中島みゆきの「時代」

少し前ですがテレビを観ていた時のことです、
中島みゆき嬢が「時代」をちょっと大げさに歌い上げていました。
彼女になんの恨みもありません、好きな曲もたくさんありますし、
「時代」という曲も今まではそれほど気にかけていませんでした。
けれどこの時は、まるで魚の骨がのどに刺さったみたいに
いやな痛みをもって私の心にも何かがささったような感じがしました。

よく歌われている名曲なのでご存知の方も多いと思います。
けれど、歌い出した途端に私はテレビに向かって文句を言いました。
「ちがうよ、ちがいます、そんなことない!」
何に対してかというと、この部分です。
 そんな時代もあったねといつか話せる日がくるわ
 あんな時代もあったねときっと笑って話せるわ
きっと中島みゆき嬢は、涙もかれるほど泣いた悲しみや辛いことは
いつか消化して忘れ去り、そんなこともあったよねと笑える日がくる
ということを伝えたかったのだと思います。
もちろん私はそれには激しく同感していました。
けれどこの時の私には、上の二行の歌詞だけが別の意味をもって
いつまでもとれない刺さった刺のように残ったのでした。

私は昨年末からずっと猛烈に怒っています。
この怒りを、いつか笑って話せることはありません。
いえ、ちょっと違います、
この怒りを、いつか笑ってあんなこともあったっけと話すようなことには、
絶対にしないとあの日琵琶湖で誓いました。
過去のものとして消化してはいけないことなのです。

よくないことをよくないと、おかしなことをおかしいと、
正しいことを胸をはって言う、私にはそれしかできません。
おかしな人ばかりで暮らしていると、
おかしいことがはや半年で普通のことになっている事実に愕然とし、
猛烈な危機感を抱いて身が凍る思いをしています。
誰も言わなくても、最後の独りになろうとも私は言い続ける。
琵琶湖でかたく握りしめた拳をもう一度強く握りしめて。

今日は仲良しの友達と洋食ランチに出かけます。
彼女も同じく家族の悩みをもっている同志で、
悩みの種類は違いますがお互いにどこへもぶつけられない
怒りや悲しみを吐露しあうのです。
そしてまたしても私の愚痴が炸裂するでしょう、、、ごめんよ、友達。
 蒼白き憤怒の焔につつまれしわれを鎮めよ水無月の雨

[PR]
# by orochon3 | 2017-06-22 08:08 | 日記 | Comments(0)

梅雨空をふっとばせ

今日は予報通りによく降りました!
いつものように朝の買物に出かけられないと思って、
昨日から今日のお昼の献立を決めて用意していました。
じゃーん!
久しぶりのドライカレーです。

b0019591_13063897.jpg
具はたっぷりのピーマン、にんじん、玉葱、いんげんを刻んで、
豚ミンチと海老、そして玉子。しまった、しめじを入れ忘れました、、、!
ごはんはこれで2合半くらい、夫と私の分です。

そして味付けの隠し味にはコレ!
b0019591_13074920.jpg
先日、鰻を食べに行った時に”ぷららてんま”を探検して見つけました。
北海道のトモエの雨竜にんにくしょうゆ。
美味しいにんにく醤油をあちこちのスーパーやネットで探していたところ、
ようやく出逢えた一品。
他のものは味噌やら色々入った焼肉のタレのような味付けのものばかりで、
この雨竜にんにく醤油のようにシンプルなものがなかったのです。
おまけにぷららてんまでは通常よりお安く手に入ったようです、さすが。
これのおかげで、パンチの効いた美味しいドライカレーとなりました!
付け合わせにはコールスローサラダをつけて、ワシワシと頂きました。
外は土砂降りでしたが、身体はシャキッとして爽快。
調理は吾が家の料理人である夫、いつもながら良い仕事をしてくれます。
ごちそうさまでした!
 土砂降りの空もまた良し降りしきる雨は大地を洗い潤す

[PR]
# by orochon3 | 2017-06-21 14:45 | 日記 | Comments(0)

グリル梵

夕べは珍しく一人呑みでした。
夫が打ち合わせ兼飲み会でお出かけでしたから。
さびしくひとり呑み、、、と言いたいところですが、
ためていた録画番組を観たりして案外いいもんです。
もちろん、二人でいた方が色々お喋りできるので楽しいです、
酔っぱらってお互いほとんど聞いちゃいませんが。

明け方3時半頃に玄関が開き、夫が帰宅した模様。
そして私が5時半ころに起きると、
台所にひとつ茶色い紙袋が置いてありました。
横に”めしあがれ”という夫の文字が踊っています。
酔っぱらって書いた文字は、なぜ踊るのでしょうか。

b0019591_14040453.jpg
紙袋には大きく「梵」の一文字。
その横に小さく「新世界 グリル」の文字がありました。
ビーフヘレカツサンドというのが正式名称らしいです。
新地で呑むと思っていたけれど、ミナミで呑んだのかな?
ミナミなんて珍しい、と思って袋の横を見たら、なんと、なんと、
梵のビフカツサンドの店が新地にも新大阪にも、そして銀座にもある
と書かれていました、なぁんだやっぱり新地だったのか。

