暑気払い

実に久しぶりに餃子を食べに行きました。
ひと月弱ほどぶりです、行くのはいつものあのお店。
ココ数日の”飲み込みにくい”症状は依然としてありますが、
少しずつよくよくかんで食べれば大丈夫。
そして今日はもうひとつお目当てがあって、それはキムチ炒飯。
先日の白楽天の五目炒飯とは両極にあるような炒飯ですが、
私は大好きなのです、この暑い日々にはパンチがって相応しい。
餃子とキムチ炒飯の最強コンビで暑気払いだ!というわけ。
小さなスープがついているのもウレシイです。
飲み込む力を強くするには、一味と黒胡椒が効果的だと
先日テレビで言っていました。
以来、私は毎食どちらかを摂取していますので、当然この日も
スープに黒胡椒をたっぷりいれて、餃子のタレにも入れました。
これで準備万端。

b0019591_12181909.jpg
キムチ炒飯はやっぱり美味しかったですねぇ。
なんだかシャキっとします。
そして餃子は久しぶりなせいか、美味しさ倍増。
ただ、少しずつよくよく噛んで食べるせいか時間がかかります。
ということは料理が冷たくなっていきます。
そして時間がかかるせいか沢山食べることができません。
それが少々寂しいですが、それでも美味しく頂いて、満足満腹!
 スパイスの不思議な力で暑気払い リセットしたい心も身体も 

帰りにはサーティワンで大好きなチョコミントまで食べてご機嫌でした。

[PR]
# by orochon3 | 2017-08-17 13:00 | 日記 | Comments(0)

お盆の蝉

昨日の夕方のことです。
ベランダのある部屋の窓ガラスに、蝉が突進!してきて
ガラスにぶつかりました、割と大きな音がしたので、ビックリ!
見てみると、仰向けにはならずにじっとしていました。
暫くしたら飛んで行くだろうと放っておいて、
また見てみると、まだそのままの体勢でじっとしています。
これはいやだなぁ。蝉がじっとしているから死んだのだろうと思って
つついたりしたら急にバーッ!と飛んでビックリしたことが
今迄に何回もあります、そしてそれが大嫌い。
明日の朝洗濯物を干していて、急に蝉が飛んだりしたら、、、
想像するだけでオソロシイです。
ちょうど側にいた夫に蝉をどかせて欲しいと懇願しました。
彼がクモの巣取りの棒で蝉をつついたら、
案の定蝉はいきなり飛び立ちました、元気ではないですか!
ちょっとベランダの柵にぶつかりましたが、
夫の導きですき間からぐーんと元気に飛んで行きました。
ナニしに来たんだろ???
そこで思い出しました、ああ15日、送り火をたく日でした。
帰る前に誰かが私に会いにきたのではないかとふと思ったのです。
でも誰だろう?
ぜんぜん思い当たるふしがなく、どなたかはわかりませんが、
わざわざ私のところに寄っていってくれたのではないかと、
とりあえず蝉が飛んで行った方の空に向かって手を合わせました。
ありがとう。
 送り火に送られし蝉飛び来たり別れをおしみつつ飛び立ちぬ

[PR]
# by orochon3 | 2017-08-16 15:18 | 日記 | Comments(0)

8月15日

なぜ、このお盆の時期にあわせるようにして
日本は無条件降伏をしたのでしょうか。
毎年のことながらあまりに切ないことと思われてなりません。
数えきれないたくさんの御霊が安らかでありますように。

そして8月の前半が終わりました。
いつもの如くあっという間でした。
去年の夏と違って静かで落ち着いた毎日でしたが、
後半はどうなるやら、、、。
予定していた納戸の整理は当初の目標の30%しか進んでいません。
ともかく後半も続けて頑張りましょう。

お弁当持参の夫の仕事がようやく落ち着きました。
今日からはお弁当を作らなくて良いのは少し寂しいですが、
やはりあれがずーっと続くのは大変ですよね。
8月の後半はまだ少し忙しいようですが、
月末あたりには懸案だったお墓参りに行けそうです。
三重の久居にはお義父さん、和歌山の新宮には
お義母さん方のおばあちゃんが眠っていて、
ずいぶんご無沙汰しています。
お盆にもお彼岸にも行けなかったので、
この度には行かなければならないでしょう。
いつも車で行くのですが、実はこれがちょっとした旅気分!
それまでには、この”飲み込みにくい”症状がおさまっていることを
切に切に祈ります。
この暑い中、喉をきたえるというトレーニングを
高校野球を見ながら頑張ってやっているのだから!
気分はもう高校球児。
 栄冠はいずこの上に輝けど流した汗と涙は潔し

