横着カレーうどん

昨日はまたしてもカレーうどんを作りました。
今回は、カレーからの流用ではなくて、先日スーパーで見つけた
S&Bの和風カレーうどん(HPはコチラ →  )のルゥを
使っていきなりカレーうどんを作ってみました。
b0019591_07140568.jpg
(S&BのHPより)

ルゥを溶かした後に醤油を100mlほど入れるところが少し違うくらいで
作り方は普通のカレーとほぼ同じです。
作る前からどんな味になるのか少し心配していましたが、
醤油を入れる前に味見をしにきた夫が、一口食べて「あまっ!」と叫び
これは甘いで、甘いで、と騒いぐので、醤油を少し入れて私も味見。
醤油を入れても底辺にながれるくどい甘さが残って、イヤな感じ。
醤油を100ml入れたところで再度味見をすると、
甘くてしょっぱい、ちょうどみたらし団子の餡のような味に
カレー風味があるというヘンテコなカレーうどんが出来上がりました。
やっぱり!私の不安は的中したのです。
そこへ出汁やらぢんとらのカレー粉やら生姜やら色々と入れて整えて、
それでもベースにみたらし団子の味がするので微妙でしたが、
八幡屋礒五郎の七味で風味をつけてなんとか頂きました。
食べている時に夫が「これは関東のカレーうどんとちがうか?」と
ふと言ったことに激しく同意!
総体的に出汁の効きが薄く甘い出汁という点で、長年慣れ親しんだ
関西のカレーうどんとはちょっと違っていたように思います。
食べられないほどではありませんが、もうこのルゥは使いません。
毎日美味しい物を食べ続ける日々が続いていましたが、
この日でその記録がストップしてしまって残念無念!
横着したバチがあたってしまいました。
これからはチャンとカレーから作って転身させましょう、、、
と言ってもそれが正解なのかどうかは定かではありませぬが。
 友に会い聞いた話の内容を反芻しつつ過ごす秋の夜

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-21 16:04 | 日記 | Comments(0)

時計と洋食

腕時計を求めて梅田のヨドバシへ行ってきました。
日付のわかる大きな文字盤やライトが点くことを条件に
探していたらBaby-Gに辿り着きました。
50でコレはどうかとも思いましたが、
他に気に入るものがありません。
カワユイものを身につけると女性ホルモンにも良いらしいし、
気持ちだけはいつまでも若いつもりで、
いまの私に無理がなければこれでもいいか、と思いなおし、
色々と迷った挙げ句に残ったものがコチラです。
(Baby-GのHPより →  )
肌がかゆくなるかどうかはまだ不明ですが、
樹脂とのコンビはピッタリ肌に着く感じが弱いと感じました。

そうして新しい時計を早速腕につけてランチへ。
向かった先は新梅田食堂街です。
いつもはお店を見ながら通り過ぎるだけでしたが、
ずっと気になっていたスエヒロへ行ってみました。
(新梅田食堂街スエヒロのHPはコチラ →  )
”梅田で愛され続けて65年”というキャッチフレーズに惹かれます。
こんなど真ん中で65年も続いているってどんなお店でしょうか。

迷わず注文したのはミックスランチ1,300円也。
帆立フライ2ヶと海老フライ1ヶ、案外大きなハンバーグ。
たっぷりのキャベツとトマトに胡瓜。
これにごはんの懐かしい味のコーンスープ、これもたっぷりついています。
海老フライとハンバーグを見ると何故こんなに心がワクワク弾むのでしょう!

b0019591_14313627.jpg
タルタルは酸味がもう少し欲しいところですがちゃんと美味しい。
ハンバーグはほろほろとくずれてしまうほど柔らかくて、
デミソースは見た目よりずっとやさしくてあっさりしています。
もちろん、たっぷりのデミソースはごはんにもよく合います。
夫の注文したロースステーキランチもデミソースがピッタリ。
至福の時とはこういうことを言うのでしょうか。
正しい、そんな言葉が浮かぶ気取らない普段使いできる洋食です。
この場所で65年続いている理由がわかりました。
また来よう、今度は海老のコロッケも食べたいです。

食後は阪神百貨店の地下へ”やよい”のちりめん山椒を買いに行き、
試食をして、葉山椒の佃煮も買って、ホクホク。
それからヨドバシへ戻ってもまだ2時間足らずでした。
駐車券のサービスである2時間内で全ての用事が済んでしまい、
最近できたヨドバシとJR大阪駅をつなぐ夢の橋「淀橋」は
つくづく便利なものだと実感したのでした。

