大きなひと区切り

年末に向かって、何故か?読書のスピードが
あがってきて、気がつけば紫の上が亡くなり、
とうとう源氏の院が亡くなってしまいました。

"幻"では一年をとおした様々な雅な事柄の中、
こちらまでもがウツウツとしてしまうほどに
源氏の院は紫の上の死を嘆き悲しみ、
ひきこもって泣いてばかりいました。
これはいったいどうなることよ、、、と、
私も夕霧さんたちと一緒になって心配していましたが、
いやいや心配ご無用、とばかりに、最後になるであろう
仏名会の時にお出ましになった源氏の院は、
光源氏とよばれた頃をしのぐほどに光り輝き、
お美しいお姿、、、嗚呼、まさしく光源氏!
と感激屋の私は感極まり胸がいっぱいになったのでした。

巻末にある瀬戸内寂聴の「源氏のしおり」には、
 『延々とつづいた一年間の源氏の嘆き節に
  付き合ってきた読者もここにきてはじめて
  胸のつかえがおりたように思うだろう。
  紫式部の大サービスの巧妙な源氏退場の
  演出だった』
と書かれていて、激しく頷いたのでした。

そして頁をめくれば、ただ、”雲隠”とだけあり、
白紙、、、。
諸説あるとのことですが、私も素直に寂聴さんに同意。
紫式部があえて、題名だけ、本文なし、という斬新な
形式をとったのではないかと思いました。
あの仏名会の時にひきこもりからお出ましになって、
後光のさすほど美しい姿を皆にお見せになり、
そこでチョキンと切っておしまいにされたことによって
なんともいえない余韻が残りました。
あの延々と続いた嘆き節がここで大きく転変するのが
実に実に快く、それこそが光源氏。
いよっ!光源氏っ!とかけ声がかかりそうではないですか。
 ありがたき光をはなちお出ましに光源氏の本領発揮

読み始めた頃は、既に知っていることをなぞるような
なんとなく、という感がありましたが、
途中、玉鬘サンのあたりからぐいぐいと引き込まれ、
気づけばどんどん引っ張られるように読んでいました。
単純に面白かった、たのしかったという感想は、
果たして良いのかどうかはわかりませんが、、、。

[PR]
by orochon3 | 2017-12-17 16:51 | | Comments(0)

ひとりのきつね

ギックリから二週間が経ちました。
きちんと段階をふんで回復に向かいつつあり、
とても難儀していた車の乗り降りについては
「イタタタ」と言うことがほぼなくなりました。
(うちの車は少し高さがあるので、普段から、
乗り降りに難儀しています)
いまだにツライのは腰をかがめることで、
顔を洗ったりする時が一番しんどいのです。
そういえば、10年前もまったく同じでした。
「お辞儀ができないなんて致命傷です」と
社長に窮状を直訴したのを思い出しました。
なにせサーヴィス業でしたから、、、。

今日はひとりごはんです。
大好きなおんちのきつねうどんとおむすび。
b0019591_12133028.jpg
大きなきつねは食べ応えじゅうぶん!
猫舌には食べにくいので四つに切っておきました。
(あれれ、一切れどこにいったんだろ???)
もっちり柔らかなおうどんと上品まであと一歩のお出汁、
おネギはクタクタに煮くのが好きです。
あぁおんちかった!
 しあわせの黄色いおあげほっこりとお出汁は香るうどんは躍る

[PR]
by orochon3 | 2017-12-16 16:41 | 日記 | Comments(0)

東部のオリーブ

今日はカインズへ諸々の買い出しに行って、
ついでに夫のリクエストで洋食を食べに
東部市場のオリーブキッチンへ行ってきました。
私は5月に友達と行ってお気に入りになったところです。
大盛りだから夫にも紹介していたのでした。
私は前回とーっても気になっていた焙煎カレーを注文したら
お店のお姉さんが上に何かのせたらどうかと言います。
例えば唐揚げとか、と言うので「美味しい?」と聞くと
笑顔で頷いたのでそれに決めました。
どうやらイチオシメニューだったようです。
これはオリカラカレーという名前で、
実は向かいにあるカフェのメニューなのでした。
オリーブカフェはカレーのお店で、オリーブキッチンでも
カレーを頼めばカフェの方から運んでくれるのです。
帰りにカフェの看板を見たら、オリカラカレーは
鶏唐、自家製焙煎カレー、魔法の白いソースと書かれていました。
白いソースはマヨネーズをゆるくしたような味と形状で、
唐揚げにもカレーにもよく合っていて、私は好きな味でした。
肝心のカレーは、ちょっと油断していましたが本格的な、
コクのある美味しさ、あとから辛さがくるタイプですが大満足。
唐揚げもご飯もルゥも大盛りですごい量、到底食べきれません。
これにサラダと福神漬けがついて850円也。

