誕生日のトンカツ

無事に50回目の誕生日を迎えた昨日は、
ガーデンズに行きました。
なんと三週連続で火曜日にガーデンズに行っていますが、
偶然なだけでなんの意味もありません。
コツコツと貯めていたおでかけカードのポイントがかなり貯まったから
”かつくら”で豪遊しようと企んでいて、
せっかくならばと誕生日を祝ってカツ三昧しよう!となりました。
そういえば伊藤グリルでもビフカツでしたっけ、、、
良いことなのか悪いことなのかはわかりませんが、
50の大台にのってもフライ物好きの勢いは止まらず。

注文したのは兵庫県産雪姫ポークのヘレカツ120gに海老フライ追加。
昨日のビフカツの美味しさとはまた違って、こちらはガツン!とパンチのある
身近な美味しさで、あまいお肉の美味しさがたまりませんでした!
海老フライも大きくて酸味のあるタルタルソースたっぷりがウレシイ。
b0019591_15134956.jpg
夫は同じく雪姫ポークのロースとんかつ200gと海老フライを注文したので、
少しロースも味見させてもらいましたが、こちらの脂もまた格別で美味。
食べる前にはエアコンが効き過ぎて寒くてカーディガンをはおっていたのに、
食べている途中からブタミンパワーで汗をかくほど暑くなりました!
ああ、美味しかった!牛も豚もお肉は良いですねえ。

お昼はかつくらでトンカツ!と決めて家を出る時、
「おまえは肉を食っていたら(元気で)安心や」と夫に言われましたが、
私はお肉でできてるからね、50年!と威張って返事をしました。
何より私を理解してくれている夫に祝ってもらい、感謝感激!

50歳の記念に何か買おうとうろちょろしてみましたが、
物欲のないいまの私は物欲よりも食欲で、
前日のビフカツとトンカツ&海老フライでもう充分です。
50歳記念の品物よりもこの思い出があれば良いです。
 今日の日を思い出させるモノよりも心に残る思い出の味

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-13 14:26 | 日記 | Comments(0)

幸せ元町

本日とうとう50歳になりました!
たくさん、たくさんの方々のお陰で、今日まで辿り着くことができました。
皆々さまに心より御礼申しあげます。
ありがとうございました。

昨日は蒸し暑い中を三ノ宮へ出てきました。
「もん」でお誕生日の前祝いを豪勢にやりましょう、
ということで久しぶりの三ノ宮でした。
ところが、、、まさか、まさか、の臨時休業。
途方に暮れましたがすぐさま次の店を考えます。
「もん」はものすごく身近なのに行ったことがなく、
一度行ってみようということで決めたので、
他にそういうお店なかったかな、、、と思案した結果、
南京町の伊藤グリルに決めました。
どちらも超有名店でありながらご縁がありませんでした。
豪勢なのはどちらも同じ、ビフカツ食べに行きましょう!
人気店だということで10分前からお店の前で待って、
窓際の良いお席に着くことができました。

夫は生ビール、私は赤のグラスワインを頼んで、
前祝いの乾杯をしてもらいました。
間もなく小さなサラダと冷たいスープが供されます。
上等の洋食屋さんの味がしてしみじみと美味しいスープでした。
「美味しいね」と夫に言ったらもう食べ終わっていてビックリ。
b0019591_16053949.jpg
さあ、私のビフカツがおでましです。
運ばれた途端「うわぁキレイ!」と叫んだ程とても美しい一皿。
均整のとれた衣に、非の打ち所のない火の通り加減はさすが。
すべてのバランスがちょうど良い加減になるように、
お肉が丁寧にビフカツという上等なお料理に仕立てられていました。
ひとつだけ難を言うとすればソースが少ないことくらい。(美味しいからもっと欲しい)
端正で正統派のビフカツ、私は初めてこういうビフカツを頂きました。
柔らかくてあまり噛まずあごがほとんど疲れることなくのどを通りました。
ビツカツって美味しいお料理なのだと改めて思いました。

b0019591_16195896.jpg
目の前では吾が夫は大好物のテールシチュウにむしゃぶりついていました。
二人で大好きなものを食べることができて本当に幸せです。
かなりお腹がいっぱいになったはずなのに食後のコーヒも頂かず、
元町の交差点を渡ったところにある某所へと移動しました(以下つづく)。

美味しいな、楽しいな、嬉しいな、
40代にあった色んな事はもう忘れましょう。
今日から始まる50代、イヤだイヤだと言っていても仕方ありません。
腹をくくってもうこれからは色々と欲張るのもやめて、
ただ”健やかに”過ごせるように心身ともに整えていこうと思います。
 心よりあまたの感謝ささげつつ今日より吾は五十路を辿る

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-12 09:26 | 日記 | Comments(0)