[PR]
# by orochon3 | 2017-08-15 12:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

おもしろすぎる源氏の語り手

窓の外でツクツウボウシが鳴いていました。早いな。
暑い中、瀬戸内寂聴『源氏物語』を読む日々。
ようやく「絵合」まで辿り着いたという体たらくですが、
なんとなく面白さがわかってきたような気がしています。
そんな気がしているだけかもしれませんし、
この瀬戸内寂聴の訳が面白いのかもしれません。
私の一番のツボは、語り手の独白の部分。
これが出て来たら、不意をつかれてクスっと笑ってしまうのです。
源氏物語が語られているのをお側にはべって聞いている気分。

「明石」で源氏が帰京する段になり、誰もが源氏がいなくなってしまう
という悲しみに感無量となり、口々に嘆き悲しんでいる、、、
『けれどもいちいち書きとめるほどのこともあるまいと思うので、
省略します』と書かれているのを読んだ時は、
「書かへんのかいっ!」とツッコミを入れたくなった程笑いました。
その他大勢の人たちへの扱いが面白過ぎます。
他にも思い出すままにあげてみると、
「関屋」の最後、尼になった義母(空蝉)への河内の守の恨み節に対し、
『それこそ余計なお節介だと、世間では噂しましたとやら』と
バッサリと切り捨ててしまいました。
こういうところを読んでいると、原文ではどうなっているのかしらん?
ととても興味が湧いてきてしまいます。
紫の上が言ったほんの一言も、原文ではどう書かれているのかな?
と気になったりして、いつの日か、原文を読んでみたいという
野望がふくらんでくるのです。これは本当に野望です。
けれどもそれはとりあえず、挫折せずに瀬戸内寂聴訳を
全巻読んでからではありますまいか、と語り手(紫式部?)に言われそう。

お盆ですね。吾が家にはお仏壇はなくて神棚なのですが、
ご先祖さまに手をあわせました。
 道々に見られる蝉の屍のひとつひとつに命をおもう

[PR]
# by orochon3 | 2017-08-14 12:46 | 日記 | Comments(0)

強靭な胃袋の持ち主

延々とお弁当づくりが続いていましたが、
ようやく先が見えてきました。ふう。
毎日何年間も作り続けていらっしゃる皆さまには
本当に頭がさがります。
暑い日が続くので、衛生面にはよく注意しないと。
そんな先日、仕事から帰ってきた夫の話を聞いて驚きました。
彼はものすごく汗をかくので水分補給は欠かせません。
大きなジャーにたっぷりの氷を入れた麦茶を持参していますが
それも途中でなくなってしまうので、
先日は現場の洗面所のお水をジャーに補給したそうです。
かなりぬるいお水だったので氷が溶けた!とプンプンして
帰ってきました。
以来大きなペットボトルにお水を入れて持参していますが、
その件の洗面所のお水というのが飲用不可の”井戸水”だった!
という事が昨日わかったそうです。
「うそぉ俺飲んだで!と言うたけど」と言いながら、
「でもなんでもなかったけどな、強靭な胃の持ち主やから」と
笑っていました。
毎朝、衛生面にはよくよく気をつけていた私の努力は何だったの?

けれど災難は私の方へ、突然昨日から喉に異変が起きました。
2月頃に悩まされた”モノが飲み込みにくい”という症状が再発しました。
ずいぶん調子が良かったのに、なにゆえ今頃になって突然???
喉を鍛えるトレーニングも欠かさず頑張っていたのに、ショック。
食べることが何よりの楽しみというのに、飲み込むのが苦痛なんて、
まったくもってやりきれませぬが、
ゆっくりよく噛んで少しずつ食べればチョットましなので、
かえって健康には良いと考えることにしましょう。
”気の問題や”と強靭な胃袋の持ち主に言われてしまいました。
 悠然と空行く雲を憧るる 閉塞感に包まれし吾

[PR]
# by orochon3 | 2017-08-13 12:51 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(137)
(114)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