b0019591_15595877.jpg

夫は懸案であったという「オリーブランチ」。
これには”男の夢叶えました”というキャッチフレーズが
ついているのです、男ではないけど私も食べたい内容です。
ハンバーグ、海老フライ、鶏唐、クリームコロッケに、
焙煎カレーと大盛りご飯、そしてお漬物とお味噌汁まで!
至れり尽くせりのランチです、1100円也。
どれもちゃんと作られていて美味しいと彼も大満足でした。
そして食べきれなかった私のカレーも食べてくれたので、
もうハラいっぱい!と言っていました。まぁ当然でしょう。
隣のお客さんが食べていたカキフライは、その大きさに
思わず目がテンになるほどで、後ろの人のカツレツも、
お皿いっぱいの大きさでした。
何もかもが大盛りの夫には最適のお店でした。良かったね。
私は今度は海老フライカレーにしてみようかしらん。
(オリーブキッチンの食べログはコチラ →  )

12月ももうあと半月。
お正月が楽しみな年齢でもありませんが、
ニューイヤー駅伝と箱根駅伝は楽しみ!
と言っても駒澤はもうダメなんでしょうね、、、。
 煩悶のからみまつわる身はつらくどこへも届かぬ悲鳴をあげる

[PR]
by orochon3 | 2017-12-15 16:49 | 日記 | Comments(0)

ナンチャッテ曲げわっぱ

9月の長期予報では、今年は暖冬傾向デス♪
なぁんて言っていたのに、なんとまたしてもハズレ。
ラニーニャ発生で寒くなるのだそうです、イヤだなあ。
12月なのに真冬並の寒さ、というこの数日間に
夫は外の仕事で出かけています。お気の毒さま。
久しぶりにお弁当のリクエストがありました。

夏につかしんへ行った時、私のお気に入りの食器屋さんで
夫がどうしても欲しいと言ってお弁当箱を買ったのです。
今まで使っていたものより少し大きめ(!?)で、
なにせ、彼の憧れである曲げわっぱのお弁当箱です、
と言ってもあの高価なものではなくてナンチャッテの
お手頃価格の曲げわっぱのお弁当箱なので、
そのお弁当箱を使う機を狙っていたようです。

このお弁当箱は2合弱入っておかずもそこそこ入ります。
お約束の卵焼きとウインナーにその他チョコチョコ入れた
重たいお弁当を持って7時には出てかけて行きます。
夏場のお弁当に比べると気持ちがいくぶん楽だし、
前のお弁当箱に比べるとおかずの入れ甲斐があって
それなりに愉しんでいます、、、と言っている間に今日で
そのお弁当作りはおしまい、でも来月末からまた始まるそうです。
 いっこうにその芽を出さぬヒヤシンス固い根球は頑なな吾

[PR]
by orochon3 | 2017-12-14 16:13 | 日記 | Comments(0)

聖徳太子を勉強する

もうだいぶ前のことになるのですが、
NHKの「歴史秘話ヒストリア」という番組で
聖徳太子が取り上げられていました。
最近の教科書では聖徳太子の有名な肖像画に
”伝・聖徳太子像”と書かれているのだそうです。
あの誰もが知っているお札で有名な肖像画です。
服装とか持っているシャクとか髪型から
聖徳太子が生きていた頃のものではない、
もう少し後の時代のものであると判断されています。
そんな、今頃になって何を言いだすんですか?
と、何故かものすごく憤ってしまいましたが、
面白そうだからちゃんと見ようと思って、
再放送を録画してきちんと見てみました。

聖徳太子はもともと厩戸皇子というお名前でした。
それが、皇子の死後に起こった大化の改新や壬申の乱
などの為に世の中が荒廃しました。
仏教を礎にして荒れた国をもう一度たてなおそうとした時、
仏教を広め人々から慕われていた亡き厩戸皇子に
もう一度脚光を浴びさせ再ブームを起こして、
荒れた世をおさめようと画策し、”聖徳太子”という
おくりなを改めてつけた、ということでした。
あの肖像画もその頃にかかれたのではないか、
ということで”伝・聖徳太子像”となるのだそうです。