秋刀魚としぐれ煮

昨日は広告チラシを見て買物へ行きました。
お目当てはこの秋初めての生秋刀魚。初もの!
朝のニュースでは、秋刀魚が不漁で高騰と騒いでいます。
チラシには生秋刀魚と明記してあけど本当にあるのかな?
と半信半疑、心配しながらスーパーへ行ってみると、
秋刀魚の上に「秋刀魚<解凍>」という札が出ていました。
解凍?と不思議に思ってよく見たら、横に張り紙があって、
「広告の生秋刀魚は確保できませんでした」とのこと。
やっぱり不漁は本当だったのですね。
年々秋刀魚の水揚げ量は減っているそうですが、
日本に来る前に他所でどんどこ獲られてしまっているのかな。
私はそんなに魚好きではなく気にしませんので、
せっかくなので解凍の秋刀魚を買いました。
焼いているとものすごく脂がジュウジュウいっていたし、
魚好きの夫も美味しいと言って食べていましたので、
今年初の秋刀魚、解凍でも良しとしましょう。

魚だけでは哀しい肉好きな私。
夫の提案で、先日買ってきた松阪牛と近江牛のしぐれ煮を
食べ比べてみました。

見た目もしぐれ煮らしい松阪牛のしぐれ煮は、生姜のきいた甘辛い味。
安定の美味しさでしたがお肉の味がちょっと心細いです。

b0019591_13290188.jpg
近江牛の方はなんだかゴージャスな見た目なのですが、味つけが微妙、、、
甘辛い醤油味ではなくてどっちかというと甘くない焼肉のタレみたい。
お肉の味も松阪同様に弱いです。

b0019591_13285319.jpg
総じて、どちらも微妙。お値段も同じでしたので文句はありませんが、
お肉の味があまりしないところに多いに不満が残りました。
それでも白いごはんでパクパクと頂き、ごちそうさまでした。
お正月に買って帰ったかど萬の近江牛しぐれ煮、美味しかったなぁ。
ああ、かど萬のお肉もまた食べたいな。

40代最後の日。
今日は神戸へお出かけします。
 胸いっぱい朝の空気を吸いこんで四十代に別れを告げる

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-11 09:25 | 日記 | Comments(0)

さあ秋場所

あっという間に月日はながれ、さあ今日から秋場所です。
四横綱だとわいわい騒がれながらも、
最初から最後迄揃わないで今年が終わりそう。
稀勢の里は貴乃花みたいになってしまいそう。
ともあれ、今場所は誰が優勝するのかは謎。
なんだかすごくイヤな感じがするのが玉鷲なのですが、
期待の御嶽海に私は希望を託します。
貴景勝ガンバレ。

のろのろと読み進めている瀬戸内寂聴の源氏物語は、
まだ乙女、ようやく夕霧と雲居の雁が出てきました。
読み出すと引き込まれてどっぷりと光る君の世界へと
はまりこんでしまうのですが、いったん本を置いてしまうと、
次に手にとるまでまた時間がかかるという不思議な物語です。
そして読んでいる間は時間がとほうもなくゆったりと流れ、
気分はすっかり平安人になってしまいます。
平安人はカレーなんて食べませんけど。
もう少し頑張って、秋の間に野分まで辿り着きたいものです。
読書の秋ですから。
 寝ころんで頁を繰れば香しき世にひきこまれ時も忘れる

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-10 14:09 | 日記 | Comments(0)

池田へ行く

昨日の午後は爽快なお天気のもと、池田まで出かけてきました。
8月に行った時の追加での用事でした。
池田には池田文庫があって、貴重な書物がたくさんあります。
私にとっても戦前の宝塚関連や雑誌『フアツシヨン』など
垂涎ものの雑誌や本があるのです。
特に雑誌の広告に、知っている地元知名人の名前があったりして
時間を忘れて探したりしてしまいます。
何度か行きましたが、もう少し近くにあればなあと
いつも帰りに際に思いながら駅へ向かっていました。
商店街もあったり、美味しいおうどん屋さん「吾妻」があったり、
美味しいサンドイッチ屋さんや美味しい鶏肉屋さんやら。
美味しいものの情報ばかりですが、、、
ともかく池田という街を気に入っているのです。
最近はいつも用事を済ませたらさっさと帰っているので、
用事抜きにして一度ゆっくり池田で遊びたいな、と
思いながら又してもさっさと電車に乗ったのでした。

昨日、40代にたてていた目標を見て、
いつの間にか”美しく”が抜け落ちている、と気づきましたが、
知らぬ間に”美味しく”に変わっていたことを思い出しました。 
「美」という文字は同じなのでまあ良しとしましょう。

そして昨日はニュースを見てビックリ!
稀勢の里、鶴竜につづいて白鵬までも休場ですか。
いつも腕を気にしている日馬富士だけが残るなんて、、、。
こうなると誰が勝つのかわからない混戦が予想されます。
白鵬が出ないなら面白くなりそう。
今場所は前頭五枚目、貴景勝ガンバレ。
 青青とかわいた風が吹き抜ける 嘘くさい空 嘘くさい日々

[PR]
# by orochon3 | 2017-09-09 14:57 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(146)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