”めしあがれ”という事は私が食べて良いものということ?
では頂きましょう。

b0019591_14041112.jpg

四切れ入っているうちの一切れを食べたところ、、、
ビフカツ以前にパンがどうも美味しくありません。
モグモグしながらついていた栞を読んでいると、発見しました。
美味しく食べるには、トースターを余熱で2分、ビフカツサンドを入れ1分程。
その通りにしてみたら、なんとなんと、パンはさっくり美味しくなり、
栞に書いてあるとおり、温める前には存在感のまったくなかったソースが、
温めた後にはしっかりと美味しい味が前に出てきたではないですか!
トータル的に美味しいビフカツサンドでした。
ただ、お肉の味が少し残念な感じ。
父が作ってくれていたビフカツサンドには到底及ばないもので、
私は今までなんと美味しいビツカツサンドを食べきたのかと改めて知りました。
 
起きてきた夫にごちそうさまを言いました。
聞くところによると、これを貰ったのは一件目の飲み屋さんで、
そのあと数軒はしごしたようです。
その間、ずっとこの小さな紙袋をちゃんと持ち歩いていたとのこと。
一緒に行っていた人たちもみんながみんな持ち歩いていたらしい。
さぞかし梵の宣伝をしたことでしょう。
酔っぱらいのおじさんたち、お疲れさまでした。
 乾杯と誰にともなく盃をあげひとり呑む夜の幕はあがりぬ

[PR]
# by orochon3 | 2017-06-20 16:28 | 日記 | Comments(0)

公民館講座

今朝、用事があって市役所へ行った時に
公民館講座の案内チラシを見つけました。
日本現代史講座「阪神間モダニズム再考」という講座が
七月から月に一回、三ヶ月の予定で開講するという内容でした。
”1920〜30年代を中心に”というサブタイトルがついています。
これは!と思ってよく読むと、締め切りは6月15日!
既に閉め切っているチラシを置いてあるなんて、、、
と一時は諦めたのですが、締め切り後も置いてあるということは
もしかしたらまだいけるかも、、、と思い直して電話してみました。
親切な係の方が仰るには、締め切ったけれどまだ受け付けている
ということでしたので、帰宅後すぐにFAXを送って申し込んだのでした。

はっきり言ってこれまで”公民館講座”というものがある事自体
まったく知りませんでしたし、
そもそも公民館がどこにあるのかも知りませんでした。
調べてみるとどうも市民センターのことのようで、
公民館講座は市民センター内で開かれるようです。
なんだかややこしい。
(芦屋市HP内の公民館講座はコチラをご参照ください →  )

さて、肝心の講座内容は下の三回に分けて開かれるそうです。
一、阪神間の都市形成とモダニズム
二、行楽地としての阪神間地域
三、阪神間のスポーツ文化
受講料は三回分で1,200円也。
これまで色んな資料や本も読んだりお話を聞きに行ったりしましたが、
何か新しい発見があるでしょうか。
今夏の楽しみができて今からワクワクしています。
 あるはずのない記憶さえもいとおしく モダニズムの夢たどるわれあり

[PR]
# by orochon3 | 2017-06-19 15:24 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

招かざる客

毎年この頃になると、私を悩ませるものがあります。
いつの間にか網戸にひっついている、5ミリくらいの黒いムシ。
ほそーい身体をしているので網戸の編み目をくぐりぬけます。
うねうねと誠に気持ちの悪いものでした。
私はそういううねうね系がものすごく苦手なのです。
そのムシが現れる前に網戸の掃除をして網戸虫コナーズをスプレーする、
というのを毎年使命のように頑張っていたのですが、
今年はすっかり遅れをとってしまいました。
昨日、網戸に例のムシが3匹くっついていたのです。
ああ!遅かりし、、、。
さっそく日曜には朝から網戸掃除をしなくては!
と言っても私がするのではなく夫君に頼むのです。

今朝5時過ぎのこと。
またしても網戸にあのムシがひっついていたのを確認。
夫にムシいるよ!と告げて掃除をせかしました。
さすがに早朝から掃除をするのはマナー違反ですので、
8時を待ちました、、、すると細い糸のようだったムシは
いつの間にかふっくらして普通の小さなムシのように変身!
しているではないですか。
そして、ティッシュでつまもうとしたらブーンと飛んでいきました。
なななんと、あれはいつも飛んでいる謎の小さなムシです。
小さな小さなムシなので気にもとめずにうっちゃっていました。
ああ、あれがあの細い糸みたいなムシの正体だったのか!
そうとわかれば、うねうねして気持ち悪かったのがマシになりました。

網戸掃除中(夫が)も、小さなそのムシは二匹ほど飛んでいましたが
恐れず慌てず処分することができました。
網戸が乾くのを待って虫コナーズをスプレーしたらもう大丈夫でしょう。
ここ数年の憂慮が解消されてちょっとスッキリしたのでした。
 紫陽花のあお色寂し 父の日を忘れて過ごしゆがく素麺

来年はもう少し早く虫コナーズをスプレーしなくては!

[PR]
# by orochon3 | 2017-06-18 14:14 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)