それにしても、歴史学というのは
私にとっては色々と難しそうで、、、ムニャムニャ
なにせ私の大嫌いな科学的とか地質学的とかをもって
真実を解明していくのです、発掘調査はその最たるもの。
番組内では、巨大道路やダムだとかの痕跡が近年になって
次々と発見され、研究の結果太子の行った事業ではないか、
とみられているということでした。
冠位十二階とか十七条憲法とかだけでなく、
はかりしれない功績があったですねェ。
 たおやかに仏の道をさししめし恙なしやと国書をおくる

[PR]
by orochon3 | 2017-12-13 15:05 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

熱燗様々

いちだんと寒くなってきて、
なんとはやくも寒波がくるという予報をきいたので
今朝は大きなお鍋に豚汁をいっぱい作りました。

ギックリのためジムに行けないので、
夕方からの時間がいつもよりゆったりしています。
早めにお風呂に入ってホカホカでベッドにもぐりこみ、
源氏物語の世界へと沈み込むと至福の時間。
(横になっていると腰はものすごく楽なのです)
そのうち夫も戻ってきて晩酌の始まり。
とりあえずはやっぱりビールが美味しいですが、
その後はお酒に切り替えて、熱燗!熱燗!
今年は早々に”ミニミニかんすけ”くんを登場させました。
6年前に買ったこの”ミニミニかんすけ”くんには、
毎冬ほんとうにお世話になっています。
(6年前の記事はコチラです →  )
そして、今冬私が気に入っているのが上撰白鶴。
前から気に入って愛飲していたは白鶴の特別純米山田錦で、
(その関連記事はコチラです →  )
ずいぶん頂いていたのですが、菊水のスマートパウチに慣れて
しまった身には瓶のゴミ出しが非常に難儀になってしまいました。
そこで目をつけたのが、、、禁断の紙パック。
上撰白鶴は定番中の定番な上に我家の料理酒でもあり、
燗酒にするならこれが私にはいちばんしっくりくるのです。
まぁ、、、熱燗と言っても超猫舌の私の熱燗は、
「冷たい!」と夫が怒るくらいのぬる燗らしいです。
それでも熱燗を頂くと手の先から足の先までポカポカになって
ベッドに入るやバタンキュウと眠ってしまいます。
これで腰痛さえなければ幸せこの上なし、なのですが。
 痛みなくすごせる幸せ感じても痛みが去ればすぐに忘れる

[PR]
by orochon3 | 2017-12-12 16:04 | 美容&健康 | Comments(0)

また天満

朝からまたまた天満に行くと夫が言うので、
ギックリのリハビリ気分で私もついて行きました。
気になるところがあるのです、一緒に行って
お昼ご飯を食べて帰りましょう、そうしましょう、
と有無を言わさない態度でのぞみました。

私がずっと気になっていたのはお好み焼き屋さんで、
天満の駅からすぐ近く、超有名な千草というお店、
ではなくその並びにある「つる家」さんというお店。
外観は古い喫茶店のようで、のぞいた感じも喫茶店?
と思いきや良い匂いのするお好み焼き屋さんです。
夫も乗り気で行ってみると開店11時半、、、まだ11時前で、
用事を済ませても11時でした。
そこでもう一軒、二人して気になっている大一そばの方へ
行ってみたら9時開店で既にお客さんもちらほら。
ヨシ!と気合いを入れて、うどん→お好みという
夢のリレーをすることにしました。

まずは大一のカウンターに座り、
夫は昆布うどん、私はうどんにかやくご飯がついた
うどん定食にしました。うどんは天かす入りです!
とにかくかやくご飯が食べてみたかったので。
もちろん、かやくご飯は半分こしました。
数日前に行ったつつみやさんのおうどんも
とても美味しかったのですが、なんとこちらの方が
だんぜん私の好みの柔らかいおうどんで、
かやくご飯も理想的な平均的かやくご飯で美味しい!
そしてお出汁はなんともいえないギリギリの下品さで、
(上品まであと一歩というギリギリの下品さ加減)
ズルズルといつまでもすすっていたい美味しさでした。
お会計は、うどん定食380円、昆布うどん280円。
美味しさにもお値段にも驚いてしまいました。
(大一そばさんの食べログの頁はコチラ →  )

