらっとしていて、
懐かしいあの昔食べていたきつねうどんでした。
七味を効かせて、身体もポカポカ。
これで290円というのですから恐れ入りました。
 おばさんとこどもが大好ききつねうどん かやくごはんがつけばなお良し

もう話題にするのはよそうと思いながら、
稀勢の里、やっぱりダメでしたね。
世間は日馬の事件でそれどころじゃないし、、、。

[PR]
by orochon3 | 2017-11-22 14:32 | 日記 | Comments(0)

優雅な洋食屋さん(2)

昨日は仲良しの友達と洋食の会でした。
忙しかった彼女とヒマな私の願いはひとつ、
八月に行った精養軒への再訪。
仕事がようやく一段落ついたと彼女から連絡があり、
ようやく昨日、寒い中、再訪が叶いました。
寒い中といっても彼女が車を出してくれるので、
乗っているだけの私は寒くなんかありません。
極楽気分であっという間に青谷に着きました。

三ヶ月ぶりの精養軒は、やっぱり良いお店です。
静かで明るくてホッとします。
寒いけどお庭側の席に座るとウキウキ感が高まり
メニューを開く手ももどかしく「何にする?」。
迷って迷って、私はハヤシライス、彼女は初志貫徹で
シーフードピラフに決めました。そしてモチロン、
お約束のカニクリームコロッケを半分こしましょう。
ここで私はカメラを忘れてきてしまったことを知り
落胆してしまいました、、、
というのも、供されたハヤシライスがモノスゴイ量!
友達のシーフードピラフも一合はあるボリューム。
これはきっと吾が夫も大満足だと思いました。
彼に見せてあげたかった、、、。
(今度一緒に行けば良いだけの話ですが)

肝心のお味はというともう涙が出そうなくらいの
美味しさ、優しくて丁寧で、正しい洋食です。
友達のシーフードピラフも少しもらいましたが
貝柱と海老がたくさん入っていてにんにくの効いた
しっかりめの味付けが嬉しい。
前回も頂いたカニクリームコロッケは、
カニがこれでもかと入っていて、クリームは
こよなく優しい。食べてしまうのが惜しい!
というくらい美味しくて自然と笑顔になりました。

珍しくお食後にミニクリームブリュレを頂き、
二人で半分こしました。
これもまた優しくて嬉しくなってしまうお味。
静かな店内、親切なお給仕、何もかもに大満足で
今度はもう断然ビーフシチューを食べようと決めて
お店をあとにしました。

このお店に来ると、二人の母校の前を通ることができ
ワイワイ思い出話をしながら帰るのもすこぶる愉しい!
彼女と通るから余計に愉しいのだと思います。
彼女のおかげで良い学生時代を過ごすことが
できたのだなあとあらためて思ったのでした。

いろいろあるけれど、美味しいものを食べて、
たくさん笑おう、そうすればなんとか乗り切れる、
つくづくそう思った一日でした。
 なつかしい母校のすがた垣間見て思い出話ができる幸せ

[PR]
by orochon3 | 2017-11-21 14:20 | 日記 | Comments(0)