昨日は貴景勝、初金星おめでとう!
横綱相手にあの気迫、素晴らしい。
嬉しくてインタビュウでは涙がこぼれました。
 頼もしき郷土の力士貴景勝 初金星に座布団が飛ぶ

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-20 13:05 | 日記 | Comments(0)

50歳の腕時計

50歳の記念に何か買おうと思っていたのに、
欲しいものがなくて食べることを優先にしましたが、
ひとつ必要なものがあることを思い出しました。
それは腕時計。
今使っている腕時計は、仕事をしていた時に必要に迫られ、
急遽ヨドバシで1万円で買ったシチズンのもの。
ソーラー電波で時間がわかるだけのごくごくシンプル腕時計。
出かける時には今も使っていますが、
肌が弱くなってきたお年頃ゆえ、特にこの夏場には、
バンドのところが赤くなりかゆくなって閉口しました。
また、ひきこもり生活ゆえに日付がわからなくなることしばしば。
そこで、日付が出てきて、かゆくならない腕時計がないかなと
ふと思ったのでした。
そして大事なのは文字盤が見やすいこと。
老眼がすすんでいるいま、これ、ほんとに大事です。
そんなことを夫にもらしたら、ヨドバシ行こう!
ついでにランチをしよう!とのってくれたのでした。
ということで、連休明けの本日ようやく決行します。

ランチのお店は前々から行ってみたかった初めてのお店です。
いつも同じお店に行きがちな私たちなのですが、
先日伊藤グリルに行ってみて新規開拓も良きことであると
お互いに確認したところでした。
狙いを定めて行ってまいります。
腕時計にも良い出会いがあるかしら。

昨日は祭日にもかかわらずいつも通りにプールへ。
夕方6時頃に駐車場で見上げた空があまりにきれいで
思わず立ち止まってしまいました。
海辺のジムは空が大きく広がっていて色んな表情が愉しめます。
 きらきらと雲母かがやく西の空 黄金にそめて夕陽はおちる


[PR]
# by orochon3 | 2017-09-19 09:31 | 日記 | Comments(0)

休日のごはん

連休と言っても吾が家には無関係なのですが、
いつもと違うのは外食には行かないこと。
なので家でちゃんとごはんを作って食べているのです。
だから連休きらい。
とは言え、凝ったお料理ができるわけでもなく、
いつもおんなじワンパターンのローテーションであります。
そんな敬老の日のお昼は定番のソース焼きそば。
いつもよりは少し控えめの味つけにして、、、
昨日のカレーうどんで残ったカレーあんをかけました!
ソース焼きそばに和風のカレーあんが絶妙に合って、
B級なのでしょうがなんと美味しいこと。
テレビで京都の懐石料理が映し出されていました、
大阪のフランス料理も映っていました。
でも私が食べたいものはああいうものではないのです。
B級グルメ、バンザイ。

夕べは台風、怖かったです。
そして台風一過、よく晴れたので夏布団を洗って干しました。
今夜からは、あいがけ布団でほっこりしよう。
 荒れ狂う激しい風雨がベランダを洗い流して台風一過

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-18 13:47 | 日記 | Comments(0)

時代ドラマって

愉しみに観ていたNHKドラマ「悦っちゃん」が終ってしまいました。
獅子文六の小説は実際読んだことはないのですが、
古い雑誌に載っていた文章やエッセイはお気に入りだったので、
割り合いに親近感は抱いていたのですが、
ドラマ化されたものは初めて観ました。
1930年代の東京が舞台となれば、観ずにはおられようか。
時代考証はかなりゆるいし、後ろを歩く通行人たちは
どこへでも出張してきて同じ人たちが歩いているしで、
キッチリ山の吉五郎な私としては歯がみしつつ観ていたのですが、
二回目からはコレはコレと割り切ってドラマを愉しむことにしました。
ところが、最終回を観ていた時に横から夫が言ってしまいました。
「この時代にタイルカーペットはないで」
洋館のお屋敷の床を寄木の床のように見せたかったのでしょうが、
実際にはどう見てもタイルカーペット感アリアリだったのです。
ああんもう!分かっているけど言わないでー!

とは言え台詞まわしがやはり当時のものに近くて、
どっぷりではありませんでしたが、恋しきあの頃の雰囲気は
ふんわりと感じることができて愉しいひとときでした。
終っちゃったのが残念。

そういえば、この「悦っちゃん」は、
NHKのドラマ枠で「土曜時代ドラマ」というのです。
昭和の10年代の設定が時代ドラマになったのですねぇ。
時代劇とどう違うのか、なんだかな。
 街路樹で見つけた秋は葉先から黄色く染まりはじめた銀杏

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-17 13:10 | Comments(2)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(145)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