食後はぷらら天満でブラブラして時間をつぶして、
11時半になってようやく、さあ、つる家さんへ。
自分で焼く式の懐かしい昔ながらのお好み焼き屋さんです。
優しくて気さくなおばさん二人が応対してくれて、
私は豚玉700円、夫は豚玉定食850円を注文しました。
おばさんが「焼きましょか」と言ってくれましたが、
私は豚をてっぺんにしたい派なので自分で焼きました。
もちろん夫も自分で焼きます、と言って二人じっと待ちます。
お好みは時間がかかるのでおうどんを食べてきておいて良かった!

b0019591_14245848.jpg

余裕をもってじっと鉄板の前で焼き上がりを待っていたら、
ちょうど良い頃合いにおばさんがお盆をもって現れました。
お盆には辛子、マヨネーズ、かつぶしが乗っています。
我々のお好みの焼き具合を見たおばさんは、
もう少し焼きましょね、と言ってひっくり返しました。
おばさんの流儀に則ってお任せしましたが、再度ひっくり返すと
まさしくちょうど良い焼き加減になったのです、さすが。
私はソースだけで良いです、夫は辛子以外はすべて、
はっきり主張し、おばさんが手際良くかけてくれた結果がこちらです。

b0019591_14250704.jpg

美味しい、実に実に普通の正統派のお好み焼きでした。
ソースも生地も具も、ああこれが大阪のお好み焼きだわ、
と深く納得して美味しく美味しく頂きました。
(神戸のお好みとはどこか少し違うのです)
ただしさすがに食べきれず四分の一は夫に進呈したところ、
私のお好みは混ぜ方があまい、俺の方が美味しかった、
とダメだしをされてしまいました。
私の食べた部分は非常に美味しかったので、ダメな部分が
夫へ渡ったようです、それは申し訳ないことをした、
と少し反省したのでした。
(つる家さんの食べログの頁はコチラ →  )

それにしてもこの”天満・夢のリレー”は、
毎週行きたいくらい美味しくて大満足でした。
なんの変哲もないいたって普通のお店、
まるで吉本新喜劇に出てくるようなおうどん屋さんや
お好み焼き屋さん、こういうお店が良いです。
用事も済ませお腹いっぱいで帰宅してもまだ1時でした。
 常常にわれの五感を刺激する鉄の双璧ソースとお出汁

[PR]
by orochon3 | 2017-12-11 15:48 | 日記 | Comments(0)

懐かしいラーメン

マルタイの棒ラーメンというのがありまして、
いままで見たことはあっても買ったことも
まして食べたこともありませんでした。
それが先日、水炊きをする時に〆のラーメンを買いに行き、
魔がさしてこれを買ってしまいました。
スープがついていましたがその時は麺だけを食べ、
思ったよりも麺がしっかりしていたので驚きました。
私はもっと柔らかくなるほうが好きなので、
これはもう再登板はないです、と判決をくだしました。

二人前入りなので一人前残っていたところ、先日、
夫が付いていたスープで棒ラーメンを食べていたので、
少し食べさせてもらったところ、ビックリ!
ものすごく懐かしい味、どこかで食べたことがあるような。
あ!と思い出したのは「みゆき」のラーメンでした。
「みゆき」は子供の頃、近所の市場の横にあった
なんの変哲もないラーメン屋さんです。
そこのラーメンを思い出させる味だったのです。
みゆきのラーメンは「美味しい」というものではなくて、
食べに行った回数もとても少なかったです。
我家も含めてうどん文化にどっぷりつかった地域で、
食べに行くならダンゼンうどん屋さんでしたし、
当時はそれほどラーメンが身近ではありませんでした。
誰もが美味しいラーメンというものに頓着していなかった
ように思います。
ひょんなことから懐かしい味を思い出しました。
b0019591_12373292.jpg
(マルタイのHPより)

個人的には小学校の時、代々木の岸体育館の食堂で食べた
醤油ラーメンがめちゃくちゃ美味しくて、その時初めて、
ラーメンというものは美味しいのだと知りました。

腰の痛みが10年前とまったく同じで、
時期もちょうど同じだし、
なんだかタイムスリップしたみたいです。
12月というのはそういう時期なのかなあと
考えていてふと気がつきました。
10年前のあの頃と今の心の状態が、
イヤになるくらいよく似ているのです。
10年前のあの頃、かなり限界にきていました。
そして今、考えないようにしていたけれど、
心の方ではもうじゅうぶんに限界だったみたい。
 腰痛はたしかな心のバロメーター痛みを感じ限界を知る

[PR]
by orochon3 | 2017-12-10 14:20 | 日記 | Comments(0)

食べ納め

今日はいつものクリニックへ行く日でした。
毎月の診察といつもの漢方薬をもらうだけで、
夫も先週の血液検査の結果を聞いただけ、というわけで
二人ともあっという間に終ってしまいました。
今週は本当にもうお医者さん通いがつづきました!

ギックリのおかげで動作がのろいので、
何もかもに時間がかかってしまいますから、
なんでも早め、早めにするようにしています。
それにしてもあまりに早めの度が過ぎてしまいました。
それならせっかくだから、ということで、
尼崎のSATAKEまで買い出しに行ってきました。
(淡路の玉葱が立派で安いので必ず買います)
そしてついでながら、帰りにはいつものところへ。
恐らくこれで食べ納めでしょう。
寒い日にピッタリの五目あんかけラーメンと餃子。

b0019591_14220352.jpg
しょうがのたっぷりのったあんかけはいつまでも冷めず
食べ終わった時には冷たかった手もポカポカに。
途中で酢をかけるとまたさっぱりしてお腹いっぱい、
そしてカリカリに焼かれた餃子も美味しくて大満足でした。
それにしても今年はいったいいくつ食べたでしょう?
数えるのもコワイくらい、、、。
これで食べ納め、一年間お世話になりました。

年末が近づくにつれてこの一年を振り返ることが多く、
いまの自分(とその環境)がつくづくと不思議でなりません。
そして、柏木の帖で夕霧の大将が一条の御息所に仰ったお言葉が
しみじみといまの心に響いてしまうのです。
 「この人の世のあらゆることは、前世からの因縁で、
  そうなる運命なのでございましょう」
かと言ってこれで良いのでしょうか?いいえダメです。
 嘘をつく彼には彼の言い訳があれど嘘には正義はあらず

[PR]
by orochon3 | 2017-12-09 17:13 | 日記 | Comments(0)

三色うどん

今日は朝一番に乳腺クリニックへ行きました。
9月から予約していた検査の日だったのです。
マンモグラフィーとエコーと触診と、
三段階の検査の結果は「異常ナシ」とのこと。
乳腺症の痛みはまぁガマンしてね、と先生に言われて
無事にすべて終了しました。

終ったよーと夫に連絡をして駅で待ち合わせ、
用事で天満に行くという夫に便乗して、
私も一緒に大阪へ行ってきました。
まだ腰が痛くて一人ではこころもとないけれど、
買い物など諸々の用事があったので渡りに舟で
本当にちょうど良かったです。
夫の用事も終わり、ちょうど良いので合間にランチ。
曇天で寒いから何かあったかいモンがいいな。
けれど歩き回るのは今日は無理です。
それではいつも気にかかっていたおうどん屋さんに
この機会に行ってみましょうか、と入ったのが
天満の駅からすぐのつつみやさんです。
(食べログの頁はコチラ →  )
入り口からお出汁のものすごく良い匂いがして
お腹がぐーっとなりました!
店内は明る過ぎず懐かしい雰囲気で居心地良く、
とにかくなんだか良い気持ち。
注文したのは三色うどん550円です。
きつね、海老天、とろろ昆布の三色だと言われ即決。
この間食べた彩りうどんはワカメでしたが
私はここのとろろ昆布の方が断然好きでした。
それにかやくごはんの(小)80円を頼みました。
ほとんどかやくははいってなくて色も味も薄めで、
でもとても美味しいのです、
お出汁のしゅんだきつねを一口かじって、
このかやくごはんを一緒に食べたらもう!
まさしく至福のひとときでした。
ちなみにお店のお姉さんは「さんしょく」ではなく
「さんしきうどん」と注文を通していました。
そういえば、後ろのお客さんの小きつねうどんは
「こきつね」と注文を通していて可愛かったです。
夫はカツ丼とミニそばの定食にしていましたが
これは720円、二人で合計1350円でした。
すべて普通に美味しく、正しいおうどん屋さんで大満足!

いつもなら歩くところ、今日は電車で梅田へ移動して
阪急、阪神と百貨店はしごをして用事はすべて終りました。
買いたいものも買い、かなりくたびれて帰路についたら
まだ12時半を過ぎたところでした。
腰が痛いとあれこれ寄り道できないから余計な出費もなく、
意外に良いこともあるのでした。
 ”異常なし”なにより嬉し言葉聞く毎年ながらほっとするとき

[PR]
by orochon3 | 2017-12-08 15:35 | 美容&健康 | Comments(0)